ぷうちゃん さん プロフィール

  •  
ぷうちゃんさん: 脳脊髄液減少症☆ぷうちゃんていうの
ハンドル名ぷうちゃん さん
ブログタイトル脳脊髄液減少症☆ぷうちゃんていうの
ブログURLhttps://ameblo.jp/444m777/
サイト紹介文首がくたくたしてすわらん脳脊髄液漏出症が本音大会しとるで遊びに来てや→胸郭出口症候群併発
自由文運動会の競争中の事故→頸椎捻挫→頸椎捻挫・腕神経叢損傷・反射性交感神経性ジストロフィー→頸椎捻挫のみ公務災害認定→心因性とカルテに書かれまくり→doctorshopping→熱海病院篠永正道医師が脳脊髄液減少症確定診断→脳脊髄液漏出症確定診断
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 159日(平均5.5回/週) - 参加 2018/06/16 20:34

ぷうちゃん さんのブログ記事

  • 必見●むち打ち関連障害と脳脊髄液減少症3●
  • ●2部作の2●なのにその3つづき考 察人体有限要素モデルによるむち打ち傷害の実験的研究において,実際の追突事故での車両加速度データを使って,6 カ月後も頭痛や頸部痛が残った症例 A とむち打ち症状の無い症例 B におけるむち打ち障害パラメータスタディが報告された8).症例 A では①椎間板への圧ストレス,②関節包,③前縦靭帯,および④硬膜へのストレスは,損傷レベルを超えており,症例 B では,いずれのパラメーター [続きを読む]
  • 必見●画像4枚髄液漏出2●
  • ●2部作の2●つづき症例呈示症例 1:51 歳,男性,乗用車運転停車中,大型トラックに後方から追突され頸椎スベリと診断され手術をすすめられたが,経済的事情から,諸症状を我慢しながら労働を続け,約 1 年後に C3-4,C4-5 前方固定術をうけた(図 3a).その後も症状は持続し受傷 8 年後に当科受診した.症状は頭痛,肩・背部痛,左上肢シビレ,メマイ,フラツキ,金属音性耳鳴のほかに,勃起時ペニス捻転による排尿困難であっ [続きを読む]
  • 必見●むち打ち→経年治らんわけ1●
  • 2部作の1外傷性脊椎・脊髄障害をともなうむち打ち関連障害と脳脊髄液減少症竹下 岩男,大田 正流,佐本 研濱村 威,渡辺 秀幸九州労災病院脳神経外科,同 放射線科(平成 19 年 4 月 12 日受付)要旨:目的:交通事故由来難治性慢性むち打ち症関連障害における脳脊髄液減少の実態を明らかにする目的で,脊椎障害部位と髄液漏出部位との関連についてラジオアイソトープ(RI)全身脳脊髄シンチスキャン(RI 脳槽造影)で検討した. [続きを読む]
  • こんどの治療はボツリヌス●胸郭出口症候群
  • 遊びに来てくれはってえらいおおきに今日は数日後に迫った篠永医師の治療の予習●旭川ペインクリニック病院からの転載●ボツリヌストキシン(ボトックス)ボツリヌストキシンとは筋肉を緩ませる作用のある物質で、もともとは食中毒の原因菌であるボツリヌス菌が出す毒素でしたが、これを医療用に安全に作ったのがこの薬です。 ボツリヌストキシンによる治療はどこの病院でもおこなうことができません。当院のように許可を受けた施 [続きを読む]
  • おわってない●苦しみのデパート続篇
  • 小雨空一面雲だらけ4日前から悪化←4日前に雨降り予報できるってこと悶絶なうだんごむしになっとった↓お腹が潰れないようにしたら、背骨がまっすぐになって、脳脊髄液の漏れが少なくなることがありうるかもつってたなぁ(過去記事:皮膚科医と脳脊髄液減少症)「むちうち」「うつ」に似た病状の「脳脊髄液減少症」に注意更新 2014/11/12 07:00 週刊朝日より転載 兵庫県在住の主婦、下村良子さん(仮名・30歳)は2013年2月、車を [続きを読む]
  • ●ぷうちゃん脳脊髄液漏出症になった理由●合併→複雑
  • 速度50m7.8秒競走中右カーブにさしかかり右脇腹から背中にかけて後続者がぶつかりながらぬかしてったぷうちゃんは↓仰向いて背中から地面に墜落頚と腰が普段動かしたことない振れ幅にむち打ち↓回転しながらバウンドして↓うつぶせで地面に墜落頚があり得ない角度で前後に振れ↓バウンドして↓右肩から墜落耳ピッキーンって音の後運動会の声援しーん聞こえない↓最後に腰が地面に着地頚が可動域超えてむち打ち頸椎激痛肩疼痛頭 [続きを読む]
  • 慢性疼痛のメカニズムを解明
  • 国立研究開発法人日本医療研究開発機構2016年度 研究事業成果集慢性疼痛のメカニズム慢性疼痛のメカニズムを解明基盤研究事業部 研究企画課末梢神経が損傷すると脳内細胞の活動が亢進し神経回路が再編成する事故などで外傷を負った後、ケガをした部位が治癒しても、長期にわたり痛みが続く場合があります。この難治性慢性疼痛のメカニズムは、ほとんど解明されていませんでしたが、この研究によって脳内の「アストロサイト」と呼ば [続きを読む]
  • 皮膚科医と脳脊髄液減少症
  • ぷうちゃんブログ始めたんいつやろ?2014年あたりかねもうなその頃高次脳機能障害やでどこの無料ブログサービスがいいんかわからんち手当たり次第↓最初のページ↓黒で文字書ける↓カラー変えるのできん↓画像貼り付けできん↓アメブロできた!感動最近のコメント柿の季節ぷうちゃんていうのさん、 こんにちは。お山、快晴ですね! いつも、詳細な 教科書 読んでます、 ぷうちゃんていうのさんの 痛みも。。。 第三者には、痛 [続きを読む]
  • 苦しみのデパート
  • 脳脊髄液減少症に対し、国は早急に対応を!2006年2月18日←記事 古いってそこやないから〜2006年に対応求めたものに対し脳脊髄液漏出症のみ保険対応になったんは2016年やでそっから進捗なしや脳脊髄液減少症全員の救済が欠落してんねんでいままさに国に対応を求めるべき時や今月11日鳥取地裁で、交通事故による「脳脊髄液減少症」と診断された男性が起こしていた裁判が勝訴しました。古賀輝郎裁判官は、判決で「事故で [続きを読む]
  • おくもつとじゅもん
  • よつみぞ柿いちごよりもメロンよりもビーフステーキよりも牡蠣よりも大好物この時季しか食えん食う?日光浴させとって色が濃くなったらへたとっておくちへ柿の実が赤くなったら医者は青くなるカロチンたっぷりトロットロ大好物激痛↓1秒もやすむことなく呪文無言のまま呪文呪文腕の内部キンキンに冷えとって骨周りロボットに握りつぶされとるで変形して痛い↓腕ちぎれとらん腕から肉こぼれとらん腕変形しとらん頭ガンガンしとって [続きを読む]
  • 病態同じ→治療方法同じでええんちゃう
  • 追突事故のような軽微な外傷の後、頭痛、めまい、集中力低下などの多彩な症状が長期間続くのは古くから知られているこのような病態に対し、我が国では 2003 年以降「脳脊髄液減少症」と言う疾患概念が提唱されている↓水頭症特発性正常圧水頭症(iNPH)に髄液を排除する治療方法がある↓欧米で軽度外傷性脳損傷 (mTBI)と呼ばれるが有効な治療法は現在ない慢性外傷後頭痛あるいは軽度外傷性脳損傷いわゆる「脳脊髄液減少症」に [続きを読む]
  • 公務災害切れ→複数科診療→脳脊髄液減少症症状確定
  • 整形外科1998頸椎捻挫↓急に見えていたものが見えなくなり↓眼科2000右1.5 左1.5だった↓両目0.2↓緑内障等でない↓年のせい耳聞こえにくい↓耳鼻咽喉科2001↓異常なし↓耳鼻咽喉科2017↓メニエール疑い各種服薬↓改善なし↓メニエールでない↓原因不明皮膚科2017ぶつからないようによけたつもりがドアに膝激突←視野狭窄アオタン治りが遅すぎ↓画像2017撮らなかったので今年の画像年中ぶつけとる↓唇赤く輪郭医師が爪で腕 [続きを読む]
  • 脳脊髄液減少に伴う歩行障害
  • 8.歩行障害を伴う「脳脊髄液減少症」に対する硬膜外酸素・生理食塩水注入療法の効果千葉・柏たなか病院 正常圧水頭症センター高木清【背景と目的】追突事故のような軽微な外傷の後、頭痛、めまい、集中力低下などの多彩な症状が長期間続くことがあることは古くから知られているこのような病態に対し、我が国では 2003 年以降「脳脊髄液減少症」と言う疾患概念が提唱されている有効な治療法として硬膜外自己血注入療法が行われ、 [続きを読む]
  • ●かかりつけ医通院→自覚が増えた!
  • 遊びに来てくれはってえらいおおきに社会福祉協議会の介護タクシーでかかりつけ医通院頸部痛頭痛腕潰されとる痛い背中腰座骨指目の奥激痛青空快晴太陽光線乱反射↓病院から薬局まで歩くだけで(静岡県脳脊髄液減少症ホームページ国際医療福祉大学熱海病院篠永正道医師資料より抜粋)目がチカチカ幹線道路走行する車の音↓ぐわんぐわんめまい↓立っておれん立つことも座ることも出来ん倒れそう↓介護タクシー乗ってとんぼ返り↓晴れ [続きを読む]
  • 姿勢と脳脊髄液漏れと深呼吸!!
  • コメント頂戴しました↓脳脊髄液減少とお腹の谷折り線以前、脳脊髄液減少症の方の診察をしたことがあります。その方には、お腹の谷折り線があったので、「もしかしたら、お腹が潰れないようにしたら、背骨がまっすぐになって、脳脊髄液の漏れが少なくなることがありうるかも?」と提案したことがあります。(勿論、全くの仮説で改善するかも分かりませんでしたが、少なくともその方になんの損もないので)ほかの治療が功を奏したの [続きを読む]
  • 小児・若年者の脳脊髄液減少症診療
  • 5.小児・若年者の脳脊髄液減少症診療:平成 26 年の報告明舞中央病院 脳神経外科中川紀充平成 26 年の 1 年間に脳脊髄液減少症を疑い、診療をおこなった未成年例について報告する。なお、脳脊髄液減少症を疑って来院しても、病状が否定的と判断し精査・加療を勧めなかった症例は含まれていない。【対象】平成 26 年中に頭痛をはじめとする症状によって当院を受診し(紹介を含む)、病状より脊髄液減少症を疑った 42 例【年令】7 [続きを読む]
  • ホリスティック
  • ひとつの体を細分化↓ほんとはあっちの領域そっちの領域そしてこの領域の3領域で1つの疾患かもしれんやんって昔から不満↓医療法人ふじいやさか ラ・ヴィータ メディカルクリニックからの引用病院案内院長 森嶌淳友生命と向き合い、病気の原因を知る【 院長 】森嶌淳友(もりしまあつとも) 森嶌淳友Atsutomo Morishima森嶌淳友幾度と命の極限を見てきた心臓血管外科医が、エネルギー治療を中心にホリスティックな統合医療を実 [続きを読む]
  • ●脳脊髄液漏れのめやす●
  • 脳脊髄液漏れを疑ってや〜        低髄液圧症候群 頭痛大学 以下引用する>>脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)■解説脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)に関する文献は数限りなくありますが、この病態に着目した篠永正道先生のご著書とその内容をかいつまんで紹介します。篠永正道[シノナガマサミチ]先生は72年横浜市立大学医学部卒業、92年から平塚共済病院脳神経外科部長、現在は熱海の国際医療福祉大学の教授です。そ [続きを読む]
  • ●頭部外傷→脳脊髄液減少症視覚障害2
  • Ⅲ.考察頭部外傷や頚椎捻挫後に,長期にわたる①頭痛,②頚部痛,③眩暈,④吐気,⑤耳鳴り,⑥倦怠感,⑦霧視,⑧視野狭窄感など多くの不定愁訴を訴え,外来診療時にその対応を苦慮する患者に遭遇することがある。これらの症状の原因として,これまでに①脳血管障害,②むち打ち症,③片頭痛,④慢性疲労症候群などが指摘されている。しかし外傷後の持続的な髄液漏出により脳脊髄機能低下をきたしている可能性があると考えられる [続きを読む]
  • ●線維筋痛症2運動
  • 線維筋痛症で苦しむ友を救い、心の支えになり、社会へ理解の輪を広げ、暮らしやすい社会を目指しています。線維筋痛症友の会 JFSA【代替治療】 Alternate treatment代替治療 topFM体操薬を使わずに、線維筋痛症を治療し管理するFM体操はこちらへ代替医療①鍼、②お灸、③マッサージなどの効果は個人差がありますので、主治医とよく相談した上で適切に行って下さい。マッサージが合わない方もあるので、基本的には①温める、②リラ [続きを読む]
  • ●線維筋痛症1周辺病態
  • 線維筋痛症で苦しむ友を救い、心の支えになり、社会へ理解の輪を広げ、暮らしやすい社会を目指しています。線維筋痛症友の会 JFSA前の記事つながりで線維筋痛症友の会ホームページの続き篠永正道医師は脳脊髄液減少症と線維筋痛症と慢性疲労症候群は同義としているのでぷうちゃんも同義とする慢性疲労症候群(CFS)は、日常生活に支障をきたす程の病的な疲労倦怠感に悩まされる病気で、小児〜成人まで幅広い年齢層で発症。免疫性の [続きを読む]
  • 中枢機能障害性疼痛線維筋痛症
  • 特別講演 III 痛みを知る 1線維筋痛症と中枢機能障害性疼痛を中心とした痛みに関する新しい知見New knowledge for pain mainly concerning fibromyalgia and central dysfunctional pain三木 健司大阪大学大学院 医学系研究科疼痛医学講座 准教授器質的な「痛み」は①侵害受容性疼痛と②神経障害性疼痛に分類され,それ以外の痛みはしばしば③心因性疼痛と分類される.心因性疼痛の定義は明確でなく,器質的疼痛でないものの中に [続きを読む]
  • ボウリングにより発症した脳脊髄液漏出症
  • ボウリングにより発症した脳脊髄液漏出症井上 裕康1)* 竹本 将也2) 武藤 昌裕3) 北村 太郎1) 山田健太郎1)症  例症例:57 歳女性主訴:複視 頭痛既往歴:特記すべきものなし.嗜好:喫煙なし・飲酒なし.現病歴:趣味でボウリングをしており 2017 年 3 月下旬に肩や頸部に負担のかかる投球フォームに改造した.通常であれば胸の前で構えたボールを前方から振り子のように後方へスムーズに振り上げ投球する一般的なボウ [続きを読む]