CleanSelect さん プロフィール

  •  
CleanSelectさん: ゲストハウス・民泊高品質清掃のクリーンセレクト
ハンドル名CleanSelect さん
ブログタイトルゲストハウス・民泊高品質清掃のクリーンセレクト
ブログURLhttps://ameblo.jp/cleanselect/
サイト紹介文ゲストハウス・民泊高品質清掃のクリーンセレクト民泊ニュース
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 29日(平均4.1回/週) - 参加 2018/06/16 21:50

CleanSelect さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 民泊清掃の4つの特徴
  • ① 平均的に滞在期間が長く、しっかり清掃する必要がある民泊の主な利用者は、海外から日本に訪れる旅行者であり、平均3日間ほど滞在するのが一般的でホテルや旅館とは異なり、宿泊施設館内にレストランは併設されていないために、自身で料理をするので施設内のキッチンを利用する、人によってはリネンのシーツを毎日交換したいという要望を持つ旅行者もいる。設置している設備や道具は全て利用される前提で、しっかり清掃に取り [続きを読む]
  • 合法民泊「民泊新法」「旅館業法」「特区民泊」異なるポイントは?
  • 合法民泊には「民泊新法」「旅館業法」「特区民泊」の3種類があります。2018年6月15日に施行された民泊新法に注目が集まっていますが、今まではハードルが高いと言われていた旅館業法や特区民泊について規制の緩和があり、どの方法を取っても従来に比べて合法民泊を行うための条件のハードルは下がっています。 「旅館業法や特区民泊は難しい」と最初から諦めてしまうのではなく、それぞれの特徴と異なるポイントを整理して、ご自 [続きを読む]
  • 国家戦略特区とは?合法民泊「特区民泊」について
  • 合法民泊の1つ「特区民泊」とは、国家戦略特別区域法に基づく旅館業法の特例制度である「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業」のことです。特区民泊は、民泊新法のような年間営業日数の制限がなく、旅館業法に比べて民泊の認定を受けやすいものにあたります。 特区民泊とはどのような内容で、どのような場所で特区民泊を行うことが可能なのでしょうか?特区民泊の特徴や指定されている区域について確認していきましょう。合 [続きを読む]
  • 「レビュー」が高評価となる最大要因は「clean」
  • レビューの評価を引き上げる要素としてclean(清潔さ)、quiet(静かさ)、private(プライベート空間の確保)の3点が挙げられる。 一方、評価を引き下げる要素としては、cold(寒い)、noisy(うるさい)、smell(くさい)、dirty(汚い)、この4点が挙げられ、レビューを下げたくないのであれば、smellとdirtyと感じさせないようにマネジメントしなければならず、そのためには清掃の品質を保つこと必須となる。 レビュー評価を [続きを読む]
  • 違法民泊、掲載継続か…エアビーに調査求める
  • 大手民泊仲介事業者のエアビーアンドビーが、住宅宿泊事業法(民泊法)が施行された15日以降も仲介サイトで違法物件の掲載を続けている可能性があるとして、観光庁が同社に調査を求めていることがわかった。 観光庁や京都市によると、同市の担当者が15日に同社のサイトで市内に所在する各物件を確認したところ、市に届け出がされていない物件が少なくとも44件掲載されていた。市から報告を受けた観光庁は18日、同社に対し [続きを読む]
  • 一般的な住宅と何が違うの?民泊新法の「届出住宅」について
  • 民泊新法では、一定の基準を満たす住宅について従来よりも簡単な届出をすることで合法的に民泊運営ができます。そして、この届出を行う住宅のことを「届出住宅」と呼びます。 民泊新法における「住宅」とはどのようなもので、一定の基準とはどのような内容かご存知でしょうか? この届出住宅は「住宅」でありながら、住宅宿泊事業を行う宿泊施設であるため、私たちが日常生活を送っているような一般的に思い浮かべる住宅とは定義 [続きを読む]
  • 民泊が本格スタート届出の出足は低調
  • 一般の住宅に訪日客などの旅行者を宿泊させるいわゆる「民泊」が6月15日、住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行により本格的に解禁された。 この民泊新法は、自治体へ届出をすることにより、年間180日まで宿泊させる事ができる。 それに伴い、仲介業などの企業参入が相次ぐ一方で、住民の生活環境悪化を懸念する自治体の独自な規制などにより、民泊の届出は低調な出足となっている。 民泊新法は、無許可で営業する「ヤミ民泊」の横行 [続きを読む]
  • 民泊新法だけじゃない!今、注目すべき旅館業法の規制緩和について
  • 2018年6月15日に民泊新法が施行され注目が集まっていますが、同じタイミングで旅館業法の規制が緩和されています。今まではハードルが高く、なかなか手が届かなかった旅館業法。今回その規制が緩和されることによって、旅館業法を利用して民泊運営を実現するハードルが大幅に下がります。 それでは一体、旅館業法の規制緩和はどのような内容なのでしょうか?合法民泊の基本を確認しながら、旅館業法の規制緩和について説明します。 [続きを読む]
  • 年間営業日数180日制限どう乗り越える!?民泊新法を上手に利用する方法
  • 2018年6月15日から施行された住宅宿泊事業法(民泊新法)。やはり皆さんが一番気になっている点は「年間営業日数の上限を180日以内に制限」というルールではないでしょうか。 「民泊運営が180日以内に制限されたら、残りの185日はどのように活用すればいいの?」 民泊新法の特徴を理解すれば、180日の制限があっても利益をあげられる可能性は十分にあります。きちんとルールを理解して、民泊新法を上手に利用していきましょう!「 [続きを読む]
  • 今が合法民泊を始めるチャンス!民泊新法「住宅宿泊事業法」とは
  • 「ついに民泊解禁!」と注目を集めている住宅宿泊事業法(民泊新法)。住宅宿泊事業法(民泊新法)とは、一体どのようなものなのでしょうか?「イマイチ理解できていない・・・」「民泊新法によって今までと何が変わるの?」そんな不安を解消できるように、今回は民泊新法について、今までの民泊の背景も踏まえて説明いたします。なぜ「民泊新法」ができたの?今までの民泊と民泊新法が制定されるまで今までの法律で合法的に民泊を [続きを読む]
  • 大阪で違法民泊撲滅チーム発足式
  • いわゆる「民泊新法」が今月15日に施行されるのを前に大阪市では、「違法民泊撲滅チーム」の発足式が行われました。大阪・浪速区の区役所で行われた発足式には、警察のOBや大阪市の監視員からなる「違法民泊撲滅チーム」のメンバーのほか、大阪府の松井知事や大阪市の吉村市長も出席しました。この中で、吉村市長は、「大阪市には違法民泊が1万室あると言われている。大阪の経済の発展に貢献する安心な民泊を広げてもらいたい [続きを読む]
  • ゲストハウス・民泊における清掃の重要性
  • ゲストハウス・民泊における清掃の重要性予約サイトで最も重要な「レビュー」ショッピングサイトのAmazonや、レストラン情報サイトの食べログで掲載情報に対しユーザーが評点をするように、宿泊系予約サイトにも「レビュー」という宿泊施設を利用者が評点する機能が設置されている。予約サイトのユーザーは、施設の写真や宿泊料金に加え、「レビュー」がどれだけ高い点数であるか、そしてそこにはどのようなコメントが寄せられてい [続きを読む]
  • ゲストハウス・民泊 高品質清掃のCleanSelect
  • CleanSelectについてホテル清掃サービスのプロ クリーンセレクトによる清掃ゲストハウス・民泊清掃だけではなく、ホテル清掃サービスも展開しております。ベテランスタッフが高品質清掃施工を行います。民泊清掃も2016年から行わせていただいており、清掃回数は1000件以上。ベテランスタッフによるきめ細やかな清掃と、物件の管理を兼ねたプロによるサービスを展開しております。清掃プランの内容 クリーンセレクトはここが違う [続きを読む]
  • 過去の記事 …