とらんぽりん さん プロフィール

  •  
とらんぽりんさん: Oh,my DAT!
ハンドル名とらんぽりん さん
ブログタイトルOh,my DAT!
ブログURLhttps://tranpo-rin.muragon.com/
サイト紹介文神経内科通院&抗パーキンソン剤服用記録、過去の恋愛失敗談などを不定期で書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 146日(平均1.2回/週) - 参加 2018/06/17 16:02

とらんぽりん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 逃げるが勝ちだがまた戻る
  • 20代前半に付き合っていたモラハラ男との同棲生活の中で、一度だけ別れる覚悟で実家に帰ったことがあります。 家族は私の事を心配しつつも「娘が戻ってきた♪」と喜んで迎えてくれました。もうあのアパートには戻らない!と強く思うと同時に清々しい気持ちでいました。 それなのに翌日、 男から泣きそうな声で電話がかかってきました。 「俺が悪かった。寂しくて死にそう。戻ってきてくれ」 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ [続きを読む]
  • マンモスえふP
  • 月1神経内科通院。 今回から エフピー 1日1錠 が追加されました。 エフピーOD錠(一般名:塩酸セレギリン)は “MAO-B阻害薬(B型モノアミン酸化酵素阻害薬)という種類に属し、モノアミンの吸収・分解を防ぐことでモノアミン濃度を高めるはたらきがあります” “パーキンソン病はモノアミンの1つであるドーパミンが減少する事で生じると考えられているため、モノアミン濃度を上げてくれるエフピーはパーキンソ [続きを読む]
  • 骨髄バンクドナー登録抹消
  • 私は独身時代「趣味:献血」と言い 2週に一度成分献血に通っていた暇人で 骨髄バンクにも登録していたのですが、 (出産育児のためここ数年は登録を保留中) はたして脳神経系の薬を服用したまま 献血や骨髄提供はできるのか気になって聞くと 担当医師「全然問題ない」 薬剤師 「だめです」 と意見が真っ二つになったので ちゃんと日本骨髄バンクに問い合わせてみました。 回答は一部抜粋で 「骨髄バンクではドナーの [続きを読む]
  • チョロい女を卒業しようとして失敗
  • 20代前半の頃、当時同棲していた男に浮気を咎めたら 「だいたいお前は何でもホイホイ言う事聞くしチョロいんだよ」 と開き直られたので、 「そうか、浮気されたのはいつも男の言いなりになる弱い自分の責任なんだ!このままではいけない!」 と一大決心し、ちゃんと自分の意見を言うようにしてみました。 きっと状況が変わって私の事を見直してくれる! これで対等な立場になれる! 意見のぶつかり合いで雨降って地固まる [続きを読む]
  • ドプス撤退
  • すくみ足に効くという新しい薬ドプスが ちっとも効いてる気がしないので 早々に見限って次回新しい薬を試すことになりました。 3錠→2錠→1錠と数日間ずつ徐々に減らしていったので 現在完全に抜けてるはず。さらばドプス。 合う薬が見つかるまでいくらでも試していかねばです。 そういえば普段運動も全くしないし 食事にも気をつけてないのに、 ここ2ヶ月くらいで急に1キロ半減りました。 この歳になって1キロ減ら [続きを読む]
  • 寝てる隣で浮気電話された時の話
  • 病気無関係投稿。20代前半の頃の話です。 夜中の2時頃、話し声がうるさくて目が覚めてしまいました。同棲していた男が同じ布団で寝ている私の隣で、こんな夜中に電話をしています。私を馬鹿にする発言をしながら笑ったりしたあと 「俺も彼女と別れるからさ〜、お前も別れろよ〜」。 めんたまポーン( Д ) ゚ ゚ 寝たふりをしながら「んん〜」と寝返りをしてみたら男は慌てて部屋を移動したけどまだ話し続けています。 [続きを読む]
  • 金持ってる大人の余裕に流されそうになった時の話
  • 病気とは無関係な投稿です。 20歳中盤の頃の出来事を吐き出します。 自分自身たいした人間でもないくせに、テレビで見た「究極の選択!貧乏イケメンvs金持ちブサイク」みたいな特集を見て「いやいや、絶対前者っしょ!」とか言っていました。 そんな折、飲み会で知り合った全然タイプでも何でもない年上の男性に誘われて、断り切れず2人飲みをすることに。 30代ながら会社役員だという彼は高級外車で颯爽と現れ、敷居の [続きを読む]
  • 前傾小股つま先立ち早歩きを止めたい
  • 一ヶ月ぶりの神経内科通院。 私 「新しいクスリ、ちっとも効かないです」 医師「副作用の確認なので    少量しか処方してないんですよ。    特に問題無いなら良かった、    量を増やしていきましょう」 というわけで ドパコール(Lドパ) 1日3錠(朝・昼・晩) ドプス(ドロキシドパ)1日3錠(朝) になりました。 以後飲み続けてるけど相変わらず何の変化も無いです。 クスリが3倍になったなら 通常 [続きを読む]
  • 発症後におけるトランスミッション考察
  • タイトル格好つけたけど内容大したことないです。 運転免許を取得して以来 ずっとマニュアル車を乗り継いでいます。 自分のペースで運転できるのでラクです。 例えて言うなら マニュアル車は全身タイツ オートマ車はガウン 全身タイツはピッチピチだけど フィットしてるので時差無く身体についてくる。 ガウンは簡単に着れるし締め付けが無くラクだけど 余裕があってスカスカでバサバサする。 ...伝わるかどうかはさ [続きを読む]
  • モラハラ男に共依存してたけど目が冷めた時の話
  • 病気ブログだけど、通院が月一で進展もないので無関係な投稿です。 よく情報番組で「私が今までに出会ったサイテー男」「元カレ仰天エピソード」などの街角インタビューをやっています。私がもしインタビューを受けたら何を答えようかな〜と思い、いざというときの為にネタを書き溜めておくことにしました。 20代前半に付き合っていた男が強烈で、そいつの仰天エピソードを思い出しながらメモっていたら出てくる出てくるすごい [続きを読む]
  • ドプスが仲間に加わった(薬)
  • 1ヶ月ぶりの神経内科通院。 2ヶ月程ドパコールを飲み続けていたけど、 症状の改善があまり見られないので 試しに薬を増やすことになりました。 新たに仲間入りしたそいつは 「ドプス」1日1錠 いや、名前(笑) 2度見したし。 ドロキシドパ剤で、主にすくみ足に効くそうです。 Lドーパはドーパミンを補充するのに対し、 ドロキシドパはノルアドレナリンを補充するのだそうです。 これで歩きやすくなるといいな。 [続きを読む]
  • 今までにかかった医療費(5月〜)
  • 1.脳神経外科 診察、CT 8,500円 2.脳神経外科 診察、MRI 3,770円 3.脳神経外科 診察、採血 4,480円 4.神経内科 診察、採血 10,680円 5.神経内科 DAT SCAN 24,100円 6.神経内科 心筋シンチ 20,300円 7.神経内科 診察 420円 8.神経内科 脳血流シンチ 19,200円 9.神経内科 診察 420円 5月からの明細です。 治療ではなく、 [続きを読む]
  • 勝手に薬を止めると副作用出るとかまじか
  • (手を叩きながら) ♪ドパドパドパドパ ドーパミン! ガッツリ出ちゃって ドーパミン! シナプスの ちょっといいとこ見てみたい! そーれイッキ!イッキ!イッキ! ドパコールをしながらドパコールを飲む図 おっと、楽しい気分でいられるのもそこまでだ! 私、抗パーキンソン剤について 「他の重篤な病気の薬と違って 飲み忘れても命の危険とか無いし ウッカリ忘れて飲みはぐっても大丈夫っしょ」 くらいに思ってた [続きを読む]
  • おくすり状況(抗パーキンソン剤)
  • 初めてのお薬は ドパコール配合錠L100(L-ドパ剤のジェネリック)。 1日1.5錠(0.5錠?3回)を3週間服用したのち 医師「どうでした?」 私 「特にピンと来ないです」 医師「ですよね。副作用がないか確認するために    少量しか処方してなかったので    そんなもんでしょうね」 私 「(まじか)」 医師「お薬増やしますね。     5週間後にまた来て結果教えて」 ということで倍量の 1日3 [続きを読む]
  • 脳血流シンチグラフィー
  • 3回目のSPECTです。 MRIの爆音っぷりと比べると静けさに安心感があります。 目からの情報(ライトなど)の影響を受けないように アイマスクをしての検査でした。 アイマスクをした状態で そばに人気(ひとけ)を感じたり 技師さんに優しく声をかけてもらったり 「寒いですよね」ってタオルかけてもらったり 腕に薬剤を注射されたり。 「目隠しして横たわっていろいろされる」 という状況にちょっとドキドキしつ [続きを読む]
  • オメガ3に踊らされている
  • 以前どこかで 「クルミはパーキンソン病にイイ」 と言うのを見ました。 調べてみたら 「ブレインフード」と呼ばれるほど 脳にいいらしいです。 ↓「カルフォルニアくるみ協会」のコピペ↓ ___  “くるみに含まれているオメガ3脂肪酸は、脳情報伝達にかかわっている神経細胞(ニューロン)の膜に含まれる大事なリン脂質の一つで、神経細胞膜がうまく働くように、また特に神経細胞の継ぎ目で情報伝達にかかわっているシ [続きを読む]
  • 爆音MRIレポ
  • 5月に受けた人生初MRIの感想です。 作務衣のような検査服に着替えて 約20分寝転びます。 体には何も感じないけど 音がとにかくすごい。 壮大なる工事現場のド真ん中。 ...ビーッビーッビーッビーッ! ...グワングワン...グワングワン... ズドドドドドドドド!! 事前に「音が大きいから」と言って 遮音性がありそうなヘッドホンを着けられたけど、 むしろヘッドホンを通して 聞かされてるのかと思う [続きを読む]
  • DAT SCANとMIBG心筋シンチグラフィー
  • ダットスキャンでは 明らかなドーパミン不足が分かりました。 でもMIBG心筋シンチでは異常無し。 この結果を持って 「パーキンソン病ではありません」 と診断されました。 疑っていた病気ではなかったけど、 深刻なドーパミン不足が判明したわけで 運動障害との長い長いお付き合いが確定です。 とりあえず試しに数週間、 症状を抑える抗パーキンソン剤を飲んで 効き目があるか様子を見ることになりました。 また、 [続きを読む]
  • 脳神経外科と神経内科
  • 私はいくつもの身体の異変を 「ただの運動不足」と思っていました。 それが今年の4月、 父親に歩き方の異変を指摘され 「すぐに病院に行け」とのことで、 オーバーだなぁと思いつつ親を納得させるために 仕方なく病院へ行きました。 右手右足に違和感があったので 始めに脳神経外科で診察を受けましたが CTスキャン→問題なし 翌週にMRI検査→問題なし 多項目に及ぶ血液検査→問題なし 次に神経内科を紹介されま [続きを読む]
  • 発症から今までの身体の症状
  • <2016年頃> ・料理の際、菜箸で食材が持ちにくいと感じる ・手首の素早いスナップがきかず、生タマゴをかき混ぜるのが難しく感じる  (白身が切れない) <2017年前半> ・バイバイ??の右手が思ったより動かない事に気付く ・流石に不安になってネットで 「腕 力 入らない」で検索したけど  運動不足という結論に達する <2017年後半> ・歩きにくさに気付く ・三輪車のハンドルやショッピングカー [続きを読む]
  • ブログを始めてみた理由
  • 神経内科でパーキンソン病の疑いがあると 言われてから検査結果が出るまでの間、 その病気に関わる方々のブログを見て回りました。 当事者の方や介護されている方など 沢山の病気に関わる方の存在を知りました。 その際、特に参考にしていたのが ・発症時の年齢 ・発症に気付いたキッカケ、症状 ・ブログを始めた時の思い などです。 結果的にパーキンソン病ではなかったけど、 このような例もあるという事も 誰かの参 [続きを読む]
  • 過去の記事 …