cosa さん プロフィール

  •  
cosaさん: 素晴らしき哉、英語人生
ハンドル名cosa さん
ブログタイトル素晴らしき哉、英語人生
ブログURLhttp://fanblogs.jp/cosa/
サイト紹介文これまでを振り返るためではなく これからを創造していくための ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 57日(平均6.4回/週) - 参加 2018/06/18 02:22

cosa さんのブログ記事

  • eclipse
  • eclipse 〈競争相手を〉しのぐECLIPSEというと富士通テンの音響機器ブランドで、独特のスタイルをした高級スピーカーが頭に浮かびます。金銭的な余裕と部屋に余地があれば、ぜひとも備え付けてみたい、憧れのスピーカーです。どんな素敵な音を鳴らすのかいつの日か聴いてみたいです。ブランド名の由来は「他の追随を許さず、すべてを凌駕する凄まじい炎」をイメージしてつけられたそうです。eclipseは「日食」のことで、語源はec-( [続きを読む]
  • when it comes to
  • when it comes to 〜のことになると「レンタルおっさん」というサービスがあることをご存知でしょうか。お金儲けが目的でもないでしょうが、こうしたビジネスが成立する日本という国はすごいなと思います。テレ朝の「おっさんずラブ」がそこそこの視聴率を叩き出していたらしいですが、いま世の中は中年男性の魅力に注目し始めた?当然そこにはSNSの力があったからこそ。利用してない私が言うのもなんですが、FacebookやInstagram [続きを読む]
  • lag behind
  • lag behind 〜に後れを取るよく海外からのテレビ中継で現地の映像と音声にズレが生じることがあります。これをtime lag「時間差」と呼びます。名詞でlag「遅延」です。delayが代替語になります。冒頭の写真のようなjet lag「時差ぼけ」にも使われます。ちなみにオンラインゲームにおいて、プレーヤーの操作とサーバーのリアクションの間に生じる時差のこともlagと呼ばれます。同時間帯に利用者が集中することで通信回線やサーバー [続きを読む]
  • combat
  • combat 戦う、除去しようと努めるcombatといえば、ゴキブリ駆除商品を思い浮かべるのは私だけではないでしょう。小さいころからCMを見てきましたので、ゴキブリを絶滅に追い込むイメージをこの語に抱いていましたが、名詞で「(戦時中の)戦い」が基本の意味。動詞として「(いやなことの発生)を防ぐ、食い止める」という意味を持っています。実際に害虫を駆除する場合はexterminate「駆除する」の方が適しているでしょう。ただ、 [続きを読む]
  • cash-dependent
  • cash-dependent 現金依存の日本国民は現金を好む傾向が強いといわれ、キャッシュレス化が遅れている。2015年のデータだが、日本のキャッシュレス決済比率は18%(2016年は23.6%まで増えているが)。それに対して韓国54%、中国55%、米国41%となっている。中国はAlipayやWeChatpayがQRコードによる決済システムを提供しているおかげで都市部ではほぼ100%の普及率だそう。スウェーデンはさらに進んでいて現金比率が2%だというから驚き [続きを読む]
  • manipulation
  • manipulation 巧妙な操作、小細工、ごまかし東京医科大学への裏口入学問題から、今や女子受験者を一定数に保つために一律減点していたというニュースに世の関心が移ってきています。世界でも大きな関心を持ってみられているようです。The manipulation started at the institution after the share of successful female applicants reached 38 percent of the total i.. [続きを読む]
  • summer cold
  • summer cold 夏風邪夏風邪でダウンし、記事を書かない日が続いてしまいました。家に残っていた風邪薬を飲んだだけですが、2日がかりで、仕事をしながらも治しました。英語でもちゃんとsummer cold「夏風邪」という言い方が存在します。病気にかからなかったり、また治ってしまえば、気にならなくなるものですが、これを機に調べてみました。夏風邪と冬風邪の違い・summer colds tend to hang around longer・you might develop a.. [続きを読む]
  • 発音 -ar-
  • ミスにはパターンがあるわれわれが間違えやすい発音にはある一定のパターンがあります。おおよそ次の3つの原因があります。何度も繰り返し間違えて1つ1つ覚えていくというのもの悪くありませんが、規則性が存在するのであれば、それを利用しない手はありませんし、例外はまとめて覚えると読み間違いをグンと減らすことができます。①ローマ字・カタカナ読み:radio[ラジオ→レイディオウ]②黙字を読んでしまう:③母音の規則を [続きを読む]
  • raw
  • raw ロングマン現代英英辞典にそのまま載っていました。raw talent someone with raw talent is naturally good at something, but has not developed their ability yetその才能は開発がされていないものの、生まれながらに何かに秀でた能力を指します。他にpowerfully impressive talentという定義がよくみられますが、「力強い」という意味を含有しているようです。.. [続きを読む]
  • enjoy
  • enjoy 〈よいものを〉持っている、恵まれているMerriam-Websterを調べてみると、我々にもっとも馴染みのある、「楽しむ」の方ではなく、今回の意味の方が第1義として定義されていました。enjoy 1. to have for one's use, benefit, or lot : experienceまた、Weblioでは、<★have [possess] の意の上品な表現>とも書いてあり、両辞書を参考にするならば、have/experienceの代替語の一つと.. [続きを読む]
  • mom-and-pop
  • mom-and-pop 夫婦で経営する「パパママショップ」という言葉が流通業界用語として存在することは知りませんでしたが、コトバンクによると「夫婦とその家族あるいはパート・タイマー1〜2名を使って経営している小規模の小売店、生業零細店のこと。」をいうのだそうです。夫婦で経営されている零細店舗が、mom-and-pop business[shop/store]となります。さていつの時代も大企業、大規模店が零細小売店を飲み込んでしまうというのは事 [続きを読む]
  • brick-and-mortar
  • brick-and-mortar 実在する(店舗)Amazon自体は仮想店舗ですが、シアトルにAmazon Goというbrick-and-mortar store 「実店舗」を持っています。今秋にはニューヨークの5番街にオープン予定だそう。日本でも展開しないかなあ。日本で最先端のショッピング体験をぜひしてみたいです。"Just Walk Out Technology"ってきわめてシンプルではありますが、客の心をグッとつかんだ店舗形態だと思います。無印良品あたりがやってくれない.. [続きを読む]
  • The night is young.
  • The night is young. まだ宵の口だPizzicato Fiveのヒット曲『東京は夜の7時』。その英語の題名がThe night is still young.となっていた。当時『ウゴウゴルーガ2号』という子供向け番組のオープニング曲として使用されました。夜7時からの放送でした。先鋭的な番組でした。ABBAの名曲"Dancing Queen"のlyrics(歌詞)の中でも出てきます。Friday night and the lights are lowLook.. [続きを読む]
  • initiative
  • initiative 構想日本語の「イニシアチブ」といえば、「率先、主導(権)」の意味で使われることが多く、「イニシアティブをとる」=「主導権を握る、率先して行う」が成り立つでしょう。IIJ (Internet Initiative Japan)というインターネットサービスプロバイダーがありますが、その社名の由来は「日本のインターネット関連サービスを創り上げてきた先駆者として、インターネット関連技術におけるイニシアティブを取り続け、日本の [続きを読む]
  • mix and match
  • mix and match (異なる物を)組み合わせる「休日はおジーパン」この言葉にドキッ。生徒がもっていた「(おじさんなパンダ)おじぱん」というキャラクターの下敷きに書いてありました。外出するとき、とりあえずジーンズにTシャツを着れば、みたいなところがあります。まさにおじぱんに描かれる世代なのかとちょっぴり寂しさをおぼえた今日この頃です。春夏秋冬、着る服の色はあまり変化がありません。昔からファッションで冒険は [続きを読む]
  • steal a person's thunder
  • steal a person's thunder 人の考えを横取りする、人を出し抜くオーストラリア出身のカントリー歌手Keith Urbanの曲に"Steal My Thunder"があります。Merriam-Websterの定義を見ると次のように書いてありました。to prevent someone from having success or getting attention, praise, etc., by doing or saying whatever that.. [続きを読む]
  • tete-a-tete
  • tete-a-tete 内緒話もとはフランス語で、文字上はhead to head「面と向かって」の意味。「二人だけの、内密の」として使われています。英語では同様の表現としてThis is between us.「ここだけの話だが」があります。仏語・英語では人(head, us)で表現するところを、日本語では場所(ここ)で言い表すところが言語的な違いとして興味深いです。また、上記imageのようなS字型をした2人用の椅子を指す言葉です。二人だけの話が行われる [続きを読む]
  • 『自分の仕事を作る』 西村佳哲
  • この本の書き出しが素敵です。著者の西村氏の人柄が表れているような、真摯な「仕事」に対する敬意が感じられるから書き出しが好きです。自分一人の仕事は世界の中で何十億分の一の力かもしれませんが、その仕事を真摯に丁寧にすることが世界を変えることにもなるんだと、今さらながら気づいた次第です。目の前の机も、その上のコップも、耳にとどく音楽も、ペンも紙も、すべて誰からがつくったものだ。街路樹のような自然物でさえ [続きを読む]
  • join forces
  • join forces 協力する先日、Starbucks社が2020年までにプラスチックストローを全世界でやめると宣言したばかりですが、こうしたグローバル企業のCSR活動(Corporate Social Responsibility activities)を通じて発信するメッセージはとてつもなく強力です。他のファストフード店への波及効果もあるだろうと思います。少し前に米国で150店舗を閉鎖するというネガティブなニュースが流れましたが、日本では好調を維持しているようで [続きを読む]
  • to date
  • to date 今日までにdateは主に「日付、デート(する)」の意味を持つ同時に、果物の「デーツ(ナツメヤシ)」にもなります。食べたことはありませんが、栄養価の非常に高いフルーツだそうです。英語の発音では違いがないのに、日本語では読み方で使い分けているのが興味深いです。日本人なりの工夫ですね。テニスの世界では、一昨年に2度目の引退をなさった伊達公子さんですが、若いころランキングが上がるまでは、彼女のLast name [続きを読む]
  • 辞書を読む 英語類語使い分け辞典
  • 類語の使い分けは容易ではなく、英語力が上がれば上がるにつれて、類語を徐々に獲得することで、より悩ましい問題になっていきます。迷ったら辞書を引く、が基本です。中高生対象とした英和辞典では親切なことに類語の使い分けが掲載されていることも多く便利になっています。すでに販売は終わっていますが、この『英語類語使い分け辞典(創拓社)』はとても便利です。何がいいかというと、タイトルにあるように、「日本語から引け [続きを読む]
  • hippootamus
  • hippopotamus カバカバはそのずんぐりとした外見から親しみを持つ人も多いかもしれません。イラストに描かれるカバはたいていおっとりした印象を与えますし、動物園でもその鈍い動きや水浴びするユーモラスな姿から人気の動物でしょう。しかし野生のカバは獰猛だそうで、アフリカではカバに襲われての志望者が年間500人にも上るというのは驚きの事実です。hippopotamusはギリシャ語のhippo-「馬」+potamos「川」が由来です。日本 [続きを読む]
  • 映画 未来のミライ
  • 試写会の券がとれたので、近くの映画館へ観に行ってきました。もともと一般公開後にお金を払っても観に行くつもりでした。結論から言います。特に後半からラストにかけて自然と涙が流せる、心優しい映画でした。私たちの人生はたくさんの人が関わり成り立っている、そしてそれはいくつもの偶然の産物である、そのことに感謝して今を生きよう、そういうメッセージの映画だととらえました。子供向けというより子を持つ親向けの作品か [続きを読む]
  • kingpin
  • kingpin 中心人物身体を動かすことが好きで毎週テニスをしますが、他のスポーツでたまにやるのがボウリング。最近は機会がなく、年に1〜2回くらい。日本でボウリングを楽しむ人は900万人以上いるらしいです(https://todo-ran.com/t/kiji/19661)。ウォーキングや登山と違い、点数やスコアなどを競うスポーツとしては最も人気のあるスポーツになります。人気に陰りはあるもののが、依然として手軽なスポーツであり続けています。 [続きを読む]
  • 辞書を読む オーレックス和英辞典
  • 英語を学習している人、仕事で英語を使用する人は毎日のように辞書を引いていることと思います。辞書を引くときにどの辞書を使う頻度が最も多いでしょうか。大まかな分類でいうと、私の場合①英和②英英③和英になります。日本の英語辞書は優秀だといわれます。こんなに多くの種類の辞書が発行されている国も珍しいのではないかと思います。ちょっとAmazonで調べてみました。だいたい高校生以上を対象とした辞書を列挙してみました [続きを読む]