小桜 さん プロフィール

  •  
小桜さん: りんずラボ〜発音指導と翻訳修行と
ハンドル名小桜 さん
ブログタイトルりんずラボ〜発音指導と翻訳修行と
ブログURLhttps://idaaya.com
サイト紹介文中国語の発音矯正レッスン・文法レッスンで教えるママ講師です。出版翻訳修行中。音読イベント告知します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 31日(平均4.1回/週) - 参加 2018/06/20 01:37

小桜 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 本とわたし――発音講師は学習書とどう付き合っているか
  • 中国語の学習者が手に取り参考にする書籍は、たくさん売られていますね。発音に特化した本で現在手に入るものだけでも10冊は下らず、新しい本もどんどん出ます。東方書店に勤めていたときは、さすが中国関連書籍専門書店だけあって、たくさんの書籍に触れる毎日でした。中国語講師をしばらく経験してから入社したので、たくさんの教科書・独学書を見比べるのは、それはそれは楽しいものでした。あまり流通しないようなテキストも含 [続きを読む]
  • 用語抽出ツール“言選”が用語集作成を助けてくれる
  • 実務翻訳をばりばりやるつもりだったころは、専門分野を作ってTRADOSも入れてばりばり言うぞ、と思っていたのですが…。今後は実務翻訳の受注はせず、書籍翻訳に移行していくことに決めてしまったので、翻訳支援ツールを導入する強い動機がなくなってしまいました。ただ社会科学系の本では、用語の統一を図るために、やっぱり何らかのメモリはあった方がいいな、とは思っています。いずれにしても用語集は必須なので、従来はかなり [続きを読む]
  • 中国語教員免許のとりかた
  • 概要中国語講師になる方法 → いろいろ中国語講師として必要な資格 → 学校教員のみ教員資格が必要中国語教員免許の取得方法:__現役教員 → 放送大学__ペーパー教員 → 佛教大学__これから教職を取得する → やっぱり佛教大学中国語講師に必要な資格日本で中国語を学ぶには、語学学校で学ぶ、会社の研修で学ぶ、高校で学ぶ、大学で学ぶ、eラーニングで学ぶ、先生を見つけてマンツーマンで学ぶ、参考書を買ったりN [続きを読む]
  • 【開催レポート】7月9日音読お茶会
  • 音読サークル〈玲瓏りんろん〉の音読お茶会イベント、今回も楽しく開催しました!第4回中国語の音とリズムを楽しむオンライン音読お茶会[日時]2018年7月9日10:00-11:00[参加者]きゅうたろうさん、しゃけさん、みどりさん、井田[お住まいの地域]埼玉、神奈川、千葉、瀋陽【自己紹介コーナー】今回のメンバーは学習歴が実にさまざま。大学の第二外国語で中国語と出会いました、っていう私は、おなじ経験をした人数でいったら普 [続きを読む]
  • 単語帳づくりに燃やす情熱
  • 昨年から発音矯正のレッスンを始めて、ちょうど1年たちました。発音のクセも受講生さんによって千差万別だということが、よく分かってきました。学習歴の違いや、ちょっとしたコツを習ったことがあるかないか、普段お付き合いしているネイティブの発音の違いなど、いろいろな背景があるもので、講師としてもいろいろ発見させていただいてます。あるポイントについて集中して練習したらいいな、と思うと、そのポイントを鍛えるため [続きを読む]
  • 【小桜の知恵袋】「u」と「ü」は仲間ですよね?
  • 学生:「先生、前からお尋ねしてみたかったんですが」小桜:「はいはい、何でしょう?」学生:「発音練習のとき、先生はどうして〈u〉と〈ü〉をペアにした練習をなさらないんですか?」小桜:「えーと、ペアで練習したってかまいませんけれど、ぜんぜん違う発音ですので」学生:「そりゃ違う母音なので違う発音だとは思いますが、でも仲間なんですよね?」小桜:「仲間って、どういうことですか?」学生:「両方とも口をすぼめて [続きを読む]
  • 海外華僑中国語教育のための講師研修
  • 中国政府は中国語の国際的普及に力を入れていて、そのための国家部門もあります。世界各国に孔子学院を展開していることもよく知られています。寡聞にしてアンテナを張っていなかったのですが、さらに海外在住の華僑・華人の子女に対する中国語教育でも事業をおこなっているのですね。2017年夏、「中国国務院主催 “中国語教師ライセンス”取得講座」というイベントが開催されたそうです。参加された日中二ヶ国語司会者の宇高淑子 [続きを読む]
  • 【小桜の知恵袋】“e”は「ノドをふるわす音」だと習いましたが…
  • 学生:「先生、あいまい母音の“e”の出し方がよく分かりません」小桜:「あら、そうですか。どうぞ何でもお尋ねください」学生:「最初の先生からは、ノドの奥から出す音だ、って習いました」小桜:「えーっと、声は声帯が振動して出てくる音なので、どの発音もノドの奥から出しますよ。“e”に限った話ではありません」学生:「○○先生の本には、ノドをふるわせる、って書いてありました」小桜:「うーん、ノドでふるえている [続きを読む]
  • その発音は悪いのではなくて間違っているだけなのです
  • 発音矯正レッスンで、受講生さんの発音がどんどん規範的になっていきます。講師としては、ほんっとに嬉しい。講師冥利。◆うちの4歳児は英語スクールにお世話になっていて”apple”は「ぇあーぽー」だし、”purple”は「ぽぁーぽー」。その孫を見て相好を崩すわが母。「すごいわねー。わたしは発音が悪いからダメよ」。こういう光景、よくありますよね。でも。発音が悪い、っていうのは、その人が悪いんじゃないんです。◆どうすれ [続きを読む]
  • 7月のオンライン音読お茶会(平日開催)
  • 7月もやります。中国語の音とリズムを楽しむオンライン音読お茶会。第4回。今度は平日開催です。ドキドキした3月の初回から、もっと有意義に、もっと楽しめるように、と工夫を重ねた第2回、第3回。発案したわたし自身が得るものも多くて、イベントやっててよかった!って思っています。それもこれも、ご参加くださる皆さまあってこそ。初めての方も、初めてじゃない方も、ぜひどうぞ。第4回中国語の音とリズムを楽しむオンライン音 [続きを読む]
  • 発音のデッサン
  • 発音指導をしているとき、わたしはよく「今はデッサンの段階ですから」なんてことを言います。実際の言語活動では、シチュエーションや、感情や、話の脈絡など、いろいろな要素によって抑揚がつきます。だから同じ第1声とはいっても、さっきと今とではまったく違う高さで発音される、ということはしょっちゅうです。ただし、基礎の発音学習や発音矯正では、そのような生き生きとしたプロソディを取り入れることは効果的ではありま [続きを読む]
  • 【開催レポート】6月9日音読お茶会
  • 音読サークル〈玲瓏りんろん〉イベントの音読お茶会を開催しました。第3回中国語の音とリズムを楽しむオンライン音読お茶会2018年6月9日10:00-11:00今回ご参加くださったのは、しゃけさん、Nanaさん、しゃんじーさん、それからみどりさんとワタクシ井田の主催者ふたり。お住まいの地域は、関東、中国、フィリピンというひろがり。いつものことながら、オンラインって素晴らしい。簡単な自己紹介ののち、音読する順番をじゃんけんで [続きを読む]
  • 6月音読イベントは土曜オンラインお茶会
  • 中国語の音とリズムを楽しむオンライン音読お茶会、第3回の日程が決まりました。6月9日(土)10時〜11時、です。お申し込みはこちらからどうぞ。 ↓ ↓申し込みページ >主催はいつものように音読サークル〈玲瓏りんろん〉で、講座講師のみどりさんとお茶会幹事の井田も時間があれば音読します。音読できる方は、開催時間の関係で先着3名様。(少なくてごめんなさい!)ご自身のお好きな、読みたい作品をご紹介くだされば嬉しい [続きを読む]
  • わたしなんかが翻訳の理想やら注意点やらを講演してきた
  • 役員を務めている翻訳者育成団体而立会で、春の総会がおこなわれました。あわせて初めての試みとして会員発表大会も催され、ワタクシめもテーマ講演として30分の枠をいただきました。去年からずっと発音指導のことばかり考えていたので、依頼を受けても翻訳のほうに頭が切り替わらず、しばらくうーん、うーん、と苦しんでいたのです。そしてひねり出したテーマが「よかれと思って逆効果――原文への敬意を忘れる要因」です。なにを [続きを読む]
  • 【開催レポート】5月14日、19日音読講座
  • 中国語音読サークル〈玲瓏りんろん〉、続いてますよ〜。第3回、第4回音読イベント「日本人発音講師が教える音読講座」が5月14日(月)と5月19日(土)に、ぶじ終了しました!これからも、お茶会で、講座で、やりたいことがいろいろありますのでお楽しみに〜充実感とやる気に満ちた、みどりさんの開催レポートです。↓ ↓ ↓月曜日がこちら。こんにちは。中国語発音講師のmidoriです。5/14(月)の【音読サークル〈りんろん〉〜日 [続きを読む]
  • 翻訳をしたいと思うか思わないか
  • 中国語と付き合って幾星霜。中国語を学ぶお友達ともたくさん出会いました。でも、翻訳をやりたいです、って言うかたって、あまり多くありません。私自身は翻訳が面白くて面白くて、周りのみんながライバルなんじゃないかと思っていましたが、そうでもなかった。なかでも、文芸翻訳をやりたいです、って明言する人の割合は、さらに下がります。原書を読んでいる人はみんなライバルなんじゃないかと思っていました。私自身は原書を読 [続きを読む]
  • 過去の記事 …