hahako さん プロフィール

  •  
hahakoさん: いじめを乗り越えて今がある〜母と子の軌跡〜
ハンドル名hahako さん
ブログタイトルいじめを乗り越えて今がある〜母と子の軌跡〜
ブログURLhttp://hahakonokiseki.jp/
サイト紹介文息子のいじめを母と子で乗り越えてきました。その奮闘記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 29日(平均10.9回/週) - 参加 2018/06/20 12:28

hahako さんのブログ記事

  • 【第27話】 転校先へ初登校。温かく受け入れてくれた先生方に感謝
  • その時は気付くことの出来ないこと沢山ありますよね。息子のことを大切に思ってくれている人が、思っている以上にいたそのことに気付かされた日でした。【第26話】息子を思ってくれている人は沢山いた。転校することで分かったこともう少し、私が人を頼っていれば…そう思うこともあります。ですが、もう決めてしまったこと。前を向いて、転入先へご挨拶に伺うのです。【第27話】転校先へ初登校。温かく受け入れてくれた先生方に感 [続きを読む]
  • 【第26話】 息子には思ってくれる人が沢山いた・・転校を決めて分かったこと
  • 息子の再出発のために、頑張った最後の運動会。転校は間違いではなかったのか?自問自答を繰り返して涙が止まらなくなるのでした・・【第25話】涙涙の運動会。息子の再出発に向けて無事運動会が終わると、息子が転校することについて、様々な方から連絡がありました。【第26話】息子には思ってくれる人が沢山いた・・転校を決めて分かったこと夕方、私の携帯に着信がありました。誰かなと見ると、当時のPTA会長さん。会長さんの息 [続きを読む]
  • 【第25話】 涙涙の運動会。息子の再出発に向かって
  • 前回のお話では、市の教育課の対応にやるせない思いを抱えました。ですが、これが中学受検に奮起するきっかけにもなりましたので、結果的に良かったのだと思います。【第24話】 市の教育課の対応に衝撃!中学受検を奮起するきっかけに。さて、いよいよ運動会当日本人の気持ち次第ではありましたが、今日で最後だから頑張るよと、頑張って登校してくれました。【第25話】涙涙の運動会。息子の再出発に向かって私も頑張ってお弁当を [続きを読む]
  • 【目次】いじめを乗り越えて今がある〜母と子の軌跡〜
  • いつも沢山の方にブログをお読み頂き、心から感謝申し上げます。ブログをまとめていますので、コチラからお読みください。≪生い立ち編≫いじめを乗り越えて今がある〜母と子の軌跡〜息子が誕生し、転校に至るまでの様子を記しています。いじめの連載が終わり次第、追記していく予定です♪≪第1話-第15話≫いじめを乗り越えて今がある〜母と子の軌跡〜息子が転校先でいよいよいじめが始まります。≪第16話以降≫いじめを乗り越えて [続きを読む]
  • 【第24話】 市の教育課の対応に衝撃!中学受検に奮起するきっかけに。
  • 前回、直接校長先生に直談判した結果、ようやく校区外転校出来ることが出来ました。【第23話】校区外転校を進めるべく校長先生に直談判!本当にようやく…ようやくでした。そして、最後にやるべき事。市の教育課に書類を出しに行くのです。【第24話】市の教育課の対応に衝撃!中学受検に奮起するきっかけに。教育課に到着すると、担任の女性の方が「こちらにご記入下さい」と書類を私の目の前に差し出されました。書類には、名前や [続きを読む]
  • 【目次】 ≪ 16話以降 ≫ いじめを乗り越えて今がある〜母と子の軌跡〜
  • いつも沢山の方にブログをお読み頂き、心から感謝申し上げます。コチラでは、16話以降のお話を掲載しています。1話-15話の目次はコチラです【目次】 ≪ 1話-15話 ≫いじめを乗り越えて今がある〜母と子の軌跡〜【目次】【第16話】【小学校5年生】「生きててよかった」その一言に救われる親子共々気持ちのやり場がなく、苦しい気持ちを抱えていました。だけど、息子が生きてることをよかったと思ってくれている人がいる・・本当 [続きを読む]
  • 今日のひとコマ「息子が楽しむ姿に嬉しくなる」
  • いつも当ブログをお読みくださり、ありがとうございます(´ω`人)日々多くの方がこのブログを読んで下さっていることに感謝申し上げます。今息子はバスケットボール部に所属しています。ある日、部のみんなでプロのバスケットリーグを観に行くことに。その観戦中に届いた息子のLINE「めちゃ楽し〜!!」こんなこと今までなかったので、相当楽しいのだろうなぁと私も嬉しくなりました(〃▽〃)子どもが喜んでいる姿は母の喜びですね [続きを読む]
  • 【第22話】 校区外転校を決意!もう息子も私も我慢の限界…
  • 支援教室に入りたいと先生にお伝えしたのに、話がなかなか進まずやりきれない気持ちを抱えた前回のお話し・・【第21話】なぜ支援教室に通う手続きが進まない?学校側の思惑とは学校側の反応を待っていましたが、なかなか支援教室に入る話は進みませんでした。そんな中、やっぱりこのままこの小学校に通わせられないという思いに駆られるのです・・【第22話】校区外転校を決意!もう息子も私も我慢の限界その時期は、ちょうど運動会 [続きを読む]
  • 今日のひとコマ「学校に行きなさい!」と怒鳴れる喜び
  • いつも当ブログをお読みくださり、ありがとうございます(´ω`人)日々多くの方がこのブログを読んで下さっていることに感謝申し上げます。いじめを受けていた当時、「学校行きたくない・・」その言葉を言われるたび、「学校行きなさい」この言葉を言えませんでした。今は「何言ってるの!学校行きなさ〜い!」と怒鳴る事が出来ます。「学校行きなさい」その一言が言える喜びを今感じています・・最新記事はコチラ↓↓なぜ支援教室 [続きを読む]
  • なぜ支援教室に通う手続きが進まない?学校側の思惑とは…
  • 前回の記事では、不登校の子が通う支援教室へ見学に行き、親子共々とても良い印象を抱いたというお話をさせていただきました。【前回記事】支援教室へ見学に。卓球をする息子の笑顔にホッとする早速、翌日担任の先生に、支援教室に入る旨をお伝えしに伺いました。担任の先生は、「そうですか…残念ですね…分かりました、校長に伝えておきます」先生方はよくして下さったと思います。ですが、先生がどう頑張っても、息子が感じるB [続きを読む]
  • 【第23話】 校区外転校を進めるべく校長先生に直談判!
  • このままこの小学校にいても、状況は変わることはないそう思い、前回のお話では、とうとう校区外転校を決意するのです【第22話】校区外転校を決意!もう息子も私も我慢の限界・・・担任の先生にお願いしても、埒が明かない…そう思った私は、校長先生に直接会いに行きました。【第23話】校区外転校を進めるべく校長先生に直談判!「すみません。先生方には色々よくして頂きました。」「ですが、もう息子は我慢の限界なのです。どう [続きを読む]
  • 支援教室へ見学に。卓球をする息子の笑顔にホッとする
  • 6年生になっても状況はなかなか変わらなかったので、何か良い方法はないかと日々模索していました。すると、市が運営している不登校の子が通う支援教室がネットでヒットしました。活動内容等を読み進めると、ここなら息子の心の逃げ場になるのではないかと思いました。早速担任の先生に、その支援教室に通わせたいと申し出ました。そして、ソーシャルワーカーの先生に相談すると、「行ってみて違ったとなるといけないので、一度見 [続きを読む]
  • 今日のひとコマ「小2の妹の宿題に丸付けする息子の姿にほっこり」
  • いつも当ブログをお読みくださり、ありがとうございます(´ω`人)日々多くの方がこのブログを読んで下さっていることに感謝申し上げます。いじめを受けている時は、息子の中で気持ちに余裕がなく、妹たちにもきつく当たっていました。ですから今こうやって、息子が妹の面倒を見ている姿を当時は想像もしませんでした。ほっこり出来たひとコマでした(*ノ∪`*)過去の記事一覧はコチラからどうぞ↓↓6年生になったけれどなかなか状況 [続きを読む]
  • 息子には逃げ場が必要。不登校の子が通う支援教室を発見
  • 小学校3年生の終わりに転校してから、色々辛いことがありました。特に5年生は息子にとってしんどい1年間だったと思います。そんな1年間が終わり、6年生はとにかく息子が学校に通えるための環境づくりのために動いた1年間だったと思います。学校側としては、息子とAくん、Bくんを別のクラスにする5年生の担任の先生をそのまま6年生の担任にするなどの配慮はしてくれてました。ですが、状況はなかなか変わらず、「学校に行きたくない [続きを読む]
  • 【 7月9日更新 】 最新記事はコチラです
  • いつも当ブログをお読みくださり、ありがとうございます(´ω`人)日々多くの方がこのブログを読んで下さっていることに感謝申し上げます。最新記事はコチラ↓↓死を目の当たりにしないと分からないの?悲しい一言自ら命を絶とうとした息子に対して、とある女の子が悲しい一言を投げかけるのです・・その他の過去の記事はコチラからご覧ください↓↓【目次】いじめを乗り越えて今がある〜母と子の軌跡〜当ブログは、完全匿名化にす [続きを読む]
  • 死を目の当たりにしなければ何も分からないの?悲しい一言
  • 息子が自ら命を絶とうとして、数日。本当に色々ありました。絶望にくれたり、だけど、その中で希望を見出したり…そんな中起きた、またまた悲しい事件です。その日学校から帰ってきた息子の表情は沈んでいました。また何かあったのだろうか…不安な気持ちが頭をよぎります。「何かあったの?」息子はランドセルを放り投げ、ソファに座り込みます。しばらくして、重たい口を開き、その日あった事を話してくれました。その日あった話 [続きを読む]
  • 【 7月8日更新 】 最新記事はコチラです
  • いつも当ブログをお読みくださり、ありがとうございます(´ω`人)日々多くの方がこのブログを読んで下さっていることに感謝申し上げます。最新記事はコチラ↓↓再び主人を輪に入れることに失敗・・もう頼るのはやめよう一度主人を頼ることを諦めた私でしたが、最後の望みをかけて主人にお願いしてみるのです・・その他の過去の記事はコチラからご覧ください↓↓【目次】いじめを乗り越えて今がある〜母と子の軌跡〜当ブログは、完 [続きを読む]
  • 再び主人を輪に入れることに失敗・・もう頼るのはやめよう
  • 学校での話し合いの結果、Aくん、Bくん、それぞれの家庭像が見えてきました。そして、息子を必要としてくれる、そんな人もいるのだと分かり、感謝した日でもありました。学校からは、話し合いの結果について、自宅の電話に連絡が来る予定となっていました。ただ、その時間帯は、私は1番下の娘の予定で、出掛けなければなりませんでした。以前、主人にはもう頼まないと誓いましたが、最後の希望をかけて、電話対応を主人にお願いし [続きを読む]
  • 「生きててよかった」その一言に救われる
  • AくんとBくんの保護者さんの対応に対し、そして、弱い自分にやりようもない気持ちを抱えていました。そこへ、ピンポンとチャイムが鳴りました。誰かなと出てみると、そこにいたのは、息子を止めてくれたお友達のお母さんでした。「どうされたんですか?」お母さんは目に涙を浮かべていました。「ごめんなさい。問題の中に息子がいたなんて思わなくて」こんなふうに謝らせるつもりじゃなかったのに…私たちは訪問すべきではなかった [続きを読む]
  • 話し合いの後に見えてきたAくんBくんの家庭像
  • 週末が終わり、いよいよ月曜日を迎えます。その日は、校長先生、息子、Aくん、Bくんを含む5名のお友達で話し合いをする日。よくよく考えたら、そんな状況でも、息子は学校に通っていたのだと思うと、凄いなと思います。私も、まだまだ学校に行かせなくてはという概念に囚われていたのだと思います。話し合いの中で、息子が爆発してしまった最大の原因が体育館の隅にうずくまる息子に対し、みんなでボールを投げつけたことというこ [続きを読む]
  • 何か解決の糸口は無いかと突破口を模索して・・
  • 金曜日に、溜まっていたものが爆発した息子。何か解決の糸口はないかと、突破口を模索します。もしかしたら、騒ぎを起こした際、必死に息子を止めようとしてくれたお友達が鍵になるのではないとかと考えるのです。そのお友達のお母さんとは、以前LINE交換をしていましたが、なかなか深いお話までは出来ていませんでした。何かAくんやBくん、その保護者の方の情報が得られないかと、お礼もかねてお伺いしました。(*AくんとBくんに [続きを読む]
  • 子どもは親を必要とし、またその親も誰かの支えが必要
  • もう息子のことを、主人に相談する事を諦めた私でしたが、この先どうなるのか、不安でたまりませんでした。翌日は土曜日だったので、一先ず学校のことは考えずに済みました。それでも、いつまた良からぬ事を考えるのではないかと、買い物に行くのも躊躇っていました。ですが、買い物に行かないわけにもいかず、不安を抱えながら私は外出しました。そこへ、anさんからメールが届きました。大丈夫ですか?心配になってメールをしまし [続きを読む]
  • 自殺未遂は何かあった内に入らないの?主人の放った一言に愕然
  • 息子の気持ちが爆発した前編から、私の今までの思いを受け止めて下さった役員のお2人に感謝した後編。そのお2人が帰られた後、入れ違いで帰ってきた主人とのやりとりのお話です。夕方、息子の気持ちが爆発して起こしたこと(詳しい記事はコチラ)わざわざ役員さんが心配してきてくれたこと(詳しい記事はコチラ)帰って来てすぐ、経緯を説明しました。話し終えた後、主人が発した言葉は「あのさぁ、何かあったかと思うから、泣きな [続きを読む]