学術書・哲学書買取の哲学堂書店 さん プロフィール

  •  
学術書・哲学書買取の哲学堂書店さん: 哲学堂書店 Staff Blog
ハンドル名学術書・哲学書買取の哲学堂書店 さん
ブログタイトル哲学堂書店 Staff Blog
ブログURLhttp://blog.tetsugakudo.biz/
サイト紹介文新刊書の紹介や、古書市開催のお知らせ、古書買取や本に関することなどもお知らせできたらと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 31日(平均6.5回/週) - 参加 2018/06/20 18:09

学術書・哲学書買取の哲学堂書店 さんのブログ記事

  • レヴィナス著作集 第3巻
  • エロス・文学・哲学E・レヴィナス 著渡名喜庸哲、三浦直希、藤岡俊博 訳2018年7月20日 発売中法政大学出版局amazonで見る⇒レヴィナス著作集 3: エロス・文学・哲学紀伊國屋書店で見る⇒レヴィナス著作集 3: エロス・文学・哲学リトアニアに生まれた青年は、ロシア語で詩を書き、ドイツ語で哲学を学び、フランス語で小説を夢見た。遺された二つの哲学的小説の試み『エロス/悲しき豪奢』『ヴェプラー家の奥方』をはじめ、青年期~ [続きを読む]
  • パラフィン紙とグラシン紙について
  • はじめにパラフィン紙やグラシン紙といった紙をご存知でしょうか?本屋や古書好きな方であればどこかでどこかで聞いたことがあると思いますし、当然知っているという方もおられるでしょう。つるつるしていて半透明の薄白の紙で、よく品物を包む梱包材につかわれていたり、薬の包み紙として使われたりしている物です。一般的には食品、薬品、雑貨、農芸用の梱包材・包み紙として使用される紙になります。昔は小学校の授業などで糸電 [続きを読む]
  • 簡帛文献からみる初期道家思想の新展開
  • 王中江 著吉田 薫 訳2018年7月13日 発売中東京堂出版amazonで見る⇒簡帛文献からみる初期道家思想の新展開紀伊國屋書店で見る⇒簡帛文献からみる初期道家思想の新展開20世紀に入り70年代、特に90年代以来大量の簡帛が出土し、公開された。このことは古代中国の文明や歴史、文化、および思想などの多くを理解するうえで大きな活力と作用をもたらした。本書は積極的に考古学の成果を取り入れ、出土文献に拠って道家思想の再検討を進 [続きを読む]
  • 学習科学ハンドブック 第二版 第1巻
  • R・K・ソーヤー 著森 敏昭、秋田喜代美、大島 純、白水 始 監修 翻訳 他北大路書房amazonで見る⇒学習科学ハンドブック 第二版 第1巻紀伊國屋書店で見る⇒学習科学ハンドブック 第二版 第1巻「人はいかに学ぶのか」の科学的最新知見を包括的に提供する試み。学習を、個人を超えた相互作用の中で成立するものと捉え、知識の主体的習得及び他者との共有・協調による創造の営みとみなす学習科学。メタ認知、足場かけ、概念変化等の [続きを読む]
  • 人間知性新論 新装版
  • ライプニッツ 著米山 優 訳新装版 2018年7月11日 発売中みすず書房amazonで見る⇒人間知性新論【新装版】紀伊國屋書店で見る⇒人間知性新論【新装版】序文I 本有的概念について1 人間の精神の内に本有的原理があるかどうかについて2 本有的であるような実践の原理は全く存在しないということ3 思弁に関わる本有的原理と実践に属する本有的原理とに関する、別の考察II 観念について1 観念一般が論じられ、人間の魂が常に思惟してい [続きを読む]
  • 日本思想史の名著30
  • 苅部 直 著2018年7月5日 発売中ちくま新書筑摩書房amazonで見る⇒日本思想史の名著30 (ちくま新書)紀伊國屋書店で見る⇒日本思想史の名著30 (ちくま新書)千数百年におよぶ日本思想史上には、画期となる名著が多数生まれてきた。あるときは神話や物語、説話の形をとり、またあるときは歴史書・史論、社会・政治評論、そして近現代にはアカデミズムの産物として現れてきた研究書や「日本国憲法」などの法文―それらの名著群を博捜す [続きを読む]
  • 明日の前に
  • 超越論的なものは、新たな生を開始するカトリーヌ・マラブー 著平野 徹 訳人文書院amazonで見る⇒明日の前に紀伊國屋書店で見る⇒明日の前にカトリーヌ・マラブー ジャック・デリダに師事し、フランス出身の女性哲学者。カント以降の哲学を相関主義として剔抉し、哲学の〈明日〉へ向かったメイヤスーに対し、現代生物学の知見を参照しつつカント哲学の読み直しを試みた注目作。理性のあらゆる経験に先立つとされるアプリオリなも [続きを読む]
  • 教育学原論
  • 吉田武男 監修滝沢和彦 編集2018年7月2日 発売中ミネルヴァ書房amazonで見る⇒教育学原論 (MINERVAはじめて学ぶ教職)amazonで見る⇒教育学原論 (MINERVAはじめて学ぶ教職)教育の多様な事実を提示しながら、教育の概念や理念を整理し、教育に関する歴史や思想についての基礎的な知見や論点をわかりやすく解説する。現代の教育思想や政策、そして教育諸科学についてのさらなる学習を可能とし、教職を目指す学生および現職の教師自身 [続きを読む]
  • 買取の一場面にて
  • 先週あたりだったでしょうか、一人目の買取査定を終え、次の買取査定のため箱を開けていたところ、庄司浅水氏の著作集をみつけたため写真を一枚とってしまいました。庄司浅水氏は書誌学研究家・書物研究家として「本の歴史」や本や古書にまつわる著書で有名で、私自身も大変勉強させてもらっいました。(ノンフィクション作家でもある)私が学生時代のときには古書で全巻を購入し、今も大切に保管してあるので、買取中に見つけたの [続きを読む]
  • 身体感覚で『論語』を読みなおす。
  • 古代中国の文字から安田 登 著2018年6月28日 発売中新潮社文庫amazonで見る⇒身体感覚で『論語』を読みなおす。: ―古代中国の文字から― (新潮文庫)紀伊國屋書店で見る⇒身体感覚で『論語』を読みなおす。: ―古代中国の文字から― (新潮文庫)孔子が生を受けた紀元前 6 世紀、言葉は古代文字で書かれていた。後世に編纂された『論語』との異同を多く含む当時の文字で読むと、何が見えるのか。能楽師の著者が、膨大な文字史料と、 [続きを読む]
  • ライプニッツ著作集 第II期 第3巻
  • 技術・医学・社会システム(ライプニッツ著作集 第2期)ゴットフリート・W・ライプニッツ 著酒井 潔、佐々木能章 監修2018年6月27日 発売中工作舎amazonで見る⇒ライプニッツ著作集 第II期 第3巻 技術・医学・社会システム (ライプニッツ著作集 第2期)紀伊國屋書店で見る⇒ライプニッツ著作集 第II期 第3巻 技術・医学・社会システム (ライプニッツ著作集 第2期)第1部 技術奇想百科 新趣向博覧会開催案時計論ハルツ鉱山開発計算機 [続きを読む]
  • 心理言語学を語る
  • ことばへの科学的アプローチトレヴァー・ハーレイ 著川? 惠里子 監訳2018年6月25日 発売中誠信書房amazonで見る⇒心理言語学を語る: ことばへの科学的アプローチ紀伊國屋書店で見る⇒心理言語学を語る: ことばへの科学的アプローチ人はどのように言語を話し、聴き、読み、そして学ぶのか。本書は実験的アプローチを用いて、言語がどのように科学的に研究が可能か、またこれらの実験に基づいて、どのように言語処理のモデルを構築 [続きを読む]
  • アリストテレス 著書・著作・邦訳一覧の完成
  • アリストテレス 著書・著作&参考書リストプラトンに続きアリストテレスも一応の完成として次にいきたいと思います。ここからあとは楽になりそうなので公開スピードが速くなると思います。果たしてこれが役に立つのかどうかは不明ですが、やってみることが大切だと思いますので、続けていこうと思います。これはある意味実験でありまして、下記のようなモデルが可能なのかどうかということです。   出版   |大学――■―― [続きを読む]
  • アメリカの大学生が自由意志と科学について語るようです
  • アルフレッド・ミーリー 著蟹池 陽一 訳2018年6月26日 発売中春秋社amazonで見る⇒アメリカの大学生が自由意志と科学について語るようです。紀伊國屋書店で見る⇒アメリカの大学生が自由意志と科学について語るようです。人間に自由意志なんてあるの? 決定論と自由意志は両立するの? そもそも自由意志って言葉で、あたしたちは何を意味しているの? さまざまな科学実験の成果や多彩な哲学的考察を、アメリカの大学生の男女が、プー [続きを読む]
  • 構造化データ マークアップのメモ
  • ECCUBE3のサイト構築のお手伝いをしていたりするのですが、SEO的な観点からプログラム言語を知らなくてもできる構造化データ マークアップのメモを記しておきたいとおもいます。もし古本屋さん、古書店さんでECCUBE3を使っているという方がおられましたら、いっしょに情報共有できたらな思っております。これから始めようと思っている方や、プログラム的な疑問等などにおいて力になれればと思いますので、なにかありましたらコメン [続きを読む]
  • 新宿西口古本まつり
  • 開催:2018年6月25日〜6月/30日まで時間:8時〜21時場所:新宿駅西口地下各線改札口 イベントコーナー西口地下から都庁へ向かう途中にある広場です。A1、A2の区間にて開催中です。今回で32回目を迎えます。ぜひお立ち寄りください。衣料品・日用品・雑貨などを販売し、売上金の一部を寄付するものです。寄付金は(社福)東京都社会福祉協議会 東京善意銀行を通じて、都内の社会福祉施設等で、車いすや自動車、文房具、パソコン [続きを読む]
  • 真実について
  • ハリー・G・フランクファート 著山形 浩生 訳2018年6月22日 発売中亜紀書房amazonで見る⇒真実について紀伊國屋書店で見る⇒真実について嘘をつく人間はより巧妙にそれを隠すためにも真実を知っている必要がある。しかしウンコな論者は独り自分の意図した通りに話を進められればそれでよく、本当のことには用がない。だからこそフランクファートはこう述べている。「ウンコな議論は真実にとって嘘以上に手強い敵なのである」世に [続きを読む]
  • 岩波文庫 リスト作りにおいて
  • 学生時代からお世話になっている岩波文庫。最近ではスマートフォンで電子書籍を読む時代に変わりつつあるのかもしれませんが、小さくて軽くてコンパクトな文庫本や新書は今も健在で、通勤の合間に読んでいる方はよく見かけますね。そこから電子書籍で読むか紙媒体で読むかという21世紀らしい問題がありますが、今では少々棲み分けが出来つつあるようで、「調べる」「確認する」という要用には電子書籍が、「学習する」「理解する」 [続きを読む]
  • 21世紀の言語学
  • 言語研究の新たな飛躍へノーム・チョムスキー 著今井隆、斎藤伸治 編訳 岸浩介、奥脇奈津美、澤崎宏一、安原和也ひつじ書房amazonで見る⇒21世紀の言語学―言語研究の新たな飛躍へ紀伊國屋書店で見る⇒21世紀の言語学―言語研究の新たな飛躍へノーム・チョムスキーによる本邦初出初訳、書き下ろしの2つの章を含む、言語研究の指針となるべき注目の書。「言語とは何か?」から出発し、第1部は生成言語学における言語研究の現在の [続きを読む]
  • 第84回シンフォニー古本まつり(岡山県)
  • 第84回シンフォニー古本まつり期間:2018年6月20日〜2018年6月25日時間:午前10時〜午後8時(最終日は午後4時まで)場所:岡山シンフォニービル1F  自由空間ガレリア目録:ご希望の方は下記までご請求ください。〒703-8258 岡山市中区西川原55-3 西川原プラトン202文藝堂書店 Tel/Fax 086-280-1052 メール fkgjp886@ybb.ne.jp岡山駅から歩く場合は距離がります。路面電車がお勧めです。路面電車 岡山電気軌道 東山線 岡山駅前 [続きを読む]
  • 幸福とは何か
  • ソクラテスからアラン、ラッセルまで長谷川 宏 著2018年6月20日 発売中中公新書中央公論新社amazonで見る⇒幸福とは何か-ソクラテスからアラン、ラッセルまで紀伊國屋書店で見る⇒幸福とは何か-ソクラテスからアラン、ラッセルまで幸福とは何か。この問いに哲学者たちはどう向き合ってきたのか。共同体の秩序と個人の衝突に直面した古代ギリシアのソクラテス、アリストテレスに始まり、道徳と幸福の対立を見据えたイギリス経験論 [続きを読む]
  • 寛容についての手紙
  • ジョン・ロック 著加藤 節、李静和 訳2018年6月16日 発売中岩波文庫岩波書店amazonで見る⇒寛容についての手紙 (岩波文庫)amazonで見る⇒寛容についての手紙 (岩波文庫)迫害,拷問,殺戮が,宗教の名によって横行した17世紀ヨーロッパ.信仰を異にする人びとへの「寛容」はなぜ護られるべきなのか? 本書は,この難問に対するロックの到達点.政治と宗教の役割を峻別し,人々の現世の利益を守るのは為政者の任務だが,魂の救済 [続きを読む]
  • 精神現象学第二版
  • G.W.F.ヘーゲル 著牧野 紀之 訳2018年6月15日 発売中未知谷amazonで見る⇒精神現象学第二版紀伊國屋書店で見る⇒精神現象学第二版読解の正確さ、註釈の親切さ、訳文の読みやすさで評価の高い牧野訳 待望の第二版!湧き出ずる論理の展開に先走るヘーゲルの原文を精緻に読み込み先達学兄の業績を踏まえた上で、本文のみでその思想が理解できるよう分かり易く言葉を補った訳。原書との格闘の跡も生々しい補注も豊富で後覚の者必携の [続きを読む]
  • 浄土思想史講義
  • 聖典解釈の歴史をひもとく平岡 聡 著2018年6月14日 発売中春秋社amazonで見る⇒浄土思想史講義紀伊國屋書店で見る⇒浄土思想史講義インドの龍樹・世親から中国の曇鸞・道綽・善導、そして法然・親鸞まで。「聖典解釈による仏教変容」をテーマに、「浄土教の思想史」を語る画期的論考。「再解釈/脱皮/変容」をキーワードに仏教のダイナミズムを問う。序章 変容の背景一 聖典解釈という問題二 仏教における言葉の問題第一章 浄 [続きを読む]
  • アリストテレス哲学入門
  • (オンデマンド出版)出 隆 著2018年6月13日 発売中岩波書店amazonで見る⇒アリストテレス哲学入門 (岩波オンデマンドブックス)紀伊國屋書店で見る⇒アリストテレス哲学入門 (岩波オンデマンドブックス)日本のアリストテレス研究の創始者の一人である著者が、戦前から幾度も刊行し彫琢した入門書の最終形。生涯・著作・学説の概要を述べ、学説の部門ごとにこの「万学の祖」の諸著作を整理してそれぞれ重要部分の抄訳を提示し、注 [続きを読む]