こじまクリニック東京 さん プロフィール

  •  
こじまクリニック東京さん: 皮膚科医こじまのニキビ跡・傷跡治療ブログ
ハンドル名こじまクリニック東京 さん
ブログタイトル皮膚科医こじまのニキビ跡・傷跡治療ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/dr-kojima-nikibiato-kizu/
サイト紹介文ニキビ、ニキビ跡(クレーター・凹凸)、その他傷跡治療に関するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 170日(平均5.4回/週) - 参加 2018/06/21 17:02

こじまクリニック東京 さんのブログ記事

  • 【額・頬のニキビ跡】複合的治療の経過(2回後)
  • 額のくせじわに沿った癒着したニキビ跡と眉毛の上のアイスピック型ニキビ跡ですが、これらはニキビ跡としては質が違いますので異なる治療で改善が得られます。アイスピック型は真皮組織が乏しく、深い瘢痕ですので内部を埋めるのに期間がかかります。また、くせじわの部分は元々表情筋の動きでひきつれが生じている部分ですので剥離しても再癒着しやすい性質がります。 こめかみから頬のローリング型と細かいニキビ跡ですが、最 [続きを読む]
  • 【ニキビ跡】画一的な治療では改善は見込めない
  • ニキビ跡でご来院される方の多くは自分のニキビ跡はかなり重症と思ってご来院されます。ニキビ跡と一言にいっても隆起したニキビ跡と陥凹したニキビ跡がありますし、 隆起したニキビ跡にもケロイドと肥厚性瘢痕陥凹したニキビ跡にアイスピック型、ボックスカー型、ローリング型これらの混在が多く、一人の患者様でも深いものもあれば浅いものもあります。 皮膚表面をわずかに削る作用のある治療で徐々になだらかにしていく類の治 [続きを読む]
  • 臍帯血幹細胞培養液とアムニオジェニクスについて
  • 現在、アンチエイジングあるいはニキビ跡治療で使用している臍帯血幹細胞培養液(HS-CM100SF、ベビースキン)ですが、臍帯由来の幹細胞で上澄みに含まれる再生因子、サイトカインからなる製剤で150種類以上も含まれています。プラセンタはアミノ酸ですのでこれとは異なります。ニキビ跡やアンチエイジングで使用していて、やはり肌質改善の点では臍帯血幹細胞培養液は他の製剤よりも効果が高いとは感じます。最近出てきた下のアム [続きを読む]
  • 【毛穴の悩み】施術も大事だがホームケアはもっと大事
  • 写真:初診→ファンデーション使用1カ月後→ファンデーション使用6カ月後(+トレチノイン使用数ヵ月) カバー力の高いファンデーション(リキッドなど)、洗浄力の強いクレンジング(オイル)などを持続的に使っている多くの女性は毛穴周囲の黒ずみ、毛穴づまり、毛穴のわずかな陥凹(漏斗状の変形)を気にされています。 日頃、ニキビ跡や深い毛穴の陥凹を診察している私からすると浅いのですが、皆様にとっては深刻に悩んで [続きを読む]
  • 【LINE限定】年末こじまくじ
  • 昨年末にも行ったイベントですが、今年も行いたいと思います。詳細についてはLINE@をご確認ください。 くじびきは当院のLINE@に登録いただいている方で条件を満たす方のみとなります。事前に登録いただいている方のみとなりますので院内でのダウンロードはご遠慮ください。 [続きを読む]
  • ニキビができる部位が決まっている方におすすめ
  • ニキビの原因の1つである皮脂分泌過剰。光熱作用で皮脂腺やアクネ菌に作用する治療でRF治療があります。広範囲の場合はマイクロニードルRF、ピンポイントの場合は絶縁針RFで治療しますが、両方とも本質的には同じで極細針を皮膚に刺して皮膚内部でRFを照射する内容になります。当院のマイクロニードルRFは36本針のスタンプ状に広めに施術している機械です。絶縁針RFは1本針で炎症性ニキビの部分をピンポイントで施術していく機械 [続きを読む]
  • よくある毛穴の悩み
  • 20−30代の女性の方で多い毛穴ゾーン(鼻、頬の内側、眉間)の毛穴の悩みですが、最も重要なのは施術ではなく、自宅でのスキンケアだと思います。 ピーリング、マイクロニードルRF、フラクショナルレーザーなど世間で毛穴に効くと広告するクリニックはありますが、それだけでは満足いくレベルまで改善するのは困難でしょう。 当院でもプラズマ治療、マイクロニードルRF、マイクロニードルセラピー、フォトフェイシャル、ケミ [続きを読む]
  • 繰り返すニキビとニキビ跡で治療中(1年間の経過)
  • 約1年前から通院いただいているモニター様ですが、 ニキビに関しては保険診療ではディフェリン(アダパレン)、漢方などでコントロール。たまにできる大きなニキビは抗生剤、光線療法、面皰圧出などで対応しています。。 ニキビ跡治療、皮脂のコントロールは自由診療になります。ニキビ跡自体が消えることはありませんが、プラズマ治療やサーマフラクショナルなどをしていますと肌質改善しますし、ニキビ跡もぼかされて認識しに [続きを読む]
  • 新しいニキビ跡へのサーマフラクショナルの効果
  • ニキビが治り、ニキビ跡が形成された頃はまだ赤くて若干くぼんだ傷跡です。これを放置したままですと何カ月、あるいは何年もかけて古くて硬いニキビ跡、クレーター状の陥凹として落ち着きます。 このモニター様はサーマフラクショナルの施術をしていますが、1回施術後1カ月でもある程度浅くなっているように思います。古くなった硬い白色瘢痕ではこの治療でこんなに早くは反応しないように思います。他の加熱系の治療でも感じ [続きを読む]
  • ニキビ(尋常性ざ瘡)の初期である角栓・面皰(コメド)について
  • ニキビを繰り返す方は炎症を起こしている赤いニキビ以外にも面皰(コメド)、微小面皰(マイクロコメド)が回りにも多く存在している。 炎症性ニキビだけ抗生剤やベピオ、デュアックなどで治療して改善したとしても他の初期ニキビが後々に炎症を起こしうるのでこれらのケアはニキビのコントロールで必須となる。 保険診療でこの面皰の治療を行う場合、ディフェリン(アダパレン)や過酸化ベンゾイル(ベピオ)を使用することにな [続きを読む]
  • ニキビ跡の悩みから肌質の悩みへ
  • 浅いニキビ跡だと何回治療が必要ですかと聞かれることはよくあります。浅いニキビ跡と言っても完全に平坦にすることは困難ですし、ぼかすことはできても瘢痕自体を消すことはできません。 ある程度色味がとれ、凹凸も軽減しても、光の当たる角度によっては波打つような形状の皮膚に見える方は多いかと思います。なんとなくニキビ跡がある状態をぼかして気にならなくなるレベルまでの過程の方が正直手ごわいと感じます。年齢ととも [続きを読む]
  • 【ニキビとニキビ跡】処置が適切な場合と不適切な場合
  • 炎症性ニキビ(赤いニキビや黄色いニキビ)は外用治療で不十分なケースでも穿刺、面皰圧出、排膿、光線療法などで早期に治療すれば多くの場合は早期に鎮静化します。だいたいニキビがでて1−2週以内であればニキビ跡になることはほとんどありません。ニキビ後の血管拡張、炎症後紅班などの赤みがしばらく続くことはありますが、これは時間とともにひいていきます。 不適切につぶした場合(内部で破裂した場合)、治療が遅れて [続きを読む]
  • 【自由診療】年末年始のご予約について
  • おかげさまで年末年始の続々とご予約をいただいております。12/27(木)12/28(金)12/29(土)1/4(金)1/5(土)につきましてはご予約の変更・キャンセルは2週間前までとさせていただきます。また、上記期間につきましては再診の方の施術予約のみとさせていただきます。カウンセリングのみ希望の場合は別の日時でお願いいたします。初診の方につきましてはあらかじめご来院いただきカウンセリングをお願いいたします。 [続きを読む]
  • 【ニキビ跡】TCAのぼかし効果について
  • 1個のニキビ跡が認識しにくいレベルまでぼかすのにTCAを使用することがあります。 TCAは強い酸を使用しますので色素沈着や赤みが出やすい日本人には嫌われやすい治療の一つかもしれません。TCAはしばらく炎症が続きますし、ピンポイントとはいえニキビ跡が何カ月から半年程度色調の変化がでます。肌質によってはむしろ目立って見える期間もあるかと思います。 TCAはトリクロロ酢酸という強い酸です。不適切に使用すれば化学熱傷 [続きを読む]
  • 目立つニキビ跡と目立ちにくいニキビ跡
  • いかなるニキビ跡治療もニキビ跡を消せるわけではありません。平坦で目立ちにくいニキビ跡に少しずつ変化させてぼかしているにすぎません。 ニキビ跡も重症の方もいれば軽症で悩まれる方もいます。ご自分のニキビ跡の重症度の感じ方は個々によって異なるように思います。 重症のニキビ跡が浅くなれば喜ばれますが、よく見るとわかるレベルのニキビ跡がわずかに変わっても変化量としては微妙なのでやはり満足度は高くないでしょう [続きを読む]
  • 注入剤によるトラブルについて
  • 以前から注意喚起されていることですが、先日の学会でも注入剤による合併症などの講演がありました。注入剤(フィラー)とは組織のボリュームロスを補う目的で用いられますが、しわ、皮膚の陥凹、輪郭形成など顔でも美容目的で使用されます。注入剤は即効性のあるヒアルロン酸やコラーゲンなどが代表的ですが、これらは吸収性でいずれは消えてなくなります。他にもアクアミドなど非吸収性の注入剤が存在します。注入剤は後で遅れ [続きを読む]
  • 【ニキビ跡】自己真皮フィラーの経過と考察
  • 自己真皮フィラーは当院で便宜的に用いている施術名であり、機械名ではありません。リジェネラという機械と原理としては同じです。(若干アレンジはしてますが)以前はパンチ植皮などの全層植皮も行っていましたが、広範囲の治療は困難ですし、丸い手術痕がしばらく目立ちます。自己真皮フィラーは注射ですので、顔には手術痕は増えません。 正常な真皮組織を粉砕し作成した希釈液を注射していく治療ですので、ヒアルロン酸やコラ [続きを読む]
  • 【ニキビ跡】複雑な形状のニキビ跡について
  • ニキビ跡の中には複数のニキビ跡が複雑に癒合した形状になっていたり、周りの皮膚がけば立って覆っていたり、皮膚の中でトンネルを形成していたりすることがあります。 こういうニキビ跡は必要最小限で周囲の皮膚を削ったり、トンネルの上の皮膚を解放したりする必要があるケースがあります。その場合、一時的にニキビ跡の赤みや色素沈着が強く生じたり、ニキビ跡自体が拡大して見える時期があります。長い目で見るとフラクショナ [続きを読む]
  • 大きなニキビも早期治療でニキビ跡予防できる
  • ニキビ(尋常性ざ瘡)の中でも炎症が長引いて大きく腫れる方は多いかと思います。 深い部分に炎症がおよび大きく腫れると外用剤は効きにくくなりますので、抗生剤外用やBPO(過酸化ベンゾイル)などはいまいち効きが悪くなります。保険診療だと抗生剤内服や補助的に漢方を処方したりします。抗生剤は耐性の有無で効く場合もあれば効かない場合もあります。抗生剤には色々と種類がありますので1種類でだめでも抗生剤が効かないと [続きを読む]
  • 【ニキビ跡】サイズの大きいニキビ跡について
  • ニキビ跡治療、つまり凹みの治療は結局陥凹した瘢痕を平坦な瘢痕に近づけてぼかしているにすぎません。決して消えてなくなるわけではありません。平坦に近い瘢痕を医学的には治ったと言うのでしょうが、実際には少し影ができるから治っていないと言われることはよくあります。 しかし、陥凹したニキビ跡の中で直径の大きな瘢痕、ローリング型ニキビ跡やアブレージョンなどで広範囲になった瘢痕などは平坦に近づいたとしても、わず [続きを読む]
  • 【ニキビ跡】サーマフラクショナルが効くのは
  • 当院のニキビ跡治療のうち、ダウンタイムが軽めな治療であるサーマフラクショナル。よく聞かれますがこれはレーザーではありません。これは当院の施術名であり、機械の名前ではありません。浅めのボックスカー型がメインの方であれば6週おきに3回以上繰り返すとして徐々に効果が出てきます。深いボックスカー型やアイスピック型は他の治療も組み合わせた方がよいと思います。また、ローリング型には効きません。赤みは2-3日以内に [続きを読む]
  • 最近の当院のニキビ跡治療の使い分け
  • ニキビ跡と一言に言ってもいろんな症状があります。①毛穴の変形、キメの乱れ、ニキビを繰り返し持続的な腫れでなんとなく凹凸している方これはプラズマ治療+トレチノイン療法がおすすめです。レーザー、RF、サーマフラクショナルなど他の治療もありますが、肌質改善においてはプラズマ治療がイチオシの治療です。②癒着したローリング型や深めのボックスカー型サブシジョン系治療(+注入)がおすすめです。深い部分や広範囲の [続きを読む]