こんな私でも愛してくれますか さん プロフィール

  •  
こんな私でも愛してくれますかさん: 神様と私
ハンドル名こんな私でも愛してくれますか さん
ブログタイトル神様と私
ブログURLhttps://jphs.muragon.com/
サイト紹介文中学の時に出会った神様は統一教会にいました。現在は家庭連合所属
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 17日(平均3.3回/週) - 参加 2018/06/21 16:24

こんな私でも愛してくれますか さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 信仰生活(3回目)祝福
  •  私の家から教会まで、車で2時間ほどかかります。近くにも教会はあるのですが、(再復帰の親Yさん)が同じという事もあり、敢えて叔母さん(霊の親の母)が通う教会にしました。叔母さんはビデオセンターに通っているので、教会で会うことはありませんが、春になるとYさんから花見の連絡など様々な行事で電話をして下さいます。私も叔母さんを復帰することに少しでも参加出来る事が自分の生きがいにも感じました。 私は教会に [続きを読む]
  • 信仰生活(3回目の出発)
  •  霊の親の母が福岡の食口(Yさん)を通し、ビデオセンターに通っているという事で、霊の親がYさんに連絡を取ってくれました。その後Yさんから連絡があり日を決めて教会へ行くようにしました。 そして当日、Yさんと連絡を取り教会へ向かいました。教会では教育部長さんが対応して下さり、昔の信仰生活の懐かしい話などをしながら、当時の事を思い出していました。中学生の頃の神様の体験談などを話しているとき、教育部長が [続きを読む]
  • 足跡(マーガレット・F・パワーズ)
  • ある夜私は夢を見た 私は主とともになぎさを歩いていた 暗い夜空に これまでの私の人生が映し出されていた どの光景にも 砂の上に二人の足跡が残されていた 一つは私の足跡 もう一つは主の足跡であった これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき 私は砂の上の足跡に目を留めた そこには一つの足跡しかなかった  それは私の人生で一番辛く悲しい時だった そのことがいつも私の心を乱していたので 主にお尋ねした [続きを読む]
  • 信仰冬の28年
  • 平成に年号が変わった年に私は福岡の実家に帰って来ました。 私は長男でしたが、両親は創価学会を熱心にやっている関係で、私は別居生活にしました。  この頃には信仰生活をあきらめていました。福岡に帰って来たら、またパチンコに車、お金の貯金もなく女性と縁もありませんでした。そういう友達付き合いもありません。退屈な時には車でドライブ、昼間はパチンコこのような生活が4年ほど続きました。  この頃は神様を忘れ、 [続きを読む]
  • 信仰生活(2回目)
  • 私は長男という事もあり、福岡の親元へ帰り仕事を継ぐ事にしました。 友達も出来ず、仕事が終わると毎日パチンコばかり、それ以外では車にお金を使っていました。当然お金の価値も分かるはずがなく、貯金も出来ないような生活でした。教会を離れてからは結婚なんて考えてもおらず、勝手気ままな生活をしていました。  この頃はみ言葉を知っているので、み言葉で人を裁くのですね。自分は何も出来ていないのに・・・一般社会の考 [続きを読む]
  • 信仰生活(1回目)
  •  紹介されて通った教会は、和歌山地区の教会でした。総序から統一原理を聞き直す為に毎日のように通いました。原理を聞いて、自分が行く道はこれしかないという気持ちになっていました。それから7daysへの誘いがありました。  親は会社の社長をしていて、就職先は親の紹介で勉強の為に働いている会社です。仕事をしている身で1週間休むなんて出来る訳もありません。仕事を辞める覚悟で7daysへ参加し、帰って来て入教 [続きを読む]
  • 神様との出会い(2)
  • 私は長男で、子供の頃からいとこに姉のように慕っていた女性がいました。 高校を卒業し和歌山へ就職しました。数年が経った頃(21歳)、祖父が亡くなり実家へ帰った時、いとこも関西から帰って来ていました。葬式も終わり、いとこと同じ関西ということで、同じ新幹線で帰りました。しばらく雑談をしていると、いとこが急に、「ねえねえ、ヒロキ(私)は霊界ってあると思う?」と尋ねてきました。あまり聞きたい話ではなかったけ [続きを読む]
  • 神様との出会い(1)
  • 今覚えていることを記録に残せたらと思いブログを始めました。神様との思い出です。  私が子供の頃に父が話してくれたことで記憶にある話があります。それは「この宇宙はだれかが想像していて、私たちはその中で生活しているんだ」という話でした。「想像しているものが現実になるの?じゃあ僕たちが想像しているものも、どこかで現実にあるのかな」すごく夢のような話で、それから宇宙に関心を持ち始めたのを覚えています。   [続きを読む]
  • 過去の記事 …