60over さん プロフィール

  •  
60overさん: 60代は人生のはじまり
ハンドル名60over さん
ブログタイトル60代は人生のはじまり
ブログURLhttps://60over.xyz/
サイト紹介文お金(投資・節約) ・ 年金 ・ 健康 etc
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 94日(平均16.5回/週) - 参加 2018/06/21 18:59

60over さんのブログ記事

  • 満期が過ぎた郵便貯金、放っておくと払い戻し不能に
  • 郵政民営化の前に郵便局に預け入れした貯金を「郵便貯金」といいます。実はこの郵便貯金、あまりにも長く入れておくと法律の規定により払い戻しができなくなることがあります。ちなみに民営化となる現在のゆうちょ銀行の貯金は「郵便貯金」ではなく、「貯金」になります。「郵便貯金」とは別物で以上のような法律の規定に当てはまらないため、いつまで経っても払い戻しができます。(一般的にある銀行と同じです)郵政民営化前に郵 [続きを読む]
  • 人間関係を整理する、思い切った決断術で自分を守る
  • 「長らく付き合ってきた友人や親族、最近なんだか合わなくなってきたかも…」と思ったことありませんか?会って話すのがしんどい、会って話すのは苦痛と感じる方でもなかなか縁を切れないのは人間の弱さなのかもしれません。ここは完全に関係を断ち切るのではなく、一度距離を置いてみるのはいかがでしょうか。もし、一生付き合う友人であれば距離を置いても友人のままでいられるはずです。肉親でも決断する勇気を持つ兄妹姉妹関係 [続きを読む]
  • 高額医療費の一時的な3割負担が厳しい場合に使える2つの制度
  • 医療費の高額負担では「高額療養費制度」があるため、自己負担限度額を超えた分の医療費が払い戻されるので安心ではありますが、「高額療養費制度」適用するには医療機関の窓口で3割負担の医療費を一旦支払いが必要となります。3割負担と言えども、相当高額になるために支払いが厳しいという人は多いと思います。あまり知られていないのですが、この一時的な3割負担の支払いが厳しい人を救済する制度もあるのでご紹介していきま [続きを読む]
  • お墓の起源を知っておく、縄文時代のお墓事情
  • 縄文時代のお墓と現代のお墓では大きな違いがあることがわかりました。年代が大きく違いがあるので当然考え方の違いがあるとは思っていましたが、それは予想を超えるものでした。私達のお墓の歴史として、知っておくのも面白いと感じたので記事にしていきます。死者は恐ろしい?縄文時代のお墓は遺骸をそのまま土葬していたようです。また、死者は生きているものに害を与えると考えられていたようで、様々な方法で土葬していたとい [続きを読む]
  • 定年後のセカンドライフは「心地よさ」を感じることで幸せになれる
  • 日本って平和で良い国だと思います。この国で生まれ育ち、過ごせることに幸せを感じています。老後の不安は残りますが…私は「日本」についてこのように思っていますが、みなさんはいかがでしょうか?世界の幸福度ランキングだとなぜか低い水準になってしまう日本。貧困率が低く、世界一安全な国と言われているのにこうなってしまうのですね。やはり高齢化社会だから将来が不安と思われているのかもしれません。幸福度ランキング上 [続きを読む]
  • 3種類の遺言書のメリットとデメリット
  • 近年では相続によるトラブルが増えていると言います。昔では、遺産が高額のケースでトラブルが多発していましたが、ここ最近の傾向では少額でもトラブルになるケースがとても増えてきているためです。家庭裁判所での遺産分割調停事件の約8割が5,000万円以下の事件となっており、うち3割は1,000万円以下の事件です。土地や家屋などを含む遺産分割は難しく、相続トラブルが発生しているとの調査結果があります。自分が亡くなったあ [続きを読む]
  • どうしても捨てられないけど、お部屋をスッキリさせる方法
  • 「ちゃんと、片付けなさい!」このような言葉は子どものころにお母さんによく言われたいた記憶があります。いまは母とは別居しているけど、もし同居していたらたぶん同じようなことを言われるのだろうなと、ふと思いました。好きで集めた本、一目惚れで買った服、若いときにもらったラブレターやプレゼントなど、そんなに簡単に片付けなんてできるものではありません。そんな中、でもお部屋はスッキリさせたい気持ちもあります。無 [続きを読む]
  • 老後の生活破綻は人生の破綻、節約で人生を明るくしよう
  • 正社員が定年退職を迎えると、今まで毎月支給された給料から年金へ変わるため、多くの方は収入減になります。現役当時(正社員当時)の生活を続けたら生活は破綻してしまいます。若い自分であればやり直しがきくことも、定年退職をした年齢の者に与えられる仕事や収入は限られているため、そのままズルズルと破綻した生活を送ることになりかねません。そうならないためにも、収入減になる老後は節約に務めることが必要だと感じます [続きを読む]
  • 【万年床を解消】布団がソファになる収納グッズでお部屋が快適に
  • 年中布団が引きっぱなしになっている状態、いわゆる「万年床」だと、常に部屋が散らかっている感じがしてしまいますよね。布団を収納する場所があれば、しまうだけですむのでいいですが、ワンルームなどの狭めな賃貸では押入れがない場合が多く、困っている人も多いのではないでしょうか。布団をいれることでソファとして使用できる収納袋そんなときは、布団をいれることでソファとして使用できる収納袋がおすすめです。収納袋はア [続きを読む]
  • 定年退職をしたあとも働く3つのメリットとは?
  • 長年勤めてきた会社を定年退職した後は、ゆっくりして老後を過ごしたいと考えている人も多いでしょう。しかし、年金支給開始年齢が65歳となっています。今後は、受給年齢が上がる可能性も十分あり、生活していけない可能性もあります。最近では、定年退職をした後でも働く人が増えてきていますが、実際にどのようなメリットがあるのか見ていくことにしましょう。規則正しい生活を送れる定年退職をした後、一日中自由な時間になるの [続きを読む]
  • 定年制度は一律ではないための早期対策
  • 定年制度といえば、かつては満60歳の誕生日をもって定年とする制度が一般的でした。しかし、近年は年金支給開始年齢が65歳を標準とする状況となったことからも、定年制度は企業毎に年齢を自由に変更して延長出来るようになっています。自衛隊の定年は体力的な問題から55歳体を張った仕事として知られる自衛隊は、定年制度を55歳に設定しています。なぜなら、訓練内容が体力的に厳しくなることから、定年制度を早めに設定して事務方 [続きを読む]
  • 捨てることが苦手なら、自分の中で基準を設けてみる
  • まだまだ着れる服や使える物を見つけてしまうと、もったいなくて捨てられなくなりますよね。そうすると、どんどん物がたまっていきます。たまりすぎた物は思い切って捨てる勇気があれば、スッキリすると思います。ただ、なかなか思い切って捨てるという行動が難しいでしょう。特に日本人は捨てることが苦手であるので、特に難しいところです。捨てることが苦手でも、自分の中で捨てる基準を設けてあげることで、意外にもあっさり捨 [続きを読む]
  • 退職金が入る前に考えておきたいこと
  • 「もうすぐ待ちに待った退職金が入る!」そう思って、頑張ってお仕事されている方もいらっしゃるかと思います。退職金が入ったら海外旅行に行ったり、投資に使うなど考えている方は多いですが、油断は禁物です。退職金はまとまった金額が入るので金銭感覚が緩くなり、使いすぎてしまいあとで後悔するという落とし穴もあります。あらかじめ退職金に対する考え方を持つことで、あとで後悔しない方法があります。退職金を使う場合は使 [続きを読む]
  • 厚生年金加入の適用拡大、パートタイマーの多くが対象に
  • 日本のパートさん達が何やらざわざわとしています。それは、国の方針で厚生年金の加入者を200万人増やしたいとの方針を打ち出したからです。年金の上乗せを考えてのことですが、現実に今パートとして働いている方にとってはツライとの声も多く聞こえます。パートさんだけではなく、年金を折半して払う企業側にとっても人手不足との二重苦となるのでしょう。果たして、「厚生年金の適用枠を拡大する」という国の方針は、本当に損な [続きを読む]
  • ローソン銀行のユニークな支店名が話題に
  • 10月15日に営業開始するローソン銀行では、その支店名がユニークだと話題になりそうです。ローソン銀行はインターネットメインの銀行で場所などに問われないことから、自由な発想で支店名がつけられました。いったいどのような名前の支店名があるのでしょうか。さっそく、見ていきましょう。ローソン銀行ローソン銀行のウェブサイト。普通預金や定期預金などの商品案内やATM検索、各種お手続きなど。インターネットバンキング、口 [続きを読む]
  • 気になるシニアの貯金、65歳以上の金融資産はいくら?
  • 人生100年時代、老後を明るくするには貯金はかかせません。安心な暮らしに必要な金額は人それぞれではありますが、周りはいくらくらい貯金しているのか気になるものです。今回は「65歳以上の金融資産」について調べてみました。自分と比べてみるのもいいかもしれません。現在の金融資産は、いくらですか?金融資産別の割合金融資産は、「現金・預貯金・株式・有価証券」などの合計金額です。金融資産(円)割合(%)500万円未満19 [続きを読む]
  • ほめられ上手になりたい、好意の返報性を学ぶ
  • ほめられたいなら、こちらからほめることから始めてみましょう。相手に好かれたいと思うなら、まずは自分が好意を示すことが大切になってきます。心理学では人に対して好意を持って接することで、それが相手に伝わり、相手も好意を持って接してくれるというものがあります。これを「好意の返報性」といいます。このことから、相手をほめるという行動は相手も好意を持つことにつながり、相手もほめてくれるという訳です。「好意の返 [続きを読む]
  • 年金相談を行うとき、家族でも委任状が必要
  • 年金機構などで年金の相談を行う本人に代わり家族が行う場合は、原則的に委任状が必要となります。今回はその委任状の書き方や委任状が不要となるケースをご紹介します。委任状の書き方委任状は日本年金機構のホームページからダウンロードできます。必要事項は書式にある通りなので、欄を埋めていくだけです。委任状は、こちらからダウンロードできます。(日本年金機構)上記の書式を使用しない場合は、次の内容を記入する必要が [続きを読む]
  • 喪中はがきで初めて訃報を知った場合の対応の仕方
  • 突然喪中はがきが届きました。このように喪中はがきを頂いてから、初めて訃報を知るというケースも少なくはないです。たまに会うというような友人や同僚といった間柄の人であると、わざわざ葬儀に来てもらうのも申し訳ないということで、あえて知らせないでおくという人も多いです。相手もあえて連絡をしなかった場合において、これからどうしたらいいのか迷ってしまうものです。面識のない親族の方であれば、香典などをお送りする [続きを読む]
  • 断捨離は小さな一歩から始まる
  • 長く生きていると、それだけ荷物が年々溜まっていくものです。書類や本、食器に洋服、旅の記念に買い求めた物や、友人や子や孫たちからの贈り物……。それらはもちろん大切な物なのですが、あまりに多過ぎると部屋を狭くし、どこに何があるのかわからなくなり、いざというとき必要な物が出てこないで探しまわるとか、何度も同じ物を買ってしまうなどというトラブルに見舞われることが増えてきます。これでは、時間もお金ももったい [続きを読む]
  • 【約2万ポイント】Ponta(ポンタ)の不正利用に遭いました
  • 表記の通り、Ponta(ポンタ)ポイントの不正利用に遭いました。ネットで調べると、私だけではなく何人も同じような被害に遭っているようです。被害に遭った方の情報を合わせていくといくつかの共通点が見受けられます。皆さんの中で「Pontaポイント」を利用されている人も多いと思います。この情報を基に自身のポイントの利用状況を確認してみることをおすすめします。また、もし同様の被害に遭われた方は私と同じ方法で対処してい [続きを読む]
  • 定年を迎えた人は生活の見直しと趣味を持とう
  • 60歳から65歳を迎えれば、ほとんどの人が定年となるでしょう。定年になると、再雇用や再就職、または仕事がなくなることもあります。明日からの生活をどうするか考えると不安です。しかし、ある程度の貯金があり、健康であれば十分やっていけます。節約した生活を送り、趣味を見つければ楽しい老後になるはずです。定年を迎えたことを機に生活の見直しと趣味を持っておき、第2の人生も明るく楽しいものにしましょう。定年は人 [続きを読む]
  • バルミューダのトースターが高価でも売れる理由
  • 「バルミューダ」はご存知ですか?よく間違えられますが、「バミューダ」ではありません。「バルミューダ」はトースターなどを製造するメーカーの名前でトースター以外にも、家庭にあると嬉しい機能性の高い家電を作っています。今回はバルミューダといえば、やっぱりトースターです。このトースターのスゴイポイントをいくつかご紹介します。バルミューダのトースターについて概要 | BALMUDA The Toaster | バルミューダ株式会社 [続きを読む]