勧進元 さん プロフィール

  •  
勧進元さん: 大相撲地方巡業の裏側
ハンドル名勧進元 さん
ブログタイトル大相撲地方巡業の裏側
ブログURLhttps://sumo-jungyo.love/
サイト紹介文大相撲地方巡業の勧進元(主催者)が開催に至るまでのプロセスを書ける範囲で全て書きます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 46日(平均3.7回/週) - 参加 2018/06/22 18:09

勧進元 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 巡業当日の力士の昼食
  • 先日の下諏訪場所では8年ぶりに民泊があったそうですね。かつては多くの巡業先で民泊があったのですが、最近では民泊はほとんどなくなっています。また地方巡業当日の力士の昼食事情にも変化が現れています。今回は力士の昼食についてご紹介したいと思います。最近ほとんど見なくなったちゃんこ作り民泊と同様に最近はめっきり見かけなくなったものが地方巡業開催当日に行われる昼のちゃんこ作りの光景ですね。昨年のお台場場所で [続きを読む]
  • 力士の巡業前夜の過ごし方〜ホテル近辺での外食
  • 今回もまた前回の記事の続きです。いつの間にやら三部作構成になっていますが、ご覧ください。ファンが殺到する?宿泊をお願いしているホテル側が一番気にしているのが、お目当ての力士に会いたい一心でホテルにやって来るお客さんのことです。力士がそれぞれの部屋にいる限りは、訪れてくるファンの方々もそれ以上はどうしようもありませんが、ひとたび力士が外出しようとして部屋を出てフロント付近に出てくると、ファンの方々が [続きを読む]
  • 力士の巡業前夜の過ごし方〜力士の泊まる部屋と食事
  • 前回の記事の続きです。勧進元はとにかく、過酷なスケジュールの中、巡業に参加される全ての力士の方がせめて前夜だけでもゆっくりと体を休めることが出来るよう願いながら宿泊先のホテルを手配します。客室内の狭いユニットバスではなく広々とした温泉に入ってほしいなとか美味しい食事で充電してほしいなとか。今回は力士の方々のホテル事情についてさらにご紹介してみたいと思います。部屋割りを決める行司さん巡業ではそれぞれ [続きを読む]
  • 力士の巡業前夜の過ごし方〜宿泊施設の手配
  • 基本的に地方巡業では巡業開催地に前日に到着して、力士や協会関係者は会場付近の宿泊施設に泊まります。一見当たり前のようなことですが、勧進元にとっては意外と難題となるのが宿泊施設の問題です。今回は地方巡業には欠かすことの出来ない宿泊施設についての裏側をご紹介します。宿泊施設がない!大都市や有名な観光都市でしたら宿泊施設は豊富にあります。それこそ今ではネット予約が主流となってきていますので、各社とも熾烈 [続きを読む]
  • スポンサーさんの心意気
  • これはボクシングの話になりますが、明日27日に中国でWBO世界フライ級チャンピオンの木村翔選手が防衛戦をします。木村翔、日本人初の中国で防衛戦へ「歴史つくる」 (日刊スポーツ)国内の大きな会場で大勢のファンとマスコミを集めて盛大に行われる世界戦と異なり、木村選手の防衛戦はフィリピンの選手と第三国である中国で行われます。木村選手は中国人チャンピオンを相手にアウェイの中国で勝利してベルトを手にしたこともあり [続きを読む]
  • 閑話休題 横綱の存在
  • 平成最後の名古屋場所は3横綱が休場する中、関脇の御嶽海が初優勝を14日目に決めました。そんな中、名古屋場所の後に行われる夏巡業に今場所休場していた3横綱が全員参加するというニュースが流れてきました。特に稀勢の里は8場所連続休場中ですから、巡業を休んで治療に専念してほしいと思う気持ちと、巡業でしっかり稽古を積みながら体調を整えてほしいという気持ちの両面がありますが、果たしてどちらが稀勢の里にとって正解な [続きを読む]
  • 気になる?巡業のスポンサーさんの話
  • 地方巡業ではパンフレットや幟、特製座布団の裏など、さまざまなところにスポンサーさんの広告が入っています。今回はなかなか表に出てこないスポンサーさんのことについて書いてみます。本当にスポンサーさんは必要?いきなり感がありますが(笑)、地方巡業を開催するにあたって、本当にスポンサーさんは必要なのでしょうか?当然のことながら、勧進元は自分が開催する地方巡業で生じる経費の一切を支払う義務があります。そのか [続きを読む]
  • 建設会社の方と会場下見
  • 地方巡業の会場設営に関しては専門の業者さんがいるということは今までにもご紹介してきました。土俵設営の業者さん会場を養生するシートから土俵用の型枠などはこの業者さんが手配して会場に搬入していただけます。 しかし、この専門の業者さんだけでは会場の設営は出来ません。地元の建設会社の方々のご協力があって専門の業者さんの仕事がやりやすくなるのです。今回は地元の建設会社さんと会場の下見をしてきた時のことを合わ [続きを読む]
  • 印刷屋さんは街の事情通
  • 地方巡業では、多くの場面で印刷屋さんの力を借りることになります。今回は街の事情通というべき存在の印刷屋さんの凄さをテーマにしてみます。地方巡業に欠かせない印刷物入場チケットにパンフレットやポスター。さらには各座席に貼られている席番シールに至るまで印刷屋さんにお願いする印刷物は多岐にわたります。特に入場チケットや席番シールは同じものが一つとない連番ものになりますので、素人が簡単に作れるようなものでは [続きを読む]
  • 消防署との関係
  • 大きな施設で大勢の人が集まるイベントを開催するにあたっては、消防署との関わりがとても多くなります。そして、大相撲の地方巡業開催にあたっても消防署とは親密に関わります。今回は消防署とどのような打ち合わせや申請を経て巡業が開催されるのかをご紹介したいと思います。座席表との関係土俵設営の業者さんに作ってもらった座席表に満足できたら、それを会場を所轄する消防署に見てもらい必要な許可や指導を受けることになり [続きを読む]
  • 地方巡業の支度部屋
  • 本場所はもちろんのこと、地方巡業においても力士が使う支度部屋は非常に重要です。今回は地方巡業の支度部屋についてご紹介したいと思います。支度部屋として利用する場所は?土俵が設営されているアリーナ部分に隣接している武道場や剣道場などを利用します。このような手頃な大きさの部屋がない場合には併設されていることの多いサブアリーナを支度部屋として割り当てることになります。支度部屋は言い換えれば力士の更衣室とい [続きを読む]
  • 座席表は影の主役
  • 地方巡業では、それぞれの会場に合わせて座席表が作られます。この座席表がないとチケットの印刷をすることが出来ませんし、当日はお客様がどの座席に座ったら良いか分からず右往左往してしまうことになります。今回は地方巡業の影の主役と言うべき「座席表」について、その裏側をご紹介します。座席表はどんなもの?まずは実物(とは言っても、まだ座席案に過ぎませんが)をご覧下さい。どんな会場でもアリーナ部分のサイズ資料は [続きを読む]
  • お弁当は巡業の花形
  • 地方巡業での楽しみは力士を間近に見ながらのお弁当という方は多いでしょう。会場内への飲食物の持ち込みが禁止されていることが多いため、必然的にお弁当は重要な存在になります。そして、その多くは事前にお土産とセットになっているお弁当セットを予約するというスタイルになっていますね。このお弁当セットはやや高額で3000〜5000円という価格設定になっていいますが、これは勧進元が利益のためだけにやっていることではありま [続きを読む]
  • 気になる地方巡業のチケットの秘密
  • 今年の年末12月22日に開催される牛久・土浦場所の先行販売が昨日から開始されました。販売会場では多くのファンが詰めかけ、整理券が配布されるほど活況だったようですね。勧進元さんも大喜びしていることだと思います。ところで、この地方巡業のチケットはいつ頃から販売されるかご存知でしょうか。多くの地方巡業では、開催日の3ヶ月前ぐらいから販売されることが多いようですが、牛久・土浦場所ではほぼ半年前に販売開始となっ [続きを読む]
  • 吊り屋根の設置を検討
  • テレビで見る相撲では力士が熱戦を繰り広げる土俵の上に厳かな風格を漂わせている屋根が吊り下げられています。この吊り屋根によってさらに大相撲という気分が高まっていくのではないかと思いますが、この吊り屋根は伊勢神宮と同じ神明造りになっているそうですね。土俵祭りや神送りの儀式などで見られるように、土俵には神様が宿るとされていますので、神々しい吊り屋根は土俵と切っても切れない間柄にあると言えます。しかし、年 [続きを読む]
  • 親方と親しくなる2
  • 前回は後援会に入ってT親方の部屋の稽古見学をさせていただいたところまで書きました。それまでにT親方とお会いしたことは一度しかなく、しかも多くの人がいるちゃんこ会でご挨拶をさせていただいた程度でしたので、当然のことながらT親方の記憶に残っているはずもありません。ですので、最初に稽古見学をさせていただいた日には、以前一度だけお会いしたことがあること、Y君から強い勧めがあったことなどを話しました。大勢の人に [続きを読む]
  • 親方と親しくなる1
  • 前回の記事で軽く触れましたが、大企業であろうと個人であろうと地方巡業の勧進元として名乗りを上げる際には、親しい親方を通じて申し込むのが一番だと思います。それほどまでに親方の存在感は絶大です。そこで今回はわたしが今もっとも親しくお付き合いをさせていただいているT親方とどのような経緯で親しくなっていったかについて書いてみようと思います。当たり前の話ですが、もともと、わたしはT親方と面識は全くありませんで [続きを読む]
  • 地方巡業開催が決まる時期
  • 今までの記事でも触れましたが地方巡業を開催するには、まず開催地を決めることが先決です。そして開催地の自治体の支援や地域の企業などから協力を得られる目処がたって、ようやく地方巡業開催の名乗りを上げることになるわけです。特に自治体の協力は会場となる体育館の使用許可を得られるかどうかに大きく関わってきますので、不可欠と言えます。この問題をクリアしないことには、地方巡業を開催することは絶望的となります。で [続きを読む]
  • 土俵設営の業者さん
  • 前回の記事では、地方巡業で使う土俵について書いてみました。今回はその土俵作りを専門とされている業者さんのことについて書いてみたいと思います。多くのメディアなどで土俵作りをするのは呼出しさんだと紹介されています。そして実際に呼出しさんは土俵作りのプロフェッショナルです。ただ、地方巡業で使う土俵は前回ご紹介したような型枠を使って作り上げることがほとんどです。そのため、型枠や会場の床を養生するシートなど [続きを読む]
  • 地方巡業用の土俵の話
  • 地方巡業でも本場所と同様の大きさの土俵を会場内に作って力士の登場を待つことになります。規定によると、土俵は670センチ四方で、高さが34〜60センチまでと決められているようです。高さが厳密に決まっていないのは、床面から全て土を積み上げ、踏み固め、最後に叩いて仕上げるという構造になっていることから、ある程度同じ高さに仕上げることは出来ても、常に同じ高さの土俵を作れるわけではないということだと思います。しか [続きを読む]
  • 信用金庫さんとのお付き合い
  • 前回は法人・団体名義で銀行口座を開設することの難しさをご紹介しましたが、実行委員会名義での口座は開催地の信用金庫さんで作ろうと考えました。メガバンクや地銀がある中、信用金庫さんを選択したのには理由があります。大雑把に言うと、多くの信用金庫さんは地域に密着した営業スタイルを取っておられます。確かにメガバンクの口座を持っていれば日本中どこへ行っても支店があって便利ですが、その地域の企業との親密性に欠け [続きを読む]
  • 銀行口座開設の難しさ
  • 恐らく今の時代、大人であればほぼ全ての人が銀行口座を持っていると思います。免許証やパスポートのような身分証明書を持って金融機関へ行けば、よほどのことがない限り、その金融機関で預金口座を開設することができます。もっとも地方銀行や信用金庫などであって、居住地と全く縁もゆかりもない金融機関だと断られる可能性はあります。しかし、居住地近辺の金融機関であれば、数十分ほどの手続きでその日のうちに通帳が交付され [続きを読む]
  • 行政を味方にする重要性
  • 前回は行政の協力がなければ、大相撲の地方巡業を行うことはほぼ不可能だということを書きました。では、行政の協力とはどのようなものでしょうか?※今後、特に事情がない限り、開催地は「市」として書き進めていきます。この答えは間違いなく1つです。「市長」さんの力です。「市議会は?」と、お考えになられる方もいらっしゃるかもしれませんが、わたしの知り合いの勧進元さんの体験談や、わたし自身の体験に基づいて言うなら [続きを読む]
  • 巡業開催地を決める
  • 大相撲地方巡業を開催するためには、まず日本相撲協会巡業部に開催の意思があることを伝えなければなりません。ただ、ここで考えるべきことは単に開催意思を伝えるだけでは意味がないということです。具体的にどこで開催するかを決めてからでないとそもそも話が始まりません。地方巡業を開催するにあたっては開催地の行政機関(主に市役所など)の協力が不可欠です。この協力がなければそもそも会場を確保することが困難です。昨年 [続きを読む]
  • 過去の記事 …