Sarah2018 さん プロフィール

  •  
Sarah2018さん: Sarahの豆腐
ハンドル名Sarah2018 さん
ブログタイトルSarahの豆腐
ブログURLhttps://ameblo.jp/sarah2018/
サイト紹介文漫画・小説・ドラマ大好き30代。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 26日(平均11.3回/週) - 参加 2018/06/23 02:31

Sarah2018 さんのブログ記事

  • 父のゲイ体験
  • 父のゲイ 体験、、、もちろん実際にゲイになった期間があったわけではないけれど。私がそういう話が好きだと知っているせいか教えてくれた、夕食中に??大学時代、一人の同級生に4年間告白され続けたらしい。出会いは運動部全体の会合、寮も一緒とわかり仲良くなったらしい。一人部屋だったので同室ではなかったけれど、よく飲み明かして同じ部屋で過ごしたらしい。ある夜、眠くなり先に寝るわと布団を引いたところ、一緒に寝る [続きを読む]
  • リピートしている漫画飯
  • リピートしている漫画飯。美味しそうと思い作ってみてor買ってみてやっぱり美味しい〜となって、リピート。ホットケーキ、葱油餅、クレープ、納豆巻き。作るor食べる時はそのシーンを思い出す。??ホットケーキ魔女の宅急便、キキが毎日作り続けたホットケーキ。キキはウンザリしてたけど、美味しそう〜??大きくなって一人立ちしたら私も作ろう??と思ってた。私が小学生の頃は、パンケーキは日本にまだ流通していませんでし [続きを読む]
  • スパダリ、アルファな男性
  • 漫画読んでると、スパダリやアルファな男性のキャラが出てくる。スパダリ、アルファの定義は曖昧だけど、要はバブル世代やその前の世代の理想の男性に近い定義かな。高身長、高学歴、高収入+守ってくれる。私は平成の大不況世代なので、上の世代とそういう話をしていると、面白いは面白い。うちの祖母はかなりそういう傾向が強く、孫娘達に、高学歴な男性をと言っていました。特に祖母の時代は、高学歴=高収入、高学歴な人は基 [続きを読む]
  • イケメンなパティシエは多い気がする
  • イケメンでパティシエ。スイーツ好きのため、血糖値無視して洋菓子店へ行くことが多いけれど、結構イケメンな人多い気がする。ただ20代30代のお話??なぜか40代〜になると、全体的にプーさんに近づいている方ちらほら。。砂糖とクリーム、チョコレートの世界だから内臓脂肪が大変なんだな??イケメンなパティシエ漫画。よしながふみさんの西洋骨董洋菓子店。これが地上波でドラマ化した時は、5月のおっさんずラブなみに衝撃だっ [続きを読む]
  • 現実と漫画におけるマウンティングの考察
  • マウンティングは脳の発達した哺乳類に見られる行為。同性間で優位性を示して、群れでのランキング付けを行う。序列がはっきりしていると組織が動きやすい。ただ、人の場合、職場・家庭・趣味・友人と所属する組織が一通りではない。また他の哺乳類と違い、雄と雌の世界がはっきり分かれないので、異性間でもある。そんな複雑な集団行動を行う人間では、マウンティングする側として以下の4パターンが多いように思う。①自分の優位 [続きを読む]
  • 藤河るりさんの本、雄鹿になる時
  • 前消してしまった記事に書いたもの&続き藤河るりさんの本読みました。元気になるシカ、シカとして 腐女子BL漫画家の日常。頑張ってて尊敬できるシカだ??可愛くて面白いシカだ??今表紙見て気がついた。角…雄鹿の設定なんですね(笑)シカになった真意は、分かりません??でも、雌から雄の気持ちになることある(笑)私も筋肉見てる時、、、いわゆるアニメでイケメンにはぁ〜となるような、これにはならない??何故かならない。 [続きを読む]
  • ミケランジェロと理想の身体展
  • ミケランジェロと理想の体展行って来ました〜??石膏がメインで、その他絵画などもあった。ミケランジェロ本人の肖像画も。見所は、ダヴィデ=アポロとラオコーンダヴィデ=アポロは写真不可だったので子ども用チケットチラシラオコーン撮影??後ろも。あまり後ろから見ることないので??ミケランジェロは、やっぱり筋肉の描き方がすごいなぁ。筋肉好きとしては目の保養?見れて嬉しい??ギリシャ神話の題材多かったです。子 [続きを読む]
  • 今日あったこと
  • 今日あったこと、やったことメモ間違えて記事消しちゃったから???藤河るりさん 元気になるシカ!読んだ。 個人的なことまで思い出した〜????バイオハザード 7注文した。 明日届く。Amazon早っ????子どもとオセロやった。 バレないように負けるの難しい??????一日通して食べ過ぎた。。。 体重計るの怖いわ?? [続きを読む]
  • ヘアドネーション、花より男子とライオンズクラブ
  • ヘアドネーション。私はいまロングヘアなのですが、ボブにしうおうかな〜と思ってました。でも、思い出したのが、ヘアドネーション??せっかくなら、もうちょっと伸ばして寄付しようと思いました。31センチって結構な長さですね。ウィッグを作るには、それくらい必要かな。でも、31センチ以下でも??みたい。前髪作るのに使うのかな。ネット検索したらたまたま出てきたチラシだけど、細かく書いてあった分かりやすい。よく見た [続きを読む]
  • 刃牙、ミケランジェロ、といえば筋肉
  • Netflixの新着に、刃牙が出てきてた。刃牙の漫画は一部読んだことがあります。20代の頃、旦那が読んでたので。面白いのかなと思ったら、北斗の拳ばりの闘いと筋肉のぶつかり合いだった??読んだ巻で鮮明に記憶に残ってる感想は。…刃牙のパパ酷過ぎる‼?何その非情な性格と食と性の妙なこだわり??筋肉付けすぎて顔面が崩壊してるよ‼?でも名前が勇次郎って…次男なの?存在が強烈過ぎて、名前覚えてるよ??いやだこんな弟? [続きを読む]
  • 戦隊モノ&仮面ライダーでカッコいいと思ったキャラ
  • 子どもと一緒に見始めるまで、まともに特撮ヒーロー見たことがありませんでした。毎週テレビで最新のものも見られるけど子どもはNetflixで過去のまで見てました。AmazonでDVD購入したり。そんなに面白い???大人が見ても面白いのあるね。ママは別の楽しみ方もしてます??初期の仮面ライダー見た時は驚愕した?バッタ人間じゃん??中身もおっさん??でも、当時の子どもたちはこれに夢中だったんだよね??ママがカッコいい [続きを読む]
  • 成長期に見たアニメ
  • 前に子どもが見てるアニメや映画について書きましたが、ふと自分は何を見て育ったのだろうと思いました。なんか今日はたくさん記事更新してるな??今日は旦那が夕飯いらない日、外食or出前一部家事から自分を解放したからだな(笑)&子どもの習い事日だから、空き時間ある。さぁ、思い出してみよう。二十数年を遡って?19××年代、かなり前だな??幼児期から順??スマーフ幼児期だけ日本にいなかったので、青色の小人嬉しそうに [続きを読む]
  • アンパンマンに物申す
  • やなせたかし先生は本当に尊敬してるんです。子どもたちを夢中にさせる作品、アンパンマン以上のものは少ないでしょう。アンパンマン・ミュージアムも親子ともに楽しめました。やなせたかし先生がアンパンマンを作ってくれたからこそです??ここからは、少々アンパンマン批判を??アンパンマンの何が気に入らないかって、前の記事にも書いたけれど、ジャムおじさんに頼り過ぎなこと。ディズニーで言うところの白馬の王子的な活 [続きを読む]
  • 最近まともに映画館でみてない
  • 最近、というかここ何年も、まともに映画館で映画を見られてない。特に子どもが小さいうちは(今もだけど??)すっかり寝静まってから、携帯でNetflixやYoutubeで見てた。画面狭いけど、iPadだと手が疲れる。暗い部屋で、変な姿勢でイヤホンで??見られてないのは、私の好きな映画という意味で、子ども向けの映画はたくさん映画館で見てます。子どもと一緒に見られるのは嬉しいの。可愛いし幸せです????…でもね、内容がね。 [続きを読む]
  • ルクレツィア、ユディット、サロメ
  • 前の記事に書いた、海外ドラマ「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」のオープニングに出てくるルネサンス絵画。https://m.youtube.com/watch?v=VPSGckN_vP0クラーナハの絵画がルクレツィア2点、ユディット1点出てきます。これはルクレツィア・ボルジアの3度の政略結婚についてのものかな。ルクレツィアはローマ時代の貞淑な妻、強姦されそうになり自害します。クラーナハ はルネサンス期の画家ですが、ルネサンスのキリスト教では、 [続きを読む]
  • マイケル・ハースト脚本の海外歴史ドラマ、映画
  • 気づいたら好きな海外歴史ドラマ、ほとんどがマイケル・ハースト脚本、製作総指揮の作品でした。はじまりは、学生時代に見た映画から「エリザベス」、それに続く「エリザベス・ゴールデン・エイジ」その後、「テューダーズ 背徳の王冠」そして、「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」今は「ヴァイキング 海の覇者たち」無意識でしたが、まさか同じ脚本家・製作総指揮とは??共通点で思いつくのは、??主人公も周りも自分の欲望に [続きを読む]
  • 欧米の美術館・博物館5選 と お気に入り作品
  • 歴史好きがこうじて、美術館や博物館も大好きです。旅行先では美術館・博物館巡りが主体。お城や公園も好きだけど、絵や彫刻になっているものって、作者の方の人生や時代背景が思いっきり込められていてずっと見てても飽きないんです。欧米の美術館・博物館で凄く気に入って、リピーターになってる、死ぬまでにもう一度行きたいところ5選です。本当はもっとあるけど、5つまで絞りました??北から順に??????イギリス…テー [続きを読む]
  • 闘病漫画2選
  • 時折読み返す闘病漫画。勇気をもらえる、自分も頑張る気になる、自分の健康を省みる気になる。でもどちらかというと、作者さんご本人の人柄に惹かれて読んでいます??ギランバレー症候群の闘病漫画難病で血漿交換療法しか方法がなく、重症化した場合は完治が難しいようです。これをコミカルに描けるところも尊敬。。たむらあやこさんご家族も良い味出してます。これは、お子さんが知的ボーダーでお母さん無理がたたり線維筋痛症 [続きを読む]