わんわん さん プロフィール

  •  
わんわんさん: 警備業務検定 合格広場運営ブログ
ハンドル名わんわん さん
ブログタイトル警備業務検定 合格広場運営ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/pukopen/
サイト紹介文警備検定合格を目指す方のための攻略サイト。模擬問題をメインに掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 26日(平均4.8回/週) - 参加 2018/06/23 04:06

わんわん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 警備員になれない者? 正直誰でもなれると思っていました!
  • こんにちわ警備業務検定 合格広場管理人のわんわんです。 今日は、警備員の欠格事由について書いてみようと思います。 そもそも「警備員の欠格事由」って何のことでしょうか? 簡単に言うと、警備業法で定められた「欠格事由」に該当する人は警備業者及び警備員になれない、ということです。 例えば「年齢による制限」「責任能力の有無」「各業務に関する法律に違反した過去がないか」「その他の法令に違反して一定以上の刑を [続きを読む]
  • 負傷者を発見!!どうしよう・・・
  • こんにちわ警備業務検定 合格広場管理人のわんわんです。 街を歩いていて、負傷者を見つけてしまった時皆さんはどうしますか? 助ける?助けない? 例えば負傷者が出血をしている場合・・・ 負傷者の意識がない場合・・・ 負傷者が呼吸をしていない場合・・・ ほとんどの方は、人道的には何とかしてあげたいけど、どうしていいかわからない・・と、なってしまいます。 どうしていいかわからない場合当たり前ですがとにかく救 [続きを読む]
  • 警備員なら知っておきたい緊急通報要領
  • こんにちわ警備業務検定 合格広場管理人のわんわんです。 今日は、警備検定の本試験の出題範囲でもあり、実業務で欠かすことの出来ない緊急通報要領について書いてみたいと思います。 警備員の仕事をしておいたら 事件・事故・負傷者・災害いろんなケースで緊急通報をしないといけない場面に出くわすことになると思います。その際にしないといけないのが緊急通報です。 この緊急通報ですが、なんでも伝えたらいいというものでも [続きを読む]
  • 交通誘導検定2級模擬問題 「道路交通法」UPしました。
  • こんにちわ警備業務検定 合格広場管理人のわんわんです。 警備検定2級の模擬問題を追加しました。 今回は【交通誘導警備業務検定 2級】(2号2級検定)の業務別の範囲 道路交通法の模擬問題です。 普通自動車免許のような一般的な道路交通だの試験の場合は道路標識の内容についての勉強だったりします(制限速度や違反となる運転など) しかし交通誘導警備業務検定での主な問題は、それとちょっと違います。 「歩行者の通 [続きを読む]
  • 施設検定 災害対処要領等の模擬問題UPしました
  • こんばんわ警備業務検定 合格広場管理人のわんわんです。 警備検定2級の業務別の範囲災害対処要領等の模擬問題を、先般追加しました。 本サイトでは【施設検定】の中に掲載してはいますが どの種別の警備業務であっても、共通する内容が多く含まれています。 例えば地震が起こったら・・・火災が起こったら・・・ 警備の仕事は「初動」が重要視されるので物事の優先度をしっかりと理解して対処したいものです。 火災の場合自 [続きを読む]
  • 警備検定試験の基本教育問題(136問)」UPしました。
  • こんにちわ警備業務検定 合格広場管理人のわんわんです 各警備業務検定の試験範囲の中で共通の基礎知識である、基本教育の模擬問題をUPしました。 真面目な警備員さんなら絶対知っている事ですが念の為補足しておきます。 現在、年に2回の実施が義務付けられている法定教育(現任教育)とはじめて警備員の仕事をされる方、警備会社から別の警備会社にうつった方が必ず受ける新任教育は、その教育内容が業法によって定められ [続きを読む]
  • 施設検定2級模擬問題をUPしました。
  • こんにちわ警備業務検定 合格広場 管理人のわんわんです。  昨日に引き続き、模擬問題をUPしました。 今回は1号警備である施設警備業務検定2級の模擬問題で 事故発生時における応急措置 20問を掲載しました。 検定突破のためにもちろん必要な知識ですが 検定受講者のみならず全ての警備員さんが知っておかなければならない知識です。 なぜなら警備業務に従事している際に、実際に目の前で事故が起こるかも知れない [続きを読む]
  • 交通誘導警備業務検定の模擬問題UPしました
  • 警備業務検定 合格広場管理人のわんわんです 交通誘導警備業務検定の模擬問題をUPしました。 今回は基本教育の「意義と基本原則」の範囲内から 交通誘導警備業務検定で出題される【意義と基本原則】の模擬問題を12問掲載しました。 基本教育の範囲は、1号警備から3号警備までどの検定でも共通の概念になるので おおよその内容を理解していれば十分対応可能となっています。 しかし、同じ論点でも1号検定では1号の例 [続きを読む]
  • 雑踏警備業務 検定合格証明書の交付を受けた警備員の配置基準
  •  先日、施設警備業務検定の合格証明書の交付を受けた警備員の配置基準についてご紹介しました 今日は雑踏警備業務 検定合格証明書の交付を受けた警備員の配置基準について紹介させて頂きます。 ○雑踏警備業務を行う場所ごと(当該場所の広さ、当該場所において予想される雑踏の状況、当該雑踏警備業務に従事する警備員の人数及び配置の状況その他の事情により当該雑踏警備業務の実施の適正の確保上当該場所が2以上の区域に区 [続きを読む]
  • 警備検定の種類 -警備業務検定 合格広場-
  • 一般の方には馴染みがないと思いますが警備業には種類があります。 1号警備・・・施設警備業務2号警備・・・交通誘導・雑踏警備業務3号警備・・・運搬警備業務4号警備・・・身辺警備業務 そして、警備業務検定にも種類があります。 現在実施されている警備検定の種類は以下の通り ○ 施設警備業務検定○ 交通誘導警備業務検定○ 雑踏警備業務検定○ 貴重品運搬警備業務検定○ 核燃料輸送警備業務検定○ 空港保安警備業務 [続きを読む]
  • 警備検定取得のメリット
  • 警備業務検定を取得するメリットは、警備業務に関する専門知識を学び習得することで、高レベルのセキュリティをユーザーに提供することができること。 地域の犯罪抑止機能が低下していく中、今や「生活安全産業」として定着した警備業界に社会の期待は高まっており、これらのニーズに応えるために検定警備員が求められています。 資格者配置義務の無い民間施設等においても、検定所持者の配置を希望する顧客が近年増大しており、 [続きを読む]
  • 施設警備業務 検定警備員配置基準
  • 今日は検定警備員の配置基準についてご紹介します。 各種警備業務の検定合格証明書の交付を受けた警備員を必ず配置しなければいけない場所等が警備業法によって定められています。 警備業法 第18条(特定の種別の警備業務の実施) 警備業者は、警備業務(第2条第1項第1号から第3号までのいずれかに該当するものに限る。以下この条並びに第23条第1項、第2項及び第4項において同じ。)のうち、その実施に専門的知識及び能 [続きを読む]
  • 2級検定の知識
  • 警備業務検定2級の知識=警備員の基本知識 いざ、2級検定の勉強をはじめたら、教本のあちこちに「専門的知識」以外にも、警備員として働く上で当然に知っていないといけない事がたくさん書かれている事に気がつくはずです。 一般常識以外にも、警備員として当たり前の行動が実はどれもが本当に意味があって、どれもが重要で、それらを慣れや惰性で行っていると重大な事故が起こりえるということに気がつくはずです。 警備員 [続きを読む]
  • 過去の記事 …