濱田 環 さん プロフィール

  •  
濱田 環さん: 困ったときの応援子育てレッスン
ハンドル名濱田 環 さん
ブログタイトル困ったときの応援子育てレッスン
ブログURLhttps://ameblo.jp/miolight/
サイト紹介文NLPトレーナーでCFPの濱田環が子育てと教育資金の悩みを解決します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 146日(平均10.0回/週) - 参加 2018/06/23 09:25

濱田 環 さんのブログ記事

  • 好きな人に、好きになってもらうNLPの魔法とは?
  • 好きな人に好きになってもらう方法があるとしたら、試してみたい!と思ったアナタ。 いいですねえ〜。こちとら、そういう恋愛モードオフ状態っすよ(笑) 黒魔術ではないので、100発100中ではありません。でも、押しの一手となりえるのが、このNLPの魔法です。 人は無意識レベルで、何かを決定するときに、順番に決まった行動パターンを作っています。 買い物をするときで言うと分かりやすい。 ①店頭や雑誌など、目で見て、 [続きを読む]
  • 親を恨んでいる、と思われていたらしい
  • 昨日の記事に書いた、親との葛藤。 実は、この記事を書きたくて前置きとして書いたんですね。 幼少の頃の経験から、親を恨んでいるけど、大人になって上手に付き合えるようになったある人がいます。 でも、その人の葛藤は今もなお続いている。 コーチングも学んでいるので、心のメカニズム的な意味では、一通りの納得はしているんやけど、無意識レベルで腑に落ちてないんやろうね。 ある日、こんなことを話だしました。「自分 [続きを読む]
  • それ、過去に囚われているで
  • 親にしてもらいたかったけど、してもらえなかったこと。どんな人にも、多かれ少なかれあるはず。 わたしの場合も、してもらえなかったことが、たくさんあって、それこそが自分の人生の根幹となっています。 それは不幸なことではなくて、自分が与えられた環境でどう生きるか考えた結果だと思う。 プロファイリング(見つけるコンサルティング)で、親にしてもらえなかったことを質問したら「過去はもう振り返らない。悲劇のヒロ [続きを読む]
  • 大学奨学金、申請書類不備の内容が分からないトラブル
  • 先週学校から、電話がありました。 「息子さんの奨学金の不備書類の提出がまだなので、よろしく」とのこと。 督促って、一度も不備を知らされていないけど・・・ 「何のことですか?」と聞くと「支援機構から連絡来てませんか?」という。 つまり、書類に提出もれがあり、その不備だしされているも、未提出状態であるが、連絡は来ていないわけですね。 何が不備なのか、分からなければ、提出できません。 そこで、支援機構の [続きを読む]
  • 親になる練習足りてないと、思春期でこじれる
  • 日経DUALにおもしろい記事がありました。>親になる練習足りてないと、思春期でこじれる このブログでも、再三書いていることですよね。 コミュニケーションの方法や、子育ての方法って、義務教育では習わない。 だから習わなくてもできると思い込んでいる人が多いけど、そうじゃない。 結婚前に料理を習う人と習わない人の違いは、お金があるかどうかじゃない。 結婚前に料理を実践している人はお金を出して習わなくてもでき [続きを読む]
  • 医療保険の給付金を請求しない方がいいケース
  • 先日、母とショッピングに行きました。 あれこれ買ってもらいましたので、しばらく服選びも困らず済みます さて、この日のお買い物、スポンサーのお金の出どころは、医療保険でした。 母が数年前から、ちょこちょこと手術をしていました。 入院しなかったので、保険対象外と思っていたようです。 わたしは、ちゃんともらっていると思い込んでいたんですね。 大手生保で契約しているので、定期訪問がここ数年なく、最近久しぶ [続きを読む]
  • 働くお母さんがPTA役員をした方がいい理由
  • 学校内の生徒数によるところもあるけれど、子どもが卒業するまでに、幼稚園(保育園)で1回、小学校で1回、中学校で1回は必須のPTA。 わが家は引越し&転校が多かったため、保育園で1回。小学校で3回、中学で1回やっています。 中学のときは、指名委員だったので、次年度の役員決めをしないといけなくて、苦労しました。 できない理由を書いてもらうと、親の介護ひとり親のため病気のため外国人のため(言葉が分からない)仕事 [続きを読む]
  • 七五三の写真撮影を低予算で撮る方法
  • ぼちぼち、七五三の季節ですねえ。 ↑うちのポンが、3歳のとき。ひとしきり泣いて、疲れたところをパチリ。 最近、昔のわたしの写真をアップすると、周囲がざわついています(笑) 七五三の写真、写真館で撮ってもらうと高いじゃないですか。 うちの子も、生まれてすぐにたくさん写真館で撮って、豪華なアルバムを作ったり、額とともに引き伸ばした写真を購入しました。 すると、うん万円かかる。↑義父母に払ってもらったけ [続きを読む]
  • オサレなエクステリアは保険の補償対象外になることも。
  • 火災保険で補償できる損害は、それぞれの保険種類ごとに約款があって、それに応じて決まります。 わたしが住宅街を歩いていて、気になるのは、最近オサレな郵便受けや、インターホンを設置しているお宅が増えたなあということ。 FPの視点で見ると、ああ、残念だなーと思ってしまう、職業病(笑) わたし自身が家を建てたときは、塀に埋め込む形で、郵便受けとインターホンを設置しました。 このタイプは、他にも外壁に直に着け [続きを読む]
  • 約8割のお母さんが、子育てに悩んでいる。
  • 小学校高学年の子どもを持つ親の78%が、子育てに悩んでいる、というアンケート結果があるそうです。↓プレジデントFamily(ファミリー)2018年10月号(2018秋号:東大生192人 頭のい...980円Amazon 悩みの内容や、深さは人により違うだろうけど、みんな何かしら悩みがある、ということですねえ。 人の悩みと悩み方には、思考のくせが現れます。 悲観的に考えるタイプの人は、どうしても悩みが深くなる。実際の悩みの状態よりも、悪 [続きを読む]
  • お金の恐怖に勝つために、できること
  • 自分が今使う予定がないお金が、とつじょ、まとまって入ってきたら・・・? そんなとき、あなたはどういう行動に出るでしょう? 先日、友人から「10万のまとまったお金が入ったんだけど、どうしたらいい?」と聞かれました。 そこでいくつか案を出しました。(その詳細は↓で書きます) 以前、「3000万円のお金が入ったから、怖い。今すぐどうにかしたい。どうすればいいですか?」と言う相談を受けたことがあるねんね。 実は [続きを読む]
  • 親の自慢の息子が、実家と縁を切った理由
  • きょうだいで成績や才能に差があることは、よくあります。 中学から大学くらいでは、その差が歴然として、優秀な方は親の自慢の子どもとなる一方、優秀でない方がヒクツになるケースがあります。 ある家庭の長男は、優秀で、いい高校、いい大学、いい企業へと進み、親の誇りでした。 一方、次男は、人当たりもよく誰からも好かれる一方で、成績はイマイチ、高卒で就職しては、転職を繰り返していました。 長男は就職したあと、 [続きを読む]
  • シングルマザー、家を借りる。
  • 離婚すると、新居を探す必要がでてきますよね。 わたしはしばらくは持ち家に住んでいたけど、ずっと売りに出していました。 なかなか売れないので、家を出てアパート暮らししたら、売りやすくなるかな?と思って、家探ししたんです。 当時は、無職だったので、今思えば無謀・・・ 手頃なおうちを見つけて契約しようとすると、これが審査が下りない。 家を借りるのには、月収の三分の一まで、といいますが、まさに足りないと審 [続きを読む]
  • きょうだい子育ての根本的な考え方とは?
  • きょうだいを育てている方から、こんな相談がありました。 同じように育てているのに、上の子は言うことをよくきくし、素直でいい子なんだけど、下の子は何を言っても反抗したり、口も悪く、成績も悪い。 分け隔てなく、同じように愛情を注ぎ、同じように丁寧に接してきたつもりなんですけど、どうしてこうなっちゃったんでしょうか? わたしにも、一つ上の兄がいます。彼は、母の寵愛を一身に受けて育ちました(笑) 母は手の [続きを読む]
  • 受験生の親子に、これはうれしい
  • 先日、受験料の振り込みのために、銀行に行きました。 窓口で払い込みが必要なんて、このご時世ずいぶんアナログやな、と思う受験システム。 簡易書留の速達で送らないといけないのも、なんだかなーと思っていた。 で、窓口でお金を払うと「よかったら、これ息子さんにどうぞ」と渡してくれたのが、これ。 やられた!これは、うれしい。 想定外のことをしてもらえるのって、うれしい。何より受験生の親って、ピリピリしてるか [続きを読む]
  • 初めてセミナー欠席した理由
  • 先週、ひどい風邪をひきました。 元々息子がひいた風邪がうつったんですけど、仕事も詰まっていたし、熱がどんどんあがっていきました。 そんな中、とあるセミナーに参加する予定がありました。 本当は行きたかったんだけど、行けば他の参加者に風邪うつしちゃうだろうな、と思ったのと、わたし自身もしんどかったので、欠席することに。 これまで、セミナーのドタキャンはしたことがなかった。 いつもたいてい、結構高額なセ [続きを読む]
  • 子どもに「見て、見て!」と言われてない?
  • 公園に行くと、よく「お母さん、見て、見て!」と、すべり台をすべる前に上から親に呼びかけたり、ブランコをこいだりしている子どもの声を聞いたことを思い出します。 見て見てアピール、あなたも聞いたこと、ありません? そして、見てほしいとアピールする子の親ほど「はいはい、見てるよ〜」と言いながら、あんまり見ていない(笑) すぐ視線がスマホに戻ったり、ママ友との会話に夢中になったりしています。 うちの子は、 [続きを読む]
  • 現行のメルマガ(メール講座)を移行します。
  • 現在受け付けているメルマガ↓は、今月いっぱいで廃刊します。 理由は、こちらにも書いたんですが、メルマガ配信スタンドが使いにくいから。 ちょっと、システムがメンズ志向なんだよね〜。 2年くらい前まで使っていたスタンドに戻すつもりですが、時期はちょっと先になります。 新しいメール講座を作るかそれともメール講座なしでメルマガだけを配信するかそれともセミナーの動画などを特典にするか 色々検討しています。年内 [続きを読む]
  • 子育ては、コミュニケーションのプログラミングで解決
  • 会社で働くと、色んな上司がいます。 部下の抱えているトラブルを、代わって引き受けてくれる人もいれば、責任を押し付けて知らんぷりする人、取るべき方法を的確に指示してくれる人、などなど。 対応一つで、その人を信頼していいかどうか、部下はちゃんと見ていますよね。 家族間でも同じこと。 何かあったときに、親がどういう態度になるかを、子どもはちゃんと見ています。 怒るだけの親何を言っても親身になってくれない [続きを読む]
  • 家族を守りたい気持ちが行動になる
  • 風水をする人は、幸せになる。 こんな話を聞いたとき、その理由を教えてもらったことがあります。 風水って、日々家を清めます。 毎日シーツ洗ったり、玄関のたたきを水拭きしたりって、毎日やるのは、結構負荷のかかることです。 でも、あえてそれができるのはなぜか?というと、ひとえに、「家族が幸せになるために」という想いがあるから。 つまり、風水自体にも効果があるかもしれないけど、一番はその想いによって、幸せ [続きを読む]
  • 自発的にお手伝いしてくれる子どもの育て方とは?
  • 18歳の息子が、今やってくれているお手伝いは ウサギの世話洗濯物の取りこみ、たたみ、片づけおふろ上りの着替え、タオルの準備ふろ掃除ごみ捨て郵便物を取るお弁当箱などを自分で洗って、拭く くらいかな。小学校のときからずっと。毎日です。 わたしが長期不在のときは、これに洗濯、買い出しなども発生します。 これらのお手伝い、実は一度も命令したことがありません。 まずわたしがやってきたのは、「●●できる?」とやる [続きを読む]
  • マネーコンサルを無料にする方法
  • 保険の話をブログに自由に書きたいから、保険代理店業をやっていません。 でも、よーく調べてみると、代理店業をしていなくても、個別の保険の商品のことを書いてはいけないらしい。 本当はおススメしたい商品とか、絶対おススメしない商品とか、当然あるのです。 どっちにしても言えないなら、代理店業した方がよかったかなー。 と、最近思うようになりました。 保険代理店業をすると、保険をからめたマネーセッションは無料 [続きを読む]
  • 節約したい人に、FPが伝える一番大事なこと
  • お金が貯められません節約できません という相談はよくあります。 わたしが主婦だったころ、実は節約大好きだったんですよ。 結婚して初めて、「主婦雑誌買ってみよう」と浮かれていくつか読んでみたら、あるわあるわの節約ワザ。 主婦ってこうやって、家計を切り詰めるのねと、その節約ワザを楽しんでいました。 ちょうどそのころ、月に1万円で生活するというテレビも流行り、「わたしはもっといい食材買ってもイケル!」と [続きを読む]
  • 青山に児童相談所は必要ないの?
  • 東京の青山に、児童相談所(児相)を建設することに反対されていると、報道に出ていますね〜。 うちの子に障がいがあったから、わが家ではあちこちの児相にお世話になっています。 初めて行った児相は、暗くて、冷たくて、古い感じ。正直、ウロンな空気に耐えられないほど、陰気な場所でした。 そんなところで、発達検査を受け、障がい告知を受けるわけですね。 その後も、手帳の更新のたびに、何度となく行ったけど、わたしに [続きを読む]