濱田 環 さん プロフィール

  •  
濱田 環さん: 子どもの可能性を伸ばす!才能教育と資金作りのコツ
ハンドル名濱田 環 さん
ブログタイトル子どもの可能性を伸ばす!才能教育と資金作りのコツ
ブログURLhttps://ameblo.jp/miolight/
サイト紹介文NLPトレーナー&CFPが、知的障がいのある息子を学校トップの成績にした子育て、資金作りの方法を伝授
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 27日(平均17.1回/週) - 参加 2018/06/23 09:25

濱田 環 さんのブログ記事

  • 睡眠障害の子どもでも、心地よい眠りに導く方法
  • 子どもにロフトベッドを購入して、1年後引越し。いい機会なのでと、別の部屋で寝るようになった小学校3年生の頃のこと。 子どもに、睡眠障害が出ました。 寝言を言って、飛び起きたり、夜中に徘徊するようになりました。夜驚症みたいな感じですね。 そのたびに、気配や音を感じて、わたしも起きるしかなくて、当時はフルタイムで保険会社で働いていたので、きつかったな。 クルマで毎日、長時間運転するので、寝不足でうっかり [続きを読む]
  • 嫌いなあの人と、自分
  • わたしは、相手に対して威圧的な態度を取る人が嫌い。 パワハラ上司とか、後輩をバカにしたりする先輩とか、客だからといちゃもんつけるクレーマーとか。 こういう人たちを見ると、すごく不快感を持つのね。 このとき、「うわー、最低!わたしだったらこんなことしないわー」と思うのです。 でもね、それは投影なんです。 認めたくないけど、投影するということは、自分にもそういう部分がある、ということ。 自分に同じ部分 [続きを読む]
  • 奇跡の寝かせつけ術、公開♪
  • この記事で、寝かしつけをマスターした話を書きました。 すると、現在新生児のいる読者さんから、今すぐ公開してとコメントいただきました。切実ですね(笑) そこで、わたしが寝不足を解消できた奇跡の寝かしつけ術を公開しますね〜。 うちの子はそもそも、寝ない子でした。ようやく寝た〜と思っても、ちょっとでもわたしが離れようとすると、ふんぎゃあーと泣く。 でも、ママ友親子と遊んでいるときは、寝る。いや、今寝られ [続きを読む]
  • 講演・執筆・メディア出演について
  • 講演、執筆・メディア出演など各種依頼は、こちらのフォームをご利用ください。 24時間以内にご連絡致します。 公式プロフィール(Webサイトへ飛びます) 【講演依頼について】 子育てコミュニケーション、お金、保険に関するセミナー、など各種講演承ります。 講演料は、時間、内容により異なります。詳細は、お気軽にお問合せください。尚、交通費等は別途請求させていただきます。 実績広島市立北部療育センター大手生命保険会 [続きを読む]
  • サヴァン症候群と、才能の関係
  • グッドドクター見てみました^^ 自閉症のくせに!的に吐き捨てるセリフに、チクチク胸が痛かったけど、うちの子と比べてみて 「あれ、山崎賢人に似てる?」と思った(笑)挙動不審なところ、表情うちの子そっくりでしたよ。 さて、サヴァン症候群ですが、大脳の左半球損傷説が脳の画像診断から有力視されていて、自閉症者の10%に出るのだそう。 いわゆる天才的なサヴァン症候群は、発見されている人は100名にも満たないとの [続きを読む]
  • 子どもの反抗は、絶好のチャンスです。
  • 子どもの反抗って年齢によって、様々な形がありますが、そのすべてにおいて、必ずそこにあるものがあります。 「なんで分かってくれないの!」 子どもが、親に訴えているのは、これにつきます。 子どもの要求は、常に良好な信頼関係を維持すること。ですが、親は時に子どもを自分の思うままに操ろうとします。 日常の生活の中で、親が子どもを自分のスケジュールに沿って動かしたいと思ってしまいます。 何時までに保育園に連 [続きを読む]
  • 子どもが学校に行きたくないと言ったら?後編
  • 前編はこちら もし、子どもが学校に行きたくないと言ったら、どう答えるのが、親としての正解だったのでしょう。 まず、小学生以降、特に思春期の子どもは、非常にデリケートです。 自分が学校でいじめに遭っているという事態を、親に説明すること自体ものすごくイヤなことです。 親に言えずに、自殺に追い込まれる子が後と絶たないのは、この最初のハードル(打ち明ける)を突破できないから。 そのハードルを破ってでも、打 [続きを読む]
  • 産後うつ、ノイローゼを防ぐには
  • わが家の下の階に、新生児の赤ちゃんが生まれたみたいで「ホヤ〜ホヤ〜」って泣き声が聞こえます。 新生児特有の泣き声に、癒されます。 でも、自分の産後は、そんな余裕はなかったですよ! 泣けば、オムツ変えて、おっぱいあげて。あれ?何で泣き止まないの〜〜?(°Д°;≡°Д°;)って感じでした。 慣れてくると、おしっこは3回くらい替えなくても平気だと学んだり、母乳は足りているはず、と感覚で分かったりしていくん [続きを読む]
  • 【モニター同時募集】親子のためのNLP資格コース開催:大阪
  • 子どもをワクワク応援する。それって、どういうことでしょう?子どもって、色んな夢を思い描きます。優しい幼稚園の先生が大好き!→わたしも幼稚園の先生になりたい!キレイなお花がいっぱいのお店で、可愛い花のアレンジをお母さんが買った→わたしもフラワーデザイナーになりたい!かっこいいアスリートの試合を見た→ぼくも〇〇の選手になる!すごくおもしろいユーチューバーが好き!→ぼくもなりたい!こんなふうに、日々色ん [続きを読む]
  • 子どもが学校に行きたくないと言ったら?前編
  • もし、子どもが学校に行きたくないと言ったら、どう答えるのが、親としての正解だと思いますか? わたしが中学2年のとき、一度だけこれ親に言ったことあるんです。 当時、ある生徒がわたしを中傷する落書きをクラスの前後の黒板に書き、わたしの机にはまんべんなく釘で穴をあけ、掲示してあったクラス写真のわたしの位置に、画びょうを刺すという悪質なことをしたんですね。 なぜわたしがそういうことをされたか、というと逆恨 [続きを読む]
  • 子どもがわたしをイラつかせる、と思うこと
  • ちょっとしたことで、子どもにイライラしちゃうという時、心の中でこう思っています。 「子どもがわたしをイラつかせる」 人の思考は、フレーム(枠)があるんです。 でも、そのフレームは角度を変えれば、とらえ方が変わります。 そのパターンは、ポジティブかネガティブかという二極化でもなければ、いいか、悪いかという問題でもない。 何通りにも角度が変わるし、フレームの形すら変えることもできます。 NLPでは、こ [続きを読む]
  • 子育ては、優秀な人ほど忍耐力がつく
  • 普段から優秀な人、仕事ができる人という評価をもらう人ほど、実は他人にきびしい。 なぜなら、自分はできるんだから、相手もできるはず。できないのは努力が足りないせいだ。 そういうふうに感じてしまうからなんですね。 確かに、人にできることは、自分にもできる。人に備わる力がみんな同じように発揮できれば、この考え方は正しい。 NLPでは、この力をリソースって呼びます。リソースとは、資源、資質といった意味合い [続きを読む]
  • 高校は、私立か公立か?費用や進学面から考えてみる。
  • 高校の授業料は、公立は無償化があるし、私立も助成が受けられる場合は、減免があります。 どっちがいいのか、親も子どもも迷うところですね。 うちの場合は、私立高校に通っています。京都の学校なので、大阪に住んでいたときに受験し、合格したのちに、京都に引越しました。 都道府県単位で助成額が変わるんですよね。国の助成については、どこに住んでいても受けられるんだけどほんの一部しかない。 ところで入学する前は、 [続きを読む]
  • 兄弟げんかをまる〜く収めるコミュニケーション法
  • 兄弟姉妹のけんかが起こると、お母さんもイライラしちゃいますよね。 忙しいときに、家事や仕事の手を止めないといけなかったり、ゆっくり休みたいと思っていたときも、重い腰をあげないといけない。 どちらも泣いてわめいて、自己主張する子どもたち。あなたは普段、どんなふうに接していますか? けんかの原因を聞いたり、悪いと思った方を叱ったりしていませんか? あるいは、上の子だけを基本叱る、という方もいるかも。 [続きを読む]
  • 習い事ヒストリー(続いたものと続かなかったもの)
  • うちの子の習い事について、質問がありました。ありがとうございます。 わが家、療育がんばった分、習い事はあんまり・・・です。 ただ、チャレンジしてきたヒストリーが笑えるので、ご紹介しますね^^ サッカー教室ボールを買い、ユニフォームを買い、入会金と月謝を払い、親子でグラウンドへ。子どもは泣いて嫌がるので、2,3回見学しただけで、終了。 音楽教室見学に行きましたが、泣いて暴れたので、退場。 ピアノ教室 [続きを読む]
  • 兄弟げんかをまる〜く収めるコミュニケーション法
  • 兄弟姉妹のけんかが起こると、お母さんもイライラしちゃいますよね。 忙しいときに、家事や仕事の手を止めないといけなかったり、ゆっくり休みたいと思っていたときも、重い腰をあげないといけない。 どちらも泣いてわめいて、自己主張する子どもたちに、普段どんなふうに接しているでしょう? けんがの原因を聞いたり、悪いと思った方を叱ったりしていませんか? あるいは、上の子だけを基本叱る、という方もいるかも。 NL [続きを読む]
  • スマホに、緊急避難指示が来なかった件
  • 今回の集中豪雨で、初めて知ったことがあります。 これまでauとかSoftbankの電話を契約していたんですけど、5月に2台のスマホを格安スマホにしたんです。 Softbankのも1台あるので、計3台契約があるんですね。 避難指示とか、勧告とか、Softbankの端末にはバンバン入ってきました。それこそ、エリアが違いすぎるやーん、と思うところのまで。 ところが、格安スマホはうんともすんとも、鳴らない。 [続きを読む]
  • 大学入試は、有利なAO入試を活用しよう!
  • 子どもの才能や、やりたいことがすでに明確な場合、お勧めの大学入試方法は、AO入試です。 AO入試とは、アドミッションズ・オフィス入試の略。だいたい8月の上旬にエントリーします。 たいてい夏休み中に体験授業や課題の提出、面接などの機会があります。(大学によって1日から複数日) 大学側が求める人材と学生の意欲とが合致するかを見極めて、早期に合格内定を取得するシステムです。 体験型や、課題の提出の対策として [続きを読む]
  • 一日がとっても長く感じた入園前
  • 子どもが2歳ごろ、1日がとっても長く感じました。 療育センターからは、「テレビはやめてね」と言われていたので、基本付きっきりで遊び相手をしていましたね〜。 うちの子は、どんだけおもちゃを買い与えても、おもちゃで遊ばないんですよ。 遊び方が分からないのか、興味がないのか。一緒にやってみてあげると、ちょっとは見てくれるけど、続かないし。 熱中した遊びといえば、絵本をぐちゃぐちゃに破くことかな(苦笑) [続きを読む]
  • 言語療法ってどんなことするの?
  • 今日は以前この記事で、触れていた言語療法について、書きました。 言語療法は言語療法士さん(通称ST)が、脳卒中後の失語症、聴覚障害、ことばの発達の遅れのある子に対して、訓練をしてくれます。 うちの子の場合は、ことばが3歳過ぎても出なかったので、遊びを通して、カンタンなことばを覚えたり、話したいという気持ちを培ってくれていたようです。 通ったのは、公立の総合病院。リハビリテーション科で診察後、担当STさ [続きを読む]
  • 大丈夫?って聞かれたら、どう答えますか?
  • 人は、それまでに培った人間関係から得たコミュニケーション力をそれぞれに持っています。 ですから、空気の読める人ほど「こう聞かれたら、こう答える」という定型文を無意識に返していることがあります。 例えば、「おはよう」と声かけられて「モーニン!」と返さない。 「おはよう」には、「おはよう」と返す。本当はこんにちは、の時間であっても通常相手に合わせます。 仮に違う返事をしたとすると、少々カチンと来つつも [続きを読む]
  • 【リクエスト募集】こんな記事書いて、ってありますか?
  • このところ、アメブロメッセージを多くいただくようになりました。 読者の方たちの感想がダイレクトにかえってくるので、すごくありがたいです! メッセージは、記事に対する質問であったり、こんなこと知りたい、って内容だったり様々です。 リクエストいただけると、読者が 「どういうことを求めているのか?」「どういう情報が足りてないのか?」 という貴重なご意見が分かります。 ぜひ、今後もドシドシ送ってほしいです。 [続きを読む]
  • 【告白】先生、あの頃はすみませんでした。
  • わたしは児童教育学部卒業していまして、教育課程を取ったんだけど、あえて取得しなかった単位があるんです。 それは、「障がい児教育概論」という講義。 これは木曜の3限目だったと思う。2回生の時の授業です。 実はこの木曜は、他に取る講義がなかったので、わたしはこの日を平日のおやすみとしたかった。 他の単位は全部取っていたので、ひとつ落としてもどうということはなかったんですね。 そのため、出席することを放棄 [続きを読む]