佐藤理沙 さん プロフィール

  •  
佐藤理沙さん: デキ婚→離婚→再婚→離婚予定(←今ココ)
ハンドル名佐藤理沙 さん
ブログタイトルデキ婚→離婚→再婚→離婚予定(←今ココ)
ブログURLhttp://rikonyotei.blog.fc2.com/
サイト紹介文デキ婚で仕方なく結婚した旦那からDVを受けて、やっとの思いで離婚して、別の男性と再婚したのに・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 148日(平均0.9回/週) - 参加 2018/06/23 17:50

佐藤理沙 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ホームレスになりかけた女子高生時代 その②
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});驚いた。まさか母がはるばるやってくるなんて思ってもいなかった。母を店の中に入れて、とりあえずおっちゃんに母が来たことを伝えた。母からも部屋を借りることをお願いする言葉があり、おっちゃんは実はそういうのが苦手で、「それ(部屋を貸す)くらいしかできませんから」と言っていた。そして、「お父さんが帰ってくる前に、店(部屋)に荷物を運んどいた方 [続きを読む]
  • ホームレスになりかけた女子高生時代
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});16年一緒に暮らしてきたと言っても、血の繋がらない私のたった半年間の高校生活のために、自分の職場からは遠い場所にある私の通う学校の近くにアパートを借りてくれる、という父の申し出には、本当は感謝しなければいけないとこなのだろうけど、当時の私にはそんな余裕などなかった。たった半年なのに、家を売るのを待てない父に腹を立て、「そうしてもらう(父 [続きを読む]
  • ムチで叩かれるお仕置きが一番怖くて痛かった
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});ムチで叩かれるお仕置きは本当に嫌だった。「ヒュッ」って空を切る音も、ムチが肌に当たった瞬間も、そして何より、ムチを持った母が近づいてくる瞬間が恐ろしかった。その痛くて恐ろしいお仕置きに、母は私や兄を加担させた。例えば兄が何か悪いことをして、母が怒りお仕置きするときに「マキ!ムチを持ってきなさい!」と言うのだ。いつも部屋の隅においてある [続きを読む]
  • 今も残るDV〜タバコの火傷跡〜
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});母と違って父は穏やかな人だった。大きくなって、穏やかな人ではなく、ただ私たちに関心がなかったんだと気づくんですが(汗少なくとも私は、ムチで叩く母よりも父の方が好きだった。しかし、父との関わりがほとんどなかったので、好きかどうか聞かれたら、どちらでもないと言うのが正しいのだろう。そんな父に叱られた記憶は、たった二回。一度目はまだ幼稚園に [続きを読む]
  • 家族で一番嫌われっ子だった私の生い立ち
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});いつもマキのブログを読んでくださってる方、ついでにポチっとしてくださってる方ありがとうございます。内容が内容だけに、書いてるとどんどんテンション下がってきたりもするんですが、読んでくださってる方がいると思うとすごく励みになります今回はちょっと脱線するのですが、私自身の生い立ちを書こうと思います。興味ないかもしれませんが、読んでもらえる [続きを読む]
  • 学歴コンプレックスの元旦那。元旦那の被害妄想で大喧嘩
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});私と旦那は、市営住宅を見つけてそこに引っ越すまで、母の実家(旦那の実家でもある)の離れにいた。離れと言っても、住居として機能しているのは一部屋だけで、電気は通っていたが水道なんかはなく、ただ寝るためだけの場所だった。10月の下旬。やっと婚姻届を書くことにした。夜に旦那と二人で、書類の空欄を埋めていく。今もそうだけど、こういうお役所の書類 [続きを読む]
  • 仕事をサボる。自分だけ好きなものを買う。貯金はなし。
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});旦那が仕事をサボってくれるおかげで、なかなか貯金が貯まらない私たち。日々お腹の中で育っていく子供と、大きく膨らんでいく私のお腹。私はいつもジャージ姿だった。その頃ジャージがちょっとオシャレだったこともあったが、一番の理由は大きくなってきたお腹に合う服を持っていなかったからだ。まだ大丈旦那、きつくない。と、とにかくお金を使うのを我慢して [続きを読む]
  • ささやかなプレゼント。当時の私にはそれでも幸せだった
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});別に結婚式はどうでもよかった。あこがれもなかったし、近くに招待できるような友達もいなかったし。だからお金がない私たちに、式を挙げるなんて発想はなかった。でも私は結婚指輪は欲しかった。旦那にそのことは伝えたが、今は本当に必要なものにしかお金を使える状況じゃなかったし、妊娠中は指輪はしない方がいいとも聞いていたので、子供が生まれて生活が落 [続きを読む]
  • 妊娠が母親にバレた。生まれてきても祝福されない私の子供
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});とうとう母に妊娠がバレた。当時結婚&出産経験のあった旦那の姉だけには、私が妊娠したことを知らせていた旦那。その姉が、昔旦那たち姉弟を捨てて出て行った母親に、私たちの事を相談し、そこから私の母へと話がいったらしい。母は「もぅ堕ろしてしまったんじゃないかと思った」「ちゃんと話しあった方がいい」と言った。意外な言葉だった。もっと頭ごなしに怒 [続きを読む]
  • 自分勝手なDV彼氏に振り回されながら、結局子供を産む決意をしました
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});旦那は私が妊娠してから人が変わったように冷たくなった。まるで別人だった。まだ結婚していない私たち。旦那にとって中絶は他人事だった。もう私のことを「好きではない」と言った。「早く他の男を探せ」とも言われた。これが、中絶を控えて不安になっている私に対する言葉なのか。私は当てつけのように、知り合ったばかりの男の子と遊んだ。旦那はそれを知って [続きを読む]
  • バカな私。中絶の辛さを隠して、彼氏に愛想振舞うなんてどうかしてる
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});「胎児が少し大きいので入院が必要です」と説明があった。私と旦那が 産む 堕ろす をくりかえしている間にお腹の子供は順調に大きくなっていたのだ。この頃の私は、お腹の子に話しかけるのも謝るのもやめていた。話したり謝ったりすればするほど、お腹の子を意識して辛くなるのがわかっていたから。お腹の子に話しかけなくなって数日がたち、中絶の日が近付け [続きを読む]
  • 19歳の私が旦那と付き合って2ヶ月で妊娠。産む産まないで大揉めした
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});旦那と付き合って二ヶ月後、私は妊娠した。戸惑う私がその事を、まだ彼氏だった旦那に伝えると意外にも喜んでくれた。喜んだ翌日、旦那から「中絶してくれ」と言われた。その翌日、「やっぱり産もう」と言われた。さらに翌日、「親になる自信がないから堕ろそう」と言われた。私は妊娠が分かった瞬間から母親だった。中絶なんて嫌だった。でも社会に出たことがな [続きを読む]
  • 旦那からのDV。妊娠してなかったら殺されてたのかな?
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});私が覚えているもっとも古い旦那からのDVは、私が妊娠しているときだった。覚えていると言っても、たった一場面。喧嘩して倒れている私に対し、旦那の言ったセリフ。「本当はお前のこと蹴ってやりたいけど、お腹に子供がいるからできないだけ」それを聞いて私が思ったことが、「妊娠していなかったら、私は今頃この前のように殴られていたんだろう…」。“この前 [続きを読む]
  • DVの証拠が欲しかった。証拠を残すために大きな傷が欲しかった
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});早くこの痛みから解放されたいと思う一方で、「今日こそは私の体に大怪我を負わせてほしい」と願いながら、私は夫からの暴力を受けていた。暴力を受けた時にいつもこう思っていたのに、私の願いは叶うことなく、ほとんどがアザか擦り傷程度で、一番ひどかったものでも、右手中指の先っちょの骨にほんの少しヒビが入ったくらいなものだった。思い知らせてやりたか [続きを読む]
  • 過去のDVの記憶から開放されたくて、このブログに吐き出します
  • SPONSORED LINK(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});はじめまして。手探りでココでブログを書いていくことにした マキ です。DVから解放されたくて離婚したのが6年ほど前。今は幸せな生活を手に入れたはずなんですが、、なんでだろ?今でもその過去に苦しめられている気がする私。 気がするだけ。  そう、気がするだけなんだけど、、 何故かツライ。だから私は決めた!あの過去のことは忘れない!忘れちゃい [続きを読む]
  • 過去の記事 …