海外ドラマの感想文by東京散士 さん プロフィール

  •  
海外ドラマの感想文by東京散士さん: 海外ドラマの感想文by東京散士
ハンドル名海外ドラマの感想文by東京散士 さん
ブログタイトル海外ドラマの感想文by東京散士
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/dorama2018
サイト紹介文主に海外ドラマの感想、歌詞の感想などを書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 5日(平均26.6回/週) - 参加 2018/06/23 15:36

海外ドラマの感想文by東京散士 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 大河ドラマの50年
  • どうせこのブログを見ている方は少数ですから、どこからも文句は来ないものと考え、「ただの好き嫌いだけで」、大河ドラマを分類してみます。記憶が「ややはっきりと」としているのは、「新平家物語」からです。「天と地と」「樅の木は残った」は「うっすらとしか」思い出せません。小学生のころですから。本当に理解して見る事ができたのは(年齢の関係で)、「草燃える」あたりかな、と思います。1972年の「新平家物語」から [続きを読む]
  • NCIS マイクハーモンの出演料
  • NCISのギブス。マイクハーモンの出演料は1話で5000万とか5800万とか言われています。相棒の制作費が3000万ぐらいみたいですから、ハーモンの出演料だけで、相棒全体の制作費を超えてしまうわけです。水谷豊で1話500万ぐらいのようです。その割には、NCISの制作費そのものは「莫大ではない」ようで、ランキングには入ってきません。コスパがいい作品ということになるのでしょうか。全部推定ですが。こういうビッグ [続きを読む]
  • CSI科学捜査班と近年のご長寿番組
  • 海外ドラマをよく見始めたのは2012年からです。つまりは「ディーライフ」の放送が始まった年です。海外ドラマファン歴がそれほど古くないため「CSI科学捜査班」の場合、前半のシーズンはあまり見ていません。シーズンごとに「主任」を並べてみると、ギムグリッソム シーズン1からシーズン9の途中キャサリンウィロウズ シーズン9の途中からシーズン11  ただし主役はラングストン博士だと思われる。DBラッセル シーズン1 [続きを読む]
  • タイムレス シーズン1
  • 「タイムレス」は正統派?のタイムトラベルものです。目玉みたいなタイムマシンが登場します。リッテンハウスというあまり聞いたこともない秘密結社があるということになっています。で、その組織を壊滅させるために、過去に戻って歴史を変えようとする男がいる。主人公は女性で歴史学者。用心棒みたいな男と、操縦士である黒人男性とともに「歴史を変えようとする男」を止めようとします。ということはこの3人は「リッテンハウス [続きを読む]
  • フリンジのジョンノーブル
  • フリンジ、21世紀版のXファイルのような作品です。俳優さんの名前を覚えるのが苦手なんですが、左からピータービショップのジョシュアジャクソン、オリビアダナムのアナトーヴ、ウォルタービショップのジョンノーブルです。国籍はジョシュアがカナダ、あとの二人はオーストラリアのようです。フリンジはシーズン3ぐらいまでは良かった気がします。シーズン4あたりから変な方向に行き、シーズン5では「時間管理人との戦い」と [続きを読む]
  • NCISギブスの代わりになる俳優を考える シカゴメッドのコリンドネル
  • 私はNCISの大ファンなんですが、シーズン15は明らかに質が落ちていたと思います。アビーの扱いもひどい。ギブス役のマイクハーモンは制作総指揮も務めていますから、辞めさせられることはないでしょうが、すでに66歳。しかもこの作品にとっては帝王のような存在です。そういう存在がいると、良い作品はできないのではないか。シーズン15を見てそう感じました。だから代わりになる俳優はいるかな、と勝手に考えているわけです [続きを読む]
  • トラベラーズ シーズン1 マッケンジーポーター
  • ネットフリックスのオリジナル作品では「トラベラーズ」が面白いと思います。まあ一応はタイムスリップもののグループに入るのだと思うのですが、やや厄介な説明が必要です。「意識だけが」、未来から飛んできて「過去の人物」を「乗っ取る」のです。まあ「そういう設定」もよくあるといえば「よくある」のかな。目的は過去を変えて未来を変える。これは非常によくある設定です。特徴的なのは「もうすぐ死んでしまう人物のみを乗っ [続きを読む]
  • 「BULL/ブル 法廷を操る男」の感想
  • 「BULL/ブル 法廷を操る男」NCISのディノッゾ、つまりマイケルウェザリーが主演です。彼は今50歳ぐらいです。第8話ぐらいまで見ました。面白いとは思います。まあディノッゾが主演してなくても、見たかも知れません。でもディノッゾが主演しているから見る、が僕の中では強い動機となっています。米国でも同じようで、初回は1500万ぐらいの視聴者がいました。それが1000万ぐらいで推移し、最終回は800万代です。それで [続きを読む]
  • ナイトシフト 1から4
  • ナイトシフト 1から4 と書きましたが、4で終了しています。面白いのですけどね。ちょっと話が「急展開過ぎる」のが良くなかったのでしょうか。面白いと思いますけどね。DVDは3ぐらいまで出ているのかな。1から3までならdTVで見ることができます。吹き替えもあります。dTVは月額が安いのでDVD借りるよりお得です。別に宣伝ではありません。単なる情報です。僕は4まで見ているけど、あれ、4はどこで見たのかな。ワウワウ以 [続きを読む]
  • 「ニューヨーク恋物語」の名セリフ。
  • 古いドラマです。田村正和演じる「タジマ」と、韓国女性の俳優さんの「別れのシーン」です。これがなんとも好きでした。「俺は昔彼女を見捨ててアメリカにきたそのケリをつけたかった。俺は君にしたのと同じように彼女をひどい目にあわせてきた。そのケリをつけたかった。でもつかなっかったよ。」「これでもう何もない。」「何もなくてもケリはつけられるわタジマさん。何もなくてももう一度やりなおせる。心さえあれば。あなたは [続きを読む]
  • ブラックペアン 猫田看護士の魅力
  • ブラックペアンのひそかな主役の一人が趣里さん演じる「猫田看護士」です。趣里さんは伊藤蘭さんと水谷豊さんの本物の娘さんです。「ひそかな主役」というのは変な表現ではあるけれども。二宮くんの相棒です。あるシーンでは二人で廊下を歩き、それに小泉孝太郎が加わり、3人で手術室に向かいます。まるで「必殺仕事人」のようです。そう、猫田看護士は「仕事人」、「職人」なんです。二宮と話をするシーンは全くありません。二宮 [続きを読む]
  • メンタリスト レッドジョンのあっけない死に方
  • メンタリスト確かシーズン6の比較的早い回でレッドジョンの正体が明らかになります。で、レッドジョンはあっけなくパトリックジェーンによって倒されてしまいます。その正体といい、死に方といい、あまりにあっけなく、「えっ」って感じがしました。それまでレッドジョンのモンスター犯罪者ぶりからみて、正体があれでは、ちょっと拍子抜けです。その後も「メンタリスト」はシーズン7まで続きましたが、あまり新しい展開はなく、 [続きを読む]
  • 「時間よ止まれ」 矢沢永吉 の問題です。 
  • 汗をかいたグラスの 冷えたジンより光る肌の香りが おれを酔わせる幻で かまわない時間よ 止まれ生命(いのち)の めまいの中で都会(まち)の匂いを 忘れかけた このおれただの男さ思い出になる恋と 西風が笑うけれどこの女に賭ける問題1、この歌はCMソングであるが、その会社名は?2、では何年の歌であるか?3、この女に賭ける の「女」はなんと読むか。4、「思い出になる恋と西風が笑う」はどう解釈すればいいか?答え1、 [続きを読む]
  • ブラックリスト シーズン5
  • ブラックリストシーズン1から3までは面白かった。シーズン4はダメでした。なにしろヒロインが「子持ち」になってしまうのです。子持ちであることが物語の「足をひっぱていた」気がします。シーズン5で脚本家は「旦那のトムを殺し、子供もばあさんに預ける」という設定をします。つまりこれでエリザベスキーンは「自由に振舞える」ようになりました。どうして「子持ち」にする必要があったのか。あれでドラマの躍動性が薄れたこ [続きを読む]
  • クリミナルマインド、骨は語る、エレメンタリー
  • 一時韓国の「史実にかなり忠実な歴史ドラマ」をよく見ました。例えば「龍の涙」。180話ぐらいあります。日本の大河の3倍です。それなりに面白かったのですが、さすがに長い。早送りしながらみてました。あれは結構「歴史の勉強」になりました。史実なのかどうなのかを調べながら見ると、李氏朝鮮王朝の黎明期の姿がよくわかります。しかし、最近になって作られた韓国の大河ドラマは、あまりにもデフォルメが多く、ほとんど勉強 [続きを読む]
  • NCISシーズン15 ギブスに代わる主役が必要
  • NCISネイビー犯罪捜査班超人気の海外ドラマです。キングオブドラマなんて言われます。大好きです。確かに面白い。特にディノッゾとジヴァがいたころ、つまりシーズン13ぐらいまでは面白かった。でも色々と問題が起きています。今、シーズン15です。「CIS」が終了したのと同じ数のシーズンです。1、全体に老年化している。特に主役のギブスはそろそろ「きつい」年齢なのではないか。ダッキーが「降りたがっているのは周知の事 [続きを読む]
  • 過去の記事 …