ヒデ さん プロフィール

  •  
ヒデさん: ビール庭
ハンドル名ヒデ さん
ブログタイトルビール庭
ブログURLhttp://beerniwa.blog.fc2.com/
サイト紹介文ビールを美味しく飲むための庭作りをはじめて2年目に入りました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 148日(平均6.6回/週) - 参加 2018/06/23 18:24

ヒデ さんのブログ記事

  • 厦門園林植物園 Part7 多肉植物 赤い衝撃
  • 超インパクト「赤い衝撃」・・・言わずもがな山口百恵さん主演のメガヒットドラマですが、今回はサボテンの話です屋外のサボテンエリアをめぐっていたら発見しました。サボテンの実です。まさに赤い衝撃でしょ。ゴジラが叫んでいるようにも見えます。これも、もぎ取ったら食べられるのでしょう。メキシコサボテンの実はメキシコではポピュラーなフルーツです。スーパーで当たり前に山済みで売られています。写真のようにおばちゃん [続きを読む]
  • 厦門園林植物園 Part6 多肉植物 サボテン
  • 多肉植物館のはしごドクロ虫から開放された私はお気に入りのパンツに別れを告げて、多肉植物2号館へ直行しました2号館の入り口です実は多肉に関する知識が乏しく、サボテンの名前をほとんど知りません。希少なサボテンもあったと思いますが全く分かりませんでした。ただ、一目見ただけで心が揺さぶられるようなものは名前を知らなくてもあるものです。ここにはなかったでーす。多肉植物1号館ちょっと上から俯瞰してみました。こ [続きを読む]
  • 厦門園林植物園 Part5 多肉植物 究極の選択
  • 多肉植物地区万石蓮寺からこの標識を頼りに多肉エリアを目指します。かなりの、急勾配です。時間がないので急ぎ足で登っていきます。私は短期の海外出張でも必ずにスニーカーを持っていきます。毎朝の散歩用とこのような場合に備えています。今回も役に立ちました。急いでいるのは時間がないのと、お腹にドクロ虫が(まことちゃん風)が・・・つまり、うんちがしたくて冷や汗をかいていたのです。こんなでかい石が乗っかっていると [続きを読む]
  • 厦門園林植物園 Part4 ceiba insignis 
  • パロボラッチョスペイン語で酔っ払いという意味圧巻です!ここで見たものより大きいものを大阪市の「咲くやこの花館」で見ることが出来ます。大阪市に本社を置く物流メーカーである株式会社ワコーパレットが今年の四月に寄贈したようです。さすが。この木の詳しい説明は「咲くやこの花館」の記事に譲ります。海外のサイトより詳しく書かれています。↓↓↓◆咲くやこの花館の記事◆この植物園は日本語の案内が設置されています。欧 [続きを読む]
  • 厦門園林植物園 Part3 ブロメリアの極彩色の花が鈴なり
  • 一生に一度だけしか花を咲かせない花を咲かせた株は、そのうち枯れてしまう…。この株の一生に一度の晴れ舞台を見ることが出来て幸せです。奇趣植物エリアの建屋の一角でブロメリアの花が咲いていました。強烈な極彩色すぎてプラスティックの作り物のようです。この花が一斉に咲き乱れたら気持ち悪いでしょうね。自宅にも4鉢ほど所有していますが花を見ることがあるのでしょうか?ヒトサラチーズフォンデュ土鍋を使って箸で具をソ [続きを読む]
  • THE軽井沢ビール 浅間名水
  • THE KARUIZAWA WEISS BEER 晩秋なのにぽかぽか陽気の日曜日。もう、ビールを飲むしかないでしょう。「The 軽井沢ビール ヴァイス」は軽井沢ブルワリー株式会社によって生産される軽井沢の白樺林を連想したホワイトビールです。ヴァイスは白いという意味の独語です。ドイツの白ビールはドイツ西部(バーデン=ヴュルテンベルク州)および北部でヴァイツェン(小麦)と呼ばれ、バイエルン州でヴァイスビアまたはヴァイス(白ビールま [続きを読む]
  • プルメリアの葉っぱが白く錆びたように
  • ハダニが発生10株あるプルメリアの2株の葉っぱが白い粉をまぶしたように変色していではないですか。葉っぱの裏にはダニのような小さな虫もついている。ネットで調べると白さび病の症状に似ていました。FBのプルメリアクラブに投稿してみると、白さび病ではなくハダニの症状であると先輩から教えて頂きました。プルメリアを今月から部屋に取り込んでいたのですが乾燥していたため一気にダニが繁殖したようです。いずれにせよダメ [続きを読む]
  • 厦門園林植物園 Part2 百花?
  • 百花?(百花館)直訳すると・・・「百花館」華西渓谷の下部にある萬水湖の穏やかな斜面に位置する百花館は、1980年代に建てられた2階建ての建物です。 白花館の中心は蓮の池で、この池に沿って各展示室が配置されています。 南洋(中国南部沿岸)様式の中庭は中国と東南アジアが不思議なバランスで混ざり合い、エキゾチックなのですがとても上品で落ち着いた雰囲気でした。百花館からヤシエリアへビスマルキア・ノビルス私はこの [続きを読む]
  • 厦門園林植物園 Xiamen Botanical Garden Part1
  • Xiamen Botanical Gardenに行ってきました(1)帰国する午前に3時間フリーになったので近くに公園でもないかググっていると植物園を発見しました。ホテルからタクシーで20分の距離です。これはもう行くしかないでしょう。中国・福建省に位置する厦門(アモイ)は、海に面した温暖な気候で、人気のリゾート地となっています。台湾とおなじ緯度にあり、亜熱帯気候に分類されます。整備された道路沿いに熱帯 ・亜熱帯の植物が植え [続きを読む]
  • 斑入りモンステラ 取り込み
  • 斑入りモンステラ 室内取り込み朝晩の気温が10度まで下がるようになり斑入りモンステラの葉っぱの色が落ちてきました。しょうがないので室内に取り込みました。地植えしている三つのモンステラは艶やかな深い緑の葉を広げていますが斑入りは寒さに弱いようです。取り込む前に邪魔になる横向きの枝をカットしました根っこだけは元気なようですヒトサラとり肉の柔らか焼き蒸し焼きにすることでふわふわに仕上がるようです。ご訪問 [続きを読む]
  • 冬支度 カンナ シュトゥットガルト堀上げ
  • Canna Schduagert先週の土曜日から庭の冬支度をはじめましたまず、カンナの一つを掘り上げました。まだ日中は20度まで気温が上がる日もあり少々気が早いのですがちょっとずつやらないと大変なので始めることにしました。12月になるまでにビニールハウスも組み立てないといけないし。室内取り込み組のスペース確保と移動など後ろ向きな作業が盛りだくさんです。これから冬だというのに、ユーフォルビアの苗を4株、買ってしまい [続きを読む]
  • 中国 厦門 フリポートガーデンホテル Part 3
  • 中庭のプルメリア特集プルメリアの種さや。開いていたら種を採取できたのになぁ。これだけ広くて整備された庭のあるホテルってあまりないですね。植物好きには最高のホテルです。窓なし部屋はいただけませんでしたが・・・。ホテル近くのおみやげ屋さんで買ったホワイトビール。窓なし部屋で飲むと美味しくないのだっ。日本ではスーパーなどの大型店に行かないと買えないホワイトビールですが中国では小さなお店にも置いてある確立 [続きを読む]
  • 中国 厦門 フリポートガーデンホテル Part 2
  • 中庭のヤシ特集キングパーム Archontophoenix alexandrae アレカヤシ Dypsis lutescensアレカヤシが大きくなるとこうなるんだぁ〜。ワシントンヤシ Washingtoniaビスマルキア ノビリス Bismarckia nobilisシルバーリーフがたまらなくカッコイイドイツ帝国の最初の大統領、オットー・フォン・ビスマルクの名に因んで命名されたらしいけど・・・。ダレが名づけたんだろう?あとで海外のサイトで調べて追記します。<2018年11月4日 [続きを読む]
  • 中国 厦門 フリポートガーデンホテル Part 1
  • Fliport Garden Hotel Xiamen Airportブレックファーストミーティングまで30分、時間があったので中庭に出てみましたおー、いいじゃないのー!ちょっとした植物園です。斑入り月桃、いいな。ビール庭では冬を越せないので今年、鉢植えを一つ買いました。来年は地植えにして株を増やして、一部は地植えのまま冬越しにチャレンジしたいと思っています。葉っぱが刺さってるこれを仕込んだのは私ではありませんよ!最初はわーすごい [続きを読む]
  • さよなら 仏山
  • 仏山市 最後の朝と散歩ここで、バラを見かけたのは初めてでした。南国では育てるのが難しいのかな?車、プジョーですね。右の植物をよく見かけたのですがアップで撮るのを忘れてしまいました。ニューサイランとヤブランの中間みたいな植物です。このプルメリア、台風で折れてしまったのでしょうか?これ、電動バイクです。中国のバイクの半分以上はEVバイク。自転車と同じ扱いでヘルメットはいりません。音を立てずに近寄ってくる [続きを読む]
  • ソフィテル仏山 (佛山?浮?索菲特酒店)
  • Sofitel Foshanフラワーアレンジメント 全部本物これ、ほしーいな。宝くじ様!お願い!レストランなぜか入り口に苔が・・・。日本だけでなく、世界にその名を轟かせている「獺祭」中国式トゥクトゥク影 でもないか・・・。朝6時半、こちらの方も通勤時間になるのかマンションから続々と人が出てきます。マンションへの敷地は高い塀で仕切られ、門には警備員が3名立っていました。近くからカメラを向けると怒られそうなので遠く [続きを読む]
  • 中国 仏山市 お花屋
  • 中国でも多肉が人気(?)一つ10元なので160円程度です。前日の夜に通りすぎたときの一枚。夜10時を過ぎていたので閉店前か?さすがに同僚も一緒だったので店内には入りませんでした。花屋さんの横には造園業者が店を出していました。夜ご飯いろいろ食べたけど写真を撮ったのは2枚だけ。そのほかに食べたのは蒸し餃子、小籠包、なんとか焼き麺、豚肉の炒め物、鳥の足の煮付け(間違って頼んでしまいほとんど残しました)、 [続きを読む]
  • 中国 仏山市 プルメリア
  • ホテルのエントランスプルメリアでお出迎えしてもらいました。左側がホテルの入り口になっていてきれいな樹形のプルメリアが3本、植えられていました。こんなふうに盆栽みたいに大きくプルメリアを育てるのって技術がいるんでしょうね。今と昔が混在ホテルから10分ほど歩くとここが超田舎だったころの面影が残っています。日本もそうですが最先端と昔のギャップが素敵です。後ろにそびえるのが宿泊ホテル 56階建て近くでおじ [続きを読む]
  • 中国 仏山市 コロカシア
  • 中国広東省仏山市に来ています。香港の近くといえば何となく位置が分かるでしょうか。畑のコロカシア品種はわかりませんが葉っぱのでかさはなかなかのものです。散歩をするために朝5時に起きたのですが夜明けが6時過ぎだったのでだいぶ待たされました。ホテルから約10分ほど歩くと昔ながらの住宅地がありました。住宅の間に畑があり、そこにでっかいコロカシアを見つけちゃいました。勝手に入っていいのかわかりませんがここは中 [続きを読む]
  • 黒法師 冬型多肉 たこやき
  • Aeonium arboreum cv.Atropurpureum冬に成長する黒法師が元気になってきました。この株はお隣さんの玄関先で見かけて気に入り、まねして即買いしてきたものです。子株増やそうとはしていませんが、何かの拍子で折れた茎を挿しておいたら育ってます。ミニトマト 整理植えっぱなし(ほったらかし)にしていたミニトマトの茎をカットして、まだ赤くなっていない実を集めました。このまましばらく置いていたら赤くなって食べられると [続きを読む]
  • 観音竹 3鉢千円
  • 綾錦 Rhapis exelsa3鉢を千円で落札近所のホームセンターへダコニールとリュウノヒゲを買いにいくと、ちょうど花フェアーが開催されていたので覗いてきました。駐車場の一部を会場にして店頭価格の半値以下で植物が売られています。売れ残った観葉植物であったり、ポピュラーすぎて人気のあまりないお花が扱われていました。開花後のグズマニアの寄せ植えが500円(3900円)だったので一鉢、ゲットしました。すると会場の一番奥か [続きを読む]
  • アガベ 竜舌蘭(リュウゼツラン) 子株
  • Agave americana L. アオノリュウゼツラン両サイドに子株が出来ています。子株の邪魔枯れそうな葉っぱが子株の邪魔をしていたのでカットしました。すっきりしました。二つ子株が出来ています。こちらは邪魔するものはありません。親株これから開こうとしている葉っぱのスキマに水滴が挟まっています。なんだか不思議にキレイ。夜に降った小雨かな?来年は植え替えをして子株を株分けしたい。それを地植えしてみようと思っています [続きを読む]
  • ルメックス 秋
  • 芝の真ん中に生えてきた頑張り屋さん緑葉に赤い葉脈の美しい、ルメックス ブラッディドッグです。勝手に生えてきたのですが案外、大きくなってきました。寄せ植え今年の猛暑でだいぶ縮んでしまいました。小指のつめぐらいの大きさで残っています。手前のヒューケラも猛暑でしぼんだまま、いまだに復活できていません。なにか違う花を植え替えて華やかにしたいのですが、まだ生きているので様子を見てあげようと思います。かわいそ [続きを読む]
  • ビール庭ナイト(2)
  • ブラジルヒメヤシ葉っぱの裏側はシルバーが強く出るのが特徴です。左からブラジルヒメヤシの幹コロカシアイラストリスワシントンヤシの幹ブラジルヒメヤシワシントンヤシ幹はワシントンヤシ葉っぱはケンチャヤシアガベ・五色万代来週、中国へ出張するのですが今回は語学が堪能な方の同行がなく自力で会話しなければなりません。私の中途半端な英語力では時としてまったくバカな解釈をしてしまうためポケットトークをレンタルするこ [続きを読む]
  • ニシキシダ・アシリューム 銀色が冴える
  • Athrium red beautyヨーロッパで品種改良されたニシキシダですが日本に広く自生するニシキシダの品種なので、日本の気候に合っていて、耐寒性、耐暑性に優れています。 2年目で株が充実し、秋の気候でシルバーの発色が鮮やかです。ここはヤシ、バナナの日陰で湿気があり夏の暑さも、ほぼ無傷でやり過ごしました。胞子嚢(Sporangium pl. Sporangia)モンステラのスキマになんとも愛嬌のある風景ではないですか。夜春の芽吹きから落 [続きを読む]