ゆめ さん プロフィール

  •  
ゆめさん: Incubus 〜 夜のゆめ 〜
ハンドル名ゆめ さん
ブログタイトルIncubus 〜 夜のゆめ 〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yumecomestruexx
サイト紹介文眠れない女性のために、夜に読む物語。短い官能のストーリーをつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 4日(平均21.0回/週) - 参加 2018/06/24 08:22

ゆめ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 舐めると溶けちゃうもの
  • 舐めるほどに溶けてゆくもの飴玉綿菓子アイスクリームそしてあなた昨日は暑かった。ほんと、暑かった。夏本番の予告編だったのかな。きっと、今年は猛暑だね。暑くなると食べたくなるソフトクリーム。その冷たさをゆっくり味わいたくて買うのに、冷たさを味わいたい時ほど溶けるのも早い。ぺろぺろ舐めてると反対側から溶けたクリームが手に垂れてきて。そちら側をなめると今まで舐めてた側が溶けて垂れて。あ、やばいって慌てて戻 [続きを読む]
  • 想い出
  • 「濃密な夜を思い出せば泣けてくるほど切ないのに」「EAZY COME EAZY GO!!」 by B`zキスをする息苦しくなって顔をそむけてもまたすぐに覆いかぶさる唇濡れた裏側をこすり合わせる感触舌先が上あごを撫でる感触意識とは関係なく漏れる鼻声指を絡ませ髪を撫でられキスという言葉の意味を気持ちいい、あるいは、淫ら、に上書き保存されるようなくちづけ胸を愛撫される背後から抱きしめられ壁にもたれて座ってる僕の脚の間に座り込ん [続きを読む]
  • お膝においで
  • 花器の上で高らかに自らの美を誇る花々そんな花器に僕はなりたい僕のお膝の上に招く向かい合って抱きしめ合って、たくさんのキスを繰り返す一糸まとわずお互いの体温を感じながら肌の触れ合う感触に存在の確かさを確かめ合って脚を広げて僕の腰にまたがって僕のものがどうなってるかを一番敏感な部分で感じ取るこすりつけ合うと伸びあがって自己主張始めた小さな突起の存在に気付く胸の先端をいじるたびに泉からこぼれ始めるぬめり [続きを読む]
  • ゆりかごを揺らして
  • ゆりかごを揺らして眠りを誘うときのリズムゆっくりとゆったりととん・・とん・・とん・・秒針よりゆるやかに振り子のように確実に眠らせるのではなく目覚めさせるためとん・・とん・・とん・・ひと打ちごとに大きくなり深まってゆくひと打ちごとに潤い溢れてゆくゆりかごを揺らして眠りを誘うリズムで胎児のゆりかごを揺らして目覚めを促すとん・・とん・・とん・・背に回された両手が所在無げに這いまわり時折爪を立ててくるのを [続きを読む]
  • ラベンダー
  • 自分を慰めてくれるもの安眠を与えてくれるもの昂りを沈めこわばりをほぐし脱力と弛緩を与えてくれるものラベンダーのようなあなた吸い上げてとがり切った先端を舌先で小刻みに弾くと何度目かの飛翔を見せてくれる三回目まで数えて、もう、数えるのをやめた最初はずっとぎりぎりまで高めておあずけを繰り返してた両手で抱えた太ももがびくびくと痙攣するけど僕の髪の毛をつかんでかき回すけど許してあげなかったどんどん高まるスピ [続きを読む]
  • 命の植え付け
  • 準備が肝心柔らかくほぐしてうるおいで満たしてそれからいよいよ深すぎず浅すぎないところに差し込んで抜いてまた程よい深さまで差し込んで抜いてびしょ濡れになりながら音を立てながらひたすらに繰り返す命の植え付け田植えって奥が深いらしいですね綺麗な稲のラインを作れるようになるのは一朝一夕でいかないとかかつてはそうできるようになるのが一人前の女性の条件だったとか早乙女、って確かそういう言葉まぁ、聞きかじりの知 [続きを読む]
  • うるおい
  • 濡れているほうがあなたらしいよ花弁を開いて待ってるんだねその時が訪れるのを外から水をかけられるよりも内側から潤むほうがより、乾きが癒されるように感じるだから、じっくり待つんだぎりぎりのところで閉ざされていたものが開き始めるまで白かった肌が夕焼けに染まるまですこしずつ香りが漂い始めるとその時にようやくあなたらしくなるそれから見せる表情こそ本当のあなたの顔そこから満たされてこそ本当の充足を味わえるんだ [続きを読む]
  • 優しさ
  • とがめだても否定も抵抗もなく滑らかで吸いつくようで温かくてただただ心地よいそんな優しさに包まれたなら目にするものすべての色が変わる耳にする音の味わいが変わる触れるものの手触りが変わるそんな時間が僕は欲しい一つの優しさに接してそのあとの世界が変わるってこと、ありませんか?「ああ無情」のジャン・バルジャンのように(ジャン・バルジャンだったよね・・ジャンバル・ジャン、だったっけ・・自信ないなぁ^^;)親切 [続きを読む]
  • 侵入者
  • 夜、僕が突然、部屋に侵入してきたからびっくりしてしまう彼女しーっ声を立てないように合図する僕誰にも気づかれないようにしなきゃそうして、もう眠るだけの状態の彼女を、背後から抱きしめる僕耳元で囁く「一人で眠るの、寂しいって思ってたんでしょだから来てあげたよ」恩着せがましい言葉ベッドに座っているあなたを後ろから抱きしめて逃げられないようにして首筋に唇を這わせるビクンと体を震わせる彼女に「ほら、嬉しいって [続きを読む]
  • この腕に一杯の花束を
  • 重ねた唇が離れるときに漏れる息指が探るたびにのけぞる背と、こぼれ出るため息舌先が探り当てるたびに短くなる呼吸音一つになり律動が奏でる呼吸のスタッカート僕の腕の中でありとあらゆる色の花を集めたい抱えきれなくなるくらいに [続きを読む]
  • passion
  • passionって情熱だと思ってたら、情欲っていう意味もあるんだってちょっとびっくりしたで、その情欲だけど自分の中のこみ上げる衝動を持て余すときがある眠っている猛獣が目ざめるように飢えて暴れだす檻に入れておくのに苦労する閉じ込めておこうとした柵を乗り越えようとこちら側にいる僕という自制心を食い殺そうと猛り狂うその激しさもpassionなのかな暴れ始めると眠りは奪われ冷静な目はふさがれピンク色に染められた視界の中 [続きを読む]
  • 過去の記事 …