上甲知子 さん プロフィール

  •  
上甲知子さん: 絵本読み聞かせ講師 上甲知子の  絵本でほっこりの会
ハンドル名上甲知子 さん
ブログタイトル絵本読み聞かせ講師 上甲知子の 絵本でほっこりの会
ブログURLhttps://osekkainaobasan.jimdo.com
サイト紹介文絵本読み聞かせ講師 上甲知子のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 141日(平均2.5回/週) - 参加 2018/06/24 10:28

上甲知子 さんのブログ記事

  • 予約とるの困難なイベントはどんな感じか
  • 山田花菜ちゃんの子ども似顔絵とわらべうたベビマコラボの会 メルマガでお知らせすると ほんの数時間で満員御礼キャンセル待ちとなる 大人気イベント 絵本作家山田花菜ちゃんの子ども似顔絵と わたしのわらべうたベビマと絵本 そして、ビーンズビレッジさんの美味しいご飯とスイーツの 幸せ時間。午前の部のベジランチ。 午後の部のスイーツとお茶 可愛くってメロメロです。 [続きを読む]
  • パパも絵本を読んだらいいのに。
  • ミキハウス子育て総研(株)様からご依頼をいただき パパの読み聞かせ講座を特別開催し、その様子を 全国の小児科にて入手可能な子育て情報誌「happy-note」さんに 掲載していただきました。 2018年11月発行の冬号に掲載されています。 全国のミキハウスさんの店舗にても入手できるそうです。 ぜひ、お手にとってご覧いただけたらと思います。 読者モデルのお二人のパパ [続きを読む]
  • 客観視できる時間術ワークショップ
  • 主婦のための時間術ワークショップを リクエスト開催しました。 参加してくださった方からいただいた感想です。 ●●●のワークをやって、 キレイに自分のことと家庭のことがバランスよかったことがとても印象的でした。 少し前は私も、ご一緒した方と同じように1日のほぼほぼ子どものこと、家庭のことに追われてたんだな〜と。 そして今、少しずつ余裕が出来てきたか [続きを読む]
  • たわいもない絵本
  • タウンニュースさんに絵本のご紹介コラムを書かせていただく企画のパート2の2回目です。 ご紹介したのは、こちらの絵本です。 おんなじおんなじ (ぶうとぴょんのえほん) 多田 ヒロシ作 こぐま社画像の使用について許諾いただいています。 「だから何?」 「いったいこの絵本を読み聞かせるとどんな効果があるの?」 「何を子どもに伝えようとしているの?」 大人は [続きを読む]
  • 【主婦のための】というのがミソ
  • 主婦のための時間術ワークショップ 主婦のための時間術ワークショップを開催しました。 お子さんと一緒に参加してくださった方が 感想をくださいました。 ご紹介させてください。 参加する前は みんなやりたいことがたくさんある意識が高い人ばかりかな。 自分は特に今やりたいことがあるわけではないけど、 なんか時間が足りないんだよな、 何とかしたいから行ってみよ [続きを読む]
  • 走ると風が通って涼しいの
  • タウンニュースさんでの絵本コラム掲載が復活しました! パートⅡです。 全5回の予定です。 タウンニュース足柄版2018年10月27日号(※画像の使用について承諾いただいてます)  娘が3歳の頃、いつも膝に穴の開いたズボンをはきたがりました。 ある時「なぜこれがいいの?」と訊ねると 「走ると風が通って涼しいの」と答えました。 ああ、子どもなりの理由があるんだなと気づき [続きを読む]
  • どんな絵本を選んだらいいかわからない
  • わたしが、絵本講座で 一番よくいただく質問が 「どんな絵本を選んだらいいかわからない」 「どうやって絵本を選んだらいいですか?」 です。 はっきり言って、答えられません。 なぜならば、 「どんな絵本を読んだらいいですか?」 ってことは 「どんな生き方をしたらいいですか?」 ということと同じくらい 難しい質問だからです。 だから、「わかりませ [続きを読む]
  • ゴツゴツした岩から染み出る水のように
  • ○ゴツゴツした岩から染み出る水のような ○森林浴をしたような ○音楽のような 読み聞かせだった。 以前、わたしの読み聞かせ会に参加してくれた人が ことばにしてくれました。 こんな読み聞かせは 「森林浴のような読み聞かせをしよう」とか 「音楽のような読み聞かせにしてやるぜ」とか 意識してできることではなく また ほか [続きを読む]
  • 私の声で読んでしまって、世界観を壊さないだろうか?
  • 人前で絵本を読むということは ある意味ではオソロシイことでもある。 ある意味 というのは わたしの場合 色々あるんですけれど、 こんな理由で不安に思うことがあるかもしれない。 この絵本の世界観を壊さないだろうか? このような声は たまに聞きます。 「その読み方では、絵本の世界を壊すから、淡々と読んだほうがいい」 こういう言い方も、 [続きを読む]
  • 数学の絵本はありますか?
  • もしも、この先 あなたが誰かに 「数学の絵本はありますか?」 と聞かれたら、 この絵本を紹介したらいかがでしょう。 (って、わたしも今まで、聞かれたことないんですが笑) フィボナッチ 自然の中にかくれた数を見つけた人 [ ジョセフ・ダグニーズ ] [続きを読む]
  • コラムを書くにあたっての選書方法
  • タウンニュース足柄版にて 絵本の紹介コラムを書かせていただいています。 全5回の予定でご依頼をいただきました。 選書については、一任されました。 テーマなどの縛りもなく、大まかな字数だけご提示がありました。 紹介記事を書く絵本をどのように選んでいるか、ということについて書きます。 わたしの本棚をじっと眺めます。 じっと、じっと、眺めます。 すると、ポン [続きを読む]
  • 働くママにおすすめの絵本10選
  • わたしはフルタイムのワーキングマザーでした。 世のフルタイムワーキングマザーの多くがそうであるように わたしも 時間に追われる綱渡りの日々を過ごしていました。 (中にはいろんな事情で余裕の人もいらっしゃるかもしれません) とにかく 全てが中途半端に思えてならない。 仕事も中途半端。 家事も中途半端。 育児も [続きを読む]
  • コラム書いてます
  • タウンニュースさんにお声かけいただきまして、絵本のご紹介のコラムを書かせていただいています。 (紙面のご紹介について承諾いただいております) タウンニュースさんは、新聞折り込みの地域情報紙で わたしは毎回、隅々まで読んでいます。 貴重な地域情報をこちらで得ることができるのです。 タウンニュースさんを隅々まで読んでいるのは わたしだけではないらしく 「 [続きを読む]
  • このよでいちばんはやいのは
  • 読み聞かせをしている人に 伺いたいのですが、 絵本を読んでいる途中で じゅん となることありますか? じゅん というか ギュン というか 何かが降りてくる というか 絵本とわたしが一体化する というか 泣く一歩手前 というか うまく言えないんですけれど わたしはたまにあります 同じ絵本の同じ箇所で毎回 ということはありま [続きを読む]
  • どんな絵本を選んだらいいかわからない方へ
  • 「どんな絵本を選んだらいいかわからない」 という声をよく聞きます。 図書館に行っても 本屋さんに行っても たっくさんの絵本がありますからね。 どんな絵本を読んでもいいと思うんですけれど でも、あえて オススメさせていただいていいというのであれば あれやこれや オススメしたい絵本はあります。 そして、できれば、本屋さんでオススメさせ [続きを読む]
  • パパ向けの絵本のお話
  • ご依頼をいただきまして、パパ向けの絵本のお話をさせていただきました。 神奈川県は開成町にあります駅前子育て支援センターさんに、たくさんのパパ、ママとお子さんが来てくださいました。 1時間ほど、絵本を読んだり、お話したりしました。 我が子に絵本を読んでいる、というパパも数人いらっしゃいましたし 頷きながら、積極的に聞いてくださるパパが多かったです。 [続きを読む]
  • 参加者の満足度を上げるために簡単にできること
  • 講師としてのお話しです。 講座に参加してくれた人の満足度を上げるために簡単にできることがあると気づきました。 それは 「どんなことに困っていますか?」 と 参加者の皆さんに 教えていただく時間をとることです。 もちろん、こちらが講師として、最低限お伝えしたい内容はあります。 ただ、実際、参加してくれる方の状況はさまざまです。 その方 [続きを読む]
  • 読んでいる絵本はすべて自分の絵本です
  • 読み聞かせ会などで 読んでいる絵本は ほぼ、すべて自分の絵本です。 中古の絵本ではなく 新品で買った絵本です。 (絶版本などは除きます) 借りてきた絵本ではなく 身も心も(?)わたしのものになっている絵本です。 だからなんだと言われると「なんだ」 なんですが そうだな この絵本の中には、あれこれと詰まっているんですよね。 その [続きを読む]
  • 高学年にどんな絵本を読むか?
  • 「高学年にどんな絵本を読んだらいいか 迷ってしまう」 という声を聞きます。 小学校の読み聞かせボランティアで 5、6年生のクラスにどんな絵本を持って行ったらいいのか? ひとつの方法として、 「子どもに相談してみる」というのが有効です。 我が子が高学年であれば 「どの絵本がいいと思う?」 と相談すると、アドバイスを(いそいそと)くれるかもし [続きを読む]
  • 赤ちゃん向けの絵本ではないけれど
  • 赤ちゃんを子育て中のママは もしかしたら、他の人よりは、 絵本に触れる機会が多いかもしれません。 赤ちゃん向けの絵本は、たくさんありますから。 けれども、自分のために絵本を読んでもらう機会は あまりないのではないでしょうか。 ママまんがルームサマサマさんにて 「ママに贈る絵本時間」と題して おとなのための絵本セラピーをさせていただきました。 [続きを読む]