ナマケモノ博士 さん プロフィール

  •  
ナマケモノ博士さん: Namake's Blog
ハンドル名ナマケモノ博士 さん
ブログタイトルNamake's Blog
ブログURLhttps://www.namake3.com/
サイト紹介文なまけものの博士が、思いついたことや日々の暮らしの備忘録を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 137日(平均1.3回/週) - 参加 2018/06/24 21:53

ナマケモノ博士 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 秋晴れにラストラン。自転車で川を下るプチ冒険!
  • むかし、シカゴからニューオリンズまで、ミシシッピー河沿いを車で下ったことがある。4人と犬一匹、ハックルベリーフィンの冒険(南北戦争)に思いをはせての、心に残る素敵な思い出!!ところで、昨日、わたしは世田谷区某所から目黒区某所まで、目黒川水系を自転車で下りました。短い距離だけど、テヘ??2.5kmのみちのり、道程を明確には把握してないけれど、なにしろ川を下れば到着するはず。あえて地図で調べずに、川を信じて [続きを読む]
  • ドラマ「Saints & Strangers(信じる者とよそ者)」感想。勉強になった!
  • アメリカの時代劇。大河ドラマ的な位置づけとして観たよ。96分×2話。Netflixより抜粋アメリカの起源「ピルグリム・ファーザーズ」とか「メイフラワーコンパクト」とか聞いたことありますか?日本のことに例えるならば、「戦国大名」とか「関ヶ原の戦い」みたいな、アメリカにおける歴史的な大イベントにまつわる、誰でもが知ってるキーワードです。ざっくり言えば、アメリカ合衆国の始まりのこと。イギリスから新大陸に渡ったキリ [続きを読む]
  • ドラマ「乱反射」感想。みんな無責任なーのだ!
  • 面白かった。おみごと。こういうの好き。前情報はない方が面白いはず。【ネタバレ注意】メ〜テレ開局55周年記念ドラマ「乱反射」よりまったくの前情報なしで、かつテレビドラマ用のうすい期待値で鑑賞したおかげで、ストーリーのどんでん返しとテーマのインパクトに素直に驚かされた!ちょっと言い過ぎかもだけど、映画の「羅生門」に通じるところがあると感じた。子どもの死という痛ましい事件を中心に展開されるので、さそがし重 [続きを読む]
  • 図書館の歩き方:都立中央図書館編。コンパクトでシンプル。
  • みなさんは公立図書館を使いますか?わたしは時々お世話になるのだけど、しばらく時間をあけると使い方やコツを忘れてしまうので覚書しておきます。とくに国会図書館と都立中央図書館のあれこれがゴッチャになってしまうので、まずは最近ご利用した都立中央図書館についてメモメモ。予約都立中央図書館の最大の利点といえるのが、必要な文献を事前に予約し、当日ワンストップで受け取れるところ。まずは利用登録をします。そしてロ [続きを読む]
  • 北澤八幡神社例大祭 2018。お神輿をたっぷり堪能した。
  • 北沢八幡例大祭、「山の手随一」と言われるお祭りです。なにが随一かというと、八つのみこしが連合を組んで宮入りするお姿が大迫力!その、年に一度の恒例イベントに加え(詳しくはこちらも?年に一度の大イベント!)、今年は、「北澤八幡神社 鎮座550年」と3年に一度の「宮神輿渡御」が重なったことより、宮神輿を大修理し、かつ初めて町内を回るという特別イベントもあり(北沢八幡秋祭り実行委員会)。ちなみに宮神輿とは、各 [続きを読む]
  • 恒例、南房総の花火大会。今年も最高!
  • 毎年8月5日は、南房総市の某海岸に花火を見に行きます。大学時代の友人らと、今後も、いくつになっても毎年この花火を見に来ようと決めている。ここの花火大会は、規模はそれほど大きくないけれど、人出もそれほど多くない。だから、人だらけでギュウギュウってことがなく、ゆうゆうとビーチに寝ころびながら、目の前で大きな花火を鑑賞できる、東京では考えられない、そうとう贅沢な花火大会なのだ!!でもでも、駐車場はそれなり [続きを読む]
  • 最愛の超簡単ワインオープナー。もう売ってない…
  • もうどれくらいこのワインオープナーを使っているだろう?10年くらいか?もっとなのか?このオープナーはすごい優れもので、誰でも簡単にワインを開けられる。無造作にポンとワインの上に乗せるとこんな感じ。下の白いところを押しながらクルクルまわすと、キャップシールをカットできる。つまり、フォイルカッターが組み込まれてるってこと。キャップシールを取り除いてから、もう一度オープナーを無造作にワインに乗せてクルクル [続きを読む]
  • 初めてのプレーティング。出来栄えは悲惨だけど、楽しかった!
  • 姉から、庭で大量に梅を収穫し、それを煮て裏ごししたので、よかったらおすそわけするとラインがきた。ラインで送られてきた写真へえ、何に使おうか?と考えて、フレンチのあれ、ちょこっと試してみることにした。ネットでイメージトレーニングをして、いざ!「ウメ エ ラム」 の完成!難しー。ソースを引く技術はもちろんのこと、皿をキャンパスとみなし、肉と付け合せの量や配置をデザインするセンスが必要なのね。冒頭の写真 [続きを読む]
  • 干潟とは(1)12年前の盤州干潟、異世界探検を思い出した。
  • 先日何気ない会話のなかで「干潟」という言葉を発した時、友人(注:おとな)から「干潟ってなあに?」といわれた。「えっ、干潟を知らない人がいるのお?」と驚きつつ、海育ちのわたしにとってはあまりにも自明な生活知を何と説明したらよいものかとまどった。「波がドップ―ンときてきれいなのがビーチ、波が来なくて水が引いたり満ちたりする泥っちいのが干潟」と説明してみたが、友人はあまりピンときてない。たぶん、干潟を干 [続きを読む]
  • 日枝神社の表参道って裏側にあるよね。ハウツーアクセス。
  • 贅沢にも都心に鎮守の森を抱える日枝神社。都心とは思えない、というか東京とは思えないような千本鳥居もあって情緒満載。日枝神社の由来公式ホームページをみると、鎌倉幕府の御家人であった江戸氏が、江戸の郷の守護神として山王(大山咋神)を祀ったのが日枝神社の始まりだとか。そのときは今の皇居あたりに社があったってことかな?たぶん。のちに徳川家康が江戸の領主になってからも、「城内鎮守の社」「江戸郷の総氏神」とし [続きを読む]
  • 鎌倉大好き! でも少し物足りない気がするのは何だろう??
  • 週末に遊びに行きたい場所として鎌倉は5本の指に入る。海に近く、おしゃれなレストランがあり、高級住宅が立ち並ぶスタイリッシュな近場リゾート。お寺巡りにおいても、現在進行形の洗練された美しさに目が奪われる(?鎌倉のおすすめランチ!円覚寺「安寧」)。そんな大好きな鎌倉だけど、なぜかいつも、物足りなさを感じたりもする。なんでだろう???と考えてみると、それはたぶん、鎌倉の歴史的重要性を味わい尽くしていない [続きを読む]
  • 過去の記事 …