ユニオンぼちぼちテクロス分会 さん プロフィール

  •  
ユニオンぼちぼちテクロス分会さん: ユニオンぼちぼちーテクロス分会ニュース
ハンドル名ユニオンぼちぼちテクロス分会 さん
ブログタイトルユニオンぼちぼちーテクロス分会ニュース
ブログURLhttp://rootless.org/botiboti/techcross/news/
サイト紹介文一人でも誰でも入れる労働組合〈関西非正規等労働組合 ユニオンぼちぼち〉のテクロス分会です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 121日(平均1.9回/週) - 参加 2018/06/25 09:05

ユニオンぼちぼちテクロス分会 さんのブログ記事

  • テクロスの求人を見て、入社検討中の皆さんへ
  • テクロスの求人を見て、テクロスへの入社を検討中の皆さんに、契約書締結時や入社後、求人票の記載と違う、そういう説明は受けなかった、といったミスマッチを防ぎ、十分に納得して入社され、入社後ともに労働条件、働き方の改善を担っていただきたいという思いを込めて、組合員が把握している限りで、なるべくわかりやすく労働条件その他の現状をお伝えしていきたいと考えています。(なお、組合としてもすべてを把握できているわ [続きを読む]
  • テクロス社が就業規則改訂をめぐる団体交渉拒否!
  • ぼちぼちテクロス分会が、先日申し入れた就業規則改定についての団体交渉を、テクロス社は拒否すると回答しました。就業規則改定をめぐる交渉を拒否するとは、なんと不誠実な態度でしょう。回答は下記の通りになります。貴殿からの2018年7月20日付「団交申入書」に対し、以下のとおり回答します。1、回答の趣旨 団体交渉の申入れには応じない。2、回答の理由 貴組合申立てにかかる京労委平成30年(不)第2号テクロス不当労働行為救 [続きを読む]
  • 就業規則の改訂について、テクロス社に団体交渉を申し入れ
  • ユニオンぼちぼち(テクロス分会)は、テクロス社に対して、就業規則の改訂について下記団体交渉の申し入れを行いました。団体交渉申入書関西非正規労働組合(以下当組合)は、株式会社テクロス(以下貴社)に対して、以下の要領で団体交渉を申し入れます。貴社の予定されている就業規則は労働者に不利益な変更が含まれています。とくに副業禁止規定に関しては生活保障に支障が出ますので、重大な変更になりますので、協議を求めま [続きを読む]
  • 夏季臨時賞与支給について
  • テクロス社では、7月31日付けで、夏季臨時賞与が支給されることになりました。これは、社員にとって喜ばしいことですが、今回も、不当に低い評価がなされ、支給額が少ない社員がいないか気がかりです。もし、昨年の「夏季臨時賞与」の支給額や、周りの社員と比べて、少ないのではと感じましたら、ぜひ、組合のほうへご相談ください! [続きを読む]
  • 神姫ユーザーからいただいたコメントへの返答
  • 神姫ユーザーその2さんからコメントが寄せられました。『神姫ユーザーである私がユニオンぼちぼちテクロス分会を応援しているのは、テクロス上層部の社員への仕打ちが、ユーザーへのひどい対応と重なり共感したからであり、あわよくばこの活動によってテクロス社上層部の体質が変わり、ゲームユーザーへの対応が変化すれば儲けもの、程度に利害が一致したからに過ぎない。』ご指摘のとおり、ユーザーを大切にしない企業体質は、社 [続きを読む]
  • テクロス社による基本給・労働条件の引き下げについて
  • テクロスで働くみなさんへテクロスでは、人事部ができてから、当たり前のように、基本給の引き下げや固定残業の適用、固定残業時間の拡大が行われています。しかし、こうした労働条件の不利益変更は、労働契約法上、労働者の同意なしには行えない決まりとなっています。経営者・管理職・人事は、何かもっともらしい理由をつけて、労働条件の引き下げを押し付けてこようとします。労働者側はそうした交渉経験が少ないため、なんとな [続きを読む]
  • テクロス社への抗議申入書
  • テクロス社と当組合は、過去2回の団体交渉の場で、社内での組合活動について合意に達しました。ところがテクロス社は、双方で話し合って合意に至った内容を、いざ文書化して締結するという段階になって、理由を明らかにすることなく、遅延させています。(※K組合員の賞与については、団体交渉の場でテクロス社が見直しを拒否したため争議中)このため、当組合はテクロス社に対して、下記、抗議申入を行いました。現在に至るも、テ [続きを読む]
  • テクロス社での就業規則改訂をめぐって2
  • テクロス社での就業規則改訂をめぐる、労働者代表選挙には、組合員K以外に、もう一人(人事部所属の方)が立候補しました。(人事部は、就業規則の改訂にあたっては、経営側の意向に従って業務として改訂作業を進めていく立場にありますので、人事部所属の社員が、就業規則の改訂をめぐる労働者代表となるのは、望ましくないとする見解も見られるのですが、組合員Kはこの点については、このときは軽く指摘するにとどめました。)選 [続きを読む]
  • テクロス社での就業規則改訂をめぐって1
  • 労働委員会救済申立報告(4)の「K組合員が申立人組合に加入するまでの経緯」の中で触れられている就業規則の改訂の経緯について、もう少し詳しく紹介しておきたいと思います。なお、テクロス社では、「就業規則」を広く公開しておりませんので、詳しい文面まではここで紹介できないことはあらかじめお断りしておきます。(最近では、「就業規則」を社外にも公開する動きが見られるようになっており、テクロス社も、ホワイトな会 [続きを読む]
  • テクロス社員のみなさんへ
  • ユニオンぼちぼちテクロス分会は、就業形態(正社員、契約社員、パート、アルバイト)に関係なく、加入いただけます。また企業内組合ではありませんので、派遣労働者の方も、加入いただけます。組合に加入すると、労働条件など、経営者と対等な立場で交渉することができるようになります。一方で、テクロス分会としては、今のところ、組合への積極的な勧誘活動は考えていません。「組合に加入する、しない」ということよりも、まず [続きを読む]
  • 労働委員会救済申立報告(6)
  • 最後の結語の部分です。結語 以上より、上記第1回団体交渉ないし第2回団体交渉における被申立人会社の態度は、申立人組合側から反論を受けると前言を翻し、交渉事項である賞与の決定について合理的な説明ができていないにもかかわらず、事前に被申立人会社内で決めたことに固執して一方的に団体交渉を打ち切ったというものであり、不誠実団交に当たる。上記イ②に示したことからしても、被申立人会社の労働組合軽視は根強いもの [続きを読む]
  • 労働委員会救済申立報告(5)
  • 不当労働行為を構成する具体的事実の後半です。K組合員が申立人組合に加入してからの経緯平成30年3月16日に、K組合員は、平成30年度の36協定の更新にあたり、被申立人会社の労働者代表に選出された。こうした事情の変化を考慮しつつ、K組合員と申立人組合は、被申立人会社との交渉事項について協議を重ねた。申立人組合は、同年4月4日付で、K組合員が被申立人会社代表取締役社長佐治知範氏(以下「佐治氏」とする。)に [続きを読む]
  • 労働委員会救済申立報告(4)
  • 不当労働行為を構成する具体的事実の前半です。固有名詞はアルファベットに置き換えています。(2) 不当労働行為を構成する具体的事実K組合員(以下「K組合員」とする。)が申立人組合に加入するまでの経緯K組合員は、平成24年5月より、被申立人会社に雇用され、現在に至るまでエンジニアとして勤務している。被申立人会社では、平成27年以降、人事部の設置やマネージャー制度の導入等を契機として、基本給の減額や副業禁止規 [続きを読む]
  • 労働委員会救済申立報告(3)
  • 続きまして不当労働行為を構成する具体的事実の当事者についてです。3 不当労働行為を構成する具体的事実(1) 当事者申立人申立人は、年齢、性別、国籍を問わず、就業中・失業中を問わず、また雇用形態のいかんによらず、誰もが加盟することができる個人加盟の労働組合で、平成18年に結成され、平成30年5月現在、組合員は114人である。被申立人被申立人は、平成21年1月に設立され、東京都渋谷区に本社を置き京都市に [続きを読む]
  • 労働委員会救済申立報告(2)
  • 引き続きまして、請求する救済の内容です。2 請求する救済の内容(1)被申立人は、申立人が平成30年4月4日及び5月7日に申し入れた団体交渉に誠実に応じなければならない。(2)被申立人は、縦1メートル、横2メートルの白紙に下記の通り記載し、会社が設置する掲示板(烏丸ビル2F、9F及び綾小路オフィス7F各々)に、2週間掲示しなければならない。記 この度、京都府労働委員会から、当社が、貴組合が申し入れた団 [続きを読む]
  • テクロス社員2人目の組合員からの紹介
  • 5月19日からテクロス社員2人目としてユニオンぼちぼちに加入することにしました。入った理由:入社した頃の割と平等関係で仕事できた環境が3年に渡って90度転回してトップダウンになった働き環境の中で、下にいる人たちの声が聞こえなくならないようにしつつ、社員全員に働きやすい環境を取り戻したいからです。一つ目のゴール:会社にどんどん強くなってきている、人間の本質的なモチベーションを破壊する評価主義の傾向か [続きを読む]
  • 労働委員会救済申立報告(1)
  • 関西非正規当労働組合(ユニオンぼちぼち)は、株式会社テクロスが労働組合法に違反しているとして、京都府労働委員会に救済申立を行いました。その内容を順次報告していきます。まずは1ページ目です。平成 30 年 6 月 11 日    京都府労働委員会会長 様申 立 人  関西非正規等労働組合代 表 者  執行委員長 尾崎 日菜子                    申 立 書  労働組合法(昭和24年法律 [続きを読む]
  • ゲームプレイヤーから応援コメントが寄せられました
  • テクロスが運営しているゲームのプレイヤーの方から、「社員の方へ正当な賞与が支給され」るようにとの、応援コメントが寄せられました(※コメントは「公開希望」と書かれていない限り基本的に非公開とさせていただいています)。ありがとうございます。私たちは、ユーザーや、現場で実際に物を作る社員同士(プランナー、シナリオライター、イラストレーター、アニメーター、デザイナー、サウンド、エンジニアなどの職種間)のコ [続きを読む]
  • テクロス第2回団体交渉(2018年5月25日)報告(4)
  • ぐうの音も出ない!!報告(3)に続いて、テクロス第2回団体交渉の報告(4)です。組合側は繰り返し「賞与査定で一番大きい要素は何か」と尋ねましたが、テクロス社側の回答は「総合的な判断」であるということに終始し、組合の疑問に具体的に答えるものとはなりませんでした。最終的に「査定基準はない」ということを述べられました。そして、今回の組合員の賞与査定については「恣意的であったといわれてもぐうの音も出ない」と [続きを読む]