ミキオ さん プロフィール

  •  
ミキオさん: 勇犬リリーの大冒険!
ハンドル名ミキオ さん
ブログタイトル勇犬リリーの大冒険!
ブログURLhttps://4wanz.muragon.com/
サイト紹介文このブログは8歳で脊髄に出来た形質細胞腫と言う悪性腫瘍と戦うイタグレ、リリーの闘病日記です。ラスボス
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 11日(平均9.5回/週) - 参加 2018/06/25 12:05

ミキオ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • リリー、リハビリに行く
  • 我が家が今、通ってる病院は、リリーが1歳の頃に開院した病院で、当時通っていたリリーの躾教室の先生が、この人なら大丈夫!と太鼓判を押す先生。 躾教室のワンコ達も輸血しに行ったりと、学校と病院の先生同士の連携が出来ている。 リリーは躾教室卒業して随分経つし、学校もシステムが変わってしまったので、顔を出すのもタイミングが合わず、病院の先生に近況聞いたりしてました。 躾教室の先生が篠山に犬の総合施設を一昨 [続きを読む]
  • 抗がん剤治療の始まり
  • MRI撮る前の魔の2日間は何だったの?ってくらい、抗がん剤治療始めたところで元気なまんまのリリー。 メインがインスタなので動画ばかりで、こちらにはアップ出来ないので載せれないけど、なるべく朝に散歩行ったり、ストレス溜めないように飼い主の出来る範囲で動いてはいます。 この部位は痛みが少ないのか、既に麻痺が入ってるのか、全く痛がらない様子。 なので脊髄がガラス以下の脆さでも、御構い無しに二本足で立つ。 [続きを読む]
  • 闇あれば光あり
  • さらりと平均余命の話とメルファランの話をした後、案の定大号泣。 あれからお友達には、血液検査やレントゲンで異常無かったからと過信してはダメ! と、リリーのようなケースもあるし、別のお友達は血液検査異常なしでエコー付きの健康診断でエコー撮ったら病気が見つかった子も居ます。 去年、リリーはお腹のエコー撮ってますが、とても綺麗と褒められました。 ただ脊髄と言う場所に腫瘍はあるけどね! 兎に角落ち込みまく [続きを読む]
  • 姿を現した悪魔
  • 感情とは、実感してこそ湧き上がるものだ。 ネオベッツVRセンターに行って結果を知るまでは、案外呑気に構えてて、蓋を開けたら腫瘍でした!手術出来ません!残念! 悲しくて悔しくて、なんでこんな良い子が病魔に侵されなアカンのか理解出来なくて2日泣いた。 2日泣いたら、アホちゃうか、泣いてる場合ちゃうやろ!リリーの為に動いたれや!と言う気持ちが湧いてきて、病理検査の結果まで気になりながらもリリーの現状を受 [続きを読む]
  • 悪魔の正体??
  • VRセンターに行ってから病理検査で言われてる1週間がやってきたが先生からは連絡がない。 毎朝、お守りリリーに当てて、リリーの1日をお願いしているのだが、ふと見るとブツブツ… おいおい、これ腫瘍じゃないよな? 膿皮症よな? ちょっと過敏になってしまう今日この頃。 病院行ったらついでに聞けるから良いきっかけだ。…と、言う事で他のチビ達も髭、爪カットの肛門絞りをお願いしようと1番最期の時間に予約して病院 [続きを読む]
  • 飼い主に出来ること ☆2☆
  • 手作りフードだけでは補えなかったり、自信もないので、手作りフードにサプリメント。 朝ごはんはヨーグルト、カッテージチーズにカリカリフード少量。 栄養豊富で毛艶が良くなると評判のアニマストラス。 ハナビラタケのオマケで入ってた野菜パウダー。 これは関節に効果があるサプリメント。 リリーの腫瘍が分かる前、少し違和感出た時に大事になる前にと飲ませ始めた。 こちらは夜ご飯に混ぜてるサプリメント。 人間用で [続きを読む]
  • 飼い主に出来ること ☆1☆
  • 我が家にはMシュナウザー、イタグレ、ミニピンが居ます。 中でもイタグレの情報網は凄く、他犬種の事はわかりませんが、もう凄い!何が凄いって飼い主さんが凄い! やはり、サイトハウンドと言うことも、短毛種の毛艶、スラリとしたスタイルキープと見習う事ばかりである。 リアルちびまる子のような性格の私にはハードルが高いのである。 重過ぎる体と腰を上げて2年前から手作りフードを食べさせている。 カリカリフードは [続きを読む]
  • 勇犬リリーには味方が沢山 ☆2☆
  • リリーに腫瘍があると判明してから、色々手探りで情報をかき集めては頭でっかちになるポンコツ飼い主。 まだ腫瘍の種類も分からないのにね。 とにかく、人間と同じで癌細胞は低体温が大好きだから、服が必須なの! この時に、以前、鍼灸の先生に捻挫治してもらった時に言われた言葉を思い出す。 「この子は服を着せてあげて!凄く冷え性だから!」 脊髄に腫瘍が出来て、血行が悪くなってたんや。 鍼灸の先生にアドバイス貰っ [続きを読む]
  • 勇犬リリーには味方が沢山 ☆1☆
  • 私は基本、インスタなので、こちらのブログに載せる前に、インスタでリリーの状況は報告している。 こんな時、自分なら言葉が見つからず、きっと無言いいね。しか出来ない。 むしろ、全然良くないので、どちらかといえば、よくないボタンが欲しいくらいである。 私とフォーワンズには、優しくて強い自慢のお友達が沢山います。 リリーが腫瘍あったところで、何故か関係ない飼い主が犬そっちのけで一人落ち込んで、ただ馬鹿みた [続きを読む]
  • 信頼出来る先生がいると強い!
  • このブログ、書こうと思って適当に出てきた無料ブログをスマホで書いてるのですが、動画がスッと載せれないのね。 アプリを入れずに書いてたから、不便過ぎてビックリしたのでアプリを入れた。 何だかんだで1週間、病理検査からの結果が気になって仕方がない。 フォーワンズが通ってる病院は、小さいながらも、先生が動物に負担を掛けない方法を探してくれる先生で、今のところが開院する前に通っていたところで診て貰った皮膚 [続きを読む]
  • 心が付いていかない
  • リリーは脊髄腫瘍でした。 残念ながら手術が出来る場所ではなく、更にタチの悪いことに、この場所に出来る腫瘍は、良性でも骨を溶かし悪さをすると言う事でした。 完治する事もないだろうとも… なので痛み止めで回避させて、腫瘍の種類がわかり次第、出来る治療をしていきましょう。と言う事になった。 4頭いてるからって、飼い主として何か手を抜いた訳じゃないつもり。 毎年の健康診断でも、血液検査でも、レントゲンにも [続きを読む]
  • 2度目のネオベッツVRセンター
  • VRセンター当日、車にリリーを乗せて向かう。 脳腫瘍やったら嫌やなぁ…ヘルニアちゃうのかなぁ?など、完全な素人探偵は、悪魔の正体を知らされるまで呑気に構えていた。 待合室から呼ばれて部屋に入ると神経科の担当者の先生がリリーの触診と説明。 かっけ調べるやつで身体中トントントントン日野の2トン…とリリーの神経の反応を調べていた。 私は自信満々にヘルニアじゃないの?と聞いてみたが、即答で否定された。 ま [続きを読む]
  • 立ち上がれリリー!
  • 先生の説得に怖くなり、6月16日に2度目のセカンドオピニオン。 その間に、痛がるなら痛み止めを処方する事になった。 近いうちに朝から激痛ではなく鈍痛っぽい痛さのように、ピーピー鳴き出すようになった。 リリー自身の動きも激しくならなくなったし、この時には目に見えて、リリーは腰か足が痛いんだろうな、うずくんだろうな。と分かるようになった。 見えない悪魔ががリリーの大事な骨を食べてる事さえ気付かずに… [続きを読む]
  • リリーの異変
  • 今、思えば、色んなサインを出していたのかも知れない。 言葉が交わせない分、もっともっとキチンと考えてあげれば良かった。 去年の冬、後ろ足を痛がるようになった。 しかし、食欲もあるし、元気だし、段差さえ気をつけてれば普段と何も変わらない。 でも、痛がるので病院へ行き、痛み止めを処方しながら、セカンドオピニオンで使われる、高度二次医療センターへの予約を取ることになった。 膝だけだったので、整形外科で診 [続きを読む]
  • 初めまして僕リリー!
  • 以前、馬鹿げたブログを書いていましたが、ネタを考えるのに疲れてしまい、そこからはインスタグラムの手軽さに慣れてしまい、毎日、インスタばかりです。 なのに、何故、再びブログを書こう!と思ったのかと言うと、我が家には4頭のワンコ達が居ます。 騒がしい日常で毎日、毎日、翻弄されたり賑やかに過ごしている中で、その何気ない一瞬がいかに大切かを実感してしまったからです。 いやいや、そんなん当たり前やん!犬も家 [続きを読む]
  • 過去の記事 …