ホワイト さん プロフィール

  •  
ホワイトさん: 尾州のテキスタイルデザイナー
ハンドル名ホワイト さん
ブログタイトル尾州のテキスタイルデザイナー
ブログURLhttps://textile.officew.jp
サイト紹介文テキスタイル見本をご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 78日(平均2.2回/週) - 参加 2018/06/25 19:52

ホワイト さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2019年度婦人秋冬物後染めスーツ
  • 今回は後染めの商品を取り上げました。この織物は黒霜降りと生地糸で柄を作理、整理加工で色をつけます。見た目にはボカシ柄に見え、とても優しく上品なスーツになりませんか。バステル調の色など染めて 見てください。黒霜降りと生地糸と同じタイプの糸で作るか素材の違う糸で組み合わせて作ってもいいですね。そ毛糸と紡毛糸、太糸と細糸の組み合わせでも良いですね、この商品ばかりのサンプルのパターンが無いのでシールを貼つ [続きを読む]
  • 2019年度秋冬物 婦人服地 ニット
  • いつも見ていただきありがとうございます。今回はニットを取り上げてみました。体にフィットして暖かくてやわらかく肌ざわりが良くニットならではの大胆ながらも出来、ボーダー柄などは見栄えしますね。多色使いで無地から小柄、飛び柄、プリント風の柄、織物と違った落ち着いた色柄の出方はとても着やすく良いと思いますがどうでしょうか。ニットについてはもう少し資料を集めてみます。 [続きを読む]
  • 2019年度秋冬物 婦人服地 モッサー2
  • いつも見ていただきありがとうございます。今回はニットを取り上げてみました。体にフィットして暖かくてやわらかく肌ざわりが良くニットならではの大胆ながらも出来、ボーダー柄などは見栄えしますね。多色使いで無地から小柄、飛び柄、プリント風の柄、織物と違った落ち着いた色柄の出方はとても着やすく良いと思いますがどうでしょうか。ニットについてはもう少し資料を集めてみます。 [続きを読む]
  • 2019年度秋冬物 婦人服地 モッサー1
  • モッサーはウールならではの商品だと思います。薄地のエターミンはシャツに少し厚地のビエラはスカート、ワンピース、厚地はコート、オーバーに無地で良し柄で良しガンクラブの小柄からビックチェックのフレアースカートはどうですか。厚地はオーバーコート、リバーシブルでダーフルコートに裏にクラウンタータン少し目立ちすぎですか。欠点はエターミン、ビエラなどが少し強度が悪いので心配です。肌触りがとても良く最高の商品で [続きを読む]
  • 2019年度秋冬物婦人服地ネップツイード2
  • モッサーはウールならではの商品だと思います。薄地のエターミンはシャツに少し厚地のビエラはスカート、ワンピース、厚地はコート、オーバーに無地で良し柄で良しガンクラブの小柄からビックチェックのフレアースカートはどうですか。厚地はオーバーコート、リバーシブルでダーフルコートに裏にクラウンタータン少し目立ちすぎですか。欠点はエターミン、ビエラなどが少し強度が悪いので心配です。肌触りがとても良く最高の商品で [続きを読む]
  • 2019年度秋冬物婦人服地ネップツイード1
  • 久し振りにネップツイードを取り上げてみました。いつも試織してサンプルを作って出しても「いいね」で終わってしまいます。私事ですみませんが、昭和30年頃に初めてホームスパンのジャケットを買ってとてもうれしかったことを今でもよく覚えています。話をそらしてすみません。ジャケットやコートやツーピースに来年くらいはどうでしょうか。紡毛糸の霜降り糸の中に今風のカラーのネップを入れて作ってはどうでしょう。グランドに [続きを読む]
  • 2019年度秋冬ジャケット(英国羊毛)婦人服地2
  • 久し振りにネップツイードを取り上げてみました。いつも試織してサンプルを作って出しても「いいね」で終わってしまいます。私事ですみませんが、昭和30年頃に初めてホームスパンのジャケットを買ってとてもうれしかったことを今でもよく覚えています。話をそらしてすみません。ジャケットやコートやツーピースに来年くらいはどうでしょうか。紡毛糸の霜降り糸の中に今風のカラーのネップを入れて作ってはどうでしょう。グランドに [続きを読む]
  • 2019年度秋冬ジャケット(英国羊毛)婦人服地1
  • ジャケットにはこのタイプの商品が一番似合うと思って取り上げてみました。少し糸が硬いのが欠点ですがハリがあって今のスーツの流れにぴったりだと思います。色目も渋めですけど若い人に一度は来て欲しい生地です。今迄と目先を変えてMIX感の良さを来てもらえませんか。多色使いの霜降りのため深みがあり落ち着いた色合いに、体にフィットした今のデザインにこのジャケットは似合いませんか。アクセントに少し派手なものを添えて [続きを読む]
  • 2019年度秋冬物スーツ厚地用2
  • ジャケットにはこのタイプの商品が一番似合うと思って取り上げてみました。少し糸が硬いのが欠点ですがハリがあって今のスーツの流れにぴったりだと思います。色目も渋めですけど若い人に一度は来て欲しい生地です。今迄と目先を変えてMIX感の良さを来てもらえませんか。多色使いの霜降りのため深みがあり落ち着いた色合いに、体にフィットした今のデザインにこのジャケットは似合いませんか。アクセントに少し派手なものを添えて [続きを読む]
  • 2019年度秋冬物スーツ厚地用1
  • 今回はスーツ地を選びました。深みを出したいため、多色使いで作りたいと思います。経糸緯糸の色を変えて織ってみたり、単糸で染めた2色を撚り合わせて杢糸にして交織してMIX感じにして作ってみてはどうでしょうか。プラス、シルクネップをキャメル色に染めて経糸にして、緯糸に杢糸を織ってもいい感じになりませんか。若い人のジャケットにどうでしょうか。来年はシルクネップを使ったスーツ地、紡毛糸を緯糸に交織して温かみ、ツ [続きを読む]
  • 2019年度 秋冬用婦人服地 ロービング コート地2
  • 今回はスーツ地を選びました。深みを出したいため、多色使いで作りたいと思います。経糸緯糸の色を変えて織ってみたり、単糸で染めた2色を撚り合わせて杢糸にして交織してMIX感じにして作ってみてはどうでしょうか。プラス、シルクネップをキャメル色に染めて経糸にして、緯糸に杢糸を織ってもいい感じになりませんか。若い人のジャケットにどうでしょうか。来年はシルクネップを使ったスーツ地、紡毛糸を緯糸に交織して温かみ、ツ [続きを読む]
  • 2019年度 秋冬用婦人服地 ロービング コート地1
  • この商品は若い人にはなかなか身に着けてもらえないので、いつも答えは同じで糸が太番手で柄が大きくなり、千鳥柄、ヘリンボン柄、格子柄など全部が大きくなるので嫌われているかも知れません。それに糸が太いため目方がつくのでコスト高になるのも一因になっているかも。出来るだけ小柄か無地感覚で作るようにしたいです。新しいものづくりかも知れませんね。スーツ、ジャケットに少し軽くするために細糸で裏からスリップを留めて [続きを読む]
  • 2019年度 春夏婦人物 搦み織 3
  • この商品は若い人にはなかなか身に着けてもらえないので、いつも答えは同じで糸が太番手で柄が大きくなり、千鳥柄、ヘリンボン柄、格子柄など全部が大きくなるので嫌われているかも知れません。それに糸が太いため目方がつくのでコスト高になるのも一因になっているかも。出来るだけ小柄か無地感覚で作るようにしたいです。新しいものづくりかも知れませんね。スーツ、ジャケットに少し軽くするために細糸で裏からスリップを留めて [続きを読む]
  • 2019年度 春夏婦人物 搦み織 2
  • この商品は若い人にはなかなか身に着けてもらえないので、いつも答えは同じで糸が太番手で柄が大きくなり、千鳥柄、ヘリンボン柄、格子柄など全部が大きくなるので嫌われているかも知れません。それに糸が太いため目方がつくのでコスト高になるのも一因になっているかも。出来るだけ小柄か無地感覚で作るようにしたいです。新しいものづくりかも知れませんね。スーツ、ジャケットに少し軽くするために細糸で裏からスリップを留めて [続きを読む]
  • 2019年度 春夏婦人物 搦み織 1
  • 今回も又搦みを取り上げました。インテリアからもサンプルを見つけました。搦みはやはり春夏物に適していますね。綿、麻が一番合いますね。それにネップが入ると一段と良くも見えます。柄もストライプを中心に小格子、緯糸、スラブ、リングなど入れた無地風のもの、ボーダー柄、後染も作りたいです。糸の太番手と細番手で柄を作って先染後染も良いと思います。次回も見てください。 [続きを読む]
  • 2019年度 婦人春夏物3
  • 今回も又搦みを取り上げました。インテリアからもサンプルを見つけました。搦みはやはり春夏物に適していますね。綿、麻が一番合いますね。それにネップが入ると一段と良くも見えます。柄もストライプを中心に小格子、緯糸、スラブ、リングなど入れた無地風のもの、ボーダー柄、後染も作りたいです。糸の太番手と細番手で柄を作って先染後染も良いと思います。次回も見てください。 [続きを読む]
  • 2019年度 婦人春夏物2
  • 今回も又搦みを取り上げました。インテリアからもサンプルを見つけました。搦みはやはり春夏物に適していますね。綿、麻が一番合いますね。それにネップが入ると一段と良くも見えます。柄もストライプを中心に小格子、緯糸、スラブ、リングなど入れた無地風のもの、ボーダー柄、後染も作りたいです。糸の太番手と細番手で柄を作って先染後染も良いと思います。次回も見てください。 [続きを読む]
  • 2019年度 婦人春夏物1
  • 春夏物はやはり綿、麻の素材が良いと思ってしまいますが結果はあまり良くありません。作る立場から言わせてもらうと天然素材は肌に良いと思い私は以前から使用しています。冬はウールが主体です。考え方が古いですね。今回もふくれ織のサンプルを載せてしまいました。柄の出方も可愛く皆さんに好かれると思いましたが少し生地が厚くなりコストも高くなり作り方にも工夫、組織、糸番手にも一考の余地がありますね、そして柔らかく。 [続きを読む]
  • ブランケット2
  • 春夏物はやはり綿、麻の素材が良いと思ってしまいますが結果はあまり良くありません。作る立場から言わせてもらうと天然素材は肌に良いと思い私は以前から使用しています。冬はウールが主体です。考え方が古いですね。今回もふくれ織のサンプルを載せてしまいました。柄の出方も可愛く皆さんに好かれると思いましたが少し生地が厚くなりコストも高くなり作り方にも工夫、組織、糸番手にも一考の余地がありますね、そして柔らかく。 [続きを読む]
  • ブランケット1
  • ビックチェック、ストライプ、ボーダー。敷物は格子で上掛けはその敷物の格子柄のグランドの無地で作って見ました。目付け1m当たり700g〜800g、経緯紡毛糸、W100% 2/14〜2/10、 1枚のサイズ:巾155cm、長さ2m30cm。試織しましたが毛玉ができ起毛も少しかき過ぎました。失敗でした。婦人物のスカート、コートのビックチェックを使いカーテンのボーダーを使ったり、スーツの小柄などで無地風の物を作ったりし、ストライプ柄はタテ [続きを読む]
  • カーテン2
  • ビックチェック、ストライプ、ボーダー。敷物は格子で上掛けはその敷物の格子柄のグランドの無地で作って見ました。目付け1m当たり700g〜800g、経緯紡毛糸、W100% 2/14〜2/10、 1枚のサイズ:巾155cm、長さ2m30cm。試織しましたが毛玉ができ起毛も少しかき過ぎました。失敗でした。婦人物のスカート、コートのビックチェックを使いカーテンのボーダーを使ったり、スーツの小柄などで無地風の物を作ったりし、ストライプ柄はタテ [続きを読む]
  • カーテン1
  • 今回はジャガード中心にサンプルを集めてみました。遮光性もありふくれ織、ボーダー、リバーシブルなどストレート糸で出来るものを選びました。不燃性の糸は種類が少ないので組織で柄を出したいです。でもカーテンは搦みが一番見栄えがしませんか。ノット、ネップ、スラブを作って春夏物だけでも考えてみたいと思います。今の人は過去のサンプルを見て以前の物に今の色、柄を取り入れて新しいカーテンを作りたく思って又サンプルを [続きを読む]
  • 2019年度 秋冬婦人服地4
  • 今回はジャガード中心にサンプルを集めてみました。遮光性もありふくれ織、ボーダー、リバーシブルなどストレート糸で出来るものを選びました。不燃性の糸は種類が少ないので組織で柄を出したいです。でもカーテンは搦みが一番見栄えがしませんか。ノット、ネップ、スラブを作って春夏物だけでも考えてみたいと思います。今の人は過去のサンプルを見て以前の物に今の色、柄を取り入れて新しいカーテンを作りたく思って又サンプルを [続きを読む]
  • 2019年度 秋冬婦人服地3
  • 今回はジャガード中心にサンプルを集めてみました。遮光性もありふくれ織、ボーダー、リバーシブルなどストレート糸で出来るものを選びました。不燃性の糸は種類が少ないので組織で柄を出したいです。でもカーテンは搦みが一番見栄えがしませんか。ノット、ネップ、スラブを作って春夏物だけでも考えてみたいと思います。今の人は過去のサンプルを見て以前の物に今の色、柄を取り入れて新しいカーテンを作りたく思って又サンプルを [続きを読む]
  • 2019年度 秋冬婦人服地2
  • 今回はジャガード中心にサンプルを集めてみました。遮光性もありふくれ織、ボーダー、リバーシブルなどストレート糸で出来るものを選びました。不燃性の糸は種類が少ないので組織で柄を出したいです。でもカーテンは搦みが一番見栄えがしませんか。ノット、ネップ、スラブを作って春夏物だけでも考えてみたいと思います。今の人は過去のサンプルを見て以前の物に今の色、柄を取り入れて新しいカーテンを作りたく思って又サンプルを [続きを読む]
  • 過去の記事 …