マリウス さん プロフィール

  •  
マリウスさん: 奥様はベトナム人
ハンドル名マリウス さん
ブログタイトル奥様はベトナム人
ブログURLhttp://gran.or.jp/blog/
サイト紹介文技能実習制度のことなら、いろいろ書いてありますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 13日(平均8.1回/週) - 参加 2018/06/26 18:24

マリウス さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ベトナム人女性との恋愛について
  • ベトナム人女性との恋愛について、面白おかしく書いてあるブログをよく見かけますが(東南アジア関係のブログでは多いですね)ご存じの通り、東南アジアでは日本人男性と結婚することによって、または愛人になることによって今の自分の貧困生活から脱出しようとする女性の人たちが数多くいます。まあ、日本人だけではなく、欧米人や台湾人、韓国人男性も相当騙されているケースが後を絶ちません。男って、本当に馬鹿で情けないです [続きを読む]
  • 送り出し機関からの営業
  • 最近多いのですよね。送り出し機関の営業電話とメール・・・。電話は毎日最低1件、わざわざベトナムからの国際電話で、それも下手くそな日本語。いくら日本語教育が充実していると言っても、説得力ないですよね(笑)それからいろいろな国からの営業電話、ミャンマー、カンボジア、フィリピン、インドネシア等々。外国人技能実習機構に組合の電話番号が載っているから、片っ端から連絡しているのだろうと思うけど正直時間の無駄だと [続きを読む]
  • 当組合へのお問い合わせについて
  • 最近送り出し機関からの営業問い合わせが頻繁に入ってきていますが、当組合では送り出し機関の新規取引が現在行っておりません。つきまして、送り出し機関からのお問い合わせがあったとしても、誠に失礼ですが返信いたしませんので、あらかじめご了承ください。FacebooktwitterHatenaPocket [続きを読む]
  • リファレンスチェック
  • 当組合においては、面接候補者のリファレンスチェックを行うことにしました。合格した実習生のリファレンスチェックをお客様から依頼され、調べたところ、勤め先の偽造、厳密に言えば、自分が勤めていない会社を書かれてしまい、合格取り消しということがあったためです。そういえば、学歴に関しては卒業証明書などで確認しますが、職歴については確認していなかったなあと思い、特に面接においてベトナムの方々は転職が多いので勤 [続きを読む]
  • 面接悲喜こもごも
  • 実習生たちにとって、面接は日本に行くために必ず通らなければならない通過点。面接に合格すれば約7ヶ月後には、日本に行くことができるので、実習生候補者たちにとって、ぜひ合格したいところ。緊張した面持ちで少し手が震えながら、慣れない日本語で精一杯自分をアピールするところを見ると、全員合格と言いたくなります。何回か落ちている子は、毎回面接のたびに私と会うことになります。受かってほしいなと思っていても、選ぶ [続きを読む]
  • 人を育てることの難しさ
  • ブログを移動してから、初めての投稿となります。前にも似たような題名で投稿したような気がしますが、今でもやっぱり仕事のできる人材と巡り会うのは本当に大変です。こちらの要望が高すぎるのでしょうか。どうなのでしょうね。確かに新法に切り替わってから、かなりの書類を作成していかなければなりませんがルーティンワークですから、ある程度書き方がわかればそんなに難しくありません。会社側の資料がきちんと用意できれば大 [続きを読む]
  • 外国人技能実習制度の問題 その2
  • 仕事が忙しく、なかなかブログのアップができませんでした。その2を書いてほしいという要望もあったので、原稿は準備しておりました。でも、この問題、現場を知っているだけに書くとなると気が重いものです。「実習生の借金問題」の次にこの制度の問題は、監理団体と送り出し機関、受け入れる会社側の癒着についてです。ちなみに監理団体は、協同組合等日本側で実習生を受け入れる団体のことを言います。送り出し機関とは、ベトナ [続きを読む]
  • 外国人技能実習制度の問題 その1
  • さて、表題のとおり、この外国人技能実習制度の問題点を現場の人間から指摘してみましょう。今回技能実習法ができ、外国人技能実習機構をつくり、規制強化に乗りだしましたが、私からすれば、一番押さえなければならないところがそっくり抜け落ちていると思っています。というか、たぶんその部分へ切り込むこと自体が難しいのではないかと思います。私がこのブログで何度も指摘している「実習生の借金問題」が、まずこの制度の大き [続きを読む]
  • 技能実習制度を廃止という前に
  • 以前から、この制度を廃止しろと、言っている方々がおりますが、私はもっと実態をしっかり把握してから話をした方が良いと思っています。もともとどうしてこのような形での制度が、今もなお行われているのでしょうか。簡単に奴隷制度と言いますが、この事業をやっている人たちに対してよくもまあ失礼なことを言うなと思います。一部で起きていることが、全体を表しているのではありません。この制度を使って、一生懸命にやっている [続きを読む]
  • ホーチミンの空を眺める
  • 珍しくホテルのプールサイドから、ホーチミンの空を眺めていました。日本の空とあまり変わりがないなと思いながら、休暇を取っています。風邪を引いていたにもかかわらず、無理矢理ホーチミンに仕事としてきましたが飛行機の中から、鼻水が止まらず、着陸態勢に入った途端、顔面左半分に激痛が・・・。後から調べると飛行機頭痛というらしく、副鼻腔炎を持っていると症状として出やすいようで、いや目の奥がキリでつつかれたような [続きを読む]
  • もう5月かあ
  • これほど忙しいと、時間がたつのか本当に早いです。気がつけば、もう5月。毎月のように日本とベトナムを往復していると季節感もあまり感じません。ただ、気温差でどうしても体調を崩しやすく今ホーチミンにいますが、ホテルで寝ている状況です。ゴールデンウィークが明ければ、再び面接のラッシュが始まり、それに併せて書類も次から次へと申請をしている状況で、ありがたいことです。少しずつですが、人材も確保できつつあり、業 [続きを読む]
  • ニューズウィーク日本版 技能実習生残酷物語
  • いやいやセンセーショナルな題名です。ロッテレジェンドホテルのカウンターに置いてあったので思わず見てしまいました。まあ書いてある内容については、確かに一部ではそういうこともあります。だから今回技能実習法まで作り、なんとか変な風にならないようにしているのですが、そういう努力は認めてもらえないんですよね。この制度の問題というよりも、一番考えなければならない問題は、日本は「移民」を受け入れるかどうか、その [続きを読む]
  • ベトナムでも人の取り合い
  • 第2の中国になるのかもしれません。実習生も技術者も少しでも条件の良い会社へ人の取り合いになってきています。はっきり言っておきますが、送り出し機関の実習生の取り合いは今後も続き給料の高いところ、労働環境の良いところを実習生たちが選び始めています。それに伴い、日本人がやりたがらない仕事、3Kと呼ばれる仕事にはベトナム人実習生もやりたがらなくなりました。実習生がお客様になり始めていますので、いい加減な感覚 [続きを読む]
  • 外国人技能実習機構がやってきます
  • 一通り、監理団体許可申請が一段落した今、もし旧法で技能実習生を受け入れゴールデンウィーク明けまでに許可が下りない組合は、どうやらNGになりそうです。もし、技能実習生の受け入れをしている会社で、いまだに組合の許可が出ていないところは、組合変更の検討をしておいた方がよろしいかと思います。特定監理団体から一般監理団体に変更する組合が出て来ているようですが、特定の許可を取る段階で外国人技能実習機構から実地調 [続きを読む]
  • 特定技能ってなんなのさ
  • まだ5年の技能実習がどうなるかわからないうちに、5年の実習が終わったら再度5年の実習ができるってどういうことでしょうか。これはダメですよ。何がダメかっていうと、農業や介護、建設でしょう。ベトナムに限っての話にしますが、この分野で人の募集はもはやできません。もし農業や建設で可能性があるのなら、フィリピン、インドネシアになると思いますがベトナムではもう無理でしょう。一つはっきりしていることは、日本人が嫌 [続きを読む]
  • 過去の記事 …