Spitual Master|木幡 等 Hitoshi Kowata さん プロフィール

  •  
Spitual Master|木幡 等 Hitoshi Kowataさん: 言葉による伝達|Spitual Master 木幡 等
ハンドル名Spitual Master|木幡 等 Hitoshi Kowata さん
ブログタイトル言葉による伝達|Spitual Master 木幡 等
ブログURLhttps://kowata0.com/words/
サイト紹介文「悟り」を求める探究者たちに贈る言葉を綴った「本物志向の方のためのスピリチュアル・サイト」です。
自由文「目覚め」や「ヒーリング」においての傑出した直接伝達能力を有する木幡等の『言葉による伝達』です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 22日(平均10.2回/週) - 参加 2018/06/26 20:57

Spitual Master|木幡 等 Hitoshi Kowata さんのブログ記事

  • 正しい居場所〜新たなる心〜|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • 「内なる家」である心という広大な空間には、「仕事作業のための仕事部屋」と「寛ぎのためのプライベートルーム」とでも言えるものがあります。あなたは、それらの「お部屋の正しい使い方」ができていますか? 「新たなる心」とは、想念に包囲された「従来の心」のような閉ざされた空間ではなく、それをも含め全てを包み込んでいる果てしない拡がりのある安らかな心のことです。それは「従来の心」の扉の外にある、広くて大きなお [続きを読む]
  • 「目覚め」と「エゴ」との関係|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • この記事は2018年7月15日 15:56に加筆修正しました。 俗な表現をするなら、目覚めとは、知性と自己同一化しているエゴを殺すことではない。知性によってあなたを支配しようとしているエゴから主導権を取り戻すことなのだ。 厳密に言うなら、知性と自己同一化していないエゴ(自己・自我)、つまり自己意識そのものは無害であるばかりか生きる上では必要なものである。 「悟りとはエゴを殺すことではない。」エゴ(自己・ [続きを読む]
  • 「やり方」と「在り方」|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • 真なる自己の目覚めを再現するための「やり方」を教えるのは簡単だが、その目覚めを継続させるための「在り方」から言葉で教える必要がある場合には時間がかかってしまうものである。本来、「在り方」とは、言葉で教わるものではないからである。だから、それが分からない人は、師のそばにいることによって学ぶしかないのだ。学ぶには、真似ることが最初となるからである。そういう意味でも、僧院での共同生活というものが機能して [続きを読む]
  • 覚醒状態と顔との関係|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • この記事は、2018年7月14日、8:30に更新しました。更新内容:記事を推敲しました。 サードアイ・チャクラは、「自己意識の中枢」として機能しているエネルギー・センターです。クラウン・チャクラは、「真なる自己の中枢」として機能しているエネルギー・センターです。 自己意識と真なる自己の両者が目覚めた時、これら二つのエネルギー・センターは一つに融合されます。 サードアイ・チャクラとクラウン・チャクラの融合 [続きを読む]
  • 記事は判断材料|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • 私の仕事は、記事を書くことではなく、「真なる自己の目覚めの直接伝達をすること」です。しかし直接伝達といっても、読者からすればどの程度の直接伝達がなされるのかが分からない。直接伝達において、被術者に惹き起こされる目覚めは、施術者に生じている目覚めの範囲内でしか起こり得ない。この大原則がありますから、私が目覚めについての記事を書いていれば、「あ〜、木幡はここまでのレベルまでは直接伝達できるんだな」と、 [続きを読む]
  • 中庸であるということ|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • 探究者が中庸であるように導くこと。私が他所とは異なる記事を書いている目的の一つに、このことがあります。 偏った部分的な見方ではなく、その全体に内在する本質が見えているということ。 私は探究者の偏った見方に気づかせるために、あえて偏ったような表現をすることがあります。 たとえばジョン・デ・ライターは「対話を重視して瞑想を否定しているので修行者向きではない。」「対話だけで目覚めさせることはできない。だか [続きを読む]
  • 準備は整いました|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • この記事は2018年7月9日 6:00に更新しました。更新内容:画像とデータを最新のものに差し替えました。当サイトに訪れた読者の数2018/3/10〜2018/4/92018/6/8〜2018/7/8月間訪問者(ユーザー)数75人731人そのうちの月間リピーター読者訪問数23人145人月間アクセス数/PV(ページビュー)数2,136PV4,683PV 当サイトへの月間訪問者数が731人となり、月間アクセス(PV)数は4,683PVなりました。私の所のような『本格的な自己探究者 [続きを読む]
  • 幼稚な指導者|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • やれガイダンスやらブループリントがどうだこうだと言う輩(やから)、それらに異常に食いつく輩(やから)・・・正気になりましょうや・・・こんなんじゃ、若い探究者が育たないぜ。だから俺は、真面目に怒ってるわけだ。「無知であること」に罪はないとも言えるが・・・これじゃ普通に生活している「普通の人たち」の方が、まだ正気だよ。そんなんだから、「スピリチュアルな探究者たち」がいまだに「少しオツムのおかしな人たち [続きを読む]
  • アジズ・クリストフ(アナディ)|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • 冒頭に文章を数行追加しました。 最近の彼の写真を見て驚いたが、あれじゃマスターではなくマフィアの幹部だねえ。道を極めるにしても「そっちの極道かいっ?」ってツッコミたくなる。何にもまして、人相が悪い。若い頃は品のある顔をしていたのにね・・・その後の彼がどんな生き方をしてきたのかは知らないが、私はアジズ・フーマンに興味はないので・・・ アジズ・クリストフ(以下、アジズとする)がヒューマン・ブッダという視 [続きを読む]
  • フーマン・エマミ|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • アジズ・クリストフ(アナディ)と同様、彼らが日本の一部のスピリチュアルシーンにもたらしたものに益するものもそれなりにあったが、それを上回るほどの負の遺産を残してくれたというのが現在の私の正直な感想である。 故フーマン・エマミ。強力な直接伝達能力はあったのだろう。いわゆるサイキックな能力も備えていたのだろう。 しかしスピリチュアル教師としては、いかがなものかと思う。人間としてというべきか・・・目覚めた [続きを読む]
  • 浄化商法|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • この記事は2018年7月3日、2:41に更新しました。7/3更新内容:記事全体を推敲しました。 やれ「カルマの浄化」だ、「パーソナリティーの浄化」だなどといった脅し文句に嵌(は)められて、セッションを受けさせられている方が少なくないようですが・・・何がカルマか知らんが、そもそも我々が「人間として生まれてきたということ」自体が根本的なカルマやないのかねぇ?・・・それに、そもそも「パーソナリティーという仮面 [続きを読む]
  • あなたが真の人間ならば|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • あなたが真の人間ならば、思考や感情を取っ払った「あるがままのあなたの姿」を見せてみなさい。服は脱ぐんじゃないよ・・・ あなたが真の人間ならば、借り物の言葉ではなく、自分の言葉で話しなさい。たどたどしくても良いから・・・ それにしても上の写真の男性は、良い面構えをしてるでしょ・・・まさに「面魂(つらだましい)」といった感じだね。 顔つきに彼の自己意識やそれ由来の真の意志などが表れている。刻み込まれてい [続きを読む]
  • 優しい人|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • 誰が優しいかなんて、思い思いの「ご都合主義の価値観」に基づいて知的に推し量ろうとしたところで的が外れるだけなんだけど、その人のそばにいるだけで何かしら救われたのなら、それだけでも充分過ぎるくらい有難いことなんじゃないのかな・・・ [続きを読む]
  • 「言うこと」と「書くこと」|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • 僕は、自身が直接伝達した目覚めの進展を妨げさせないために、「言葉による伝達」も行います。僕はセッションにおいては、(誤解なく確実に理解してもらうために)「個人的なアドバイスとして言うこと」はいっぱいあるけど、サイトで「不特定多数向けの一般論として書くこと」なんて、実際のところはそんなにたくさんはないんだ。 どういうことかと言うと、 ● 聖なるものを目覚めさせるには、セッションにおいて直接伝達をすれば [続きを読む]
  • 『言葉による伝達』会員登録について
  • 『言葉による伝達』会員の特典● 申込時の半年間(上半期:1月〜6月と下半期:7月〜12月)に掲載された記事を無期限でご自由にお読みになることができるようになります。セミナーに参加するつもりでお申し込みいただければ、充分な割安感を実感していただけるかと思います。● 会員限定のお得なセッション・メニューのご案内や、セッション料金割引クーポンの贈呈などといった特典がございます。● 「ノーコンタクトでの直接伝達」 [続きを読む]
  • アウトサイダー|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • この記事は2018年7月4日、13:10に更新しました。7/4更新内容:最下部「関連書籍」に数冊の書物を追加しました。 引き寄せの法則というものがある。この弱肉強食の資本主義格差社会において、大衆の多くがそのようなものに強い関心を持つことに対しては、何の不思議も感じない。そして、そのような引き寄せという世俗的な欲望に由来するものをスピリチュアル/霊的(自己の本質的)なものとして扱う出版業界の売り込み方に便乗する [続きを読む]
  • 直接伝達|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • この記事は2018年7月11日16:45に更新しました。6/29更新内容:続きを少しばかり書きました。7/11更新内容:「直接伝達とは」7分目以降を加筆をしました。目次直接伝達とは私の直接伝達について直接伝達とは不世出のスピリチュアル・マスターであったラマナ・マハルシは、最高の教えである「沈黙の教え」と称したものの正体が「(目覚めや悟りの)直接伝達」というものであります。直接伝達とは、ラマナ・マハルシ等に代表される [続きを読む]
  • 教えの基礎|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • この記事は2018年6月27日、8:10に更新しました。6/23更新内容:「意識としての『私』の進化の流れ」のステージ区分をより詳細にしました。6/27更新内容:「意識としての「私」の進化の流れ」【ステージ3】に序文を追加しました。 意識としての「私」の進化とは、どのように進んでいくのか・・・そのためには、どのように取り組んでいけば良いのか・・・目次参照記事意識としての「私」の進化の流れ参照記事2018.06.24悟りに至る [続きを読む]
  • ニサルガダッタ・マハラジ|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • この記事は、2018年6月26日、20:02に更新しました。6/26更新内容:「ニサルガダッタ・マハラジについて」序盤に文章を追加しました。 ニサルガダッタ・マハラジについて対話集『アイ・アム・ザット 私は在る』について対話集『意識に先立って』についてニサルガダッタ・マハラジについてニサルガダッタ・マハラジは、その教えを乞う人々に対し、瞑想によって「私は在る(I AM)」という感覚を自覚させ、そこに留まり続けることを [続きを読む]
  • 「聖なるもの」と「内なる静寂」の違い|Spiritual Master|木幡等 Hitoshi Kowata
  • 新たな理解が訪れたことにより、「聖なるもの」と「内なる静寂」とを異なる実体として、再定義することができました。ずっと暗黙知のレヴェルでは感じ続けていたことでしたが、この度の理解により、ようやく明確に言語化することができました。 生徒や会員の方からも「『真なる自己の目覚めの進展』のための取り組みが、より具体的になったので更に取り組みやすくなった。」と、その評価も悪くないようです。 「『聖なるもの』と『 [続きを読む]