SupportNZ さん プロフィール

  •  
SupportNZさん: サポートNZスタッフのブログ
ハンドル名SupportNZ さん
ブログタイトルサポートNZスタッフのブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/citadelnz/
サイト紹介文ニュージーランドのオークランドで現地サポートサービスを展開しているスタッフのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 164日(平均2.6回/週) - 参加 2018/06/27 07:40

SupportNZ さんのブログ記事

  • 握手に始まり握手に終わる!不動産オークション!
  • 今回は不動産購入方法のひとつであるオークションの雰囲気をレポートしてみようと思います。行ってきたのはNZの不動産エージェントのひとつであるBayleysの商業不動産のオークションです。オークランドCBDのVictoria Parkの近くにあるBayleysのオフィスがあるビルで行われました。入口すぐにカフェスペースがあり、ロビーには打ち合わせがしやすいようにテーブルもたくさん置かれていました。やはり不動産オークションともなると、 [続きを読む]
  • お薦め?!プロポリス喉スプレー
  • 夏に向かっているにも関わらず、朝晩寒かったりしていますね。なので、、、しっかり風邪を引いてしまいました。咳も出るし、喉も痛い。こんな時にはプロポリス喉スプレーがよく効きます。いつものお店でこちらを購入。一つ10ドルです。いくつもの種類の喉スプレーがありますが、こちらは甘いです。隣には、もっとお高めの商品もありますが、味が苦いとか不味いとかでうちの子供達には不評(子供と言っても、二人とも18歳以上。。。 [続きを読む]
  • 賃貸の「ペットお断り」ができなくなる?!
  • 先月法律が改正され、2018年12月12日から不動産エージェントが賃借人からLetting Feeを受け取ることが禁止されました。その際に改正された法律はResidentialTenancies Actという、住宅の賃貸借に関するルールを定めたものです。この法律が制定されたのは30年以上も前の1986年のため、実は他にも改正すべき部分があります。実際に、現在国会において、物件への損害に対する賃借人の責任や薬物汚染に関する規定について審議がされて [続きを読む]
  • オークランドでのごみの捨て方
  • 今日は知っているようで意外と知らない、オークランドのごみの捨て方について書いていこうと思います。●ゴミ捨ての基本基本的には各家庭にはRubbish binとRecycling binの2種類のカートがあります。これを指定された曜日の前日夜または当日朝7時までに家の前に出します。指定日が祝日である場合は、原則次の日になります。ご自宅がどのような方法でごみを捨てるかを調べるには、下記のリンク先で住所を入力して検索すると確認す [続きを読む]
  • Kiwibuildの本当のターゲットとは
  • 10月に購入者を決める抽選が南島クイーンズタウンの北にあるWanakaで始まるなど、全国でKiwibuildの建設が進んでいる中、Housing Minister の Phil TwyfordがKiwiBuildは収入の少ないファミリーをターゲットとして行っていないことを認めました。全国で初めて完成したKiwibuildの家の購入者の中に、医者やマーケーティングマネージャ―が含まれていたことが分かり、大臣であるPhil Twyfordは以下のように述べています。”It is not [続きを読む]
  • 新たなゴミの埋め立て場
  • 新たなごみ埋め立て場がノースのWellsford(CBDから80キロほど、Matakanaの西)にできるかもしれません。現在稼働しているRedvale(CBDから25キロほど、Albanyの北)のごみ埋め立て場が、2026年に埋め立て可能量に達してしまうため、その代わりとなります。1020ヘクタールの土地を購入したのは、Waste Management NZ Ltdという中国人の会社ですが、Resource Consentはまだ取得できていません。もし営業が開始されると、オークランドの [続きを読む]
  • NZ年金受給資格 引上げ検討 
  • ニュージランドの年金は65歳から受給可能であり、日本のように給料天引きで年金を納めていなくとも永住権・市民権保持者は一定の期間NZに在住していれば受給資格があります。現行の受給資格は   1)65歳以上    2)年金申請時にNZに居住している永住権または市民権保持者    3)20歳以降、NZに10年居住しており、そのうちの最低5年は50歳を過ぎてからであること。 ところが今回、3)のNZ「10年居住」が、20年に引上げ [続きを読む]
  • Matakanaのオイスターとワインのイベント!
  • 〜牡蠣が美味しいのはクレブドンだけじゃない!〜オークランドCBDから車で走ること北に1時間、Matakanで行われた牡蠣とワインのイベントに行ってきました!牡蠣といえばクレブドンですが、マタカナの牡蠣もすごくおいしくてびっくりしました。味が全然違います。マタカナのほうがクリーミーです!イベント会場には80店舗ほどのお店が並んでおり、中央に屋根のある飲食スペース、ステージが奥にあり、来場者は好きなお店でワインと [続きを読む]
  • 鼻血イベント!チョコとコーヒーの展示ショー!
  • 年に1度行われるチョコレートとコーヒーのイベント、THE CHOCOLATE & COFFEE SHOW が10月6日と7日にオークランドCBDのthe Cloud(Japan Dayが今年行われた場所)で開催されるということで、行ってきました!今回で5回目となるこのイベントには、たくさんのチョコ好きとコーヒー好きが集まっていました!それぞれのお店が、自慢のチョコを試食してもらい、熱心にお客さんに説明していました。お客さんの前で楽しくトークをしながら、 [続きを読む]
  • 最も価格上昇率が高かった郊外のエリア Grafton
  • REINZ (Real Estate Institute of New Zealand)によると、今年2018年3月までの6か月間で、不動産価格の中央値の上昇率が最も高かった地域が、Grafton(39.8%↑)であることがわかりました。半年で価格が42万ドルから58万7千ドルまで上がりました。NZ$1が74円だとすると、半年で1200万円以上あがったことになります。Grafton 39.8% 42万ドル→58万7千ドルMt Eden 36.7% 92万7千ドル→126万7千ドルNorthcote 19.2% 114万7千ド [続きを読む]
  • Mt Roskillの大規模住宅供給 15年で1万戸
  • 政府はオークランドCBDの南に位置するMt Roskillに、15年をかけて1万戸の住宅を建設することを発表しました(9月9日)。この計画は鉄道の建設計画とリンクしており、143ヘクタール以上の土地に行われるこの開発は、Mangereの開発と同程度の規模です。<内訳>2400戸以上 KiwiBuild向け(ファーストホームバイヤー向け)住宅、約3000戸 不動産マーケット向け住宅3000戸以上 State homes(低所得者向け)南部は既に開始されており、来年 [続きを読む]
  • 成長が期待される郊外のエリア
  • ニュージーランドの不動産エージェントのひとつであるColliersInternationalが今後の不動産の投資先として、成長していくであろうと予測した地域をいくつか挙げていたので、紹介します。Golden Triangleというオークランド、ハミルトン、タウランガの3か所を結んで作られる三角形エリアは、ニュージーランドでもっとも早く成長すると言われています。今回紹介する地域は、おおよそすべてこのエリア内にあります。 <成長が期待され [続きを読む]
  • 想像以上!ティティランギのクラフトマーケット!
  • 毎月の最後の日曜日に開催される、Titirangi Village Marketに9月末に行ってきました!当日は天気もとても良く、ホールの中だけでなく、外にもたくさんのお店が並んでいました。シティから車で30分ほどの場所にあり便利ですが、車を停める場所を探すのが少し大変かもしれません、早めに行くことをお勧めします。10時からの開始でしたが、20分ほど前に到着した時には、すでにお店は準備ができており、お客さんも続々と集まっていま [続きを読む]
  • 不動産募集広告の掲載数の増加 9月
  • 2018年9月のrealestate.co.nzに新しく掲載される不動産募集広告の新規掲載数が10,372件となり前年同月から11.7%多いことがわかりました。(ニュージーランドで不動産を探すときによく使われるのはTrademeですが、realestate.co.nzは不動産エージェントのみが不動産広告を掲載しているので、一般の人の掲載(private listing)を除いて検索する際には便利です。)最も増加率が高かったのは、オークランドの31.9%で3896件でした(前年9月 [続きを読む]
  • やっぱり美味しいクレブドンオイスター
  • 先週、久しぶりにクレブドンを訪れました。目的はオイスター♪ 10時の開店と同時に入店し、ジャンボサイズを購入。お店の前にピクニックエリアがあるので、さっそく頂きました♪美味し〜 ここのオイスターは磯臭くもなく、さっぱりしています。他のオイスターと比べても、フレッシュさがダントツ、何個でも食べられちゃいそうです。お店の横に出ているストールで、オイスター天ぷらも購入。火が通ったオイスターは甘みが増し、こ [続きを読む]
  • 南島で最初の KiwiBuild in Wanaka
  • ニュージーランドの住宅供給計画であるKiwiBuildで建設された住宅が、南島でも初めて完成し、抽選が開始します。場所はQueenstownにあるWanakaで、2年間で211戸建設予定の住宅のうちの10戸が抽選の対象です。2ベッドルームが4戸、3ベッドルームが6戸でそれぞれに敷地内に駐車スペースがありあます。価格は56万5千ドルから65万ドルです。QueenstownはAucklandと同様に急激に不動産価格が上昇した地域のひとつであり、政府は8月にQu [続きを読む]
  • 首・肩こりで医者に行く。
  • 最近、体調不調が続いています。。。歳のせい、、、は大いにある。。。腰痛が回復してきたら、今度は、首・肩・腕にかけての強い痛みが続いていて、マッサージに行っても一向に良くならず。この間の腰痛の時に処方してもらって残っていた強い痛み止めを飲んでも、どうにもこうにも、、まだつらい今回はいつもお世話になる中国人の鍼灸医のところではなく、西洋式で治療してみようと、GP(かかりつけ医)に行きました。診察の結果、 [続きを読む]
  • オークランドにカプセルホテルができる?!
  • 日本ではお馴染みの?カプセルホテルがオークランドに来年できるようです。私も東京に行ったときに一度泊った経験があります!Jucy Snoozeという格安の宿泊施設を提供する会社が2019年にオークランドに466人が泊まれるカプセルホテルを建設するそうです。実はウェリントン、クイーンズタウンには既にあります。ニュージーランドにもカプセルホテルがあるのは知りませんでした!ターゲットは、費用を抑えて海外旅行を楽しむ、budget [続きを読む]
  • 固定資産税の高いカウンシル (都市) ランキング
  • 固定資産税(Rates) の今年一年の支払い通知が8月に届きました。支払い納期は一括でも4期に分けても可。オークランド・カウンシルに払う我が家の固定資産税は毎年、$30〜$50アップしています。市長選には固定資産税を上げない公約を掲げる候補者を選んで投票しているのですが、下がったことはありません。一度、査定額に異議を申し立ててインスペクターを呼び、再査定をしてもらったのですが、下げてはもらえませんでした。2023年 [続きを読む]
  • Home Showに行ってみた。
  • 先週のことですが、ASBショウグラウンドで開かれていたオークランド・ホームショウに行ってきました。毎年開催されており、話には聞いていたのですが、今回初訪問500社以上が集結し、家に関するもの、建材、部材、サービス等の最新の設備、製品を紹介しています。ちょうど会員様がお風呂のリノベーションを検討されていると相談を受けていたり、個人的にも自宅のリノベーションを検討中ですので、アイディアを得るには絶好の機会で [続きを読む]
  • 土地開発に対する近隣住民の心配事
  • ニュージーランドは住宅不足で、たくさんの場所で住宅開発が進んでいる。住む場所がない人たちにとって開発はどんどんしてほしいものだが、周辺に住んでいる人は必ずしもそうではない。タウランガにも、計画されている住宅開発に反対の声がある。Papamoa Eastで、住宅建設にかかるカウンシルに対する開発の許可(Special Housing Area)申請が現在行われている。面積2.42ヘクタールの土地にLeaseholdの77戸を建設予定である。いろい [続きを読む]
  • KiwiBuild 最初の抽選が始まる
  • 手ごろな価格の住宅を大量に供給する計画のKiwiBuildに関して、いよい最初の抽選が9月10日から4週間かけて行われます。抽選が行われるのはオークランド市内から南に30キロほどのPapakuraという地域の18戸の住宅です。〇価格〇3ベッドルームが$579,0004ベッドルームが$649,000これらの住宅はMcLennan Developmentという住宅開発のうちの一部で、今年のクリスマスまでにさらに12戸、来年には58戸のKiwi Build Homeが追加される予定で [続きを読む]
  • 売り出し中の物件で一晩寝た男、資格はく奪
  • オークランドの不動産会社に勤める男性が、自身の会社が売り出し中のアパートメントで一晩過ごし、シャワーまで浴びていたことが発覚し、不動産売買を行うためのライセンスをはく奪された事がニュースになっていました。男性は、その不動産の内見の為にそこにいただけで、同僚から許可を得ていたと主張しましたが、パニック状態で同僚に送ったとみられるテキストが残っており、嘘であるということがすぐにバレてしまいます。"Wt do [続きを読む]