ポーポー・ポロダクション さん プロフィール

  •  
ポーポー・ポロダクションさん: ポーポーのポログワールド
ハンドル名ポーポー・ポロダクション さん
ブログタイトルポーポーのポログワールド
ブログURLhttp://fanblogs.jp/pawpawporoduction/
サイト紹介文心理学・色彩心理・行動経済学の話を中心に日々感じた出来事やモノをつづります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 23日(平均9.7回/週) - 参加 2018/06/27 21:14

ポーポー・ポロダクション さんのブログ記事

  • 最近の心理傾向について
  • 最近の人の心理傾向で感じることがあります。人の行動を見ていると多くの人は人と関わることを嫌い大事なことを自分ひとりで決めてしまう傾向があります。人に迷惑をかけたり人の気持ちを動かすことが嫌なようです。その一方で人の評価がとても気になるようになっているようです。自分が他人からどう見られるのか嫌われていないかを過度に気にします。「人と関わりたくない」「人の評価は気になる」こうした極端な傾向が見えてきま [続きを読む]
  • セブンイレブンの「ちょい生」中止の背景
  • セブンイレブンの一部店舗で7月17日から試験的に販売予定の「生ビール」が当日になって中止になった模様です。ビールサーバーがあり一番搾り(と思われる)ビールがSで100円、Mで190円と見た目ではSでも200mm以上はありそうで「これはヤバイぐらい売れそう」と思いましたが残念なことに中止です。私はお酒がそんなに好きではなくビールも得意ではないのですがさすがにこのアツさではキーンと冷えたビールは美味しいだろうなと想像 [続きを読む]
  • W杯ロスについて考える
  • ついにW杯が決勝を向えます。そこでW杯ロスについて心理学的に考察してみたいと思います。W杯とオリンピックどちらが終わったときに空しさを感じましたか?双方共に4年に1度のイベントです。もちろん、見ている人がどちらを楽しみにしているかでロスは大きく変わりますがW杯とオリンピックでは一般的にオリンピックロスの方が強いと考えられます。それは終了する「終わり方」に大きな違いがあります。オリンピックは競技が次第に [続きを読む]
  • 魅力的な本屋を作らないとけない
  • 自民党の「全国の書店経営者を支える議員連盟」が7月12日に開いた会合で、出席した書店経営者から「インターネット書店に課税してくれー」という要望があがったと報じられ議論していきますということになったそうです。うーんなでも自分たちは固定資産税を払っているからということらししいですが。本屋さんがどんどんと潰れてしまう今の時代なんとなく気持ちはわかりますが私は方向が逆だと思います。本屋さんがもっと魅力的にな [続きを読む]
  • 人はなぜウソをつくのか
  • 人はウソをつきます。ウソをつく理由はたくさんあります。たとえば・自分をよく見せようとするため・相手を喜ばすため・自分を守るため・自分の利益を作るためなどがあると思います。自分の利益を作るためのウソは悪質ですが最初からウソをつく覚悟をしているのでなかなか簡単には見抜けません。でも高まった欲望は色々なところにメッセージとしてにじみ出ます。相手を喜ばすウソは内容が嬉しいのでついつい信じたい気持ちになり受 [続きを読む]
  • 「アンナチュラル」の続編を観たい
  • いつもブログを見ていただいてありがとうございます。どうも仕事と気持ちがアンバランスぎみです。相反する感情を持ったりしてアンビバレンツぎみです。そんなときはアンナチュラルの続編を観たくなります(謎)私は普段、あまりTVドラマを観ませんのでドラマの評価をする立場にありませんが私的今年、ナンバーワンのドラマといえばTBSの「アンナチュラル」でした。不自然な死の究明をする法医解剖医の視点から不条理な死因を探っ [続きを読む]
  • 西日本の豪雨、心よりお見舞い申し上げます
  • 西日本での記録的な豪雨により被害に遭われた皆様には心よりお見舞いを申し上げます。浸水の恐怖は私も何度か経験したことがあります。河川が決壊すると一気にくる水の恐怖とても怖かった記憶があります。今回は2階までも浸水するような未憎悪の災害土砂崩れもありもう言葉もありません。少しでも早く安心できる生活に戻れますように心よりお祈り申し上げます。 [続きを読む]
  • 最近の心理傾向
  • 時代や環境の変化に伴い人の心理は大きく変化します。そうした心理は時間とともに人の性格を変えてしまう人もあります。たとえば社会全体が不安を煽ったり不安な要素が増えてくると当然、不安な感情が増えてくるようになり不安に敏感な性格へと変わっていきます。不安な状況におかれると「よしがんばろう」と頑強な性格にはなりません。なる人はいますがごく僅かです。最近の人の心理傾向はこのブログでもいくつかお話をしてると思 [続きを読む]
  • あたりまえポエム
  • あたりまえのことをつぶやく不思議なポエム「あたりまえポエム」を知っていますか?「君が作ったカレーはスポイスの味がした」とか「一分が60秒に感じた」とかなんかあたりまえなのだけどポエムにするとそれっぽくてちょっと笑ってしまう。結構、前からじわじわ流行っています。そこで私も考えてみました [続きを読む]
  • LINEスタンプが
  • けっこう前に読者の人に頼まれてミホンザルのラインスタンプを2パターン作りました。ところがぜんぜん売れていなくて 笑たぶん双方共に10セットぐらい。でも、依頼してくれた読者と読者の友人たちがたくさん買ってくれたみたいです。久しぶりにラインのマイページを開いてみると相変わらずぜんぜん売れていないのですがなんと利用状況みたいなものが見られるのでそれを見ると毎日のようにたくさんミホンザルのスタンプを使ってく [続きを読む]
  • W杯の日本敗退について思うこと
  • 激闘のベルギー戦から一日経ってまだまだ「日本、惜しかったな〜」という気持ちが心を染めています。試合後に西野監督が「何かが足らなかった」とおっしゃっていましたがそれはそうなのかもしれませんが私はその話にとても違和感を覚えました。この違和感はなんだろう?と思うとよく考えてみると「足らない」ということではないのかなむしろ逆なのではないかなと思ったのです。前回の戦いで守りに徹してボールを回し国内外から批判 [続きを読む]
  • 一度、保有した「勝利」の感覚を手放すのは痛い
  • とても残念でしたね。サッカーワールドカッブの日本VSベルギー戦。後半の2点で「これは勝てるんじゃないか」と夢を見させてもらいました。しかし「勝てるかも」が「勝てそう」となり瞬時に逆転されて手放してしまった勝利の感覚このダメージは大きいですね。見ているほうでこんな感じなので選手たちのダメージは計り知れません。なんで私たちは一度期待してしまったこの勝利を失うとダーメージが大きくなるのか?なんか複数の心理 [続きを読む]
  • ものの「本質」が見えない人
  • ものには「本質」と「演出」がありいろいろなものを作っています。商品ならば商品の便利さやものの良さが本質にあたりCMや使い方の提案が演出になるでしょう。人にも本質と演出はあり人の行動の原理や思考パターンは本質のひとつであり自分をよく見せようとして盛ったり背伸びしたりする発言や見た目を着飾る服は演出です。企業や人が演出に力を入れるのは最近の人の認知傾向が演出に偏ってきており演出が特に良く利くからです。こ [続きを読む]
  • ホテルを検索するのに便利
  • 夏休みが目前に迫ってきたということでまだ計画を立ててない方は急いでどこへ行こうかどんなところに泊まろうかと探し始めるかもしれません。今までは楽天トラベルとか使っていたのですが最近はCMでもやっていますが「トリバゴ」と「トリップバイザー」でしょうか。ふたつとも結構簡単に検索できて調べられるのでありがたいです。ポーポーはたまに出張があるのでそんなときに簡単に空き状況を検索しています。▼トリバゴ国内&海外 [続きを読む]
  • ワールドカップはどのチームが優勝するのか?
  • 「全的中のタコ すでに出荷」こんな切ないヤフーのニュースタイトルがあっていいのかと思いました。サッカーのワールドカップロシア大会の日本戦北海道小平(おびら)町のミズダコ「ラビオ君」が予選リーグ3試合の結果予想をすべて的中させたらしいです。でも出荷されてしまったそうです。いやー切ないせめてはずれるまでとか当たったら水族館とかなんかこの先の見えない道に苦しくなった今日この頃です。ワールドカップ予想では [続きを読む]
  • 人の認知が干渉するストループ効果
  • 今日は色の心理効果についておもしろいものをひとつ紹介したいと思います。ではさっそくみなさんも体験してみてください。下の漢字を読んでみてください。特に問題なくさらりと言えたと思います。では続いて下記の色を言ってみてください。これまた問題なく言えたでしょう。このように人は漢字の認知、色の認知は瞬間的にできるのです。では続いて下の文字の「色」を答えてください。漢字を読むのではなく漢字に塗られた色を言って [続きを読む]
  • 日本代表の「ハネムーン効果」
  • 西野ジャパンが好調なのは西野監督の指導や戦術がハマっていることもあるのでしょうがハネムーン効果の可能性が高いなと見ています。みなさんも新学期の新しいクラス、新社会人として会社に勤めることになったり、企業の組織変更による新しい部署など環境が変わると一時的に気分が高まりませんか?人にはこうした心理効果がありこの効果をハネムーン効果といいます。大好きな人と夫婦になれて気分がもっとも高まっているハネムーン [続きを読む]
  • W杯に見る心理効果
  • そろそろ決勝リーグが見えて来てグループリーグも終盤です。特別、応援している国がなくても今回はこの国を応援しようという気持ちがでてくるころではないでしょうか?見ている側にも面白い心理がみえはじめます。ひとつは今回、強いチームを応援したくなる心理です。この心理をバンドワゴン効果といいます。「バンドワゴン」とはパレードの先頭を走る楽隊車のこと。先頭のバンドワゴンに乗ることで大勢の意見に乗ることを意味して [続きを読む]
  • ゴールキーパーのストレス(サッカー選手の心理)
  • W杯が盛り上がっています。日本もセネガル戦で引き分けに追いつきぐっと決勝トーナメントに近づきました。楽しみです。セネガルの試合でセネガル1点目ゴールキーパーの川島選手のシュート処理をめぐり批判があるという話も聞きますが確かに結果的にパンチングか取るかという問題はありましたが私は責められないと思います。ゴールキーパーの精神的なストレスは私たちの想像を絶するものがあります。海外の研究者がサッカー選手のス [続きを読む]
  • 人間関係の感情傾向
  • 最近、人に関して気になる「ある傾向」を感じます。少数の人のサンプルで全体傾向を語ることは愚かなことだと思いますので、私の印象的な話です。人に関与したくない、関与されたくないという人が増えていると感じます。これは人と会うことを仕事にしている人から聞く話や私も企業とかで会う人の傾向や会社や学校の責任者が語る話からそうしたことに近い話を聞く機会が増えてきたからです。うちの母のように知らない人にどこでも話 [続きを読む]
  • 「習い事」をしてみようかな
  • どうも調子がもうひとつ仕事もぼちぼちですが新しいことをしたら何かが晴れるかもと思い「習い事」とか「資格」みたいな勉強でもしたら流れが変わるかもしれないと検討してみたいと思います。とりあえずリクルートさんがやっている「ケイコとマナブ」のサイトを見てみます▼毎日が楽しくなるおケイコを探そう!ケイコとマナブ.netなんかめちゃくちゃたくさんあって驚きました。私はイラストをたくさん描いていますが実は「上手じゃ [続きを読む]
  • 日本の色が生まれた背景
  • 前回のブログに引き続き日本の伝統的な色の話をしようと思います。今日は日本の色が生まれた背景を少し説明します。多くの国では、まず明るさを「白」で、暗さを「黒」で表現し、寒色や暖色の色が加わっていったというのが一般的な色が生まれて派生していった経緯です。ところが日本が歩んだ色名の歴史はちょっと違います。原始日本には「赤」「黒」「青」「白」という4色が生まれました。「赤」は「明ける」「明るい」から生まれ [続きを読む]
  • W杯、日本代表のユニフォームの色
  • 今回のW杯で日本代表が着ているユニフォーム「勝色(かちいろ)」という色です。はい、この色です。「勝色」なんていうと新しく作った色と思われている人も多いようですが実際は日本の伝統的な色のひとつです。藍はタデ科のタデ藍という植物による染料のひとつで日本には1500年前に中国から朝鮮を経由して伝えられました。日本は昔から青、紺の色を出すときには藍で染めていました。藍染めはとても不思議で最初は黄土色に見え [続きを読む]
  • 大阪の地震、お見舞い申し上げます
  • 地震から一日経って色々な情報が入ってきましが被害はひどく地震にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。亡くなった方もいて怪我をされた方はとても多く驚いております。ポーポーの書籍は関西でたくさん読んでいただいていることもあり仕事や講演などで大阪へは何度か足を運んだことがあります。私にとっては第二の故郷のような気持ちです。また東北の震災のときに私は東京にいて震度5強を体験しましたが相当に揺れたという [続きを読む]
  • 行動経済学的にW杯で日本を応援する心理
  • ワールドカップが開幕し世界のトップ選手の技に魅了されております。すごいですよね。毎日、感動しております。今回はtotoも買えるようで応援に熱が入る方も多いと思います。明日の火曜日は日本戦なのですが「日本が勝つ予想をして日本を応援したらより楽しい」と青写真はこう描かれるのですがでも行動経済学的に考えると「コロンビアに勝てないだろう」と利益を取るコロンビアを予想している日本人がたくさんいるでしょう。すると [続きを読む]