飛鳥 さん プロフィール

  •  
飛鳥さん: 合格(うか)るが勝ち
ハンドル名飛鳥 さん
ブログタイトル合格(うか)るが勝ち
ブログURLhttps://asukask.hatenablog.com/
サイト紹介文合格るが勝ちとは思っていない凡人東大生が、東大生にしかわからない東大事情や受験情報を書き記すブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 24日(平均11.4回/週) - 参加 2018/06/28 09:50

飛鳥 さんのブログ記事

  • 東大生が語る、東大の進学選択制度のメリットデメリットとは
  • 東大にいると、思うことがあります。進学選択って、本当に良い制度なのか???あ、申し遅れましたが、東大の進学選択制度(進振り)というのは、学生が大学2年生のときに進学する学部・専攻を決定し、大学3年次からその学部に所属して学ぶという制度です。厳密には、入学時の科類によって進学しやすい学部があったり、成績によって進学できる学部が限られたりと、結構ややこしい制度なので、詳しくはこちらの記事をご覧ください [続きを読む]
  • 大学はなぜ4年間なのかと疑問に思うので勝手に制度変更を提唱してみる
  • 東大の進振り(進学選択)制度をもう少し改善できないものなのかなーと、たかが一東大生の分際で考えて(妄想して)いたところ、そもそも大学が4年間である必要なくない?という超根本的な疑問を抱いてしまったので、ちょっと書いてみることにします。ちなみに東大では、最初の2年間(前期教養課程)で一般教養を学びます。その後、進学選択という制度によって希望の学部に進学し(希望が通るかどうかは成績による)、後半の2年間で専門 [続きを読む]
  • 東京大学の女子学生の数が全然増えないって話
  • みなさんご存じかもしれませんが、東大って女子率が低いのですよ。東大の女子学生比率は、最近「頑張って」やっと2割という状態なんです。文系でも3割いかないくらい。理系だと40人のクラスに女子1人ということもあります。「頑張って」って何を頑張っているのかと思われるかもしれませんが、オープンキャンパスで女子学生の相談ブースを増やしたり、女子学生が母校に東大の魅力を講演しに行く企画をやったりしています。最近で [続きを読む]
  • 東大・難関大を目指す受験生が夏休みにこれだけはするべきこと
  • 高校生はもう夏休みですね。大学受験生のみなさんは夏休みになると、学校に行く必要がなくなり、「たくさん勉強するぞ!」と意気込むことと思います。でも、時間があるようで意外と時間が少ないのも夏休み。塾の夏期講習や、毎週末のように行われる模試を受けているうちに、あっという間に過ぎ去ってしまいます。そこでこの記事では、東大や難関大への受験を控える高校生・浪人生が、夏休みに最低でも行うべきことについて説明し [続きを読む]
  • 徹底紹介!東大生は幼少期にどんなおもちゃで遊んでいたのか
  • 「東大生は子供の頃にレゴや積み木、パズルなどで遊んでいる」と言った話をよく聞きます。たしかに、私の場合は親が割と教育熱心なほうであったからか、知的玩具は家に多くあったように思います。また、絵本の読み聞かせも毎晩のようにしてくれていました。私自身は子供のときからパズルやレゴで遊ぶのが好きでしたし、オセロなどのボードゲームや、トランプなどのカードゲームもよくやっていました。高校生になってから、多く [続きを読む]
  • 東大の必修科目である英語の授業について東大生が説明する
  • 天下の東大生であれば英語なんてペラペラに違いない!と思われる方もいるかもしれませんが、実際の東大生は、英語の読み書きが他の人よりちょっと得意なだけ(入試に英会話の試験はないわけですから)。英語で行われる授業を、時には四苦八苦しながら耐え忍んでいる人も多いわけです。東大といえど、国内の大学。ほぼ全ての授業が日本語で行われますが、英語の授業についていえば、英語オンリーで行われるものもあります。(まあ、 [続きを読む]
  • 東大受験生必見!二次試験論述対策にもおすすめの地理参考書・問題集
  • 今回は、東大入試二次試験の地理の対策としておすすめの参考書・問題集を取り上げます。二次試験に地歴が2科目必要な大学ってほとんど無いんですよね。日本史や世界史は良い参考書がたくさんあっても、地理の参考書で、しかも論述問題に対応できるものは少ないんです。私も受験生のときは参考書選びに困りました。ですので、今日は東大の二次試験、論述対策にも対応できるようなおすすめの参考書を取り上げます。 こちらもお [続きを読む]
  • 精神的な弱さを克服してメンタルを強くするたった3つの方法
  • この記事を読んでくださっている受験生や就活生、仕事をされているサラリーマンの中には、重要な試験や会議、プレゼンなどの前に、「失敗したらどうしよう」と考え、緊張してしまう人も多いのではないでしょうか。または、ミスをしてしまったときや、逆境や困難に直面したときにも、「自分はダメだ」と考え、落ち込んでしまうこともあるかもしれません。過去の失敗を乗り越えられないときは、本当に苦しくて、体調まで悪くなってし [続きを読む]
  • 大学生が絶対に長期インターンをするべき5つの理由
  • 特に大学1、2年の方は、「インターン」という言葉についてどのような印象をお持ちでしょうか。就職活動はまだ先のことだから気にしなくても大丈夫、そう思っていませんか?たしかに、二週間や一カ月といった期間が限定されているインターンシップについては、就職活動の一環として、企業と学生との相互理解のために実施されている場合も多いです。しかし、今回私がおすすめしたいのは、少なくとも3カ月以上勤務する長期インター [続きを読む]
  • 「入試数学、何完?」「イカ東」とは?東大生あるあるをまとめてみた
  • 昨日、某テレビ番組を見ていたら、東大卒のある女性の方が、「東大卒の主人と初めて会った時にされた質問が『入試の数学、何完だった?』」という発言をされていました。他の出演者の方々がその発言の意味を掴めず首をかしげるなか、東大卒の他の出演者達が激しく頷いていたのを見て、「そうかこれは東大あるあるなんだなあ」と実感したので、今回はそんな「東大あるある」について書いてみたいと思います。(先ほどの「入試の数 [続きを読む]
  • 勉強や仕事の効率を上げる最強の昼寝術 6つのコツ
  • 毎朝早くから夜遅くまで仕事や勉強をしていると、疲れが溜まってくると感じる方も多いでしょう。そんななかで、集中して勉強や仕事をしていると、疲れて眠くなってしまうこともありますよね。そんな場合に、数十分のあいだ仮眠をとりたい!と思うことも多いのではないでしょうか。実は、昼間の時間帯に仮眠をとることは、集中力アップには有効なのです。しかし、昼寝の正しい方法を知らないでいると、昼寝から目覚めた後も眠気が [続きを読む]
  • 東大受験生必見!二次試験英語リスニングの勉強法・参考書
  • 国立大学の二次試験でリスニング対策が必要なのは現時点では東京大学のみです。しかも実施時間は30分で配点は30点と、英語試験全体の4分の1を占めます(時間・配点共に)。このリスニングのパートは、しっかりと対策をすれば安定して25点以上、時には満点をとることも可能です。出来るだけ点数を稼いでおきたい英語の試験で安定した点数が見込めれば、落ち着いて試験に臨めますよね。そこで今回は、英語リスニングの対策方法について [続きを読む]
  • 官庁訪問に失敗して、官僚になれなかった東大生へ
  • そろそろ官庁訪問の結果が出始める時期ですね。まずは官庁訪問お疲れさまでした。内定をもらえなかった方にとっては、つらい時期だと思います。内定をもらった方は、おめでとうございます。その内定の影には、内定をもらえなかった大勢の学生の涙があります。そのことを忘れずに、より良い社会をつくるために精進してください。官僚になりたいという思い・熱意に自信があって、何カ月も前から対策して、ハイレベルの試験にも合格 [続きを読む]
  • 東大は学部を決めずに入学できる?東大の進学選択について解説します
  • 日本にある多くの大学では、学部を決めて出願し、入学後はその専攻に合わせた授業を履修するというシステムになっています。しかし、東大では学部を決めずに入学することができ、学部2年の時に行われる「進学選択」(以前は「進学振り分け」という名称だったので「進振り」という略称がある)によって学部を選び、3年生で各学部・学科に進学することになります。この「進学選択(進振り)」という制度は他の大学には存在しないものな [続きを読む]
  • 実は留年率が高い!?東大生の進級・卒業を阻む6つの障壁とは
  • 日本一の入試を乗り越えた東大生なのだから、東大で留年する人などほとんどいないと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、実は東大の留年率は、日本の大学のなかでもかなり高い方なのです。特に法学部や文学部では3割以上の学生が留年しています。(これでも法科大学院が設立されて以降、留年率は下がっています。)なぜ、東大ではこれほど多くの学生が留年してしまうのでしょうか。そこで今回は、実はあまり知られ [続きを読む]
  • 東大生が語る、超進学校の出身というわけではないのに東大を目指した理由
  • ブログを書いていて、私自身のバックグラウンドの話を全くしていないな、ということに気付いたので、このあたりで少し私自身のことについて書いてみます。東大生であると言うと、東大合格ランキングで上位に君臨している高校の出身ではないかと思われるかもしれませんが、全くそのようなことはありません。関東(東京以外)のどこかの学校です。同じ県内にお住まいの方であれば、名前くらいは聞いたことのあるであろう私立中高一貫 [続きを読む]
  • 東大生が英文読解問題の練習法・対策法を伝授します
  • 文系受験生も理系受験生も対策する必要がある科目、それが英語です。特に近年その重要度は高まっていて、入試英語の配点がとても高い大学や、入試に英語しか課されない大学も出てきています。英語ができる受験生は、受験をかなり有利に進めることができます。そして、英語は、文系生にとっても理系生にとっても、努力した分だけ成績が向上しやすい科目でもあります。実際、優秀な受験生のほとんどが、英語を得意としているという [続きを読む]
  • 東大生にとって官僚(国家公務員)とはどのような職業なのか?
  • 東大は昔から伝統的に、「官僚養成学校」としての役割を果たしてきました。とある官庁では、総合職として採用されるのはほとんど東大卒であるという話もあります。国を動かすことのできる仕事と言えるので、東大をはじめとした最難関大学の生徒には魅力的な職業と言えるかもしれません。しかし近年では、東大生の就職先として、官庁は人気が落ちてきていると言われています。直近の官僚人気の直近のピークであった1996年の4万500 [続きを読む]
  • 東大生が教える!東大二次試験 漢文対策のおすすめ参考書
  • 東大二次試験においては、理系受験生であっても、現代文はもちろん古文・漢文まで対策しなければなりません。また、文系生のなかにも、現代文は得点の波が激しいから古文・漢文で安定した点数を稼いでおきたい、と考える人は多いですよね。そこで今回は、東大二次試験にも対応できる漢文の対策とおすすめ参考書をお教えします。東大二次試験漢文基礎知識東大の二次試験においては、漢文の配点が文系生は30点、理系生は20点で [続きを読む]
  • 東大生の成績事情とは!?東大生が学生生活を徹底的に公開します
  • 私が入学したのは、東大のなかでもその多くが文学部や教育学部に進学する文科三類だったので、「是が非でも東大に合格するために、東大文系の中でも一番合格しやすい(と言われている)文三を受験した」「いざ合格してから考えてみると文学にも教育にも興味がない…」という友人は一定数いました。そのような学生は、2年次に行われる進学選択(私の時代は進学振り分けと呼ばれていました)によって法学部・経済学部・教養学部等への進 [続きを読む]