mel さん プロフィール

  •  
melさん: ほくせつそうしょ
ハンドル名mel さん
ブログタイトルほくせつそうしょ
ブログURLhttp://hokusetsusousho.jp/
サイト紹介文四季折々の和歌と美しい日本の言葉をご紹介します。時々、300色の色鉛筆を使ったワークショップの話も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 21日(平均6.7回/週) - 参加 2018/06/29 00:37

mel さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • はすはじめてひらく
  • み佩かしを 剣の池の 蓮葉に 溜まれる水の ゆくへなみ 我がする時に 逢ふべしと 逢ひたる君を な寝ねそと 母聞こせども 我が心 清隅の池の 池の底 我れは忘れじ 直に逢ふまでに   (作者未詳 万葉集 13巻 3289 […] [続きを読む]
  • たなばた
  • 昔、七夕は「棚機(たなばた)」と呼ばれていました。 「棚機(たなばた)」は、棚機女(たなばたつめ)として、選ばれた乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈り、人々の穢れをはらう古い日本の神事でした。 乙女 […] [続きを読む]
  • 千成小学校へ
  • 雨の中、豊中市立千成小学校へ打ち合わせに行ってきました。 千成校区は、豊中市で一番南端。 神崎川の向こうは大阪市です。 エディオンやニトリ、ライフなどの大型店が一か所に集まっているので、買い物は便利そう。 絵本ワークショ […] [続きを読む]
  • 紫陽花の季節に
  • あぢさゐの八重咲くごとく八つ代にを いませ我が背子見つつ偲ぶはむ (あじさいの花が八重に咲くように、あなたも八代まで、いつまでも元気でいてください) 万葉集に出てくる橘諸兄の歌です。 花言葉は「辛抱強い愛情」「一家団欒」 […] [続きを読む]
  • うめのみきばむ
  • かぞふれば年をふる木の梅の実の色づく雨もここに久しき (『霞関集』 石野広通) 6月16日から6月20日ごろは「梅子黄(うめのみきばむ)」と呼ばれていました。 「梅の実が熟す頃の雨」が降るとされる季節です。 […] [続きを読む]
  • 過去の記事 …