ユキワカ さん プロフィール

  •  
ユキワカさん: agattari sagattariの日記
ハンドル名ユキワカ さん
ブログタイトルagattari sagattariの日記
ブログURLhttp://agattarisagattari.hatenablog.jp/
サイト紹介文双極性障害になって約10年。退職を余儀なくされたアラフィフ独身男の仕事探しとパートナー探し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供146回 / 143日(平均7.1回/週) - 参加 2018/06/29 11:54

ユキワカ さんのブログ記事

  • 弱い横綱はいらない
  • 稀勢の里のことを言っているのではない。元日馬富士と鶴竜のことだ。稀勢の里は白鵬の連勝記録を何度も止め、それなりの力は持っていた。日馬富士が余計なことをしてくれた。相手に怪我を負わすほど勝ちきるのは横綱相撲ではない。日馬富士は弱いが故に、稀勢の里に怪我を負わせるまで追い詰める相撲をとった。鶴竜は横綱の中で一番勝率が低い。連続優勝したから横綱にしたが、力は大関レベルだ。せっかく相撲人気が戻ってきたが、 [続きを読む]
  • 任命責任ってなんだ?
  • 無能な大臣はいらない。ある者を任命することによって生じる任命者の責任(大辞林より)16日の国会答弁で、サイバーセキュリティ担当(オリンピック担当)の桜田大臣が「私はパソコンを打つことはない」と発言。はぁ!口があんぐり空いたまま塞がらないとはこのことだ。桜田大臣と片山大臣はいずれ辞任するだろうが、安倍は任命責任は私にあると言いながら、頭をすり替えるだけで終わるだろう。むしろ野党が大臣追求の質問に時間を費や [続きを読む]
  • 障害者雇用拡大へテレワークを推進?
  • 12日、厚生労働省は障害者の雇用水増し問題に関しては、道義的責任はあるが、処分に値する違法な行為はなかった、としてお咎めなしとした。自分はこのブログで、国家公務員全員の給与削減を提案したが、国家公務員の定員は上限が決まっているだけで、地方公務員のように条例で適正に管理されていないようだ。だとすると4,000人の定員増くらい簡単に処理できるのだろう。国家公務員には管理監督者の処分を科している地方公務員を見 [続きを読む]
  • 東京国際仏教塾後期課程
  • 後期課程は自分の好きな宗派を選んで、1泊2日の修行を5回各寺院で行うというもの。自分は真言宗を選んだ。密教に興味があり、最澄よりは空海の方がより完成度が高い。そして鎌倉仏教はすべて、天台宗から興ったものだから、真言宗が最強だと思っている。ただ、欧米では禅が仏教だと思われていることが多い。これは、禅宗の僧侶が欧米に数多くいたためと思われる。今回も修行場所の寺院が茨城県鹿嶋市と車で2時間以上かかり、結構一 [続きを読む]
  • 母の年金
  • 今日、母が生きていれば81歳の誕生日であった。もうあの悲劇から9年も経ったのか、早いものだ。年金は12年弱しかもらっていなかったことになる。正確に言うと、父母が60歳を超えていたのが10年、父が亡くなってから1年後に亡くなったから、母独自としてもらったのは1年4ヶ月。どう考えても元が取れていない。5080とか6090が問題となっている。いわゆる老老介護の問題だ。親の介護に自分の存在意義を見出し、場合によっては会社を辞 [続きを読む]
  • 睡眠時脳波検査の結果
  • 10月17日夜から18日の朝にかけて行った睡眠の解析結果が出た。いつもどおりの睡眠薬(ベンザリン半錠、ベルソムラ、レメロン2錠)を飲んでの結果だ。臥床から入眠に落ちる迄が11分、入眠から覚醒までの時間は7時間44分、総睡眠時間が7時間10分、覚醒は34分、レム睡眠が72分、ノンレム睡眠が5時間35分、覚醒は覚醒反応(中途覚醒まではいかないが眠りが浅くなる現象)4.6回/時、中途覚醒で食べたのが2回、下肢の筋肉が少しだけ多く動い [続きを読む]
  • 核心を伝えないマスメディア
  • 「いらない」シリーズに戻る。仲良し記者クラブはいらない。皆と同じことをしていれば菅官房長官から良い情報がもらえるのかもしれないが、それって政府のプロパガンダになりさがっているだけで、メディアの監視役という本来の役割を忘れてないか。東京新聞社会部の望月イソ子記者が、菅官房長官に食い下がるのに、援護射撃をしようとするメディアがいない。仲良し記者クラブから村八分にされるのが怖いからだろう。だったら貴様は [続きを読む]
  • 少しムッとした話
  • 先日の区役所の案内担当(委託業社の社員かも)に対してムッとしたことです。転出した区役所に区民カードを返却に行ったときのことです。カードの裏側には「区外に転出した場合にはカードを返却してください」と書いてあったので、その通りに返却しに行きました。その旨を告げると、案内の方は「転出届けをされていれば、カードは無効となっておりますので、お客様の方で挟みを入れて処分してください。」と言いました。(ちょっと待 [続きを読む]
  • 生活保護よりも刑務所へ
  • 厚生労働省の調査によれば、2015年度末の生活保護受給世帯は163万世帯(以前の投稿では人数で200万以上と書いた)、このうち高齢者世帯は83万世帯で半数以上を占める。経済的に追い込まれ、窃盗等の罪を犯している高齢者も多い。窃盗による検挙者数は漸減しているものの、高齢者の検挙者数は膨れ上がり、特に高齢女性者の場合、83%が万引きで検挙されている。高齢者にとって、「生活保護を受給するのは恥ずかしい」という思い込みが [続きを読む]
  • (怒)沖縄に基地を造らせてはいけない!
  • 「沖縄移住計画」を前に書いたが、沖縄と本土の対立はデニー知事の誕生でますます溝が深くなった。沖縄の辺野古埋め立て承認撤回に対し、防衛省が国土交通省に対し、行政不服審査法を用いた。本来、行政不服審査法は行政の処分に対し、国民が60日の間に不服を申し立てるもので、行政が使うものではない。しかし、これを以前にも利用しており、法の趣旨を逸脱している。裁判より時間を優先した政府による脱法行為である。石井国土交 [続きを読む]
  • (怒)また国が年金の支給額を誤魔化し
  • 2日、厚生労働省は、モデルの年金を公表した。夫婦二人、奥さんが専業主婦、平均手取り収入が348,000円(ボーナス込み)として、70歳まで働き70歳から年金を受け取ると標準で331,000円、60歳で仕事を辞め65歳から受け取ると218,000円というものだ。10万円以上も上がるのだから、働けるまで働いて受け取りは70歳からにしようよ、というメッセージなのだろう。これについては、社会保障審議会年金部会が、7割以上の女性が就業し、65歳 [続きを読む]
  • (怒)国家公務員の給与5年連続増
  • 6日、人事院勧告があり、国家公務員の給料が月額655円、ボーナス0.05ヶ月増と勧告案通り、政府は今国会で法案を通すこととした。人事院勧告は、50人以上の規模の会社の平均給与とされる。平均をとってそうであれば給与増も納得できる。しかし、今回は4,000人分の障害者の給与はどこから捻出されるのか。10月20日の投稿で書いたが、まさか人員の定数を4,000人増やす法案を通して、100億近くの税金を追加で投入するつもりなのだろう [続きを読む]
  • 全国公立高4割が定員割れ
  • 10月26日に「私立大学の49%が定員割れ」を書いた。今度は国公立の高校が41%定員割れしているそうだ。(3,177校のうち1,311校)特に地方での農業、工業系で顕著だ。大学と違って学校数が増えているわけではない。むしろ統廃合が進み数は減っている。少子化の影響である。その結果、学力レベルは下がり、部活動まで制限される。東京でも、小中高の統廃合は進んでいる。廃校になった校舎は社会教育施設や老人用施設に転用されている。 [続きを読む]
  • 移民受け入れ初年度4万人と試算、産業界は歓迎
  • 今の国会で野党のみならず、自民党内からも議論が噴出している、特定技能という移民受け入れ問題。10月25日に第一報を自分は書いているが、政府は議論未成熟のまま、閣議決定に持ち込もうとしている。特定分野、政府は14業種検討しているが、このうち家族の帯同を認めるのが、5業種(造船、航空、自動車整備、建設、宿泊)。他9種は(介護、農業、漁業、ビルクリーニング、外食、飲食料製造、素形材、産業機械製造、電気電子情報関連) [続きを読む]
  • 様々なまちづくりについて
  • 優先順位からあげていく。防災まちづくり、環境まちづくり、福祉のまちづくり、安全安心(防犯)まちづくり、景観まちづくり、観光まちづくり。いずれのまちづくりもハード面の整備だけでは駄目で、ソフト面も充実させる必要がある。国民の命と財産を守るには防災が最優先だろう。燃えないまちづくりが大切だが、死者を出さないのであれば、お叱りは承知の上で、木密地域は燃えてしまうのもありかと思う。廃墟と化した都市は都市づく [続きを読む]
  • 東京の都市計画その他の課題
  • 住宅とオフィスは以前もういらないと書いた。大学も。今、東京に必要なのは、ホテルと老人施設くらいだろう。ホテルは外国人観光客の需要が見込めるし、老人施設は異論はないだろう。待機老人がたくさんいるが、今の特定養護老人ホームは要介護3以上でないと入れない。もう少し元気なうちから入れてスポーツ施設が併設して健康寿命を延ばすのが良い。東京は東京の都市計画だけを考えていればいいわけではない。かなりの地方都市は [続きを読む]
  • 買い物弱者が都市部で増加
  • 農林水産省は、最寄りの店舗(生鮮食料品)まで500m以上あり、車の利用が困難な65歳以上の高齢者を「買い物弱者」と定義している。(経済産業省でも買い物難民などの言い方がある)H27の時点で、全国の買い物弱者は824万人、都内でも60万人と少なくなく、65歳以上の5人に1人が相当する。練馬区の光が丘団地では、セブンイレブンが冷蔵用軽トラックで週2回、出張店舗を展開していた。東京都でも多摩部だけの話ではなく、23区の外周部で [続きを読む]
  • 就職活動始めました
  • 11月から就職活動を始めます。25年振りの就職活動です。障害者移行就労支援事業所に通ってもう1年4ヶ月も経ちました。早速2社(都市計画コンサルタント系)に問い合わせをしてもらったのですが、既に障害者雇用率は充しているとのこと。さすが民間、霞ヶ関のヘッポコ役人とは意識が違います。とはいえ、次にどうするかです。4,000人に応募する気はサラサラないので、クローズで契約社員とか、非常勤とか考えようかと思います。おっと [続きを読む]
  • 年金制度(思いつき)
  • 年金が破綻することは以前書いた。国が70歳まで継続雇用する法案を通し、年金支給開始年齢を70歳にしても、さすがに1階建て部分の国民年金の支払期間を60歳以上にすることはないとは思う。否、働いているうちは支払えというかもしれない。そこまで年金財政は逼迫している。(自分で備える確定拠出年金が60歳から65歳ひ引き上げられる)先日、将来の年金支給額の目処がわかる年金定期便が届いた。一浪一留で24歳からしか年金を払って [続きを読む]
  • 障害基礎年金再審査1,000人余に支給再開
  • 障害のある人に支払われる障害基礎年金をめぐり、日本年金機構は、支給要件の審査の仕組みが変更されたことに伴い、支給停止された約2,000人を改めて審査した結果、半数余りの人に支給を再開することに決めた。支給要件は都道府県によってばらつきが見られるとして、2017年4月からは、東京にある障害年金センターに一元化された。この変更に伴い、支給停止された疑いのある1,939人を再審査した結果、1,106人は要件を満たしていると [続きを読む]
  • 生産年齢人口の減少をAIでどこまで補えるか
  • 人口問題に戻る。移民が根本的な解決策にならないとすれば、AIで補うしかない。今ある業務が自動化される割合は、マッキンゼーの試算では、日本はロボットの導入余地が55%と先進国の中で最も大きい。金融、官公庁の事務職や製造業で、資料作成などの単純業務の割合が高いからだそうだ。今までの産業革命では、機械化されて無くなる仕事がある一方で、新たな仕事を生み出してきた。しかし、AIの導入はAI自体が深層学習をする [続きを読む]
  • 障害者雇用促進法を改正し、国の機関も厚労省が調査へ
  • 第三者検証委員会が22日にまとめた報告書を受け、国の機関に対しては厚生労働省がチェックできるようにするため、来年の通常国会で障害者雇用促進法の改正を目指す。主な改正点は、民間に対しては厚労省所管の独立行政法人が3年に一度、訪問調査を実施しているが、国の機関に対しては厚生労働省自ら訪問調査をすることとし、障害者手帳などのコピーの保存を義務化することなどとしている。ユキワカよければポチお願いします。励み [続きを読む]
  • 人事院が障害者選考試験の概要を公表
  • 24日、障害者水増しに対する措置として、人事院が国家公務員試験の概要を公表した。受験申込受付期間:2018年12月3日〜12月14日第一次選考日:2019年2月3日第一次選考通過者発表日:2019年2月22日第二次選考日:2019年2月27日〜3月13日合格者発表日:2019年3月22日なんとタイトなスケジュールであろう。とにかく数合わせを至急に解消するには仕方ない措置である。これで数百人規模、来年3,000人規模の採用をするものと思われる。合格者 [続きを読む]
  • 私立大学の49%が定員割れ
  • 文部科学省によると、18歳人口はピークだった1992年の205万人から約90万人減少している一方、この間私立大学の数は6割増え、定員は4割増加した。その結果、16年度末時点で、国内の私立大570校のうち279校が定員割れとなり、そのうち6割が赤字経営をしている。私立大には、私学助成金が補助金として交付されており、2018年度予算で3154億円にのぼる。2019年にも専門学校が大学に移行するようなケースが多く、17の私立大が開学の予定 [続きを読む]
  • 移民という言葉を使わない政府の誤魔化し
  • 人口問題に戻る。昨今、コンビニのレジ打ちなどもそうだが、単純なアルバイトには日本人が集まらず、外国人、特に東南アジア系の人を雇うケースが増えている。生産年齢人口の減少をAIで補うまではまだ時間がかかるので、移民の受け入れではないが、今まで行われていた技能実習生の制度を拡大する方針を政府が示した。(入国管理法を改正し、外国人労働者の受け入れを拡大と臨時国会の所信表明で演説)技能実習制度は日本には5年し [続きを読む]