ユキワカ さん プロフィール

  •  
ユキワカさん: agattari sagattariの日記
ハンドル名ユキワカ さん
ブログタイトルagattari sagattariの日記
ブログURLhttp://agattarisagattari.hatenablog.jp/
サイト紹介文双極性障害になって約10年。退職を余儀なくされたアラフィフ独身男の仕事探しとパートナー探し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 82日(平均7.3回/週) - 参加 2018/06/29 11:54

ユキワカ さんのブログ記事

  • 日本橋上の首都高速道路の撤去
  • 現役の時、街(景観)づくりの仕事をしていて、何が一番インパクトがあるかと、考えて出た結論が上記であった。そもそも三環状ができれば、都心環状線は必要ないとは思っているが、どうやって首都高を回せば、日本橋川の上空の空を取り戻せるか考えていた。それが、3200億円をかけて地下化案とすることを、国と都と公団で合意したというニュースが飛び込んできた。日本橋付近の再開発計画が浮上したことで、ビルの下に道路を通すのだ [続きを読む]
  • 容積緩和の都市計画
  • 東京の都市計画で最大の問題は、大地震の際の木造密集地域での火災である。これを防ぐために延焼遮断帯となる道路を作ったりしているが、こういう場所を再開発する時は、どうしても容積率を緩和しないと採算がとれず事業にならない。こういう地域は地権者も多く合意形成が難しいため、デベロッパーは大規模な工場跡地や臨海部の土地で大規模開発を行う。豊洲なんかいい例だ。すると学校や保育施設、最近は老人施設が足りなくなるの [続きを読む]
  • 東京のオフィスビルで誰が働くの?
  • オフィスビルはもういらない。2020のオリンピックに向け、東京では建設ラッシュが続いている。何が復興五輪だ。はっきり言って復興の邪魔をしている。オリンピックが終わっても東京の建設ラッシュが止まらない。渋谷、六本木、品川、臨海部などいわゆる特区の区域での開発のボリュームが凄い。最近の開発は複合化している、単体の用途では魅力が少ないのだろう。ホテルは外国の旅行者が増えてまだ需要がある。しかし、オフィスは果 [続きを読む]
  • 空き家が増えているのに新築を建て続ける不思議
  • 新築の住宅はあまりいらない。H29の新設住宅着工戸数は、95万戸程である。空き家の増加(H25に840万戸全体の約13%)が問題になっているにもかかわらず、年間約100万戸の新しい住宅が建設されている。不思議な国である。シンクタンクの予測では2033年(今から15年後)には空き家が2150万戸になり、全体の3割になるそうだ。この間、新設の住宅着工戸数は漸減し、2033には年間約50万戸となる。住む人がいないのに、何故住宅は作り続けられ [続きを読む]
  • リニア新幹線はいらない
  • 東京と名古屋が40分で結ばれるリニア新幹線。ほとんどがトンネルだそうで車窓から景色を楽しむことはできないらしい。また当初は名古屋までということでJR東海が建設費を全額負担するはずが、大阪まで伸ばすことで政府の財政投融資がたしか3兆円入る。今でものぞみを利用すれば、品川〜名古屋は最短1時間40分で行ける。1時間短縮されるだけなのに、南アルプスに世界最長のトンネルを掘る必要があるのだろうか。土圧が物凄い難工事 [続きを読む]
  • 文系は本当にいらない?理系の基礎研究に予算がつかない?
  • 自分は理系である。だから入試の時、日本史も世界史も勉強しなかった。今それを大変後悔している。歴史は繰り返されるというが、同じ過ちを犯さないためにも、誰かどこでどういう判断をしたからこういう時代になった、という位は説明できないと恥をかく。ところが、文系の学問は社会にあまり役立たないという理由で予算が削られている。また、理系においても、すぐに経済効果の出ない研究費は減らされつつある。近年、ノーベル賞を [続きを読む]
  • 大学はもういらない
  • 1990年には62%だった大学進学率(入学希望者総数/入学定員総数)が、2009年には90%になった。いわゆる大学全入時代である。小泉内閣の時に大学設置の基準が緩和され、1992年から2006年まで四大は70校新設され、短大から四大は114校増加した。もちろんこれは数字上の話で、希望する学部に全員が入れる訳ではない。(獣医学部の需要は入試の倍率においてはあそこの大学は必要だったかもしれないが、教授陣を見る限り高度な教育ができる [続きを読む]
  • 国は外務省と防衛省と歳入庁だけでいい
  • 他の省庁もおんなじ。地方に権限を渡せばいい。西暦2001年の省庁再編前は、分かりやすかったけど、今はなんとか大臣がいっぱいいて、なんだかよくわからない。タイトル通り、外務省と防衛省と歳入庁(国税庁と国民年金機構を併合及び予算)だけ国はやればいい。そうすれば、国家公務員も国会議員も全然少なくて済む。当然天下る人も少なくなる。(TPPとかパリ協定とか新薬の認可は外務省の下部組織にすればいい)安倍さんは議員定数を [続きを読む]
  • 国土交通省もいらない
  • 自分は街づくりに関係する仕事をしていたので、昔の建設省に出向くことはたまにあった。しかし、首相官邸に行くことはなかった。(いや見学会で行ったのを思い出した。そうだ曳家した首相公邸も見せてもらった)当時は国家戦略特区なんかなくて、再開発地区計画(今の再開発等促進区を定める地区計画、簡単に言うと公園などのインフラを整備することで容積率を上げる制度)の相談に行ったりした。その後、国も都も様々な容積率緩和制度 [続きを読む]
  • 文部科学省はいらない
  • 何回か「いらないテーマ」で書きますね。自分の姉は元小学校の教員で、超ブラック職場だった。自分が一年入院していたのに、見舞いに来たのは、たった一回だけ(2回かな?)。弟の命と仕事とどっちが大切なんだとは言わなかったが、さすがに何とかならないものかと思った。最後、退院が出来たのは、姉が姉の家の近くに住まいを確保してくれたからで、それは感謝している。2つ年上の姉と同時に仕事を辞めるとは思わなかったが、今の小 [続きを読む]
  • 姉弟の関係
  • 姉との関係は一時悪化したが、今は普通に戻った。一番悪化したのは母の葬式の時。自分のやり方と姉のやり方が真っ向から対立した。結局、自分の関係の弔問者と姉の関係の弔問者でやり方を変えた。また、姉が家を建てる時、建築学科卒の自分に何の相談もなかったことにも腹が立った。まぁ一級建築士を持っていないから仕方ないが。精神病院に入院している人は兄弟と縁を切っている人が多かったな。兄弟どころか、両親とも連絡をして [続きを読む]
  • 被災者の方々にお見舞い申し上げます
  • 昨日の北海道地震、3日前の台風21号、そして西日本豪雨で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。どうも最近の日本はおかしいですね。火山噴火が頻発して地震は多いし、海水温が高くて時間100ミリを超える雨は降るし、スーパー台風が来るし、熊谷で41.1°を記録するし。本当に東京だけが被災を受けていない。南海トラフも東京はかろうじて震度5強までだ。健康体であれば、尾畠さんのようにボランティアに駆けつけたいところ [続きを読む]
  • またまたお願い
  • このブログを書くために、本を読んだり、様々な活動をしたり、わからないことを検索するのが、インプット。ブログとしてまとめて言いたいことを書くのがアウトプット。だんだんアウトプットが躁うつ病の話題から逸れてきています。なかなかそれに関係するテーマを見つけるのに苦労しています。ここは閲覧してくださる皆様から是非お題をいただき、修正していければと思いますので、よろしくお願いいたします。(体重2キロ増え75キロ [続きを読む]
  • 普段自由時間に何してる?
  • TVがつまらないということは以前書いた。では何をしているかというと、iPadでYouTubeを見ていることが多い。ジャンルは、昭和のヒーロー者、オフコースのライブ、野球やバレーボールの誤審とスーパープレイ、政治、経済アナリストの論評、国会中継などである。YouTubeは次から次へと推奨動画を挙げてくるので、知らない間に3時間くらいが平気で経っている。TVを時間泥棒と言ったが、YouTubeも同じく時間泥棒。ただ、唯一異なること [続きを読む]
  • 勉強のはかどるスポット
  • 自分はよく近くのベローチェで勉強している。周りの人もかなりの割合でパソコンを叩いたり参考書を読んだりしている。注意書きには「混雑時は一時間半以上の席取りはやめて下さい」と書いてある。もちろんマナーは守るし、すいている時でも何度もおかわりを注文する。家には書斎(勉強机)がないから無理、図書館はコーヒーがないから無理(そもそも図書館は自分の資料を持ち込むところではない)、言語として聞こえてこない適度な雑音 [続きを読む]
  • 障害者の働き方の理想(私論)
  • この問題が発覚して以来、いろいろな方が様々な意見を言っているなかで、自分なりに障害者雇用の理想を考えてみた。障害者雇用を言う前に、今有期雇用や非正規雇用が横行し、障害者でなくても何千万という健常者が、明るい生活設計が描けない状況である。これは行き過ぎた資本主義、グローバル化が勝組と負組をつくり、格差社会を助長した結果である。その負組のなかから精神障害者が急速に増え、300万人を越える事態を招いたと見 [続きを読む]
  • 障害者の本音は?(2)
  • 企業の方が障害者に職場に来てもらっても、生産性は上がらないばかりか、逆に配慮するための費用がかかり、であれば罰金を払っても障害者を雇わないという考え方は当然あってもおかしくない。障害者も生活できるだけの障害年金を貰えれば、あえて働かず自分の好きなこと(といっても障害があるため制約されるが)をやっている方がいいという考え方もある。これはBI(ベーシックインカム)的な考え方 で、働いて社会に貢献したい障害 [続きを読む]
  • 障害者の本音は?
  • 今回の騒動は障害者の働く場が奪われていたことだが、いったい障害者の本音はどうなんだろうか。障害者も100人100様。障害を持って生まれてきた人と、人生の半ばで障害を持つことになった人とでも違うし、障害の種類や重さでも全く違うだろう。ここでは、自分の考えを他の障害者から批判を承知の上で書く。障害者はたぶん健常者ができることを、自分でもしてみたい。仕事があれば稼ぎたいし、旅行も行きたい。家庭も持ちたい。いろ [続きを読む]
  • 障害者の今後活躍できそうな職場
  • 単純労働がAIに置換された時の障害者の活躍できそうな職種を考えてみた。◯ドローン操縦士今自分も取得しようとしているが、ドローンビジネスは市場の拡大が見込まれ、操縦士が不足すると思われる。(2023年にはドローン技術を応用した空飛ぶ車が発売されるそうだ)◯プログラマー小学校でも必修科目になるくらいなので、仕事は増えるんでしょう。ゲームで遊ぶ側からゲームを作る側に回るのはハードルが低いかも。その他デジタルフ [続きを読む]
  • 障害者水増し問題(3)
  • 一億総活躍担当大臣なんてのもいた。誰もと共生できる働き方改革などと言いながら、やはり我々障害者は健常者と比べて、仕事は出来ないので、なるべく雇いたくないという政府の本音が露呈し、民間企業の努力を踏みにじる結果となった。例えばパラリンピックが以前よりは注目度が上がってきているように、障害者の労働に対し、もう少し政府もマスコミもフォーカスを当てるべきだと思う。障害者を採用することで上手くいっている事例 [続きを読む]
  • 障害者水増し問題(2)
  • 28日、政府は障害者の雇用者数の水増しを、国の33機関のうち27機関で3,460人と発表し、10月中に再発防止や障害者雇用のための対策をまとめるとした。また、同様の問題は全国の自治体でも相次いでおり、都道府県や市区町村でも調査を行うとした。政府は従来の雇用者数を6,900人と発表していたが、水増し分を除くと1.19%の雇用率しか満たしていないことになる。文部科学省などは癌患者をカウントするなど単なる間違いではなく意図的 [続きを読む]
  • 老後破産しないための生活設計
  • 生活保護受給者数はH29に約214万(人口の約1.7%)である。実家などの所有財産があると、それを処分しなければならないし、今後は空き家が増えるので、立地が悪ければ、処分したってたいした金額にならない。単身世帯の受給費は13万程、住居費(東京)は53,700円まで、その他諸々の経費を引くと、東京のようなコストのかかる都市での生活は容易でない。老齢年金(老齢基礎+老齢厚生)よりも生活保護費の方が高いというのは納得できない [続きを読む]
  • 年金について
  • 若い人は、保険料払ってもどうせ支払った金額以上もらえないんでしょ。と言いつつサラリーマンは自動的に徴収されるが、自営業者はどれくらいの割合の人が払っているのだろうか?たぶんこれから年金制度は改悪され、67歳支給開始は目前で、たぶん政府は70歳を視野に入れているだろう。国を当てにしないで、ideco(確定拠出年金)等で、自分で老後資金を準備するのは必須だ。第一号保険者(自営のひと)は国民年金の基礎部分しか支給さ [続きを読む]
  • 日本人の優勝でも喜べない
  • 最近、スポーツ界での日本人の活躍に眼を見張るものがあるが、素直に喜べないことがある。大坂なおみが優勝インタビューで英語で答える。え、日本人なの?名前も国籍(二重ただし近々どちらかを選ばなければならない)も日本だけど、ハイチ系アメリカ人の父の血の方がたくさん入ってるんじゃないの。日本国籍を取っていても、ハーフだったり、クォーターだったり、国際結婚が増えることは否定しないけど、日本人の身体能力以上のもの [続きを読む]
  • 日本ハム宮台投手(東大卒)51年振り勝利なるか
  • 天は二物を与えるか?文武両道、彼は湘南高校から現役で東大法学部に入り、最速150kmのストレートで、六大学野球で6勝(ちなみにNHKの大越キャスターは7勝)、23日ソフトバンク戦で一軍デビューし、4回2/3を2点に抑えて、ゲームを作った。東大からプロ野球に入り、勝利を挙げると51年振りとなるが、早大卒の斎藤佑樹よりは期待が持てそうだ。プロで通用せず戦力外通告になっても、東大卒の頭脳を持ち合わせれば、いろいろな世界で活 [続きを読む]