てぃた さん プロフィール

  •  
てぃたさん: 金銀堂
ハンドル名てぃた さん
ブログタイトル金銀堂
ブログURLhttp://kahouhakaitemate.jp/
サイト紹介文ドラクエ10 NPC大図鑑 随時更新中 記事付き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1664回 / 51日(平均228.4回/週) - 参加 2018/06/29 19:36

てぃた さんのブログ記事

  • シノノメ
  •  シノノメ (エルトナ大陸 陽衆の隠れ家 D-2)天地雷鳴士・陽衆の先代頭領にして、現頭領アサヒの父。種族は娘と同じくエルフ。陰衆の先代頭領オウマとは子供のころからの親友同士で、お互いが遠い昔に分派した陽衆と陰衆の頭領家であることは成人してから判明した模様。長く因縁の続く陽衆と陰衆の垣根をなくす日を共に夢見ていた。オウマが亡くなった後、その夢を娘のアサヒに託し、頭領の座を引退する。 [続きを読む]
  • レーノス
  •  レーノス (エルトナ大陸 モリナラ大森林)レンジャーの職業クエストに登場。レンジャー協会モリナラ支部のメンバーでウェディの男性。エルフのユウギリとは同僚で、主人公にとっては先輩レンジャーにあたる。パツキンで喋り方も軽く、「この後合コンに〜」等と言っているためチャラいイメージだが、ポランパン曰く優秀なレンジャーらしい。主人公をシロウト扱いして見下していたが、なんだかんだ選ばれしレンジャーである主人 [続きを読む]
  • ニコロイ王
  •  ニコロイ王 (エルトナ大陸 カミハルムイ城 D-1)王都カミハルムイの王。父はナシュロイ王、母はアグシュナ王妃。姉にリタ姫がいた。娘はリン姫。56歳。50年前、当時6歳のときに起きた事件で父・母・姉を失う。時が経つにつれて事件の詳細を忘れていたが、5年前に王妃と死別したことをきっかけに事件を追想し、真相を知りたがるようになる。最初はみずから事件と関係のあった場所に赴いていたが、主人公とキュウスケの助力を [続きを読む]
  • ニコロイ王
  • ニコロイ王 (エルトナ大陸 カミハルムイ城 D-1)王都カミハルムイの王。父はナシュロイ王、母はアグシュナ王妃。姉にリタ姫がいた。娘はリン姫。56歳。50年前、当時6歳のときに起きた事件で父・母・姉を失う。時が経つにつれて事件の詳細を忘れていたが、5年前に王妃と死別したことをきっかけに事件を追想し、真相を知りたがるようになる。最初はみずから事件と関係のあった場所に赴いていたが、主人公とキュウスケの助力を得 [続きを読む]
  • リタ姫
  •  リタ姫 (エルトナ大陸 捨てられた城)ニコロイ王の追想に登場する、ニコロイ王の姉。エルトナの聖地と通じ合う力を持つ「白き者」。50年前のカミハルムイの事件により父ナシュロイ王、母アグシュナ王妃と共に死亡。しかし事件後、何故か名前を呼ぶのも憚られる存在になってしまっている。母アグシュナが病気を治療するために自分の力を使おうと試みた事を記した日記が捨てられた城に残っている。しかし病気の治療から戻ってき [続きを読む]
  • アグシュナ王妃
  •  アグシュナ王妃 (エルトナ大陸 捨てられた城)ニコロイ王の追想に登場する、ニコロイ王の母親。かつてのカミハルムイ王ナシュロイの妻。病弱であったが、類稀なる魔力を秘めていたという。50年前に娘のリタ姫によって消されたと思われていたが、暗黒大樹の葉を捧げることによって封印から解かれた。しかしその正体は怪蟲アラグネであり、本物のアグシュナ王妃を殺めその記憶を我が物としていただけであった。ちなみに、カミハ [続きを読む]
  • アグシュナ王妃
  • アグシュナ王妃 (エルトナ大陸 捨てられた城)ニコロイ王の追想に登場する、ニコロイ王の母親。かつてのカミハルムイ王ナシュロイの妻。病弱であったが、類稀なる魔力を秘めていたという。50年前に娘のリタ姫によって消されたと思われていたが、暗黒大樹の葉を捧げることによって封印から解かれた。しかしその正体は怪蟲アラグネであり、本物のアグシュナ王妃を殺めその記憶を我が物としていただけであった。ちなみに、カミハル [続きを読む]
  • キュウスケ
  •  キュウスケ (エルトナ大陸)ツスクルの村の学びの庭の学徒。巫女ヒメアの侍女ユーチャーリンに惚れており、彼女とのわずかな逢瀬のために10年もの間、若葉の試みをわざと落第し続けていた。しかし世界に異変が起こったことでヒメアが無理矢理合格させ、また師コウの言葉を受け、ユーチャーリンにふさわしい男になるために主人公(エルフを選択した場合)・アサナギと共に学びの庭を卒業、ツスクルの村を出た。村人からは何かし [続きを読む]
  • ヤーン
  • ヤーン (ウェナ諸島 ジュレットの町 D-6) ジュレットの町にいるウェディの武闘家でLv30以上の武闘家を探している。武闘家の職業クエスト主要人物。ツテがあって手に入れたという亡き超天道士が残した書「超天遊戯」の修行をするよう主人公に依頼する。本人は一見チャラいが、実は先代の超天道士の唯一の弟子。主人公に超天道士を継がせようと企んで修行をさせていたが、主人公は一喝が使えず最後の修行をクリアさせられなか [続きを読む]
  • ヤーン
  •  ヤーン (ウェナ諸島 ジュレットの町 D-6) ジュレットの町にいるウェディの武闘家でLv30以上の武闘家を探している。武闘家の職業クエスト主要人物。ツテがあって手に入れたという亡き超天道士が残した書「超天遊戯」の修行をするよう主人公に依頼する。本人は一見チャラいが、実は先代の超天道士の唯一の弟子。主人公に超天道士を継がせようと企んで修行をさせていたが、主人公は一喝が使えず最後の修行をクリアさせられな [続きを読む]
  • イヨッペ
  •  イヨッペ (エルトナ大陸 カミハルムイ城 G-3)カミハルムイ城の厨房に立つエルフの女性。リン姫はカミハルムイ城のお姫様なのに、厨房の手伝いをしたがる変わり者だと話す。 [続きを読む]
  • イヨッペ
  • イヨッペ (エルトナ大陸 カミハルムイ城 G-3)カミハルムイ城の厨房に立つエルフの女性。リン姫はカミハルムイ城のお姫様なのに、厨房の手伝いをしたがる変わり者だと話す。 [続きを読む]
  • ガウラド
  •  ガウラド (ウェナ諸島 ジュレットの町)武闘家 職業クエストに登場するオーガの男性。超天道士の弟子ヤーンに仕え、幼少からその成長を見守ってきた。その正体は超天道士抹殺の使命を帯びた魔界の刺客、武闘魔ガウラド。しかし彼がやってきた時には既に超天道士は病の床にあり、完全な超天道士でなければ倒す意味がないとして超天道士の弟子であるヤーンがその名を継ぐのを待っていた。しかし使命を果たす事を悲願としながら [続きを読む]
  • リュナン
  •  リュナン (レンドア島 港町レンドア南)魔法使い 職業クエストの主要人物。というか ねこまどう。港町レンドア南の宿屋にある、シーバの鏡を通して主人公と交流する。一度、主人公とオフ会をしようともしたが、彼が生み出した必殺技ミラクルゾーンを狙うメギドロームに囚われる。最終的には主人公とは友人としての関係となり、主人公のような理想の魔法使いを目指すべく、自己鍛錬の旅に出る。クエストNo.062 『出会いは合 [続きを読む]
  • カミハルムイ城
  • エルトナ大陸大陸東部のカミハルムイ領に位置する城。エルフのニコロイ王の居城。かつてはカミハルムイ領北の夢幻の森に王都が造られていたが、過去のとある事件をきっかけに、現在の場所へと遷都している。 [続きを読む]
  • 王都カミハルムイ
  • エルトナ大陸西部に位置する城下町。港町レンドア同様、街は南北に分かれている。木工ギルド、陽衆の隠れ家、レンジャー協会本部の所在地。プレイヤーは桜のエンブレム入手のためここを訪れる。風の町アズランとは川で繋がっていて、資材が行き来しているらしい。 [続きを読む]
  • ユヤ
  •  ユヤ (エルトナ大陸 王都カミハルムイ北 C-3)王都カミハルムイ北からカミハルムイ城に架かる橋を警備する兵士。一人前の証を所持していると渡してくれる。 [続きを読む]
  • レギオン
  •  レギオン (オーグリード大陸)戦士の職業クエストで登場するオーガの男性。ダゴイ、ジーバス、ゲルズ、アガペイを従える戦士くずれ強奪団のリーダーで最強と謳われた。横暴な性格で「逆らう者は皆殺し」と豪語していたが、あるとき手下を皆殺しにする。 [続きを読む]
  • カラスマ
  •  カラスマ (エルトナ大陸 王都カミハルムイ北 B-7)王都カミハルムイ北にいるエルフの男性。両親が呪われた大地の研究員だったが、想像以上の魔瘴に襲われ命を落とした。 [続きを読む]
  • カクジュ
  •  カクジュ (エルトナ大陸 王都カミハルムイ北 C-2)王都カミハルムイ北 ランプ錬金設備にいるエルフの女性。ランプ職人について、色々と教えてくれる。マスター・ヴェキオのしゃべりかたを真似しようとするが、なじめないらしい。 [続きを読む]
  • カクジュ
  • カクジュ (エルトナ大陸 王都カミハルムイ北 C-2)王都カミハルムイ北 ランプ錬金設備にいるエルフの女性。ランプ職人について、色々と教えてくれる。マスター・ヴェキオのしゃべりかたを真似しようとするが、なじめないらしい。 [続きを読む]
  • アサヒ
  •  アサヒ (エルトナ大陸 王都カミハルムイ)天地雷鳴士の衆派の1つ、陽衆の頭領を務めるエルフの少女で、王都カミハルムイの陽衆の隠れ家に父シノノメと共に住んでいる。元気のよい話し方が特徴の明るい性格。ちょっとあざとい。最初は芝居がかった口調で話していたが、暴走したシュジャクが主人公をカミハルムイ城のお堀に突き落とすのを見た途端、素に戻っている。幻魔はシュジャクを使役していてシュジャクを暴走させること [続きを読む]