North Wind さん プロフィール

  •  
North Windさん: 余命宣告とともに・・・・・・
ハンドル名North Wind さん
ブログタイトル余命宣告とともに・・・・・・
ブログURLhttp://cancerdoc.blog.fc2.com/
サイト紹介文肝内胆管細胞癌、肝臓に10cm大の腫瘍、リンパ節転移、肺転移、ステージ?と診断された末期癌闘病記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 140日(平均3.7回/週) - 参加 2018/06/30 15:25

North Wind さんのブログ記事

  • ダメもとでも、色々やってみよう!!
  • 2018年7月13日(金)のこと。さっそく、前投稿で紹介させていただいた『このまま死んでいる場合じゃない!!』という本で知った動注療法について、家内が動いた。私の住んでいる市内にはこの動注療法を実施している病院は2か所あるということは前の投稿で既に述べた。そのうちの一か所であるCT病院というところに家内は狙いを定めて、さっそく電話をしてみた。「今通っている病院からのお手紙があれば・・・・」とのことで [続きを読む]
  • 思いもよらず良書と遭遇!!この積み重ねが患者力会得への道となるのか?
  • 2018年7月12日(木)のこと。患者力・・・・・・・。前稿で取り上げさせていただいた、故山下弘子さんの基調講演を再視聴して以来、やたらとこの言葉が耳に残っている。ただ、明快な自分自身の対処としては、まだまだ何かが見えてきているという状態ではない。しかし、現在、気休めに何気なく読んでいる本から少しずつ、今更ながら新たな知識が脳内に入り混んできていることが実感され、もしかしたらこれが患者力の源になる [続きを読む]
  • 突然の啓示なのだろうか?また、この娘に教わった!!
  • 2018年7月8日(日)のこと。昨日のHW病院でA医師と話をしてから、根本的なことは何も解決はしてはいないのだが、気分的には随分とスッキリとした。こんな状態の中、少しでも理解を示してくれるという人がいるというだけでも、かなり心強く、その出会いにもありがたさを感じるもの。処方された、抗がん剤の内服薬も今までの飲み方のサイクルとしては、ちょうど今は休薬期間。実際には来週から服用していくことになる。さて、 [続きを読む]
  • 一筋の光明?
  • 2018年7月7日(土)のこと。私が癌難民と化して、ほぼ一週間が経過。北海道内ではひと月遅れで来月のことになるが、道外のほとんどの地方が今日は七夕。う〜ん、あまり季節の行事ごとは、今の私にはあまり関心の持てることではない。ただ、少しでも気分転換を!とのことから、できるだけ世の流れを意識する努力はしようとは思うところである。特に何をするわけでもないのだが、私の今の現状では、もしかしたら私に来年はない [続きを読む]
  • 衝撃!!M医師の本性恐るべし!!
  • 2018年7月4日(水)のこと。この病気のメインのかかりつけKY病院のM医師から、あの衝撃の宣告を受け、やはり我が家には激震が走った。私自身といえば、その宣告の場では私も人である以上、動揺もあり、一瞬、硬直もしたが、すぐに冷静さを取り戻し、今後のことについてあらゆる方面について考え始めた。そろそろ本気で身辺の整理を始める必要があるのかな・・・・・というのと、これからはもう大きな買い物はできない。仮に [続きを読む]
  • 非情の宣告!!そして、癌難民へ・・・・・・・
  • 2018年6月29日(金)のこと。前回の診察から6週後。こういう状況の中、6週間も治療の間を空けられるのは不安以外の何物でもない。しかし、M医師も忙しいのだろうし、何か事情があるのかもしれないと、この日の診察を待つ。また、前回の診察のように、いとも簡単に何気なくサラッと終わってしまうのかなとも、やや身構えての対応。この日はCTの撮影もある。まずは、いつものように採血。その後はCT撮影に向かう。撮影 [続きを読む]
  • あっけない診察・・・・・・・・
  • 2018年5月18日(金)のこと。※このブログの運営・企画・執筆を始めたのはこの頃のこと。さて、前回の診察からは4週間後。もう、例の体のかゆみもなく、あの4月の入院については本当のことだったのかと思えるほど、今ではまったくなんの後遺症らしきものもなく、平穏な日常を過ごしている。だし、食欲は少し回復したとはいえ、全盛期の頃に比べるとかなり落ちており、それが体重に影響し、少しずつだが痩せてきている。も [続きを読む]
  • いよいよ、牙を剥きだしてきたか・・・・・・・
  • 2018年4月20日(金)のこと。謎の肝機能不調による入院。そして、その退院から、ちょうど2週間後に今回の定期健診が設定された。腎機能、白血球、貧血、血糖値といった基本的な検査数値は、やはり健康な状態と言える限界値は超えているものの、もともと抗がん剤を服用しているという前提があるため、それほど深刻に考える状態ではないと、M医師は言う。で、肝心の肝機能については・・・・・・。今もまだ完全ではないけれ [続きを読む]
  • 退院後の出勤、そして一週間遅れの新年度スタート!!
  • 2018年4月9日(月)のこと。さて・・・・・・・・。6日(金)に退院して、その日は一日中ゴロゴロ。7日(土)あたりから、体慣らしも兼ねながら、おそるおそる外出をしてみる。やはり、昨年の一か月入院に比べるとそうでもないのだが、それでも一週間病院に缶詰め状態となると体が鈍ってしまう。翌、8日(日)はいつもの日曜日と変わらない生活パターンで過ごしてみた。動くことは動けるが、やはり体は疲れやすい。 [続きを読む]
  • 入院生活:後半編!!
  • 2018年4月4日(水)〜4月6日(金)までのこと。さて、今回のこの入院生活の後半編。前にも述べたが、今回は短い期間の入院ということになりそうなこと、また正式な病名がはっきりとしないとはいえ、順調に回復の状況にあるらしいこと。まさに突然のこととはいえ、今回のケースは不幸中の幸いであったといえよう。ただ、生涯初の入院生活での絶食体験。これにはいささか面食らってしまった。でも、これも昨晩の夕食から解禁 [続きを読む]
  • 入院生活:前半編!!
  • 2018年4月2日(月)〜4月3日(火)のこと。今回の入院は1週間くらいとは言われていたものの、実際には4月6日(金)に退院することとなる。実質的には4泊5日という期間。そのため、今回のこの入院のことは、この病院滞在としての、この正味4日間の様子を前半部・後半部とに分けてまとめてみたい。今回は、その入院当日から2日目までの前半部。入院決定までの当日の様子は前の投稿で記載した通り。実際の治療について [続きを読む]
  • なんと、入院の宣告!!
  • 2018年4月2日(月)のこと。衝撃の昨日から一夜明けて、とりあえず普通に起床。幸いなことに腹部の痛みなどはまったくなく、なぜかこの朝は特に不調感もなく、体調的にはいつもと変わらないといえば変わらない寝起き。しかし、食欲はまったくない。昨日も同様で、意識して水分だけはがんばって取ってはいたものの、何か食べたいという気にはサラサラならない。この日の朝も同様。でも、これでは体がもたないかもということで [続きを読む]
  • エイプリルフールの惨劇!!
  • 2018年4月1日(日)のこと。久しぶりにガツンとやられた・・・・・・・・・。この日の早朝、まだ夜も明けぬ3時頃のことであろうか。就寝中に、急に腹部の痛みを感じ出す。最初は一過性のもので、すぐに治まるか朝起きたら何事もなかったかのように終わるだろうと軽く考えていた。しかし、うつらうつらとする中で、やけに痛みが気になって、ちゃんと眠れない。昨日、何か変なものを食べたか?変なものを飲んでいないか?など [続きを読む]
  • 調子がよかったのは2月まで・・・・・・
  • 2018年2月から同年3月までのこと。前回の定期健診から4週間後の2月9日(金)。この日も腫瘍マーカーがまた下がっていて調子がよく、血糖値のHA1Cも6.5と快調。肝機能・腎臓もまったく良好とのことで、さすがのM医師も何も言うこともなく、黙々と薬を出して終了。次の3月9日(金)の定期健診も全く同様で、この日はCTも撮影したが経過は順調のよう。ただ、肺に癌の転移があるということへの話題が出た。このことは昨 [続きを読む]
  • 2018年のスタート!!
  • 2018年1月12日(金)のこと。2018年分として初投稿。いよいよ、私の投稿も今年分に追い着いてきた。実はこの年、相も変わらず色々なことが起きてくる。でも、それはまだ少し先の話。今回の年末年始はなんとか無事に過ごせた。昨年は、投稿の記事には上げてなかったが、初詣に行って高熱を出し、3〜4日寝込むという事態に。その間、食欲もなく、一時的だが非常に不安定な状態に陥る。さらに一昨年は、激しい腹痛により [続きを読む]
  • 2017年最後の投稿!!
  • 2017年12月22日(金)のこと。この日はいつもの定期検査に加えてCTの撮影。ここのところ、3週間ごとの診察サイクル。ここ最近、あまり投稿に載せてはいないけれども、実はH病院の温熱治療は相変わらず続けている。あの7・8月の入院期間はさすがにお休みしていたが、退院してすぐに、時々休む日もあるがほぼ毎週、温熱治療を再開している。効き目のほどは神のみぞ知るといったところだが、私の治療ルーチンとしては固定 [続きを読む]
  • エスワンタイホウの効果か?
  • 2017年12月1日(金)のこと。さて、抗がん剤の内服薬を10月20(金)より、連続4週間続けて2週間休薬期間を設けた。予定ではこの日の夕方から、また服用の再開で2クルー目に入るところ。まずは、いつもの血液検査から。特に肝臓は悪くもない。腎機能は横這い。(M医師の癖なのか、いつもこういう言い方をするので、何がどう横ばいなのかは毎度のことながらわからない)抗がん剤治療開始早々の頃は、よく白血球の減少 [続きを読む]
  • 内服薬を服用してみて・・・・・・・
  • 2017年11月10日(金)のこと。この日も、KY病院での定期健診。10月初めの定期健診で、M医師から色々と血液検査の結果から、腫瘍マーカー上昇の傾向が見受けられ、これから悪くなっていくなどと言われてもいたものの、私自身の自覚症状はまったく変わらない。特に食欲も落ちていないし、妙な倦怠感もない。体重が落ちるわけでもなく、特段大きな痛みを感じることもない。ただ、言われてからの精神的な影響もあるのか、時 [続きを読む]
  • 再び闘いの決意!!
  • 2017年10月20日(金)のこと。さて、前回の衝撃のお告げから2週間後の定期健診。この日は、いつものただの健診と違って、私から答えを出さねばならない。まずは、いつもの健診結果から。採血の結果、肺炎の事後経過も、肝臓も腎機能もすべて問題はない様子。今回はプレドニンの量は変わらずに現状維持のままのよう。相変わらず血糖値の自己注射も依然として継続ということで、定期健診としての内容はつとめて無難に [続きを読む]
  • 2度目の余命宣告!!すべては振り出しに!!
  • 2017年10月6日(金)のこと。この日もいつもの定期健診。先日の腹痛での緊急通院については、確認のみで詳細にはまったく触れられず。相変わらず肺炎の経過は良好で、例のプレドニンはさらにさらに減薬。1日1回、1錠の服用となる。肝臓の数値も悪くなく、腎機能も横ばいで、まぁまぁとのこと。しかし・・・・・・・。この日、いつもと違う展開が・・・・・・。それは腫瘍マーカー。いつものM医師、表情をまったく変えず [続きを読む]
  • 間質性肺炎、その後の経過・・・・・・・
  • 2017年8月25日(金)から同年9月26日(火)までのこと。さてさて、間質性肺炎のあの入院から無事退院を迎え、仕事にも復帰しなんとか日常を取り戻した。その後は、今まで通り外来での経過観察となる。まず、入院時から予定していた8月25日(金)がやってきた。肺炎の経過は良好のようで、ステロイドの薬、プレドニンを朝2錠、昼1錠と、1錠分の減薬。少しづつ減らして、最後は止める方向に持って行くとのこと。ステ [続きを読む]
  • ひと月ぶりの出勤!!
  • 2017年8月18日(金)のこと。この日ようやく出勤。ただ、体が鈍りきっている(遊びまわるには元気なのだけれども)ので、少し大事を取って、この日は半日だけの出勤とした。多分、職場に出てしまえば、何ということはないのだが、あの混雑の通勤を考えると、ちょっとひるんでしまう。それでも、なんとか通勤については、人混みをうまくかわして無事クリア。職場に着くなり、あちこちから、色々と皆さんから声をかけられる。 [続きを読む]
  • 退院後の自宅療養
  • 2017年8月15日(火)〜8月17日(木)までのこと。無事、昨日に退院。記載を忘れていたが、この入院期間中に使用した、いつも服用している内服薬以外の薬品(おもに点滴)は以下の通り。メロベン点滴用キット0.5gプレドニン10mg(水溶性)ゾシン静注用4.5gヒューマリンR注100単位/mlといったもの。どの時点で何を使用していたのかまではわからないが、お薬手帳にはこういう記述がなされていた。さて、15日〜17 [続きを読む]
  • 間質性肺炎入院≪怪奇!!番外編≫
  • 2017年8月9日(水)のこと。実は、この話・・・・・・・・。投稿すべきかどうか迷っていた。それは闘病そのものの本線とは若干、筋から外れてしまうから。しかし、この間質性肺炎での入院中のことでもあり、まさに病室の中で起きたことなので、起きたことをありのままに・・・・という私のブログポリシーを貫ぬかせていただくことにした。もったいつけるのはよして、ズバリ結論から述べよう。それは、心霊体験!!・・ [続きを読む]