ひばり さん プロフィール

  •  
ひばりさん: その日まで
ハンドル名ひばり さん
ブログタイトルその日まで
ブログURLhttps://ameblo.jp/aozora1go/
サイト紹介文50代おひとりさま一人っ子の、 シングル介護記録
自由文年老いた母に寄り添う時間と、
すぐそこにある「老い」と
いずれ来る「天涯孤独」をどう過ごそうか・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 163日(平均1.8回/週) - 参加 2018/06/30 20:50

ひばり さんのブログ記事

  • 今になって心の痛みがわかる・・・
  • 減薬継続中。でも先日は、メンタル的に辛くて、頓服で服用する寸でのところまで行った。それをしたら元の木阿弥になってしまうのだが、それよりも今の苦しさから逃れたくて。何とかやり過ごしている感じ。急に寒くなって、元々冬になると気持ちがどんどん落ちていく方なので、心身ともにどうも不安定。落ち込んだり胸が痛かったり、涙したり笑ったり・・・。そんな中で思うこと。 若い頃、お父さんが急死した友達がいて。自宅敷地 [続きを読む]
  • 無気力・・・私の前にある、人生のたくさんのハードル
  • 私の前にたくさんのハードルが続いていて、それを頑張ってひとつひとつ飛び越えたところで、たどり着くのは、晴れがましいゴールではなく、せいぜい人並みのスタート地点ぐらい・・・・・・な気がして。一つ目のハードルに向かって助走しかけている時点でもう怯んでしまい、止めてしまおうかな、背中向けて戻っちゃおうかな、という気持ちになってしまっている。世の中がどうあれ、暗い隅っこで一人じーっと時間が過ぎるのを待つ、 [続きを読む]
  • 癒しの休日
  • 減薬は慎重に続けてます。身体の痛みとかこわばりはあります。繊維筋痛症ってこんな感じじゃないかと想像します。私のはまだ全然軽いと思いますが。エカテリーナは落ち着いてます。11月中に検査に行きます。結果の方は覚悟してますが、(しようとしていますが)エカテリーナが落ち込まないといいのですが。詳しくわかったところで何も出来ない(しない)のに、検査する意味があるのかどうか・・・。この穏やかな時間を少しでも長く続け [続きを読む]
  • 私を構成する成分は・・・これはB面の私。
  • 会社で見せているのはこの真逆。でも、そろそろ無理はきかないお年頃なので、素の自分を少しずつ解放していこうと思います。 A面・B面って今時わかります?(笑)「A面で恋をして」 大滝詠一とか・・・さらに古っ 10年以上昔、真夜中の天神橋筋商店街の手相観のおじいさんに、手相観てもらいながらほろ酔いで、「いろいろ自由になりたいんです」と言ったら、「自分が自由になりたかったら相手も自由にしないとね」って。今思うと深い [続きを読む]
  • 介護外・さまざまな不定愁訴〜怖いクスリ
  • 「むずむず足症候群」のことを以前書きましたが、今は足の裏が痛い、という症状に変わっています。それ以外にもこのところ左の肩が痛い、首が凝る・・・などのさまざまな不定愁訴に悩まされています最近ふと気になったのが、手がこわばって、物をつかむのが下手な気がする・・・ということ。いろいろな諸症状のすべてを「更年期」または「ストレス」で片づけてきましたが、(あるいは脊椎側弯症も関係しているかも←これは実際ある [続きを読む]
  • 母の友人が一人ひとり、みんないなくなる。
  • ご近所の長く仲良くしていた一人暮らしの人は、今年認知症がひどくなって、最近になってサヨナラも言わずに施設に入所した。持って行った荷物を付添った家族が広げると、その度にまとめ直して家に帰ろうとしていたそうだ。 同い年でデイサービスで知り合った人とは、親しくなってデイでは一日中二人で過ごしていて。いつもデイサービスの帰りになると、エカテリーナに「また○曜日に会おうね、元気でいなきゃダメだよ」と涙をため [続きを読む]
  • 今度は自分が風邪ひいた〜
  • 熱はないけど、頭痛・悪寒・くしゃみ・鼻水。エカテリーナからうつったか、社内でも風邪が蔓延していたからなぁ。で、そのエカテリーナですが、風邪は治ったようで今日はまぁまぁ元気。調子いいのか悪いのか、日替わりなので実際のところよくわかりません高齢者のガンって・・・。と言うか、ガンって本当にミステリアス・ワールドだと。 うちの父親、難病で亡くなる3年前に実は肺がんが見つかってます。年齢から放射線治療のみで [続きを読む]
  • 「よかった」夢だけど嬉しかった。
  • 一周忌、ということでいまだ感傷的になっているのかなぁ。父親の夢を見ました。亡くなってからこれで2度目。(うちの父親はあんまり夢に出てこない) 家の中を歩いている父親。背を丸めて、少し小刻みな歩みの、病気の症状が出始めの頃の感じ。夢の中で私は、あ〜、お父さんもう死んじゃったのに、帰ってきてくれたんだ〜と思って、抱きしめて、一番聞きたかったことを聞いた。(お父さんの人生って)「よかった?」父親の返事は、「 [続きを読む]
  • 巻き戻せるなら
  • 時間を「巻き戻す」という言葉、今の若い人は感覚的にわかるんでしょうかねぇ。フィルムとかビデオテープのイメージ。私はもちろんすごくよくわかります。いつもお邪魔させていただいている方のブログの中の言葉に触発されて・・・の、もし時間を巻き戻せるなら。ブログの中にある、十五歳、中学3年生は私は辛いな。装具をつけていたから。(でも同級生に会っても案外誰もそんなことは覚えていないようだ。私にとってはみんなの目 [続きを読む]
  • すこーし・ゆるーく
  • 私よりよほどシッカリしていた、かなりきっつい性格のエカテリーナ89歳ですが、ここに来て、少し「あれ?」という感じがあります。多分、他の人はまだそこまでわからないかもしれないけれど、時にトンチンカンな反応が。ネジがすこーし・ゆるーく、なってきた気がします。悲しむべき?悩むべき?・・・多分そうなんでしょうが・・・。父親の時が体がどんどん動けなくなっていくのに、最後まで本人の頭はクリアで辛すぎたので、む [続きを読む]
  • 思い出した(忘れてなかったけど)自分の病気のこと。
  • 思い出した、と言うか、ずっと忘れたことなんかなかったけど、「特発性側弯症」と13、4歳の時に診断されました。中等度だったと思います。手術はしないで装具をつけてました。本当は成長が止まるまで(身長の伸びが止まるまで)装具をつけなきゃいけないんだけど、1年だけつけて勝手にやめました(;´Д`)ノ思春期だったので恥ずかしくて・・・(今思うと浅はか〜( ̄ー ̄;)原因不明の突発性です。今でも背骨は結構曲がってます。服を [続きを読む]
  • むずむず脚症候群?
  • 相変わらず足の裏に熱感がある私です。昨日は2か月に1度の心療内科でした。(心の)「深淵」は今は見ないようにしていること、(でもこれからも生きていく上で何度かは見てしまうだろうけども)ソラナックスは必要がない時もあること、不眠は相変わらずでやはり薬が必要なこと、それと、ここ10日ばかり足の裏が熱いということも伝えてみました。とりあえずまずは神経内科かな・・・とのことでした。自律神経がおかしくなって、足裏と [続きを読む]
  • つまり棚ボタはないってことだけは理解した。
  • 年内棚ボタはない、ってことだけはわかりました。「願い事:願うより努力」って・・・(^_^;)何て現実的なお言葉・・・。了解(T▽T;)。 残り100日の運勢は・・・残り100日運勢みくじをひく2018年ラストスパート!あと100日でしたいことは?ところで、このところ体調がイマイチです。ヘンな感じなんです。足先?足の裏?が熱を持ってます。ずーっと熱いです。一週間以上です。両足です。かなり不快です。何なんでしょう?医者に行 [続きを読む]
  • 父の一周忌
  • 父の一周忌法要、昨日無事済ませました。四十九日は親戚もできる限り来てもらったけど、今回はごくこじんまりと。そして今回がひとつの区切りとして、父方の親戚とは必要最低限のお付き合いとなっていくと思います。たくさんいた父の兄弟姉妹も亡くなったり老いたり認知症を患ったり家族に病人がいたり。私は従兄弟たちとは普段はほとんど行き来はありませんし。 一年・・・早いです。亡くなった実感はいまだわきません。意識の中 [続きを読む]
  • 「共感疲労」
  • 今日、9・11.。今でもあの衝撃映像はまざまざと思い起こせる。もう今となっては流れることはないけど、確実に「人」がたくさんの破片と一緒に落ちているものもあったと思う。 阪神大震災、東日本大震災、熊本地震、今年になっての豪雨、台風、地震・・・ニュースの映像から目が離せなくなり、ほぼずっと観続けていたりします。もはやそれは他人事でも画面の中の出来事でもなく、自分にとってのリアルであり、繰り返す共体験に近い [続きを読む]
  • 誰にとっても「誰にもわからない」
  • やっぱり兄弟姉妹のある人が羨ましい。たとえ疎遠でも、仲違いしてても、もし憎んでいたとしても、そういう存在のあることが。でも、こんな兄弟姉妹なら一人っ子の方が絶対マシだから!!とキツく言われたことも過去にはある。そうかもしれない。でもそうじゃないかもしれない。血縁がいない、って相当厳しいと思います。憎む相手すらこの世にいないのですから。でもわからないです。骨肉の争い、ってもしかしたら天涯孤独より辛いの [続きを読む]
  • 「エカテリーナ」発動しました。
  • 台風ひどかったですね。被害もいろいろ出ていますね。これから台風の進路にあたる地域の方はどうぞお気を付け下さい。 我が家地方は、午後三時頃から夕方ぐらいまで暴風雨でした。会社は午後から休業になって帰宅したのですが、デイサービスが休みになった母は家にいませんでした( ゚∀゚; )タラー。一人でタクシーに乗って健康ランドに自主避難してました。午後には帰るって言ってあったのに・・・ヽ(;´Д`)ノ。だから待ってて、って [続きを読む]
  • ここまで来てもなかったことには出来ない自分。
  • おひとりさまの娘が母を介護する時・・・。それまでの母娘関係がやはり色濃く投影されると思うのです。良くも悪くも。同じようにシングルで介護されている方のいくつかのブログを読ませていただいているうちに、自分の胸の内によみがえってくる黒〜い暗〜いものがありました・・・ ・・・さて、ここから不毛の毒を吐きます。ここで吐いておかないと次に進めないから。 残念ながら我が家の場合、決して仲の良い母娘ではありませんで [続きを読む]
  • エゴイストでペテン師
  • 私は今ほぼペテン師です。 高齢者が肺がんで無治療の場合。いろいろネットで調べてみた。いい話も悪い話もある。どちらかと言うと、気が滅入る悪い話の方が多い。高齢だからガンの進行が遅い・・・ということはないらしい。あまりに気休めは言いたくないけど、絶望もさせたくないので、いい話の方をマイルドな感じで落ち込んでいる母親に伝えています。それを繰り返しているうちに母親の気持ちは落ち着いてきたようです。私の方は [続きを読む]
  • 正直、介護を経験した人の言葉しか響かない。
  • 辞めるか、辞めるとしたらどのタイミングで辞めるか、・・・などと考えている今の会社ですが、決して私の状況について全く無理解とか冷たい対応とかではありません。ただ、介護経験者がほぼいない。上司も一応励ましてくれたり、同僚も「大変だね〜」とねぎらってはくれるんだけど、何と言うか・・・口先だけとは言わないけど、全然響きません。多分、わからないんですよね。父親を早くに亡くして、という人もいるけど、その時は配 [続きを読む]
  • 親の介護と中年の危機とミッシングワーカー
  • 介護で仕事を辞めるという選択。これを言うと、まだ実際の介護経験のない現役の人は大抵否定的です。(一部例外もありますが)「これから一人で生きていかなきゃならないのに働き続けなきゃ」私にダンナでもいればまたきっと別なんでしょうけどね( ゚∀゚; )。介護をした経験がある人は肯定的とまではいかないけど、「それも仕方ないよね」・・・って反応かな。 もう辞める!!の一択しかないのか?それで後悔はないのか? うーん、一択 [続きを読む]
  • 今日はめまい&手のしびれ
  • 母親は毎日、起きるとどうも具合が良くないらしく。今朝は軽いめまい&手のしびれがすると言い出した。うーん、ついに肺がんの脳転移とか!?(´д`lll)あるいはそれとは関係なく、軽い脳梗塞?・・・などと私が内心ワタワタしているうちに、横になっていたら少しずつ治ってきた、と言う。ので、とりあえず出社(鬼娘ですか?)。このところ毎日、「平穏な気持ち」で出社できません。ただ、母親は元々自律神経失調気味だし、めまい持 [続きを読む]
  • 親が子どもに変わる時
  • 私は母親になったことはないし、多分母性本能もそんなにないタイプだと思う。 ここ数日母親は比較的元気そうだったので、そんなに心配せずに今日は会社に行った。仕事帰りにスーパーに寄ろうと思い、何か食べたいもの、いる物はないか?と電話したら、母の声に元気がない。弱々しげに、何となく胸が苦しい・・・と。そんな調子なので、電話を切って買い物しながらも気が気じゃなく、買い物もそこそこに帰宅。 電話の声から思ってい [続きを読む]
  • 介護を自分の人生の言い訳にしない・・・人になりたい。なれるかな。
  • 凹む母親を悲観も楽観もさせない、というなかなか難易度の高い言葉を選んで繰り返し励ましていますが、そういう私自身が安定剤と眠剤を手放せず。 気分転換にどこか遊びに行こうかとも考えたけど、やっぱり「私、ガン・・・」ってメソメソしている母親を一人にするのはどうかと思って。日曜日・・・ヒマです。第一、父親を介護している間に、トモダチなんてほぼいなくなったし。ま、それって私という人間性の問題です。 このまま老 [続きを読む]
  • 渡る世間は鬼ばかりでもない・・・のかも。
  • 最近は告知ってホントあっさりしたものなんですね。母親が一人で行った病院で、「先生、これってガンですか?」「ガンだね」いやいやいやいや、そんなこと言われるとわかっていたら、一人で行かせないから。軽い風邪ぐらいの感じで肺の検査なんて予定してなかったから。ここは普通、その前に「ご家族に説明しますので・・・」とか言うのではないのですか?母ぐらい高齢だと肺の内視鏡検査だけでもかなりの負担になるのでしないこと [続きを読む]