ひばり さん プロフィール

  •  
ひばりさん: その日まで
ハンドル名ひばり さん
ブログタイトルその日まで
ブログURLhttps://ameblo.jp/aozora1go/
サイト紹介文50代おひとりさま一人っ子の、 シングル介護記録
自由文年老いた母に寄り添う時間と、
すぐそこにある「老い」と
いずれ来る「天涯孤独」をどう過ごそうか・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 51日(平均2.7回/週) - 参加 2018/06/30 20:50

ひばり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 介護を自分の人生の言い訳にしない・・・人になりたい。なれるかな。
  • 凹む母親を悲観も楽観もさせない、というなかなか難易度の高い言葉を選んで繰り返し励ましていますが、そういう私自身が安定剤と眠剤を手放せず。 気分転換にどこか遊びに行こうかとも考えたけど、やっぱり「私、ガン・・・」ってメソメソしている母親を一人にするのはどうかと思って。日曜日・・・ヒマです。第一、父親を介護している間に、トモダチなんてほぼいなくなったし。ま、それって私という人間性の問題です。 このまま老 [続きを読む]
  • 渡る世間は鬼ばかりでもない・・・のかも。
  • 最近は告知ってホントあっさりしたものなんですね。母親が一人で行った病院で、「先生、これってガンですか?」「ガンだね」いやいやいやいや、そんなこと言われるとわかっていたら、一人で行かせないから。軽い風邪ぐらいの感じで肺の検査なんて予定してなかったから。ここは普通、その前に「ご家族に説明しますので・・・」とか言うのではないのですか?母ぐらい高齢だと肺の内視鏡検査だけでもかなりの負担になるのでしないこと [続きを読む]
  • 介護は背負わないですむなら、それに越したことはない。
  • 一人で介護を頑張っておられる方はたくさんいると思う。私なんかメンタル弱すぎて申し訳ないのだけど、タイトルが今の正直な気持ちです。すみません(?) 理想。兄弟姉妹がたくさんいて、みんな協力的で互いを思い合い、親の介護を分担して、最後皆で暖かい気持ちで見送る。とっても美しいけど、なかなかないでしょうね。 兄弟姉妹がいても、誰か中心的に介護する一人の肩に重くのしかかる。これが普通の現実かなぁ。みんなで押し付 [続きを読む]
  • びくびくしてます・・・
  • 母親は体がしんどい、ということで昨日も明日もデイサービスを休みます。明日までは私がお盆休みなのでいいけど、仕事が始まったら家に一人になるからかなり心配。 食欲は普通にあるけど、午前中が気分が悪くて起きられないらしい。 病気のせいか夏バテなのか判別できません。あまり歩かないとそれも心配なので、午後からは気分がよくなったようなのでスーパーに一緒に行ってみた。まだ何とかカートを押して歩けます。 デイサービ [続きを読む]
  • 仕事を辞めると決めた・・・
  • 去年の秋に亡くなった父の介護の時は、自分でも今思えば不思議なほど介護と仕事の両立にしがみついて、両立さえ出来ればいい、ぐらいの勢いだった。「絶対に介護離職してはいけない」というようなタイトルの本を読んで、自分も意地でも両立してみせる、とムキになっていた。 父親の性格では苦痛でしかないであろうデイサービスも時には懇願、時にはなだめすかし、時には鬼軍曹のごとく恫喝し、嫌がる父を送り出していた。誤嚥性肺 [続きを読む]
  • はじめまして
  • 夏は暑くて冬は雪が多いところに住んでいる、50代のおひとりさま・一人っ子です。2017年の秋に、難病の父を見送りました。高齢の母親と二人暮らしで、2018年8月現在の今は長年勤めている会社で経理をしていますが、母にも病気が見つかりましたので、近いうちに介護離職する予定です。一人での介護や経済的なこと、自分の今後のこと、メンタルも弱いし(不眠で心療内科通院中)、不安ばかりですが、そんな自分を自分で叱咤激励しつつ [続きを読む]
  • もう小説は読まない・・・かもしれない。
  • もう小説は読まない。多分読まない。少なくとも当分読まない。メンタル的に無理かもしれない。ということで、暫定的に私が読んだ最後の小説になるかもしれないのが、昨日と言うか今日だけど、2時近くまで起きていて読了した「わたしを離さないで」(カズオ・イシグロ) 暑過ぎたり、友人に約束をキャンセルされたりしたので、図書館で本を借りてきて、わしわし読んでました。自分の精神状態を考慮して、比較的軽めのエッセイなどを中 [続きを読む]
  • うつ病→うつ状態
  • 正式にはまだ「うつ病」って診断されたわけじゃないもんね。カテゴリー変更します( ̄ー ̄;。ハッキリしたら、また戻すかも。医者が貼るラベルは何であれ、メンタル的に常に苦しいことに変わりはないけど、現状についての正確を期すと、「うつ状態」なんでしょうね。「病」だろうが「状態」だろうが、私にとってはどっちでもいいけど、この先もずっとこれが続くじゃないかという押しつぶされそうな不安(><;)。前にも書いたけど、 [続きを読む]
  • 頼りになるのは友人でもなく医者でもなく、そして自分でもなく
  • 現在のメンタルの不調はこの尋常じゃない暑さのせいなのか、ウツなのか、・・・自分でもよくわからなくなってきました。 週末に会う約束をしていた友人にキャンセルされました。子どもじゃないんだからと自分でも思いつつ、恨めしい気持ちが湧き上がってくる。私、器がとてつもなく小さい。(文字を大きくしたことに特に意味なし)家族の用事なんだから仕方ない・・・そう理性では(一応)わかっていても孤独をぎりぎり噛みしめる。あ [続きを読む]
  • とりあえず諸行無常
  • 有名人とウツ。 最近では「アンソニー世界を駈ける」のアンソニー・ボーディン。食の探求のために世界中を駆け巡る、成功者のアンソニーも実はウツだったし、ケイト・スペードも。成功した有名人でも、と言うべきか、有名人だから、なのか。 この前テレビを観ていたら、ジャック・マイヨールの名前が出てきて、そう言えば彼もウツで自殺したんだった、と思い出し。ジャック・マイヨールは、映画(「グラン・ブルー」)とは違い、本当 [続きを読む]
  • 久々に「深淵」を覗きそうだった&美容室に行った。
  • 灼熱地獄。何ですか、これ。まだ夏は始まったばかりだと言うのに。暑さとメンタル不調で気が狂いそうだった・・・。相変わらず胃腸も具合良くないし。 メンタル不調の誘因は、多分、歌丸師匠・最後の映像を観たから。父親の死に際がフラッシュバックした。歌丸師匠のせいではない。あれを流す番組の意図がわからない。 久々に「深淵」を覗きそうだった。(´д`lll)死にたい気分に引き込まれそうの意味。 今日は午後から美容室の予 [続きを読む]
  • 治る気しない・・・
  • 注意:ダークサイドに堕ちてます。 他のウツ病の方のブログ読んでも、治る気しない。自分の状況を考えると、ますます治る気がしない。 豪雨被害の映像を観るのがイヤで、チャンネル変えたら、歌丸師匠の亡くなる直前の病院での姿が。あんな苦しそうな様子の映像を流すことに何の意味があるんだろう。父親の最末期の姿とあまりにそっくりで胸が衝かれた。痩せ衰えて息も絶え絶えの。父親かと見まごうくらい。そこからメンタルが急 [続きを読む]
  • ウツは心の風邪なんて嘘だな。
  • ・・・となってみるとわかる。私も以前には、本人に対してではないけど、家族がウツになった人に、励ましのつもりで、「ウツなんて心の風邪みたいなものだし、誰でもなるものだし、ちょっとこじらせただけだもんね」などとさもわかったようなこと言ってましたが。すみません、そんな甘いものじゃなかったです(><;)。きっと厚生労働省か何かのプロパガンダ(?)です。そのおかげでウツとかメンタルの病気に対する世の中の偏見みた [続きを読む]
  • 今さらの「ソルフェジオ周波数」
  • 眉に唾つけて。2.3年ほど前に話題になっていたらしいですね。介護真っ只中にいて、全然知りませんでした。癒し効果のある周波数というのがいくつかあって、その周波数の事を「ソルフェジオ周波数」と呼ぶらしいのですが・・・その中で、528 HzはDNAの修復するとか・・・DNAの修復?う、胡散臭い〜( ̄Д ̄;; オカルト系?いわゆるエセ科学!?と思いつつ、いろいろググってみましたら。ホロウィッツ博士(歯科医という話も?)とい [続きを読む]
  • 私にとっての「寛解」って何だろう?
  • 胃腸が相変わらず調子が良くない。何かシリアスな病気じゃないかと考える。でも調子が良くないくせに、間食とか結構食べている。平気な時は薬を飲まないでおこうと勝手に決めているのだが、(今のDr.は「調整」については特に怒られたことないので・・・)大雨&オウム真理教の幹部たちの死刑執行のニュースに気分的にやられてしまい、昨夜はカンチューハイ1本とソラナックスとマイスリー。アルコールは禁忌と言うより、私の場合、す [続きを読む]
  • ニュースはあまり観ない方がいいのかもしれない。
  • 大雨。オウム真理教の7人の死刑執行。 今メンタルが弱っている私は、繰り返される切迫した(防災の観点から敢えて強調しているらしいが)アナウンサーの口調や、次々と報告される被害の状況に気分がザワザワして平静でいられない。 さらに、麻原の側近だった6人の死刑囚たちの、詳しい経歴やバッググラウンドをwikiで読んでいると、(麻原については、読めば読むほど理解不能の精神が異形の怪物っぽいので、気分が悪くなった)もちろ [続きを読む]
  • アロママッサージ
  • 本日は計画年休という名のサボリ( ̄ー ̄;。仕事と介護でいっぱいいっぱいになった時に、会社が配慮して(これは有難かった)私の業務を一部他の人に割り振ってくれたのが今もそのままなので、正直言うと、この時期比較的ヒマなのである。私の仕事の一部を担当してくれたのは再雇用の方なのであるが、今も張り切ってやっておられるので、当分こんな感じであろうか。私から仕事を戻してくれ、などと言う気もなし。何せ毎日が普通に会 [続きを読む]
  • 昭和は遠くなりにけり
  • このところ一時代を築いた人たちの訃報のニュースが続く。 在りし日の歌丸師匠が酸素吸入チューブつけながらの姿、昨年、誤嚥性肺炎で亡くなった父親と重なります。生気のない、痩せに痩せた顔が、亡くなる前の父とそっくりでテレビの画面を観るのが辛かった。あの状態で高座に上がっていたなんて、精神力と言うか、落語への執念と言うか・・・。父親も最後まで気骨のある、気持ちの強い人でした。生きることへの執念を見せていた [続きを読む]
  • 予備の電池切れ
  • 先日の心療内科受診。前回、クスリに依存するのが不安・・・とかちょっとグチったら、「いや、そんなこと言うけど、もうあなた既に(何年も眠剤飲んでいる時点で)依存してますから!!」(びしっ!!)「アナタ、ネットとかで調べてクスリに対してヘンな先入観持ち過ぎだと思いますよ」(ばしっ!!)という感じでDr.の何かに触れてしまったようなので、こちらからは大人しく「クスリで気分は落ち着いているようです、はい」ぐらいに留めてお [続きを読む]
  • ワタシについてのどうでもいい2.3の事柄について
  • 「ソラ」と申します。バツなしの50代のおひとりさまです。母親と二人暮らし。長らく介護と仕事の両立が人生のテーマでしたが、2017年に難病の父親を見送りました。・・・と思ったらウツになりました。 いわゆる「ウツ」なのか、(更年期のウツ含む)父親を亡くしたことによる一過性の状態なのか、あるいはそれをこじらせた「複雑性悲嘆」なのか、現時点ではハッキリしません。ここ5年ぐらい「睡眠障害」にも悩まされています。 いず [続きを読む]
  • 過去の記事 …