咲 さん プロフィール

  •  
咲さん: 頑張ります。
ハンドル名咲 さん
ブログタイトル頑張ります。
ブログURLhttp://shuu.omaww.net/
サイト紹介文大動脈炎症候群になった私の闘病と症状の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 4日(平均15.8回/週) - 参加 2018/06/30 22:22

咲 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 症状:鼻血
  • 今回は鼻血についてご紹介します。病名がわかる前、耳鼻科に行っていた時期から鼻血が止まらなかったです。一度スライム状のカサブタが鼻の中でできて、あと少しで止まる〜という状態鼻をかまなければ不快で仕方がなかったのでかめばスライム状のカサブタが剥げて血が出る。それが約1年続きました。最初はなんで毎日鼻血が出るのかわからず、でも病気が関係してるとも思わず、とりあえず出たら止まるまで頑張って抑えるのを繰 [続きを読む]
  • 症状:聴覚障害
  • 今回は聴覚障害についてご紹介します。この大動脈炎症候群の症状として難聴があると言われています。ですが私的には難聴ではなかったなという感じです。逆に音に敏感で、耳を塞ぎたい状態が数日続いた記憶があります。周りの音がかなり不快で親に「音を何とかしてほしい」「助けて」と言ったこともありました。入院時大部屋でその症状が出て、周りにおばあちゃんばかりいる状態でした。TVの音量、面会に来た親族たちとの会話、 [続きを読む]
  • 症状:過食
  • 今回は過食についてご紹介します。食欲不振だった時期を乗り越えたら過食が始まりました。食べても食べてもお腹が空き、常に食べ物を食べるようになりました。それを主治医に相談したところ、一気に食べすぎるのはよくないと言われ、なんとか我慢するようにしていましたが抑えるのにはかなり苦労しました。朝ご飯、おやつ、昼ごはん、おやつ、夜ご飯、おやつ…という具合に一時期食べまくっていました。おやつはできるだ [続きを読む]
  • 症状:食欲不振
  • 今回は食欲不振についてご紹介します。・首の話・身体のだるさ・貧血食欲不振はかなり前からありました。極端に食べれなくなったのではなく、だんだんと食べる量が減り最初はバテてきているのかと思うくらいの食欲不振でした。病名がわかる前、耳鼻科に行っていた時期に処方された薬が合わなくて呼吸困難になっていたことがあります。その時が一番ダメだったようで一気に食べれなくなり、そこから約4か月近く食欲不振のままで [続きを読む]
  • 症状:貧血
  • 今回は貧血についてご紹介します。・首の話・身体のだるさ元々私は貧血持ちではなかったです。食欲不振で食べなくなってからだんだん立ち眩みと眩暈がするようになり、目の前にチカチカしたものが頻繁に見えるようになりました。休職する前は一瞬ババッと動いて、陰でしゃがみ水を飲むを繰り返してなんとか眩暈立ち眩みと戦ってました。感覚的に水を飲むと少しだけ楽になった気がしていたので隙あれば水を飲むようにしてました [続きを読む]
  • 症状:身体のだるさ
  • 今回は身体のだるさについてご紹介しますね。 ・首の話・貧血 基本的にいつも両腕両足が重怠かったです。 腕は持ち上げるだけで疲れてました。 テーブルの上に腕を上げる、何かを持つ、そういう行為のいちいちが重くて嫌になりました。 横向きに寝転がっても上にくる腕が重くて床に置かなきゃ…という思いが出て、肩から腕を落としていました。 座っていても上体を起こすことができなくて 片腕はデーブルの上に置き、頭 [続きを読む]
  • 症状:首
  • 実際に出ていた症状の説明を個別にしますね。まずは首から。・身体のだるさ・貧血とにかく首の左右、耳の下辺りから首の根本近くまで(一般に首のリンパの辺りです)に腫れているような、ズキズキするような鈍い痛みがずっとありました。首を左右に振ったり傾けるとザリッ…と音がして、急に振るとピキッとしました。触った質感に別段違いはありませんでしたが、押すと痛みが増して重い痛みになりました。寝るのは苦痛でし [続きを読む]
  • 私の場合。
  • 私の場合、一番痛かったのは首でした。最初はリンパが腫れているのではと思い、触ると激痛なのにも関わらずリンパマッサージをしていました。「痛いのリンパだし耳鼻科かな」と耳鼻科に行っていた時期もあります。(この話はまた今度)大動脈炎症候群と診断されて一番最初に診たのはもちろん首でした。左右両方痛く、聴診器を当てると「ゴロゴロゴロ…」と音が鳴っていたそうです。それ以外には・両腕が重だるい・1か月以 [続きを読む]
  • 大動脈炎症候群(高安病)
  • 【大動脈炎症候群】と突然言われても???って思ってしまいますよね。私もそうでした。大動脈やそこから枝分かれしてる血管に炎症が起きて、重要な臓器に影響を与える血管炎。大まかに言えばこういうことだと難病のページに書いていました。私の担当医の先生は大動脈とか近くの太い血管を免疫が内側から攻撃し続けてしまう病気。だと砕いて教えてくれました。それを聞いたとき、自分の意志とは関係なく涙がこぼれたのを覚えて [続きを読む]
  • 過去の記事 …