maimai17 さん プロフィール

  •  
maimai17さん: アイ アム ハッピー
ハンドル名maimai17 さん
ブログタイトルアイ アム ハッピー
ブログURLhttp://mooja17.hatenablog.com/
サイト紹介文不登校、いじめ、摂食障害、適応障害‥昔のことも、今のことも、日々綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 21日(平均14.7回/週) - 参加 2018/06/30 22:24

maimai17 さんのブログ記事

  • HSP
  • 娘のHSCのことを通して、自分のことも知ることになるわたし。考えがぐるぐる回ったり、あ〜なったら、こ〜で、こ〜なったら、あ〜で…考え過ぎて、ぐったり疲れちゃう。みんなど〜して平気な顔してるの?ぐるぐる考えてたらしんどいのに、どうしてみんなはそんな楽そうなの?わたしには体力も気力もないんだ。わたしがダメだからだ。わたしが弱いんだ。そう思っていた。若い時は、今よりもっとぐるぐる思考だったから、カ [続きを読む]
  • HSC 自分のことを知るということ
  • 娘は、敏感な子。発達障害か、HSCか。スペシャルタレント?不安障害?グレーゾーン?って言われたり、違う、って言われたり。色んな概念や障害や、病名とか…これに結構振り回された(-_-;)最初の頃は、診断とかそういうのに頼っていた。それがわかれば、できることが…解決策が見つかる!って思っていた。(わたしの得意分野)いっぱい調べて、あれか?これか?って当てはめて、わかりやすい方法を探そうとしていた。 [続きを読む]
  • 途中で帰ってくる。
  • わたしが仕事だった日。お友達のお母さんにお願いして遊びに連れて行ってもらった娘。前日も楽しみにしていたし、大丈夫か〜と思いつつ、お昼休みに携帯を見ると、「おうちに帰ってきた。」と、メッセージ。ん???はやっ!!!せっかく段取りして、お友達のお母さんに頼んで面倒みてもらったのに、そんなにすぐ帰って来て、迷惑かけて…!!!…以前なら、こんな感じで、イライラしたまま仕事して、帰ってそのイライラを [続きを読む]
  • できませんっ!
  • 「どうしよう?」う〜ん、、、あ〜なったら、こうなって。黙っていたら、こうなるし。ぐるぐる…ぐるぐる… わたしの中ではひとりでするには無理な仕事をやれと言われていて、他の人に聞いても、えっ!?っというようなことで。 それをどうしようか、悩んでぐるぐる。なんか、気づくと、ぐるぐるしている頭の中。楽しいはずもなく… 以前のわたしなら、 できないやつって思われたくなくて、嫌われたくなくて、 言われるがまま引き [続きを読む]
  • 自分で考える
  • 「明日、遅れて行こうかな?」と、夜にわたしに言っていた娘。へえ〜と、スルーしたわたし。スルーしたものの、気になっていたのか、夢では翌朝娘が学校へ行きたくないと、言い、わたしがガミガミ言って、うう〜ってなってる一日。苦しい夢…(-_-;)目覚めた後、まだまだだな〜と苦笑い。でも実際は、「お母さん、仕事休み?」「うん。」…「いってきまーす。」そうか、行くのか、そうか、そうか(驚)最近、迷っていそうな [続きを読む]
  • してあげる
  • 「〜してあげる。」 娘によく思っていた。 助けてあげなきゃ。一緒にいてあげなきゃ。笑わせてあげなきゃ。勉強させてあげなきゃ。楽にさせてあげなきゃ。 この「〜してあげる」って、すご〜〜〜く、上から目線、というか…おこがましいというか、自分で感じたのに「あれ?」と思うようになった。 仕事でちょっとした相談を受けた。困っているようだから、 わたしがどうにかしてあげなきゃ。 どうしよう?こうして、ああして…どう [続きを読む]
  • うん、うん、そう思うよね〜
  • 娘の目標は、カウンセラーとかセラピスト。ツライことがあって、スクールカウンセラーやセラピスト、先生、いろ〜んな人に会ってきた娘。そんな助けられた、話しを聞いてくれた人たちの影響で、カウンセラーになりたいんだろうな〜と思っていた。どんなカウンセラーになりたいの?誰がきっかけやったの?と、なんとなく聞いてみた。すると、「誰やと思う〜?」という娘。「〇〇先生?」「△△先生?」「□□先生?」順番 [続きを読む]
  • 人をジャッジすること
  • 「ジャッジ」・・・判決を下すこと。判断すること。審判。判定。わたしはジャッジが好きだった。テレビのニュースに、あ〜だ、こ〜だ。これはおかしいんやない?こんなのありえない。普通は〜やろう?何に関しても、「普通は〜」とどこの普通かわからないものひっぱってきてジャッジしていた。なんで?がんばっている自分が、正解だということを証明したかったから。だから、批判ばかり。「〜はちがう。」→わたしはまち [続きを読む]
  • シングルマザーでいたかった。
  • ふと、思った。シングルマザーわたしが無意識で望んでこの状況にいる。子供ができたとき。母親が、「絶対女の子がいい。女以外はいらない。」表面上の言葉だったかもしれないけれど、妊娠中、男の子だったらどうしよう???この子はかわいがってもらえない?って、恐怖があった。女の子でありますように、女の子でありますように…わたしもいつの間にか女の子を望むようになっていた。母親にかわいがってもらえなか [続きを読む]
  • わたしにびっくり!
  • 朝、起きて、子供に「いってらっしゃーい!」さて、昨晩はなかなか寝付きが悪くて眠たいけれど…仕事に行くか〜 着いた。みんなの顔に?が浮かんでいる。ん??? 「今日、お休みですよ〜♪」 えーーー!!! 不規則ではあるんだけれど、お休みの日に出勤してしまった…すっごく、自分にびっくりしてしまって… 不規則勤務は以前からで、それでも明日の予定をがっちり確認しないと、気が済まなかったわたし。不安で、不安で…仕 [続きを読む]
  • 夏休みがうれしくない。
  • もうすぐ夏休み。何気なく、夏休みいいな〜と娘に話すと、「…。」表情が暗くなる。どうしたの?と尋ねると、「… また、行けなくなったらどうしようと思うから、 夏休みはうれしくない。」なるほど…去年、1学期頑張りぬいて学校へ行ったものの、2学期になると、パタッと行けなくなった。2学期は、いじめがはじまった学期でもあり、「記念日反応」(同じことがあった日になると心身に不調をきたすこと。)が起き [続きを読む]
  • 「どうしてほしい?」からはじまった。
  • 「死」って文字を繰り返し書いたり、暴れて、眠れなくて、フラッシュバックも起きて、飛び降りようとしていたり、 そんな時期。 この子が消えてしまう! と不安で、夜もずっとそばにいた。すっと、部屋を出て行くと、追いかけていた。 不眠の日が続くし、寝ている間にいなくなったらどうしよう?と、こわくて、親子で入院したい、と心から思っていた。 こんなときはどうしたらいいか? おかあさんが元気でいないと。ほっておいて [続きを読む]
  • つい怒ってしまって…
  • 「今日、プールで先生が男の子に怒鳴るの聞いてイヤやった。」 仕事から帰ると、すぐに話してくれた娘。表情もやや暗いけれど、あ〜だ、こ〜だと話している。 「そんなに怒ることじゃなかった。」「前の先生のこと思い出してしんどかった。」 以前の先生の一部の子への一方的な叱責と机叩きで、男の先生の怒鳴り声がこわくなった娘。 後で聞くと、そのことがあった後に、娘は別教室でこもっていたらしい。 あー…でも先生の気持ち [続きを読む]
  • 進化するパズル
  • とっても迷った時期。暴れて、暴れて、どうにもならない時。窓から飛び降りようとしていた娘をみたわたし。わたしは、その恐怖が目の前にずーっと、ぶらさがっていて‥この子は消えちゃう!どうにかしなきゃ!この子、目をはなすと、この世からいなくなっちゃう。って、思ってた。大好きやって、気にかけてるって、わかってほしくて、たたかれても、ひっかかれても、暴言浴びせられても、ぐいぐ [続きを読む]
  • 走るわ。
  • これまで続けてきた習い事。今、お休みして約1か月。そんな時…学校休んでいた時にできていなかった体力テストを学校でする機会があったそうで。「〇回やった。」やや暗い表情で話す娘。動くの好きで、スポーツは得意な娘。その体力テストの結果は、昨年よりかな〜り悪いものだった。最初は休んだので記録がつかないことを気にしていたので、「記録がつくから良かったね。」とお返事した。「〇回やでっ!」もう記録ど [続きを読む]
  • わーーーんっ(泣)
  • 仕事から帰ると、娘の表情が暗い。少し、ざわざわ。でも、ほんの少しのざわざわですぐになくなったことに自分でもびっくり。食事しながら、「何かあったの〜?」と、明るく聞いてみる。…しばらくすると、ご飯を食べながら、みるみる顔が赤くなって、涙がこぼれる。わーーーんっ(泣)こんなに大っぴらに泣くことは、ほぼなかった娘。いつも部屋に閉じこもり、涙を押し殺していた。なので…泣いたーーー! [続きを読む]
  • わたしは風間くんだった。
  • 最近、にんじんキライを炸裂させている娘。今日も給食でニンジンが出て、ギリギリまで食べていた〜とか家で話してくれる。そんなときに、「わたしは、風間くんやったわ、おかあさん。」と、娘が考え込んだ後、ふ〜っと言ったこと。???あ〜このところ、クレヨンしんちゃんの動画を観ていたから、あの風間くんか〜とつながったんだけれど。「格好ばかりつけてた。これからは、しんちゃんになるわ。」!!!なるほ [続きを読む]
  • お母さんのせいじゃないで。
  • 「お母さんのせいじゃないで。 なのに、なんで謝るんだろうと思ってた。」と、言う娘。えっ?ずっと思ってた。わたし(母)のために、がんばって頑張ってがんばって‥自分の思いを溜め込んでたんやないの?全部、わたしのせい。わたしのせいだ…いじめも、その前も、その後も、しんどいことあったの全部、わたしのせいだ、と責めていた。自分のこと。すると、「違う。自分の考え方。ちゃんとしなきゃ、って勝手 [続きを読む]
  • 言ったら怒るから、言わない。言ったら絶対、責めるし。
  • 言 ったら怒るから、言わない。言ったら絶対、責めるし。 娘から、わたしへの厳しい言葉。 ショック… いや、わたしそんな責めてたかな?そうやんね、責めてたよね。いや、そんなことは… いやいや、わたしは変わってるやん?前とは違うやん?わからんの?     ↑(わたしのこころの葛藤) んっ? もしかして・・・? 反抗期??? !!? わからないけれど、色々あったから、全部ごちゃまぜにして考えてしまう、わたし [続きを読む]
  • 適応障害
  • 根っこはどれも一緒だと思う。適応障害も、摂食障害も… ある職場になった時に、どうにもならなくなった。 胸がドキドキする。常に不安。息がしにくい。 でも、がんばった。でもでも、がんばるパワーも元々ないくらい疲れていたんだと思う。 エネルギー切れ。 行けなくなって、家にいても、しんどくて、常に不安だった。 原因は…??? 向いていない仕事ではあった。環境も、内容も。じゃ… 「イヤです!!!」 って言えばよかっ [続きを読む]
  • にんじんキライ
  • 「今日そうじ時間の3分前まで給食食べてた。」 帰宅後、娘がわたしに言う。 「にんじんが入ってて…うえ〜ってなった。」 にんじんがキライなことは知っている。家では嫌なら食べない。あまり無理強いもしない。 今まで給食で出てきたはずだけれど…そんなことを聞いたのは、初めてだった。 そして… 「○○ちゃんが食べ終わるまで一緒にいてくれた。」「○○先生も、はやく食べな〜って言いながら。」 おっ♪ そっかーーー!!! [続きを読む]
  • 学校…不安のソフト
  • 娘が学校への安心感を取り戻しつつある。 でも本当に最初の方は、 胸がバクバク、肩はパンパン(肩こり)、軽い過呼吸、固まる(フリーズ)、 こんな状態で学校へ行っていた。今にも殺されそうな精神状態で娘は学校へ行っていたことになる。 学校のこと考えたり学校に着いたりすると、カラダが勝手に反応する状態。 戦場やよね…帰って来たら、ぐったりで、肩こり半端ないし、悪夢みるし、うなされるし、フラッシュバックするし、 [続きを読む]
  • プラス思考とマイナス思考
  • サッカーの試合のPK戦。 みんなで観ていて、うちの家族は、 「いや〜、どうする?入らなかったら!」 「これ失敗したら、帰って来づらいやろうな。。。」 「キャー…!」 みたいな反応。 ひとり、弟の奥さんが、 「○○なら、入る!!!」 と、力強く言い切った♪ おっ…これだ。うちの家族、マイナス思考だ…このプラス思考を言葉にすること。これいいなあ。 最近、気をつけていて、だいぶプラスになってきているんだけれど。長 [続きを読む]
  • ママが安心→子供も安心
  • 娘の学校への安心感。今も、徐々に取り戻している途中。 子供が学校へ行けるかどうか…? 学校への安心感が大きいのではないかと思った。(うちの子はいじめがきっかけだったので) では、どうすれば安心できるか?今、思い返してわたしにできることは…? わたし(ママ)が学校を信頼すること。 ママが学校に安心感がないと、子供に伝わるので、子供は安心できない。それがわかったから、そう思うのだけれど、 最初からできるは [続きを読む]
  • 別室登校
  • 「いってきまーす♪」最近はスムーズに家を出て行く娘。ただし、別室。でも、集団登校とか、プールとか、全校集会とか、クラブ、委員会、には、参加している。教室には入らず、それらのことには一緒に参加する娘に対してあれこれ言う子はいないらしく、いつ行っても、なんか普通だそう。敏感に感じとる娘が言うのだから、そうなんだと思う。ほんとに、ありがたい環境。娘が自分で選んで、している今の状態。別室でも、 [続きを読む]