maimai17 さん プロフィール

  •  
maimai17さん: アイ アム ハッピー
ハンドル名maimai17 さん
ブログタイトルアイ アム ハッピー
ブログURLhttp://mooja17.hatenablog.com/
サイト紹介文不登校、いじめ、摂食障害、適応障害‥昔のことも、今のことも、日々綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 121日(平均5.0回/週) - 参加 2018/06/30 22:24

maimai17 さんのブログ記事

  • なんのために、働く?勉強する?①
  • なんのために、働くか?…私は、学校出た後は、流れ。次にやりたいこと見つけた時は、好きだから。その次に、シングルマザーになった後は、お金のため。でした(;^_^A学校の勉強は、最初は迷惑がかからないように…そのうち、友達とか塾とかの出会いがあって、なぜか勉強が好きに。だって、やればやるほど点数が上がる!裏切らないんです、勉強は。成果が出ると、嬉しくて、勉強した。でも、いつの間にか、点取り虫に [続きを読む]
  • ない、と思っていたものが、あった。
  • 「わたしは、こうだ。」と、勝手に決めつけていることがあった。わたしは、孤独だ。わたしは、友達がいない。わたしは、心が開けない。わたしは、暗い。わたしは、愛されない。みたいな(;^_^A超マイナスーーー自分で勝手に追い込んで( ´艸`)最近、これらが覆される出来事が、バンバン来る。あることをきっかけに動いたことで、「あ、わたし、友達いたんだ。」「あ、わたし、心開けてる。」「あ、わたし、明るく [続きを読む]
  • プラスとマイナスとか、ある、ない、とか。
  • いつの間にか、娘の調子が↑↑↑(^^♪鼻歌が出てきた。笑顔が°???(???)???°めっちゃ、嬉しい(#^.^#)どんな人にも気分のアップダウンはあると思う。沈む時も、ある。アップしてばかりだと、アップがアップではなくなるし??裏表、は、あるんだ。十円玉を拾ったら、表面を拾ったと思っても、裏面もついてくる。これが物事のプラスとマイナス。ってことを言っていた人がいた。ほんま、そうやな〜と思う。マイナスを [続きを読む]
  • 遊具と人生
  • 遊具で遊ぶ子ども。それはそれは、楽しそうで‥「こわい、こわいっ」と言いながら、あみあみのところも、落ちても大丈夫なようになっているので、どんどん色んな方法を試し出す。横から入ったり、滑り台も下からのぼったり。あーーー人生みたいやな。と、思った。まっすぐ、まっすぐ落ちないように、そろりそろりと歩いて、滑り台もちゃんと上から下へ。が、まっすぐ人生。落ちたら、終わるっ!って感じ??でもこの遊具みたいに、 [続きを読む]
  • 食べものはカラダとココロをつくる
  • 最近食べるものを気にしはじめたわたし。元々そんなに食欲がないので、どーでもいい、食べれれば…??みたいなところがあった。 わたしの不調、子どもの不調、そんなのが続き、やっと、やっと、やーーーっと、食に目が向いたわたし。 とりあえず1冊本を買って、「食養」読んでみた。これのいいとこ取りをして、できることから無理のないようはじめている。もう多分1か月くらい。 発酵食品をとるように心がける。お味噌、納豆とか [続きを読む]
  • とりあえずやってみる
  • ぐるぐる思考から抜け出して、とりあえず、目の前のことをやる!に変更。 ゴミ拾いも、筋トレも、体操も、色々。 あんまり、「やるぞっ!」と意気込まない方が、リミットをはずすのによい。と、『脳リミットのはずし方』という本に書いてあった(笑)この本を手に取るところが、わたしだな〜と思う( ´艸`)でもこの本、めちゃくちゃ面白かった♪スピリチュアルの領域かな〜と思っていたことが、脳科学の世界で同じようなことが書い [続きを読む]
  • パニックな娘
  • 「学校行きたいけれど、行きたくない。」学校??へ行くと、カラダが硬くなり、呼吸が浅くなり、ずっと緊張した状態になる娘。帰って来ると、クタクタ??クタクタが、クタクタどころじゃなくなり、「息ができないっ、酸素がっ!」とか、眠れない、突然泣き出す、笑い出すとどんどんカラダもココロも大変なことに。学校以外では元気だったはずが、学校を引きずり、生活が難しくなってきた。これは、ヤバイヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3病院 [続きを読む]
  • リミットをはずせ!
  • モヤモヤしているわたしに、「リミットをはずせ!」と、言ってくれる友達。そのようなことを言ってくれるこの友達に、あえて、連絡したんだろうなぁと思う。しかし、はずせ、と言われても、どうすればいいかわからない??とにかく行動って、子には言えても、何もできていない自分がいることに気づく( ・∇・)そんな時にたまたまTED conferenceの植松さんの画像を送ってくれた違う友達。ちゃんと、色々用意してくれる神さま^ ^そこ [続きを読む]
  • それでも、生きよう、と思える世の中に♪
  • 若い時に、「自死」について友達が、「死んじゃダメだよっ!」って、熱く語ってくれて…わたしは、それを言われると、ダメって言われているのに、死んだ子達を否定することになるような気がして、なんとかなるなら、なんとかしてる。そう選ばざるを得なかったんだよ…って、「自死」を選んだ人たちを肯定していた。否定したくなくて。仕事上で、病気とかいろいろ・・。自死を選ぶ人たち、選んだのに、失敗して生きて [続きを読む]
  • 自死、その後の世界でどうなるか?
  • 「自死」について、考える機会が最近たくさんある。 わたしは、少し足を踏み入れ…娘は、足をかなり踏み入れ。わたしの初めての死は、父の友達の「自死」。働き始めて、友達の「自死」。小さい頃から近くで育った子の大人になってからの「自死」。 そのほか、仕事上、結構ある。 見ようとすると、いっぱい見える…(-_-;)それくらい、身近なんだよね。 「自死」について、娘が空の上の世界で、その後どうなるか・・・?きいたことが [続きを読む]
  • 母の心のモヤモヤ
  • 最近、モヤモヤする( 一一) 2学期に入って娘が調子が悪いからか…? 夏に冷房を浴びて、毎年9月になると調子悪いからか…?食べ物に気を付けたり、よく寝るようにしたり、休むようにしたりするんだけれど、モヤモヤする( 一一) うーーーん…(´ε`;)ウーン… 見たくないところに、目がいく??原因は…2つ考えられて。 ①PTSD(心的外傷後ストレス障害)って、 記念日反応というのがある。 震災、事故、事件に遭遇した方が、節 [続きを読む]
  • とても似ている親子
  • 泣けなくて、助けてって言えなくて、自分でどうにかしようとしている娘を見て、そっくりだな…(;'∀')と思った。どんな教育本読むより、実践するより、背中、生き方なんだなあ…って( ;∀;)わたしは、娘のあれこれで、もう自分に蓋することができなくて、最初は我慢していたけれど、娘に怒ったり、泣いたり、笑ったり、色んな感情を出すことにしている。(ある程度冷静に…)その感情を出すのに、とても苦労したんだけれ [続きを読む]
  • 自分を愛して下さい。
  • ギリギリで歯を食いしばって学校に行っていた娘が、あることをきっかけに 「うわあ〜〜〜んっ( ノД`)シクシク…」 って、心から泣いた。 いいことがきっかけでピンと張りつめていた気持ちが、ゆるんだんだと思う。 そう思うと、そうやって泣くことってほぼなかった娘。「モヤモヤする。」は、泣きたい気持ちが押し込められた「モヤモヤ」なんだ、と気づいた。 それから娘と話していると、 毎日泣きたい気持ちになる。 我慢しようとが [続きを読む]
  • 学校に来たら、すばらしい?
  • 娘が、フリースクールの予約をやめて学校に行った日。ある先生が、「すばらしい!」って言ったらしい。その時に心の中で、娘は何言ってんの⁉?って、毒づいていたそうで‥なんでか、わかります?わたし、わからなくて??その先生に悪気はないのはわかって。その他の要因なのかなぁ?と思ったら、人に聞いたことは関係ない、と。そのあと、なんか、不登校の子が学校に来たらすばらしいというのは、来ないことは [続きを読む]
  • 自分の気持ちを伝えられない
  • 最近、不登校特集である方が「学校に何で行きたくないの?」って聞かれた時に、 答えられなかった、と言っていた。なぜなら、 「義務教育で、自分の気持ちを伝える方法を学んでいないから。」 というようなこと。 娘はいじめがあってからなんだけれど、その時の気持ちも言葉にすることはできず、(フラッシュバックもあったし…)ただ、だまって、自分の名前を書いて鉛筆でぐちゃぐちゃにして、ビリビリにしていた。 「不登校の理 [続きを読む]
  • 明日、学校に行きたい。
  • 2学期のプレッシャーから、やや不安定になっていた娘。プレッシャーを少しでも和らげられるように、娘と話して、1回/週はフリースクールに通うことにしていた。その、フリースクール登校の前日。ちょっとはにかみながら、「明日、学校に行きたい。(*^。^*)」という娘。その表情のかわいいこと…(親バカ(;'∀'))少しペースをつかめたようで、別教室でプレッシャーなく過ごせるようになってきた様子。ということで、翌日 [続きを読む]
  • 目に見えないもの
  • 「またなにかされそうでこわい。」 学校に対するこの娘の思いを、どうしたらいいのか…?本当は楽しく行きたいのに。 いじめでこういう気持ちを抱えたまま、学校生活が終わる子が多いことをテレビで知った。 「出口が欲しい。」 「正解が欲しい。」 「苦しい。」 わたしも、出口も正解も欲しい。でも、出口も正解も無いんだと思った。 スクールカウンセラーに尋ねてみた。 「いじめ以降、人間不信があって、 行きたいのに、行けな [続きを読む]
  • 大人に勝手に決められたくない。
  • 娘は、今、「別教室」に居場所を作っている。自分と一緒にいる子とで、その場所のルールを考えて作り、朝、終わりの会みたいなので、することも自分たちで考える。そして、表みたいなのを、家のパソコンでこしらえていた。彼女のしたいことは、これみたい。自分達で考えて決めたことを、自分達でしていく。よく言っている。「なんで、先生がいつも勝手に決めて押し付けてくるの?」主役は子ども達のはずなのに、いつも決める [続きを読む]
  • 枠を取っ払う〜折り紙〜
  • 娘が別教室で先生と折り紙をしていた時のことを話してくれた。 「先生が、説明書を見ながら折り紙をしてて、 途中わからなくなって、 わーーーっ! ってなってた。」 そうやんね、折り紙って、難しい…*1 「先生に、わたし言ったんや。『わからんかったら、自分で折り方考えて、 形作ったらいいやん♪』 って。」 ほお〜〜〜っ(*'▽') 折り紙の説明書の枠の中で、できなかったら、ううーーーって。 自由に折る、という枠を外 [続きを読む]
  • 運動会くらい
  • 2学期がはじまるとすぐあるのが、運動会の練習。これは学校がイヤな子にとっては、2学期そもそもが高い山なのに、追い打ちをかけるような生き地獄だなーーーと思った。 団体演技は練習しなければいけない。      ↓ 学校に行かなればいけない。      ↓   しんどくなる。      ↓     休む      ↓  練習が遅れてついていけない。      ↓  さらに行きたくなくなる。 これで、考えた [続きを読む]
  • 月曜日はとてもしんどい
  • 大人でも日曜日の夜になると憂鬱になることがある。娘は、昨晩お腹が痛かったそう。学校行かないって思ってたのに…行ってても、行ってなくても、気になるし、「行かなきゃあかん。」って、どこかで思っているのかな〜と思いつつ。今朝は、いつも通り起きた娘。歯磨きをしながら、「学校行こうかな〜」とつぶやく。遅れて、一緒に歩いて登校すると、学校が見えた辺りで、「やっぱり、モヤモヤするからやめとく。」と、一 [続きを読む]
  • 生きていてほしい
  • 娘は2階の窓に足をかけたことがある。わたしは、薬をいっぱい飲んだことがある。(だいぶ昔)「死のう」と思ったのではなく、ここから出たい…といった気持ち。あまり記憶がないんだけれど、いつの間にか飲んでいた。娘もそうかもしれない。そんなわたしはもう、アラフォー。さっき、娘が笑いながら、「よくそんな生きてるな〜11歳でこんなしんどいのに、 そんなに生きてるなんて考えられへんわ。」( ;∀;) [続きを読む]
  • 生と死のつながり
  • 仕事柄、人の死に立ち会うことが多い。でも、???・・・これでいいのか?ちがうような気がする、といった漠然としたひっかかりがあった。 子どもが色々あり追い込まれて、2階の窓に足をかけていた。 このことをきっかけに、「死」がぐっと身近になった。どこか他人事だった「死」。他人事ではなく、今、明日、明後日…いつ訪れてもおかしくない、生きていることは、当たり前でないことを実感した。 そう思うと、今生きていること [続きを読む]
  • 不安を打ち消す方法
  • 「またなにかされそうでこわい」 夜、なかなか眠れないと黙って紙に書いた娘。 それから、前にあったいじめのことを紙に文章で書き出した。 2年経って、初めて、詳細をアウトプットした娘。 あったことは変えられない。 その出来事の視点を変えたり、対象に焦点を合わさず、自分にフォーカスしたり、を繰り返してきた。 それでも、出来事が起こった時期になると、少し、戻ってしまう。でも、少し、だった。 なんて言っていいか、 [続きを読む]
  • 笑っていられるように。
  • あなたが笑っていられるようにどうしたらいいか?考えよう。2学期が近づき、ほんのちょっとの期待と、不安と不安と不安…で、押しつぶされそうな子ども。そんな彼女が笑った時に、ふと出てきた言葉。この笑顔を見ていたい、と思ったから。学校へ行く、行かない、はどうでもいい。…とは言いつつ、将来なりたいものがある子どもにとって、勉強は大切だな〜と思うし、居場所も必要だな〜と思うし、学校へ行かなくて、家にひと [続きを読む]