みさお さん プロフィール

  •  
みさおさん: 宇宙法則で豊かに生きる
ハンドル名みさお さん
ブログタイトル宇宙法則で豊かに生きる
ブログURLhttps://ameblo.jp/babope555/
サイト紹介文FP1級の資格を持っているお金の専門家なのに「宇宙法則で豊かに生きる」を実験中な人。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 200日(平均4.3回/週) - 参加 2018/07/01 11:14

みさお さんのブログ記事

  • 幾何学図形を追いかけて③
  • 前回のつづき。前々回のつづき。につづく最終章。 「現実だと思っている三次元の 世界から1/137ずれたところに 4次元の真実が重なっている」 幾何学図形は夢と現実の間で ダウンロードされたもの。 と仮定して。 それとは別に 夢なのか実際みたものなのか よくわからない。 けれどぼんやり記憶に 残っている 不思議なシーンがある。 おそらく それはの中。 パネルのような ホワイトボードのような 大きさ [続きを読む]
  • 幾何学図形を追いかけて②
  • 前回のつづき。 辻 麻里子さんの「22を超えてゆけ」「6と7の架け橋」 この本の作中にわたしが追い求めている幾何学図形に関する非常に興味深い話が小説という方法で語られていた。 以下本より抜粋 「人生の計画書」について 通常3〜12人くらいの人と一緒に果たす学びに着いて契約を結ぶことになり、そこにはそれが起きる時と内容が記されているが それは契約を結んだ者同士が同じタイミングで同じ記号を計画書に刻印 [続きを読む]
  • 幾何学図形を追いかけて①
  • ずっと 真理を探していることがある。 それは幾何学図形。 幾何学模様。      なぜかというと 数年前の真夜中 幾何学図形が頭の中に 降りてきたから。 それはとても色鮮やかで 美しくて キラキラしたもので はっきりと どんな図形かは わからなかったけれど イメージは ルイヴィトンのモノグラフに 近いものだった。 まるで 夢を見ているように 目ではなく頭の中でみていた けれど現実の世界でみてい [続きを読む]
  • ハイヤーセルフへの手紙。
  • 何か悩みがあって その答えが欲しい時 紙に書いてみると その答えのようなメッセージが 日常の色んな場面・・・・ 例えば ふと目にした看板や 広告や誰かの会話の中に ハイヤーセルフから その答えがあるという。 それを最近実践してみた。 二つばかり確認したいことが あったので手帳の余白に Q1 〇〇〇と突然パソコンから 急に声が聞こえました。 これってどういう意味でしょうか? Q2〇〇しようかどうか [続きを読む]
  • 急がばまわれ
  • どうしたらいいか 右も左も わからなくなった時 ほんとうに この道でいいのか わからなくなった時 そのビジョンが ぼんやりとしていて これ!とはっきりと 説明ができない時 自信が持てない時 そんな時は それをいったん手放す。 光の道にたどり着くには いったん闇の道ゾーンに 入ることが必要だという。 急がば回れ。 今がその「闇」かもしれない。 光へと続く闇。 焦りは執着。 寄り道している時に [続きを読む]
  • 役にたつことをしない
  • ノーベル賞は今後今のように日本人は受賞できないだろうと言われている。 その理由が 「役にたつものにお金を使っているから」だという。 ん? 役にたつことにお金をつかうならいい事じゃない?と思ったがその理由を聞いて納得した。 夢中で研究していたものが 後で、たまたま役になった。 役にたつとは思わなかった。 最初から 目的が 「役に立つ」ことを開発した ということではなく 夢中で研究したものが [続きを読む]
  • お天道様が見ている
  • 日本の国旗は大きな〇 太陽、お天道様、円 国旗は日本のような円よりも 直線である☆が多いという。 円は共感、永遠、共有の意識で 直線は競争、比較、所有の意識。 大陸から大勢の渡来人が やってきて 弥生時代といわれる 競争と所有の弥生時代が始まる前 長い時代、円が尊まれていた 縄文時代だった。 改革と破壊の明治に始まり 戦後になるとさらに 徹底的に日本の文化や意識は 洗脳され 最近も肉や乳製品、 [続きを読む]
  • 花森安治 灯をともす言葉より
  • 平均点の美ということと、 個性の美ということは、 白と黒ぐらいに、 違っているはずである。 はっきりいえば、 個性を生かすということは 欠点をなくすことでなしに、 むしろ逆に欠点を強調する ことだと思う。 個性を生かすということは、 自分の欠点が、どこにあるかを 知ってその欠点が、 なによりの魅力になるように 誇張したり、強調したりして、 みがき上げることである。 その意味では、大多数のひとは、 逆の方 [続きを読む]
  • アナログ最強
  • 今ネットにあがっている情報はいつまでも残っているとは限らない。 いわゆる垢BANも含めて。 だから面倒だなぁと思っても時代に逆行しようとも ネットで必要だと思った記事や言葉はできるだけ書き留める。 手で。ノートに。 読むだけより確実に心に入ってくる データとして目に通すことが顕在意識ならノートに書き留める行為は潜在意識に近い感じ。 お気に入りでポチっとしているページもノートに書き留めてデ [続きを読む]
  • 祈り〜琉球から地球へ〜
  • 冬至に沖縄へ行ってきた。 そもそもこの時期に沖縄へ行こうと思ったのは 「首里城500人の祈り」に参加する為。 男性の四角い囲むエネルギーから女性の丸い解放のエネルギーへ女性性の祈りを、時空を超え琉球から地球へ そんな感じのメッセージを最初見た時 10月1日のみあれ祭で宗像三女神が勢ぞろいした際感じた「女性性」って・・・もしかしれこのことなのかも?という思いが一瞬よぎった。 でも そんな [続きを読む]
  • 沖宮(琉球沖縄八社)
  • 沖宮(おきのぐう) 2018年12月21、22日沖縄に行く前日に「沖宮」という同じ名前の神社を知り、空港に着いた後最初に立ち寄った。(わたしの名字は沖) ネットでは 県内の霊能者には最古の神地として広く知られる天燈山(てんとうさん)に鎮座するこちらの神社は、琉球王国において王府から特別の扱いを受けた「琉球沖縄八社」の一つ。と書いてあった。 階段を上り、神社に着いて驚いたのがこの手水舎緑いっぱい南国使 [続きを読む]
  • 日常の中のシンクロ
  • 勘違いかもしれないし 一時的なことかもしれないけれど 最近、数字のゾロ目遭遇率が 高いような氣がする。 多くはその場限りのもの。 そんな中、 みえるカタチで 残っているものがあった。 コレ 「6と7の架け橋 太陽の国へ」6+7=13 投函完了時間が 13時13分 ちょっとした不思議。 [続きを読む]
  • 憎まれっ子世にはばかる
  • 自ら死を選んでしまうような人は まじめで責任感が強くて我慢強くて心優しい人が多いのかもしれない。 視野が極端に狭くなり思考能力が働かなくなるといわれるが 我慢に我慢を重ね ストレスが限界を超えると 細胞が悲鳴をあげ (細胞が)自殺モードに変わってしまう そんな話もあるらしい。 80兆もの細胞が(もう限界だと)人間を動かす・・・・ 自分の人生がそんなかたちで終わるのはあまりにせつない。 そこでヒン [続きを読む]
  • 人生で一番らくなこと
  • 人生で一番らくなこと。 それは自分なんてどーーせと(じぶんに対して)あきらめること。 ムダかもしれない努力はしたくないし第一失敗して傷つきたくないから。 でも誰かが輝いているのを見るとちょっと羨ましい。 人生で一番らくなこと。 それは わたしなんて・・・どーせ年だし、と自分を見放すこと。 別に美魔女にならなくていい 若くみえなくなっていい 美人にみえなくてもいい ちょっと髪型がきれいにまと [続きを読む]
  • 生まれてきた目的は〇〇時わかる説
  • 人は生まれてきた目的意味を知りたがるもの。 本当は何か自分にはこの世で果たす使命があるのでは?と。 この時代の日本に生まれてきたその目的はなんなのか?何のために生まれてきたのか?と。 けれど一部を除いてわたしたち一般市民の多くの人は 生きている間にその答えにはたどり着けないのではないかと思えてくる。 それは この概念を知ったから。 自分用にノートに書いたものなので裏が透けてわかりにくいか [続きを読む]
  • お金についての勘違い
  • 小さなころから「お金は大事に使おう」と教えられてきた。 それはたしかにほんとうのことなのだけれど その真意を勘違いしていたことにふと、氣づいた。 わたしたち一般人の「お金を大事に使う」はできるだけ無駄遣いをしないことイコールできるだけお金をつかわないこと。 いっぽう セレブといわれるような代々のお金持ちの「お金を大事に使う」は本当にほしいもの本当にやりたいことにお金を使う事 セール品にお金 [続きを読む]
  • ハケン争い
  • アメリカと中国が次世代携帯通信5Gの覇権争いをしているという。 覇権 覇権とは特定の人物または集団が長期にわたって不動とも思われる地位あるいは権力を掌握すること。 支配者ともいえる。 経済の支配者。 ちなみにハケンはハケンでも「派遣」は非正規としてボーナスもない不安定な弱者的な立場であることが多い。 同じハケンという響きでも覇権と派遣 真逆の立場である。 このことに不思議な 感じがしている。 [続きを読む]
  • オーラエネルギー
  • 自分の中の「点」と「点」が線につながってカタチがはっきりしつつある。 それはネットで口酸っぱく伝えられているエネルギーのはなし。 エネルギーがすべてよエネルギーエネルギーとミミタコで言われるたびに なんとなくわかっていた氣になっていた。はいはいエネルギーねそうよね、と。 でもそれはネットで拾った「知識」として「点」で理解していたもので「意識」として腑におとしてはいなかった。 そんなこともあり [続きを読む]
  • 執着しない、期待しない
  • 最近の個人的キーワード「執着を手放す」 たぶんわたしだけでなくおおくの人にとっても今必要なキーワードだと思う。 今必要なのだよといわんばかりによくこの言葉を目にするのでそれについて自問自答してみた。 欲しいと思った時には手に入れることができず 欲しくないと思った時手にすることができるというメッセージも 執着をしている間は手に入れることができず 執着を手放せば手にすることができると言い換えるこ [続きを読む]
  • 宝くじの「魔の法則」から逃れる方法
  • 宝くじの「魔の法則」とは 宝くじの高額当選で突然大金持ちになった人はその後高い確率で不幸になるか破産するか、良くて元の状態に戻る・・・という法則。 その原因として 現状維持機能が働いたとか 身の丈に合わない大金を手にしたからとか 正負の法則が発動したとか いろいろ言われるが この泥沼コースから 抜けることができる方法を知った。 とてもシンプルな方法。 それは 当選した半分以上の金額を [続きを読む]
  • 300円で出来る人生ゲーム
  • 引き寄せのポイントは「感情」ですでにそうであるとその感情を味わう事が重要だということはよく知られている。 頭ではわかっていても心におとしこめないからなかなか引き寄せる事ができないのが現状。 お金を持っていない人が既に豊かであるイメージなんて普通無理だ。無茶言うなという話だ。 とはいえ 誰にだって想像することは可能だ。 そして期間限定ではあるが「とあるアイテム」さえあればその無茶なイメージがし [続きを読む]
  • 哲学者からみた宇宙2
  • 考えて考えて考え抜いたすえ宇宙にたどり着いた哲学者・池田晶子さんが残した言葉その2 宇宙としての自分という話は もう一度、魂とか宇宙とかの話に 出ると思いますが、 自分というのはよく考えてみると どう考えても宇宙なのです。 その自分の側から見ると この地上の自分が、 某(なにがし)として 地上に生まれてきて、生きて そして死んでゆくなどというのは 向こうの自分が見ている夢 として見えてきます。 で [続きを読む]
  • 1・2・3の日に宣言しておこう
  • 数字の力はばかにできない。 とゴロのいい今日は おもいきって一歩踏み出したいけど怖いなぁと思っていることを それぞれみなつながっている じぶんに 潜在意識に 集合意識に 宇宙に 宣言してみよう。 たとえば、わたしの場合 お金と自己肯定の関係性 ・他人になろうとしない ・「ありのまま」を認める ・それって嫌なところを含めてのありのままだから ・比較する時点で他人になろうとしてる 自分の才能ってなーに [続きを読む]
  • パラレルワールドが交わる時
  • 夢はパラレルワールドへ意識が飛んでいる時だと思っている。 そんなパラレルワールドから今いる世界に戻る時面白い現象を今朝「みた」 「みた」というのは実際の目でみたわけではないから。 おもしろいことにパラレルワールドの「わたし」はだいたい同じような設定なのだ。 同じ家族と暮らしていて好きなタレントも同じで好きな食べ物も嫌いな食べ物も趣味も、特技も同じ。 ただ微妙に状況や住んでいる家、間取り家具の [続きを読む]
  • 有名漫画家と宇宙人
  • 先日ひさしぶりに「レベルE」というアニメを見た。 レベルEとは 「幽遊白書」や「ハンター×ハンター」で有名な富樫義博氏の作品で 現在、地球には、数百種類の異星人が行き交い生活している。気づいていないのは地球人だけなのだ。 というキャッチフレーズの地球人になりすまして地球に暮らす宇宙人が中心の漫画。 非常に完成度の高い一話完結型の作品集で20年以上前に書かれた作品だが今見ると、もしかして・・・これってほ [続きを読む]