普通の人 さん プロフィール

  •  
普通の人さん: 普通の人の普通の生活
ハンドル名普通の人 さん
ブログタイトル普通の人の普通の生活
ブログURLhttp://gamernikkiggwp.seesaa.net/
サイト紹介文とくに世界に発信しなかった人の生活を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 111日(平均1.6回/週) - 参加 2018/07/01 14:58

普通の人 さんのブログ記事

  • マルチプレイのよさ
  • 飲みの席で思ったが、また仲間がいる時代に戻るのがモチベーションアップの秘訣になりそうだソロプレイの楽しさと気軽さで生きてきた10代後半から20代後半までか。カップルへの嫉妬もあり、仲間同士群れないと騒げないものへのイラつきなどはここの欲求なのかなとも思える、マスターマインドの話もあるし、仲間との時間を増やす時代に突入してきたのかな?かこの全盛期、仲間たちと毎日のように遊んでいた時代の心地よさがまた必要 [続きを読む]
  • 心、頭脳、肉体を明確に分離したい
  • 脳みそは2つの考えを持つ、棒に当たってから、どうするかをかんがえるいわゆる理性や知性、記憶を頼りにどうするかを決めて体を動かす。反応ともいうか反射に近い反射のパワー、感情などのインターフェース、思考 先にかんがえる、未来を考える仮想だ、想像力とも予測とかな。思考のパワーそして、肉体に分解すれば三権分立か! [続きを読む]
  • 健康本とかの話
  • 健康本とかで、これだけでー何キロ減*特定条件のもとで測定しましたみたいな話ってよくあるけど特定条件飯はこれだけ食って、運動して、、、とかようはその特定の条件にこそ真理があるんじゃないの?とか思った結局それらの特定って避けられないんだなと運動とか食事制限とかはよくそういう条件に上がるだから、真相を考えたい場合は、そういった米印の小さい文章をよく読むと、自分が何をしたらいいかがわかる原始的だけど最も効 [続きを読む]
  • 自分と向き合うことについての仮説
  • もしかすると、保守的な人間は、あまり自分と向き合う時間を取らない方がいいのかもしれない。つまり、脳みそをツール的に肉体に使わせる、というくらいの方が社会に使える可能性があると最近感じた。とくに、思考をかなり行うようになってから、前に進まずもんもんとする機会が増えたように思う。進んでる時っていうのは、脳みそからの指示、思考が途切れ、肉体が先行し、進んでいることに対してのドキドキ感とそれを乗り切るだけ [続きを読む]
  • 自分を大事に
  • 自分を大事に?・・・自分にする大事っていったい何だろうか・・・なにをすれば自分は大事とされているとなるのでしょう。そう考えると大事ってのはあいまいだなあ一般的に言われる大事、親孝行、健康、誠実・・・ようは人が見ていて気持ちいい人間であることそれが自分を”大事にする”ということといえる。−−−−− [続きを読む]
  • All I Needの弊害、というより影響の考察
  • あーそうか、やはりall i needはエネルギーを取っていくな?なんかまえもそんなことを考えていた記事があったが、兎にも角にも性エネルギーを放出するということは、他の動物にとっては死と同じようは生物の目標、最大限の目標が果たされたわけだから、それ以降の行動がなくても無理はない。よって、それを行わないことで、他の行動は取りやすくなるし、行っていると世間と隔てたくなる、厭世的になってしまい、気持ちは引退の方向 [続きを読む]
  • 人の振り見て我が振り直せ
  • 人の振り見て我が振り直せは反面教師という意味だけではない。自分が起こした行動に対しての相手の反応をもとに、自らの与えた印象をしっかりと把握することも人の振り見て我が振り直せといえるのではないか。と思う。自分が悪態をついたり、とっさの行動、普段のくせ、そういったものが出たときに相手がどのような顔をするか、表情をするか、行動をとるか、気持ちを汲み取れるか。それによって、また、自分の思考、行動を直す。自 [続きを読む]
  • 領域
  • 短編記事一回もしちゃいけない、踏み入れちゃいけない領域というのを感じておく、考える。見る。あるという認識をしっかり持っておく。例えば麻薬とかあるじゃん。そういうことを忘れないで、これは踏み入れていい領域なのか考えていこう [続きを読む]
  • 「仕事について」
  • 仕事というのは、結局価値を高めることそのために何をしていくのかという取捨をする。空き巣だって努力をしている。犯罪ですら日々アップデートされていくのに、対策をねらないでどうする?やられる側がアップデートしていかないで守れるのかね日々の努力を重ねる。鍛錬を積む。むさしやね [続きを読む]
  • 退屈 という 悪魔
  • https://www.1101.com/uruma_takezawa/2017-12-14.html旅をしていてすら、退屈が襲ってくるのである。と日常への変化はいかに歩き回るか。心のぬかるみにはまって抜け出せなくなってしまっては・・・結局新しいこと、棒にあたりにいくことをしなければ旅から帰れなくなってしまった人たちと同じ?退屈に押し殺されてつまんねー人生になってしまう。 [続きを読む]
  • 何を思っても空は青いし、海は広い
  • 自分が悩んでいても、何をしていても、はたまた何もしなくても町は人でごった返すし、お湯は熱いし、雪はつめたい。世界は自分を待たないし、待ってくれる人もいる。その事実は不変。変わるということが不変になっている。そこに自分が参加しようがしまいが、何も変わらないし、変わるともいえる。だから、結局悩むことはしていいし、無駄ともいえるし。どっちでもいい。悩んでいるなら悩み切ろう。というはなし。逃げてもいいし、 [続きを読む]
  • 出すこと
  • そうか! エネルギーもあればあるほどいいわけじゃないんだ!使わないと爆発したり、体内でくさってしまうんだなわかってきたぞ、つまりおな禁ではなく節おな村々がどーんとでたらしこるそれ以外はしこらないこれだ出せるものはたしかにだしたほうがいいただし、出し過ぎると不足するなので、満足も不足もしないようにする。例えば、1円も稼げないのは不足稼ぎ過ぎは満足 程よいところを狙え [続きを読む]
  • 刺激が与える活力
  • いや大日最高峰に面白かったなー燃えた体からまた力が湧き上がるこういう刺激が必要だったのかもなと思う定期的に刺激を入れていかないと、目標がなくなりぼーっと空回しの状態になっちゃう刺激と目標でまた前へって感じか>> 刺激を定期的に受けることで、生きることを忘れないように。 [続きを読む]
  • GABA 箱の作りに感動
  • 短編記事まず、ふた押して開けるのに最初戸惑ったのだが、普通にふさいでも、差し込むようにふさいでも同じデザインになる。これは細かくていい。ただ、この発想自体は定番になっているので、高得点とまではいかない。そして、2,3箱食べてるだけでは気づかなかったが、箱を開いて、中のプラをたてると、だんだんに差す感じで置くと、箱が立つ。1個1個段階的に取り出すことができ、戻らないようにロックされる。 [続きを読む]
  • 逆に比喩しない
  • レールの敷かれた人生だの、道がどうのだのそれって実際はただの言葉遊びでしかない。つまり、言語、言葉、文字の上で作り上げたもので、人間たちの頭の中で作られた世界でしかない。さまざまな場所に自分を置けるのが人間の強みだが、迷っている時の言葉遊びほど、路頭に迷うこともないのかなと実感している。ようは、自分の人生なんかにレールも道もはたまた世界もないし、あるのは物質がうごめいているということだけ。知識や言 [続きを読む]
  • イラつきの原因究明
  • 中学生五人組、電車内近くで楽しんでいる臭いと言われた。笑っている、そこから気になっている。対応としては1人ずつ全員と目を合わせるようにした。イラつきはマックス。雰囲気で黙らせたいのをやりたいが、どうやら無理みたいだな、あまり効果はなかった。自分が笑われるのが気にくわないのか?でも笑われる要因があるんだろ?イラつかないことはできないのだろうか?もちろん、俺がおりた後はどっと笑いが出るし、噂されるぞそ [続きを読む]
  • All I Need についての思考
  • 2017年8月くらい自然の法則 生物は性によって生きる 性衝動が行動の源泉となる。例: 他の動物はとにかく生殖活動をメインに据える 自分の人生の最終形を生(性)が決めている。→自分の死、衰え、新たなサイクルをつくるのが至上命題全エネルギーを集中させるそして人間の創作活動やその他の行動夢に向かって邁進する →これは大きなエネルギーが必要結局性衝動と同じ。源泉が同じになっているのではないか。ではAll I Need [続きを読む]
  • 昔の人間が通った道をなぞる、ということ
  • 先に進むには必ず同じところを通らなきゃいけない時が来るありきたりだなあとか思われても、その先へ進むにはそこを通らなきゃいけない絵を描くにしても、習作が必要だろう似たような画風に挑戦してコンペとかに出す批判を受けるが、経験値はたまる。どういう書き方があるのか、その全てを目の当たりにしたときに、成長がある。新たな発見がある。先人の考えを吸収する過程で、同じことをして見て、その意味を理解する。先人の通っ [続きを読む]
  • 毎日ちょっとずつできることを探そう
  • 毎日ちょこっとできることを探そう一念発起もそりゃいいが、どうやら尻すぼみ一時的に気合を入れるのはどうやらもたないいったん落ち着いて、毎日やってしまうけど時間をとらないそんなささいな楽しみがほんとは人生の色どりなんじゃないだろうかそんな気がしてきました。ので、そういった気張らなくても、ちょっとずつ進められるそんなことを一個ずつ探していこうと思いました。 [続きを読む]
  • フェイントに関する考察
  • 確率を変えたい。よくしたいのであれば、相手の手を動かさなければならない。右にいくか?左にいくか?相手と鉢合わせになったときに、どちらも着の身着のまま選択するなら、突破の成功確率は1/2そこで、自分はフェイントをする。自分だけ動きを変えようとする。これで相手の裏をかいて、成功率アップ!とはいかない。そうはならないのである。ことはそう単純ではない。もしも相手が読みをいれて来るならば、裏のかきあいになる [続きを読む]
  • トップダウン方式とボトムアップ方式
  • 【仮説】思考はトップダウン方式行動はボトムアップ方式で例えばLeague of Legendsでは、勝利を目指して行動を起こしていかねばならないが、ボトムアップ方式で考えてしまうと、今できることから考えなきゃいけない。CSをとる、キルをとる。さてこれで勝ちにつながるだろうか。次は何をする?この指針がない。先に前もってトップダウン方式を使って勝利のポイントを押さえておく。目的は? 勝つことである。勝つためには? ネク [続きを読む]