普通の人 さん プロフィール

  •  
普通の人さん: 普通の人の普通の生活
ハンドル名普通の人 さん
ブログタイトル普通の人の普通の生活
ブログURLhttp://gamernikkiggwp.seesaa.net/
サイト紹介文とくに世界に発信しなかった人の生活を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 20日(平均4.5回/週) - 参加 2018/07/01 14:58

普通の人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 出すこと
  • そうか! エネルギーもあればあるほどいいわけじゃないんだ!使わないと爆発したり、体内でくさってしまうんだなわかってきたぞ、つまりおな禁ではなく節おな村々がどーんとでたらしこるそれ以外はしこらないこれだ出せるものはたしかにだしたほうがいいただし、出し過ぎると不足するなので、満足も不足もしないようにする。例えば、1円も稼げないのは不足稼ぎ過ぎは満足 程よいところを狙え [続きを読む]
  • 刺激が与える活力
  • いや大日最高峰に面白かったなー燃えた体からまた力が湧き上がるこういう刺激が必要だったのかもなと思う定期的に刺激を入れていかないと、目標がなくなりぼーっと空回しの状態になっちゃう刺激と目標でまた前へって感じか>> 刺激を定期的に受けることで、生きることを忘れないように。 [続きを読む]
  • GABA 箱の作りに感動
  • 短編記事まず、ふた押して開けるのに最初戸惑ったのだが、普通にふさいでも、差し込むようにふさいでも同じデザインになる。これは細かくていい。ただ、この発想自体は定番になっているので、高得点とまではいかない。そして、2,3箱食べてるだけでは気づかなかったが、箱を開いて、中のプラをたてると、だんだんに差す感じで置くと、箱が立つ。1個1個段階的に取り出すことができ、戻らないようにロックされる。 [続きを読む]
  • 逆に比喩しない
  • レールの敷かれた人生だの、道がどうのだのそれって実際はただの言葉遊びでしかない。つまり、言語、言葉、文字の上で作り上げたもので、人間たちの頭の中で作られた世界でしかない。さまざまな場所に自分を置けるのが人間の強みだが、迷っている時の言葉遊びほど、路頭に迷うこともないのかなと実感している。ようは、自分の人生なんかにレールも道もはたまた世界もないし、あるのは物質がうごめいているということだけ。知識や言 [続きを読む]
  • イラつきの原因究明
  • 中学生五人組、電車内近くで楽しんでいる臭いと言われた。笑っている、そこから気になっている。対応としては1人ずつ全員と目を合わせるようにした。イラつきはマックス。雰囲気で黙らせたいのをやりたいが、どうやら無理みたいだな、あまり効果はなかった。自分が笑われるのが気にくわないのか?でも笑われる要因があるんだろ?イラつかないことはできないのだろうか?もちろん、俺がおりた後はどっと笑いが出るし、噂されるぞそ [続きを読む]
  • All I Need についての思考
  • 2017年8月くらい自然の法則 生物は性によって生きる 性衝動が行動の源泉となる。例: 他の動物はとにかく生殖活動をメインに据える 自分の人生の最終形を生(性)が決めている。→自分の死、衰え、新たなサイクルをつくるのが至上命題全エネルギーを集中させるそして人間の創作活動やその他の行動夢に向かって邁進する →これは大きなエネルギーが必要結局性衝動と同じ。源泉が同じになっているのではないか。ではAll I Need [続きを読む]
  • 昔の人間が通った道をなぞる、ということ
  • 先に進むには必ず同じところを通らなきゃいけない時が来るありきたりだなあとか思われても、その先へ進むにはそこを通らなきゃいけない絵を描くにしても、習作が必要だろう似たような画風に挑戦してコンペとかに出す批判を受けるが、経験値はたまる。どういう書き方があるのか、その全てを目の当たりにしたときに、成長がある。新たな発見がある。先人の考えを吸収する過程で、同じことをして見て、その意味を理解する。先人の通っ [続きを読む]
  • 毎日ちょっとずつできることを探そう
  • 毎日ちょこっとできることを探そう一念発起もそりゃいいが、どうやら尻すぼみ一時的に気合を入れるのはどうやらもたないいったん落ち着いて、毎日やってしまうけど時間をとらないそんなささいな楽しみがほんとは人生の色どりなんじゃないだろうかそんな気がしてきました。ので、そういった気張らなくても、ちょっとずつ進められるそんなことを一個ずつ探していこうと思いました。 [続きを読む]
  • フェイントに関する考察
  • 確率を変えたい。よくしたいのであれば、相手の手を動かさなければならない。右にいくか?左にいくか?相手と鉢合わせになったときに、どちらも着の身着のまま選択するなら、突破の成功確率は1/2そこで、自分はフェイントをする。自分だけ動きを変えようとする。これで相手の裏をかいて、成功率アップ!とはいかない。そうはならないのである。ことはそう単純ではない。もしも相手が読みをいれて来るならば、裏のかきあいになる [続きを読む]
  • トップダウン方式とボトムアップ方式
  • 【仮説】思考はトップダウン方式行動はボトムアップ方式で例えばLeague of Legendsでは、勝利を目指して行動を起こしていかねばならないが、ボトムアップ方式で考えてしまうと、今できることから考えなきゃいけない。CSをとる、キルをとる。さてこれで勝ちにつながるだろうか。次は何をする?この指針がない。先に前もってトップダウン方式を使って勝利のポイントを押さえておく。目的は? 勝つことである。勝つためには? ネク [続きを読む]
  • hack and slash Life
  • 【仮説】人生は「ハックアンドスラッシュ」方式なのではないだろうか?ハクスラのだいご味である「試してみたい」感覚が人生では必要になる。行動の源泉となるのが、意欲であり、意欲のスタート地点として「試してみたい」感覚が適している。・新しい装備が敵からドロップする。店で購入する。・そうすればその新しい装備を試したい。・そこで 試す 新たな発見がある。 これは楽しい。・さらに金は増えるわ。これがスパイラルす [続きを読む]
  • 過去の記事 …