AS さん プロフィール

  •  
ASさん: キャリアの下克上を狙う方々へ
ハンドル名AS さん
ブログタイトルキャリアの下克上を狙う方々へ
ブログURLhttps://career-gekokujo.hatenablog.com/
サイト紹介文3流大卒新卒大手人材系中の人から戦略的に超大手安定IT企業への転職を果たした筆者の実体験をご紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 77日(平均4.3回/週) - 参加 2018/07/02 18:34

AS さんのブログ記事

  • 【評価の仕方】キャリアアドバイザー
  • こんにちは。ASです。少し踏み込んで、担当となったキャリアアドバイザー(以下「CA」)をどのような目線で見るべきか、元CAの立場から考えていきたいと思います。目線は、大きく2点あります。①「親身な」サポートか②社内で顔が利きそうか①「親身な」サポートかこれは、別エントリーからの転載ですが、以下をお読みください。-----------次に「②親身なサポート」です。ここでしっかりと明らかにしておきたいのは、「あ [続きを読む]
  • 【評価の仕方】転職エージェント
  • こんにちは。ASです。今回は、”元転職エージェントの中の人”の視点と、実際の利用者だった視点の2つから、「転職エージェント」という転職活動のツールについて考えてみます。<評価をする目線>まず、どの視点で転職エージェントを評価したらいいのでしょうか。転職エージェント自身が謳っているのは大きく2つです。①求人が多い②親身なサポート・・・どのエージェントでも同じようなことを言っていますよね。おっしゃ [続きを読む]
  • ITエンジニア/コンサルタントへのチャレンジ
  • こんにちは。ASです。・人が足りない足りない・将来性があるある・未経験でもできるできるそんな謳い文句が溢れているIT業界でのキャリアアップについて言及していきます。<IT業界の特徴(キャリア面)>どんな素人が見ても、今後の世の中はさらにIT化が進むと予想(確信)できますね。つまり、今後一層存在感を増す、重要な業界になるということです。そんなIT業界は比較的新しい業界であり、さらに拡大中です。つまり、 [続きを読む]
  • 【第二新卒・20代前半の方向け】キャリアのやり直し
  • こんにちは。ASです。私がキャリアアドバイザーとして担当した方々の属性として「20代若手」がありました。社会人になってから数か月〜数年程度の方々です。そして、その方々の転職の目的は「今の会社/仕事/人間関係が嫌だ」というものが多くありました。お話を聞いてみると「確かにそう思いますよね」としか言えない環境の方も、少なからず、というかかなり多くいらっしゃいました。個人的に思っているのは、世の中は理不 [続きを読む]
  • キャリアの下克上の成し方
  • こんにちは。ASです。当ブログの名前にも掲げている「キャリアの下克上」について、以下の構造で述べていきたいと思います。ーーーーーー①下剋上とは②下剋上の成し方ーーーーー①下剋上とはそもそも、「キャリアの下克上」って、なんでしょうか?それは「普通に考えると不可能なキャリアアップ/チェンジを実現すること」です。ここまで大それていなくても「ある程度大きく変わる」ことも含むとご認識ください。もうち [続きを読む]
  • エージェントの求人票の裏側
  • こんにちは。ASです。転職エージェントへの登目的の1つである求人票、みなさまはどのように捉えているでしょうか。もう少し具体的に言うと、どこまで信頼しているでしょうか。応募に踏み切るための重要な情報である求人票について、細かく見てみましょう。<大前提>まず、前提として、求人票には本当のことが書いてある必要がありません。、、、と言い切ると極論ですが、必ずしも正しい情報が書いてあるわけではない、と [続きを読む]
  • 特化型エージェントの良し悪し
  • こんにちは。ASです。今回は、業界・職種・年齢層に特化して差別化を図っているエージェントについて考えていきたいと思います。<エージェントが特化する意味>転職者にとってのエージェントの良さや成果の多くはキャリアアドバイザーがもたらします。(他のエントリーで触れているように)career-gekokujo.hatenablog.com一方、採用側企業(募集企業)からすると、RA(リクルーティングアドバイザー:営業)という”人”が [続きを読む]
  • ITエンジニア/コンサルタントへのチャレンジ
  • こんにちは。ASです。・人が足りない足りない・将来性があるある・未経験でもできるできるそんな謳い文句が溢れているIT業界でのキャリアアップについて言及していきます。<IT業界の特徴(キャリア面)>どんな素人が見ても、今後の世の中はさらにIT化が進むと予想(確信)できますね。つまり、今後一層存在感を増す、重要な業界になるということです。そんなIT業界は比較的新しい業界であり、さらに拡大中です。つまり、 [続きを読む]
  • 【評価の仕方】転職エージェント
  • こんにちは。ASです。今回は、”元転職エージェントの中の人”の視点と、実際の利用者だった視点の2つから、「転職エージェント」という転職活動のツールについて考えてみます。<評価をする目線>まず、土の視点で転職エージェントを評価したらいいのでしょうか。転職エージェント自身が謳っているのは大きく2つです。①求人が多い②親身なサポート・・・どのエージェントでも同じようなことを言っていますよね。おっしゃ [続きを読む]
  • 【最重要】学歴や職歴を重視しない企業の特徴
  • こんにちは。ASです。当ブログでは「キャリアの下克上」を掲げていますが、そこで一番重要となるのが「学歴や職歴を重視しない」企業を探すことです。なぜなら、「下剋上」というのは、”本来は超えられない壁を超えること”を指しているからです。ビジネスマンのキャリアにおいて”超えられない壁”とは、過去のことに紐づきます。具体的には「学歴」や「職歴」です。超えられない壁を超えるためには、2つやるべきことが [続きを読む]
  • 【評価の仕方】キャリアアドバイザー
  • こんにちは。ASです。少し踏み込んで、担当となったキャリアアドバイザー(以下「CA」)をどのような目線で見るべきか、元CAの立場から考えていきたいと思います。目線は、大きく2点あります。①「親身な」サポートか②社内で顔が利きそうか①「親身な」サポートかこれは、別エントリーからの転載ですが、以下をお読みください。-----------次に「②親身なサポート」です。ここでしっかりと明らかにしておきたいのは、「あ [続きを読む]
  • 転職回数は関係無いです(元”中の人”の意見)
  • こんにちは。ASです。転職活動には、噂がつきものです。・転職は35歳まで・1社に3年はいないと職歴にならない・転職回数は20代は1回、30代以降は2回までこれ、全部ウソです。いや、正確には、事象のほんの一部分を切り取って、大きく大きく悪意を持って膨らませたもの、ですね。今回は、キャリアアドバイザーの目線から見た「転職回数」について考えていきたいと思います。<回数自体に意味は無い>「転職回数が多い [続きを読む]
  • ITエンジニア/コンサルタントに向けて
  • こんにちは。ASです。・人が足りない足りない・将来性があるある・未経験でもできるできるそんな謳い文句が溢れているIT業界でのキャリアについて言及していきます。<IT業界の特徴(キャリア面)>どんな素人が見ても、今後の世の中はさらにIT化が進むと予想(確信)できますね。つまり、今後一層存在感を増す、重要な業界になるということです。そんなIT業界は比較的新しい業界であり、さらに拡大中です。つまり、他の業 [続きを読む]
  • 【本ブログの前提】筆者の経験④
  • こんにちは。ASです。今回は、私の初めての転職(2回目の転職活動)をご紹介します。ここで、1回目の下克上を果たしました。超えられない壁を越えました。※前回のエントリーは以下結論から申し上げると、転職エージェントのキャリアアドバイザーから、経営コンサルタントになりました。知人でも同様のキャリアを辿った人がいますが、学歴が圧倒的に強く、また企画系の経験もあったので、似て非なるものだと思います(私 [続きを読む]
  • 【本ブログの前提】筆者の経験③
  • こんにちは。ASです。今回も、私の経験をご紹介します。キャリアの下克上に活かせる要素はたくさんあると思いますので、ぜひご参考ください。※前回のエントリーは以下career-gekokujo.hatenablog.com私は今までに2回転職をしていますが、転職活動自体は3回しました。最初の1回は「転職をしない」という判断をしたためです。では、今回は、なぜ転職をしようと思ったか、なぜ「転職をしない」という判断に至ったか、に触 [続きを読む]
  • 転職活動でまず考えるべきこと(視点)
  • こんにちは。ASです。以下エントリーで私の自己紹介をさせていただきました。その内容を踏まえ、「キャリアの下克上」を実現するための転職活動に臨むにあたって、どのような視点をもって”考え、行動する”べきなのか、まとめてみました。<私の自己紹介><転職活動の要素>本ブログのテーマ「キャリアの下克上」に必要な要素は以下3つです。①自身の進むべき方向性をある程度定める a)業界 b)企業 c)職種②通るべ [続きを読む]
  • 【本ブログの前提】筆者の経験②
  • こんにちは。ASです。前回に引き続き、私の経験をご参考までにご紹介していきます。ちなみに前回は以下。では、社会人になりたての私のキャリアを少し細かく見ていきましょう。切り口は3つです。これがすべてではありませんが、キャリアはおおむね以下の3つの切り口に分解することができます。①学歴・社格a)説明・学歴は、若ければ若いほど影響してきます。それは、これまでの人生で どれだけがんばってきたか?基礎的な [続きを読む]
  • 【本ブログの前提】筆者の経験①
  • こんにちは。ASです。4回に亘って、大切なことをお伝えしていきます。次回エントリーは最下部にあります。<「下剋上」の所以>本ブログの前提となっているのは、私の以下のようなキャリアアップの実体験から得られた知見と、キャリアアドバイザー時代の経験です。【私のキャリア】キャリアアドバイザー →内資企業で経営コンサルタント  →超大手IT企業でコンサルタント私のファーストキャリアであった「キャリアア [続きを読む]
  • 【評価の仕方】キャリアアドバイザー
  • こんにちは。ASです。少し踏み込んで、担当となったキャリアアドバイザー(CA)をどう捉えればいいか、元CAの立場から考えていきたいと思います。大きく2点あります。①「親身な」サポートか②社内で顔が利きそうか①「親身な」サポートかこれは、別エントリーからの転載ですが、以下をお読みください。-----------次に「②親身なサポート」です。ここでしっかりと明らかにしておきたいのは、「あなたにとっての親身とは? [続きを読む]
  • 【珍しいかも】アウトプレースメントの経験
  • こんにちは。ASです。今回は、少し趣向を変えて、「アウトプレースメント事業」に居た時に経験したこと、思ったことをご紹介したいと思います。<アウトプレースメントとは>アウトプレースメントとは、別名「再就職支援」とも言われます。簡単に言うと、以下2つを行うビジネスのことです。①雇用調整(人員削減)を考えている企業に対して、労使間問題や希望退職の 募り方にかかわるアドバイス②解雇・退職した社員の再就職の [続きを読む]