YOJIRO さん プロフィール

  •  
YOJIROさん: 時間がくねくねしてなくてよかった
ハンドル名YOJIRO さん
ブログタイトル時間がくねくねしてなくてよかった
ブログURLhttp://www.mapp.jp
サイト紹介文答えは人それぞれですが、何かを考えるきっかけになるようなブログを目指してます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 132日(平均7.0回/週) - 参加 2018/07/02 10:44

YOJIRO さんのブログ記事

  • 未経験がフリーランスのWebエンジニアで稼ぐためには
  • フリーランスのWebエンジニアとして稼いでいこうという試みを始めたので、作成したロードマップを共有したい(リモートで稼ぎたい人を想定してます)。未経験者に分かりやすいようできるだけ優しい言葉を使った(初心者の文章だからこそ理解しやすいはず)。このページは私の進捗や気づきに合わせながら更新していく(現在は6000文字。目次が14項に分かれていますが、今は5項目です)。 1.MacBookProを購入する 2 [続きを読む]
  • プログラミング入門の良書【興味がない人向け】
  • 『プログラミング入門講座(米田昌悟著)』です。プログラミングに興味がない人にこそおすすめ。プログラミングがどれほど魅力的なのかをこれほど分かりやすく丁寧に説明してくれる本はあまり無いと思う。本当に読んでみてほしい本です(子供がいる方には特におすすめかも)。本の紹介と感想を載せる(5000文字)。 想定読者 読者への気遣い なぜプログラミングが必要か 変わるのはこだわりを捨てることじゃない [続きを読む]
  • 【保存版】住み心地が良い街を徹底比較(日本と海外で比較)
  • これは全く自慢とかではないが、おそらく私ほど様々な国や街で暮らした人も珍しいだろうから、おすすめの街なんかを、完全に自分の物差しで測って勝手にこのブログでお知らせしたいと思う。日本の街と海外の街をごちゃ混ぜに比較するので、海外で生活してしてみたいという人に良い情報になるかもしれない。海外は海外でも先進国や途上国もごちゃ混ぜに経験しているので、面白い比較になるかと思う(と思う)。(とりあえず画像 [続きを読む]
  • 悠々自適に過ごしたい人へ
  • 悠々自適はきちんと働いて世の中に価値を残した人だけが、本当の意味の悠々自適をできるのだと思う。村上春樹のエッセイを読んでいて、その登場人物に「元祖スタイリスト」と言われる村上春樹の友人が出ていたが、その元祖スタイリストは熊本に帰郷し、チェロと園芸を楽しんでいるのだという(なんと優雅)。そんなことを心から楽しめる人は、きっと世の中にきちんと価値を残せたから、世の中にその人の能力を発揮して価値を残せたか [続きを読む]
  • 人は後悔するけど、常に最善を選んでいるのかもしれない
  • 人間は必ず後悔する生き物ではないだろうか。もしも、必ず後悔する生き物であるという仮説を立てると、いつ後悔すべきかという話になってくる。いつも後悔しているような人がいたとする。しかしそんな人はその時の後悔を材料にして、後悔しないように生きようと考えるだろうから、その後悔の濃さが次第に薄くなっていくのではないだろうか。後悔を全くしていない人。その人こそ、実は気をつけなければならない人なのかもしれ [続きを読む]
  • パチプロの生活(15年くらい前)
  • 全く恥ずかしい話なのだが、私は大学を卒業してからしばらくはプータローのような生活をしていて、パチプロのようなこともやっていた。だが、全く恥ずかしいなどと発言したのは世間的なイメージからで、当時は「なんてダメな人間なんだ」などと思っていたのだが、今では「楽しい時だったな」と実は心から思えていて、一欠片も後悔などしていない。「本当に楽しかったな」と最近は特に噛みしめるくらいだ。当時はそれこそ、(今 [続きを読む]
  • エジプトの人件費は低いが雇うのは大変
  • エジプトの人件費ははっきり言って安い。工場のライン作業者で一日300円ほどで雇える。これはタイとかマレーシアの人件費の約3分の1だ。エジプトで日本企業が進出して、工場などを立ち上げてうまくいけば人件費を安く抑えることができる。しかし、多くの日本企業はアジアでの生産を選択している。私の経験から考えてみると、エジプトは確かに人件費は安いが、おそらく日本人の求めるクオリティを実現させるにはまだ [続きを読む]
  • おすすめノンフィクション3冊(随時増やします)
  • 私は、あらゆるジャンルの本をデタラメに脈絡なく読み漁るのが好きなのだが、その中でもノンフィクションが一番好きなので、今日はおすすめの本を紹介したい。とりあえず3冊を紹介するが、少しずつ追加していきたい。 1.「アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極」角幡雄介 2.「西南シルクロードは密林に消える」高野秀行 3.「一瞬の夏」沢木耕太郎1.「アグルーカの行方 129人全 [続きを読む]
  • プログラミングはテックアカデミーがオススメ
  • プログラミングを始めて2週間が経過した。HTML、CSS、PHP、MySQLの基本的な扱い方は習得することが出来た。しかし、当然使いこなせるわけではなく、どういうものか理解して、多少は読めるようになった程度だ。パソコンも思い切って買い換えたが、これは本当に正解だったと思う。MacBook Proの13インチを使用しているが、操作性は本当にいい。初めはプログラミングだから大き画面がいいのではと15インチの検討もしたが、色 [続きを読む]
  • 安田純平さんを過剰に叩く人間について
  • 安田純平さんに関するネットニュースなんか見ていると、とにかく自己責任論が目立つ。確かに、一度拘束されていてさらに捕まるというのはとんでもない愚かな行為なのかもしれないし、日本国に迷惑がかかる行為だ。はっきりいってまったく支持などはできない。しかし、余りにも攻撃的に非難する声が、気味が悪いほどに目立つ。ヤフーニュースなどで「生きて帰ってきて良かったなどと聞くと虫唾が走る」というような過激な発言 [続きを読む]
  • メールでの丁寧な質問の仕方
  • メールでの質問は箇条書きでかく。できる限り短い箇条書きで、一度の質問で聞くことは一つにする。質問を作るときにすることは、以下の通りだ。〜準備〜1.何を知りたいのか(分からないのか)明確にする。2.質問をする前に自分でできる限り調べる。3.質問をできる限り細かく細分化する。4.聞くべき順番に並べかえる。〜メールで〜5.質問の意図を相手に伝える。6.どこまで知っているか(分かっている [続きを読む]
  • 人に何ができるか
  • なんでわかってくれないんだとか、あの人は全然分かってないとか、そんなことを考えている暇があったら、人のことを分かろうとした方がいい。人に分かって欲しいとか甘えている人間は、そのうち相手にされなくなる。人が離れて行くときは静かに離れていく。耳を塞ぎたくなるようなことでも、自分に関心を示して、声をかけてくれる人を大切にしなければならない。その言葉が正しいとか間違っているとか、自分にとって気持ちいいとか [続きを読む]
  • 自分を騙さない
  • 今いる環境が、自分の考え方、価値観と違っているのなら、出ていった方がいい。違っていても、自分で変えていけるのならいてもいい。変えていけるというか、変えるべきなら。他人の人生を無理に変えてはいけない。自分が正しくないと思える場所、自分が大事にしている考え方と合わない場所、自分の力で変えられない場所、変えるべきではないと判断した場所、そこからは出た方がいい。自分に嘘をついたら取り返しがつかなくなる [続きを読む]
  • 絶望するのは前に進めている証拠
  • 絶望するのは前に進めている証拠だ。自分の無力を実感するということは過去の自分を置き去りにしようとしている証拠だからだ。無力さを感じないで前に進むことはできないのかもしれない。だから絶望している人は前進しようと意識しているにせよ、意識していないにせよ、きっとそうなのだと思う。自分が嫌い、そのように思う人も、自分を成長させたいと思っているからそういう感情になるんだと思う。だから嫌いだと思ってい [続きを読む]
  • 人生は長くない
  • SNSばかりやって薄っぺらい情報をかき集めてわかったつもりになっているそこのお前。情弱だとか人を馬鹿にしているそこのお前。SNSの世界は広いと勘違いしているそこのお前。スマホとか捨てて旅に出た方がいい。他人の世界ばかり見て、ただ知って偉そうにしてる暇があったら、自分の世界をリアルに生きて、自分の世界を広げた方がいい。少なくとも両方を経験してから語った方がいい。だから人生は退屈とか、人生は長い [続きを読む]
  • エジプト人は嫉妬深いんですよ。でもそれがいい。
  • エジプト人はとにかく嫉妬深い。でも、もしかしたら人間だれしも嫉妬という感情を常に抱えているのではないだろうか。人それぞれ個性があり、人それぞれ違う能力を持っている。いくら優れた能力を持っていても自分に無い能力を持っている人には意識しなくても嫉妬しているのかもしれない。そう考えると、エジプト人は素直なのだ。素直に感情を表に出せる。日本人はきっと心を読まれるのが恥ずかしくて嫉妬していることを隠す。 [続きを読む]
  • レスポンスは早ければ早いほどいい
  • プログラミングをテックアカデミーというスクールで完全オンラインで受講し始めたが、かなりレベルが高い。最大の売りは毎日8時間、現役のエンジニアとチャットで会話できることだ。そして、そのエンジニアのレベルが物凄く高いと実感させられている。今日もいつものように分からない箇所を質問をしたのだが、チャットにメッセージを送ったら一分ほどで返信があった。まずその早さに驚いたのだが、さらにそのメッセージの内容 [続きを読む]
  • 新聞の役割とは
  • 新聞の役割とは何か。ニュースとは「変化を説明すること」だ。扱った事象に対して過去と比較してなにが変化したかを伝えることがニュース。だから何が変化したかわからなければ当然記事は書けない。いかにその事象に関連する歴史が頭に入っているかが大事だ。その過去と比較して初めてニュースが書ける。だからニュースとは変化を説明することだ。新鮮さが売りであり、ニュースはまさに生き物。しかし日本の新聞社は記者ク [続きを読む]
  • プログラミングの勉強はその概念を学ぶことから
  • プログラミングの勉強を始めたが、実に興味深い世界だという印象が本当に強い。テックアカデミーというプログラミングスクールを完全オンラインで受講しているが、まず初めの講義はプログラミングの概念に関することだった。2020年から小学校でプログラミング教育が必修科目となったが、プログラミングは本当に基礎教養として有効であると感じている。概念を学んでいると、プログラミングで何ができるのか、どうしてそのような [続きを読む]
  • 広告ありきの文章はつまらない
  • テレビとかネット上に存在するほとんど多くのコンテンツは儲けを第一に考えて作られている。だから話題性や人の興味などばかり考えて作られている。だいたい似たようなものができるのはそのせいだ。だからつまらないものばかりに私には感じてしまう。広告とかそういう考え方ありきで文章を書いたりするのはいいかげんやめた方がいいと思う。広告は後付けでいい。本当におすすめしたい商品とかサービスがあればその都度紹介す [続きを読む]
  • 記事を書くときにオススメの曲
  • 記事を書くときに何か音楽を聞くと作業に集中できる。私は特に雑音がきになる方なので、集中したいときにはイヤホンと音楽は欠かせない。そしてここぞというときに書ける曲を共有したいと思う。モーツァルト 《レクイエム》全曲 カラヤン指揮/ベルリン・フィル(1961)モーツァルトのレクイエムだ。これは私の中では集中したい時の鉄板。以前新聞記者として働いていた時は、取材に生き30分で1000文字程度の記事 [続きを読む]
  • ブログのネタを絶やさない方法
  • ブログのネタが尽きた。そのような状況に陥っているブロガーは多いと思う。きっとこれまで見聞きしたことを「思い出して」書いているからだ。ネタ切れになって「書くために」探してもいいネタはきっと見つからない。「書くありき」ではだめだ。何かを書くなら動いた方がいい。行動2に対して記事1くらいでちょうどいい。動くなら興味を持てるところへ動いた方がいい。興味が持てる世界に、これはきっと新しい世界の方が [続きを読む]
  • プログラミング初心者向けの良本
  • プログラミングの概念的なことが学べる本をはじめに読み始めた。『これからはじめるプログラミング基礎の基礎』という本だ。完全オンラインで始めたテックアカデミーがオススメしていた本なので早速購入。プログラミングなので、とにかく細かなことをはじめから記憶していくのだと思っていたが、まずは概念を理解することが大事というのにとても共感できた。これからはじめてみようという人には良い本であることは間違い無 [続きを読む]