hiro さん プロフィール

  •  
hiroさん: アジア主義者の未来予知術
ハンドル名hiro さん
ブログタイトルアジア主義者の未来予知術
ブログURLhttp://acroxyz.com
サイト紹介文中国株/米国株/国際関係がメインテーマ。個別株の財務分析よりも、経営方針等を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 68日(平均3.6回/週) - 参加 2018/07/02 11:31

hiro さんのブログ記事

  • 【経済統計・書評】経済統計の活用と論点 第3版 前編
  • 大学院にいた時に受講していた経済統計の授業のレジュメを読み返していたのですが、当時、某中央銀行の支店長だった講師の方が参考文献として紹介していた本を約10年後に読んでみることにしました。【新『李克強指数』を見つけたい】GDP発表を先取りする方法を考える本書の特徴まぁ、第1部の総論部分は正直言って大したことないのですが、注目点は第2部の各論は注目するに値します。主な経済統計が網羅的に紹介されているだけでな [続きを読む]
  • 【書評】超限戦 21世紀の「新しい戦争」
  • 前から読みたいと思っていた本を図書館で借りて読んでみました。本当は購入したかったのですが、絶版になっており、Amazonでも古本が異常な高騰(¥46,800とのこと)となっているので、仕方なく地元の図書館で予約。内容は?要約するのも面倒なので、訳者あとがきから引用します(原文そのまま)グローバル化と技術の総合を特徴とする二一世紀の戦争は、すべての境界と限度を超えた戦争で、これを超限戦と呼ぶ。このような戦争では [続きを読む]
  • 【中国株紹介】阜豊集団 化学調味料の世界最大手メーカー
  • 以前に二季報を紹介した際に、スクリーニングをかけてみましたが、その時以来気になっていた銘柄をご紹介しようと思います。阜豊集団(香港:00546)化学調味料の世界的メーカーです。【中国株】二季報 2018年夏秋号を読む何をしている会社?二季報によると、グルタミン酸ナトリウム(日本では商品名「味の素」でよく知られている)の製造で世界的最大手。増粘剤キサンタンガムでも世界最大の生産量を誇っているとのこと。売上構成 [続きを読む]
  • 【中国政治】王滬寧氏は失脚したのか!?
  • 経済の話ばかり紹介してきたので、たまには政治の話を。最近の政治的話題で気になるのは、中国の政治家王滬寧氏の動向。自民党総裁選や沖縄県知事選よりも注目度が高いと思います。王滬寧氏とは?中国の最高意思決定機関「中国共産党政治局常務委員」の内の一人で、序列は習近平、李克強、栗戦書、汪洋に次ぐ5位(政治局常務委員の存在の大きさについては、遠藤誉女史の著作を是非ご一読下さい)。元々王氏は学者出身(名門の上 [続きを読む]
  • 日本銀行「経済・物価情勢の展望 2018年7月」を読む
  • 先日日本銀行が発表した「経済・物価情勢の展望 」(資料1)三か月に一度発表されているものですが、日本経済の先行きを見通すにあたっては押さえておきたいところ。金融政策決定会合でオーソライズを取った、日銀の公式見解。これまで読む機会が無かったのですが、初めて通読してみました。補足資料も含めて52ページ。サクッと読み切りました(その割には更新が遅いですが…)。構成は?構成は以下の通りになります。基本的見解 [続きを読む]
  • 【書評】習近平 国政運営を語る
  • 毎回中国に行くたびに「新華書店」という国営の本屋(チェーン)に立ち寄ることにしているのですが、2018年6月に観光で行った四川省・成都市のお店で見かけて購入したのが、「習近平 国政運営を語る」(120元=約2,000円)。元々中国語で書かれた「習近平談治国理政」というスピーチ集を日本語訳したものです(中国共産党公認の公式本)。四川省で習近平氏のスピーチ集を日本語で読む人がどれだけいるかと想像し、笑ってしまいまし [続きを読む]
  • 【米国経済】米国 2Q GDPを予測する【追補版】
  • 以前に書いたアメリカの2018年第二四半期GDP予測ですが、さらに予想材料が出てきたので追加しておきます。《前回資料》【米国経済】米国 2Q GDPを予測する アトランタ連銀:3.8%(前回の見通しの4.5%から0.7ポイント急落。耐久消費財製造、民間在庫品、輸出入等の統計発表を組み入れて更新。記載もありますが、輸出のGDPへの寄与度が+0.32%から-0.10%へと減少。これはおそらくトランプ政権が輸入品への関税を課したことに対する報 [続きを読む]
  • 【中国株】二季報 2018年夏秋号を読む
  • 日本株の投資家が四季報を読み込む様に、中国株をスクリーニングする為には資料が必要なので、DZHフィナンシャルリサーチの「中国株二季報 2018年夏秋号」を初めて購入しました(これまでは図書館で借りるだけでした)。当然著作権があるので、各個別ページを紹介することは出来ませんが、独自のスクリーニングの結果、気になった銘柄を記しておこうと思います。中国株二季報の特徴は?香港株だけでなく、深セン株、上海株の計753 [続きを読む]
  • 【米国経済】米国 2Q GDPを予測する
  • 7月27日に米国2018年2Q(4月~6月)のGDP成長率が発表されます。米国株をやっている人のみならず、日本株や中国株を取引している人にとっても見逃せない重要な経済統計です。ちなみに年初の時点で2018年の米国GDP実質成長率は2.3%と予想(個人の独自予想)しており、2018年1Qの実績は前期比年率2.0%でした。ということで、2018年2Q予想値を集めてみて、コンセンサスを探ってみましょう。コンセンサスは?大和総研:3.9%(参考資料1 [続きを読む]
  • 【米国株】映画関連銘柄を探してみよう【保存版】
  • 小学生はもうすぐ夏休み、映画に行く方も多いのではないでしょうか。そこで、米国株における映画関連銘柄をまとめてみました。映画好きの方の投資の参考にして頂ければ光栄です。 いたずらに長文で紹介してもくどいので、個別紹介は短くして、ティッカーシンボルも載せておきました。詳しくは各自でお調べ下さい。※なお、本社は他国にあるものの、米国で上場している企業も紹介しています。映画配給元(=メディア・コングロマリ [続きを読む]
  • 【中国経済】中国 2Q GDPを予測する
  • 早くも「地味すぎる米国株シリーズ」がネタ切れになってしまったので、7/16(月)11:00に中国国家統計局が発表する中国の2Q(4月から6月)の国内総生産(GDP)を予想してみます。コンセンサスは?6.7%:中国政府系シンクタンク中国社会科学院(資料1)6.7%:ロイター調査によるエコノミストコンセンサス(資料2)ネットでざっと調べてみましたが、英語・日本語メディアでは、この程度しか見つかりませんでした。無料記事をネッ [続きを読む]
  • 【新『李克強指数』を見つけたい】GDP発表を先取りする方法を考える
  • 株式投資をやっている方にとって各種経済統計指標の中で最も重視しているのはGDP速報だと思うのですが、どうにか先取りして捉える方法はないのか、考えてみました。重要な示唆を与えてくれたのは、中国の李克強国務院総理が発言したとされる「李克強指数」でした。李克強指数とは先日欧州を訪れた中国の李克強国務院総理(序列2位)ですが、wikileaksによると2007年3月に東北部の遼寧省党書記としてランド・アメリカ大使と歓談し [続きを読む]
  • 【地味すぎる米国株】コーニング スマホパネルの世界最大手
  • 最近、他の方の米国株ブログを拝見することが多いのですが、以下の傾向が強いことを感じました。 ダウ・ジョーンズ工業平均に採用されている様な超メジャー銘柄を長期投資(P&Gとかコカ・コーラとか)VTIのような指標連動型のETFを長期投資 かく言う私も同じ様にP&GとかAT&T等を保有しているのですが、株式投資の醍醐味は注目されない個別銘柄を発掘し、長期保有していくことにあるはず。華々しい米国株の銘柄が注目されることが [続きを読む]
  • 自家製ファンドを作りたい 子供に残したい12社の株
  • 自家製ファンドって何?ファンドとは基金という意味で、特定の目的の為に準備された資金らしいけど、法人だけが組成出来る訳ではない。営利目的として第三者に募集を掛けないのであれば、個人でも組成出来る筈。未婚ですが、自分の子供が生まれて成人する頃には世界は大きく変わっているはず。そんな世界に羽ばたいていく彼女or彼に、株式を束ねたファンドという形で餞別を渡してあげたい。そんな日の為に、自家製の梅干しの如く [続きを読む]