MYO さん プロフィール

  •  
MYOさん: 資産運用で家族をしあわせにできるか
ハンドル名MYO さん
ブログタイトル資産運用で家族をしあわせにできるか
ブログURLhttps://i-lovemoney.com
サイト紹介文海外、国内での投資、香港での口座開設など、家族の為に資産形成を中心に発信するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 18日(平均13.6回/週) - 参加 2018/07/03 11:36

MYO さんのブログ記事

  • 資産運用セミナーに参加する時の注意点のまとめ
  • そろそろ資産運用を始めようと思った時に、何をしたら良いか分からないので、とりあえずネットなどで目についた資産運用セミナーに申込んだり、もしくはこれから申込もうと考えているあなたの為に、資産運用セミナーに参加する際の注意点と簡単な予備知識をこちらでまとめたいと思います。まず前提として、資産運用は長期で運用するものとしてお話ししたいと思います。なぜ長期での運用をおすすめするかと言えば、まずあなたが資産 [続きを読む]
  • 資産運用の初心者が1万円から始められる、おすすめの運用先
  • 資産運用に興味はあるけど、初心者のあなたは何から始めて良いのか分からない。またネットで色々と調べれば調べるほど何が良いのか分からなくなり、専門用語もたくさん出てきて、そこで諦めてしまう事もあると思います。資産運用を始めることは決して難しい事ではありません。どこでもよく言われていますが、今の日本は超低金利時代です。銀行にお金を預けておいても増えるお金は微々たるものです。時間外にコンビニのATMでお金を [続きを読む]
  • 資産運用の種類を比較、メリット、デメリット
  • 超低金利時代には銀行にお金を預けていても、老後の為の資金、子供の教育費などを準備をするのには、あまりにも心もとない状況です。では資産運用を始めようと考えても、何を買って良いのか、また難しそうだと感じて行動できない事もあります。そんな不安を抱えているあなたが、資産運用を始めやすいように、まずは運用先のリスクを比較し、更に各運用先のメリット・デメリットをまとめと思います。→「資産運用とはなにか?基本を [続きを読む]
  • 資産運用とはなにか?基本を知っておこう
  • 資産運用とはなにか?あなたは資産運用を始めるのは難しいと思っているかもしれませんが、実は基本さえ押さえておけば、そこまで難しく考える必要はありません。国も「貯蓄から資産形成へ」をスローガンに、運用益に対する税制優遇の政策を打ち出し、2014年には「NISA」、2018年には「積立てNISA」を導入ました。これにより家計から資産運用に少しずつお金を動かす流れができ始めています。ここでは資産運用とは何か、基本となる分 [続きを読む]
  • ブログやSEOの素人が半年で検索順位1位に
  • ブログやSEOについて全くの素人の私ですが、紆余曲折ありながらなんとか半年続ける事が出来ました。最初は高い志で始めたブログでしたが始めて3ヶ月目くらいからサボるようになりました。他のブログでも3ヵ月目が一つの区切りのような記事をよく見受けますが、私もその一人になりかけました。何とか思い留まり、継続するとSEOなんて全く知らない素人が検索順位1位になりました。最初に言っておくと「SEO」という言葉はもちろん聞 [続きを読む]
  • 独身女性の資産運用の始め方
  • 女性と男性は同じ人間ですが、全く違う生き物だと思います。また寿命も異なるため、統計としては女性の方が長く生きます。特に独身女性のあなたは老後の資金の為にも資産運用を始めることは重要です。そうした点も踏まえながら、女性が資産運用を始める時に知っておくべき、最低限の知識や考え方をまとめたいと思います。まず結論から書くと、これから資産運用を始めることを考えているあなたにおすすめするのは「投資信託」です。 [続きを読む]
  • 運用でのFPの役割、国内と海外を比較
  • 運用の為にはまずはあなたのライフプランを考えて行く必要があります。そうしてあなたの将来をより見える化しましょう。その為に力を貸してくれるのがFPです。ここでは運用を始めるあなたをサポートしてくれるFPについて、国内・海外の役割の違いなどを踏まえて考えたいと思います。日本でFPという言葉を聞いたことがあると思います。「Financial Planner(ファイナンシャルプランナー)」の略語になります。海外にもFPは居ますが [続きを読む]
  • 運用でのFPの役割、国内と海外を比較
  • 運用の為にはまずはあなたのライフプランを考えて行く必要があります。そうしてあなたの将来をより見える化しましょう。その為に力を貸してくれるのがFPです。ここでは運用を始めるあなたをサポートしてくれるFPについて、国内・海外の役割の違いなどを踏まえて考えたいと思います。日本でFPという言葉を聞いたことがあると思います。「Financial Planner(ファイナンシャルプランナー)」の略語になります。海外にもFPは居ますが [続きを読む]
  • ドルコスト平均法はベストな投資方法か?メリットとデメリット
  • ドルコスト平均法は、投資では非常によく見るキーワードです。簡単に言えば、毎月(もしくは毎年)決まった金額を決まったタイミングで投資(積み立てる)ことを、ドルコスト平均法と呼ばれています。投資では「安値で買い、高値で売る」とより大きな利益を出すことが出来ます。ただ素人の我々は、いつが高値でいつが安値なのか、判断することは非常に困難です。安値だと思って買ってみたら、実は高値で買っていたなんて事が起こり [続きを読む]
  • ドルコスト平均法はベストな運用方法か?メリットとデメリット
  • ドルコスト平均法は、投資では非常によく見かけるキーワードです。簡単に言えば、毎月(もしくは毎年)決まった金額を決まったタイミングで運用(積み立てる)ことを、ドルコスト平均法と呼ばれています。投資では「安値で買い、高値で売る」とより大きな利益を出すことが出来ます。ただ素人の我々は、いつが高値でいつが安値なのか、判断することは非常に困難です。安値だと思って買ったら、実は高値で買っていたなんて事が起こり [続きを読む]
  • ドルコスト平均法はベストな投資方法か?メリットとデメリット
  • ドルコスト平均法は、投資では非常によく見かけるキーワードです。簡単に言えば、毎月(もしくは毎年)決まった金額を決まったタイミングで投資(積み立てる)ことを、ドルコスト平均法と呼ばれています。投資では「安値で買い、高値で売る」とより大きな利益を出すことが出来ます。ただ素人の我々は、いつが高値でいつが安値なのか、判断することは非常に困難です。安値だと思って買ったら、実は高値で買っていたなんて事が起こり [続きを読む]
  • 複利での運用をおすすめする理由
  • 複利とは「元金に対してついた利息を元金に加え、その合計額(元金+利息)に対してまた利息がつくので、それを繰り返していく」事を言います。これを投資でいいかえると、例えば年利10%の金融商品があり、それに10,000円を投資したら、一年後に元金は10,000円でそのまま、利息は1,000円となるので、元金プラス利息の11,000円を新たな元金として再投資することになります。複利と単利の違い利息には2種類あります。今説明した「複 [続きを読む]
  • 複利での運用をおすすめする理由
  • まず複利とは「元金に対してついた利息を元金に加え、その合計額(元金+利息)に対してまた利息がつくので、それを繰り返していく」事を言います。これを投資でいいかえると、例えば年利10%の金融商品があり、それに10,000円を投資したら、一年後に元金は10,000円でそのまま、利子は1,000円となるので、元金プラス利息の11,000円を新たな元金として再投資することになります。複利と単利の違い利息には2種類あります。今説明した [続きを読む]
  • 複利での運用をおすすめする理由
  • 複利とは「元金に対してついた利息を元金に加え、その合計額(元金+利息)に対してまた利息がつくので、それを繰り返していく」事を言います。これを投資でいいかえると、例えば年利10%の金融商品があり、それに10,000円を投資したら、一年後に元金は10,000円でそのまま、利息は1,000円となるので、元金プラス利息の11,000円を新たな元金として再投資することになります。複利と単利の違い利息には2種類あります。今説明した「複 [続きを読む]
  • iDeCo運用、6月の経過
  • iDeCoで運用をはじめて早いもので半年が経過しました。始めたばかりの1月には株価のちょっとした暴落がありましたが、今では持ち直しています。かと思っていたら、アメリカと中国の貿易摩擦が本格し、中国株なんかは結構落ちているみたいですね。トランプ大統領はまた8月に追加の課税を予定しているようなので、まだまだ決着はつきそうにないです。→米中貿易摩擦について「アメリカと中国の貿易摩擦は投資のチャンス?」もあわせ [続きを読む]
  • オフショアの意味とは?
  • あなたは「オフショア」という言葉をきいたことはありますか?この「オフショア」という言葉は金融関連や投資関連の記事で最近よく見るようになりました。金融取引、資産運用では重要なキーワードの一つです。ここでは「オフショア」の意味を解説したいと思います。「オフショア」言葉の意味は?ショア(shore)は「岸」という意味。オフ(off)は「〇〇から離れる」などの時によく使われます。オフショア(offshore)とは、直訳で [続きを読む]
  • オフショアの意味とは?
  • あなたは「オフショア」という言葉をきいたことはありますか?この「オフショア」という言葉は金融関連や投資関連の記事で最近よく見るようになりました。金融取引、資産運用では重要なキーワードの一つです。ここでは「オフショア」の意味を解説したいと思います。「オフショア」言葉の意味は?ショア(shore)は「岸」という意味。オフ(off)は「〇〇から離れる」などの時によく使われます。オフショア(offshore)とは、直訳で [続きを読む]
  • 不動産投資の初心者の為に比較・情報サイトまとめ
  • 不動産投資を始めるには、どいった物件が売りに出ているのか、物件のあるエリアはどんなところかなどの情報を集めなくてはいけません。不動産投資初心者のあなたのサポートをする、物件比較や情報取集に必要な各種サイトをまとめました。物件探しの第一歩として役立つのが、「建美家」「落待」などに代表される投資用不動産情報サイトです。その他にも「ライフルホームズ」「アットホーム」などにも投資物件の情報が掲載されていま [続きを読む]
  • 不動産投資の初心者の為に比較・情報サイトまとめ
  • 不動産投資を始めるには、どいった物件が売りに出ているのか、物件のあるエリアはどんなところかなどの情報を集めなくてはいけません。不動産投資初心者のあなたのサポートをする、物件比較や情報取集に必要な各種サイトをまとめました。物件探しの第一歩として役立つのが、「建美家」「落待」などに代表される投資用不動産情報サイトです。その他にも「ライフルホームズ」「アットホーム」などにも投資物件の情報が掲載されていま [続きを読む]
  • 海外駐在で免許更新の為に事前に必要な事
  • 免許証は意外に海外にいても使うものです。顔写真入りの証明書というのが日本の場合だと免許証かパスポートになりますが、パスポートはなぜか身分証としては扱われないケースも良くあります。そんな時に免許証の有効期限が切れていたりしたら、どうする事もできません。私は日本に帰る時はほとんど家族と一緒に帰るので、その時は必ずレンタカーをします。レンタカーはネットで予約をするので、その度に必ず有効期限を入力する欄が [続きを読む]
  • 海外駐在で免許更新の為に事前に必要な事
  • 免許証は意外に海外にいても使うものです。顔写真入りの証明書というのが日本の場合だと免許証かパスポートになりますが、パスポートはなぜか身分証としては扱われないケースも良くあります。そんな時に免許証の有効期限が切れていたりしたら、どうする事もできません。私は日本に帰る時はほとんど家族と一緒に帰るので、その時は必ずレンタカーをします。レンタカーはネットで予約をするので、その度に必ず有効期限を入力する欄が [続きを読む]
  • アメリカと中国の貿易摩擦は投資のチャンス?
  • アメリカと中国の貿易摩擦は今まさに佳境に差し掛かっています。今月6日に何が起こるのかまだまだ予断なりませんが、この影響はアメリカと中国だけでなく、日本や他の国にも大きく影響を与えています。※追記2018/07/06アメリカは中国の知的財産権侵害に対する制裁課税を発動しました。産業用ロボット(半導体、航空機関連部品)など340億ドル分に25%の関税が課税されます。中国も同日、これに対して報復課税を発動することが発表 [続きを読む]
  • アメリカと中国の貿易摩擦は投資のチャンス?
  • アメリカと中国の貿易摩擦は今まさに佳境に差し掛かっています。今月6日に何が起こるのかまだまだ予断なりませんが、この影響はアメリカと中国だけでなく、日本や他の国にも大きく影響を与えています。※追記2018/07/06アメリカは中国の知的財産権侵害に対する制裁課税を発動しました。産業用ロボット(半導体、航空機関連部品)など340億ドル分に25%の関税が課税されます。中国も同日、これに対して報復課税を発動することが発表 [続きを読む]
  • 株の初心者に投資信託をおすすめする理由
  • 株の初心者のあなたが、いきなり株式には投資しにくいですよね。すでに応援したい会社が決まっていて、その会社が業績が良くなろうが悪くなろうが応援し続けるというのであれば話しは別ですが、そういった会社がないのであれば、「投資信託」から始めるのをおすすめします。私の場合は、投資信託で始めたかったのですが、最初に勧められたのは投資信託ではなく、保険会社の販売している運用型の生命保険でした。→生命保険での運用 [続きを読む]
  • 株の初心者に投資信託をおすすめする理由
  • 株の初心者のあなたが、いきなり株式には投資しにくいですよね。すでに応援したい会社が決まっていて、その会社が業績が良くなろうが悪くなろうが応援し続けるというのであれば話しは別ですが、そういった会社がないのであれば、「投資信託」から始めるのをおすすめします。私の場合は、投資信託で始めたかったのですが、最初に勧められたのは投資信託ではなく、保険会社の販売している運用型の生命保険でした。→生命保険での運用 [続きを読む]