ちえみ さん プロフィール

  •  
ちえみさん: 英語という贈り物
ハンドル名ちえみ さん
ブログタイトル英語という贈り物
ブログURLhttps://englishasagift.blogspot.com/
サイト紹介文妊娠中からの英語育児でバイリンガルに育った娘が2人います。自宅で子供をバイリンガルに育てましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 142日(平均6.9回/週) - 参加 2018/07/03 14:45

ちえみ さんのブログ記事

  • 教科書(読み書き)中心の学校英語を始める前に
  • 小学校までに英語の音を聞いておくだけでも、中学以降の英語がラクになります。(念のためお断りしておきますが、これから書くことは、私自身の経験と、周りの人達を観察して、また本やインターネットなどから収集した情報などを総合して、私が現時点で考えている全くの私見です)私は仕事で、いろんな「英語のできる人」との交流があり、また「英語を勉強している人」の指導にもあたっています。最近の若い人には「英語のテストの [続きを読む]
  • おうち英語とプログラミング、そして日本の危機
  • 私が主宰している「おうち英語の会」が、最近「おうちプログラミング」の話題で盛り上がっていました。以前「新しいトリリンガル」という記事でも紹介しましたが、最近は「論理的な日本語」「使える英語」「プログラミング言語」の3つを子供には習得させよう、という風潮が高まっているようです。私はプログラミングに関しては全くの素人で、我が子へのプログラミング育児(?)も何もしてこなかったので、この件については何も分 [続きを読む]
  • 英語は小学生のうちに(日本の中高生は忙し過ぎる)
  • 日本に帰国して3年経ち、随分慣れてきましたが、日本の中学・高校生は本当に(クレイジーに)忙しいです。(最近は、小学生もクレイジーに忙しかったりしますが)我が家がアメリカから帰国したのは、長女が中1の夏休みでしたが、我が家では小学生は夜8時就寝、中学生は9時就寝を徹底してきました。(今でも次女は9時就寝です)6月生まれの長女は、日本に帰国した時、中1に編入しましたが、当時アメリカの7年生が終わったと [続きを読む]
  • 英語習得の秘策、教えます
  • 英語に限らないのですが、これさえあれば絶対に言葉を習得できる、とっておきの武器、とっておきの秘策があります。これさえあれば、もう誰でも、年齢・性別・偏差値・知能指数、そんなもの何の関係もなく、絶対に英語がマスターできます。そのとっておきの武器とは何か???それは「時間」です。身も蓋もない話ですが、英語に限らず、言葉の習得というのは、はっきり言って「時間をかける」しかありません。たまに「〇〇日間、か [続きを読む]
  • 「英語やめて」と言われたら
  • 小さい頃は英語をかけていたけれど、ある頃から「英語やめて」と言われるようになったので、嫌がるのを無理やりやるのは良くないと思い、やめてしまう。子供の「自我」が出てくる幼稚園ぐらいから、時期に差はありますが、こういう状態になるケースは珍しくありません。「おうち英語にスパルタは不要」ですので、嫌がるのを無理矢理やらない、というのは大事です。でも、せっかくの幼児期ですから、子供が自分でも気づかないうちに [続きを読む]
  • 「頑張らない」のを頑張る
  • 最近おうち英語を始められたばかりの「おうち英語の会」の会員さんから、たて続けにご相談がありました。「音のかけ流しはできているけど、DVDを嫌がって見てくれない」というご相談だったり、「かけ流しはできてるけど、子供が聞いてくれない」というご相談だったり、「なかなかかけ流しの時間が取れない」というご相談だったり。DVDに関しては、見たがらないものは見せなくていいこと、かけ流しができている方には、(聞こえる音 [続きを読む]
  • バイリンガルの育て方・その18(完・英語という贈り物)
  • おうち英語でバイリンガルに育てよう!オンライン「おうち英語勉強会」を開催します。→ くわしくはコチラ・11月13日(火)小学生向け  満席になりました・11月15日(木)未就学児向け 満席になりました☆ ―――――――――――――――― ☆ ―――――――――――――――― ☆私の独断と偏見による「バイリンガルの育て方」こんなに長くかかるとは思いませんでしたが、やっと最後まで辿り着きました(笑)前回の最後に、 [続きを読む]
  • バイリンガルの育て方・その17(読解力と音の関係)
  • おうち英語でバイリンガルに育てよう!オンライン「おうち英語勉強会」を開催します。→ くわしくはコチラ☆ ―――――――――――――――― ☆ ―――――――――――――――― ☆「英語回路」と「語彙」がある程度身についたら、バイリンガルとして英語が使えるようになります。あとは英語力をどこまで伸ばしていくか、なのですが、バイリンガルということは「日本語と英語を話せる人」ですから、日本語を伸ばすように英語 [続きを読む]
  • バイリンガルの育て方・その16(英会話)
  • おうち英語でバイリンガルに育てよう!オンライン「おうち英語勉強会」を開催します。→ くわしくはコチラ☆ ―――――――――――――――― ☆ ―――――――――――――――― ☆私の独断と偏見による「バイリンガルの育て方」今日は、誰もが気になる「おうち英語でしゃべれるようになるのか?」です。大人でも子供でも、「英語回路」と「語彙」が身につけば、英語が使えるようになっているはずですので、そこを目指してい [続きを読む]
  • 国産通訳者の英語育児
  • 「通訳・翻訳ジャーナル」を出しているイカロス出版さんの「通訳・翻訳Web」でコラムを書かせていただきました。「国産通訳者の英語育児(前編)」「国産通訳者の英語育児(後編)」カッコよく編集していただいて、すごく嬉しいです。このコラムの最後にも書いたのですが、通訳者として仕事を始めて間もなく10年になりますが、その間のグローバル化のスピードには目を見張るものがあり、「嫌でも英語が必要」になった人が激増した [続きを読む]
  • バイリンガルと学校英語
  • おうち英語でバイリンガルに育てよう!オンライン「おうち英語勉強会」を開催します。→ くわしくはコチラ☆ ―――――――――――――――― ☆ ―――――――――――――――― ☆長女が学校で進研模試を受けてきました。「お母さんにもやらせて」と英語の問題を見せてもらったら、ちょっと答えに迷う問題がありました。文章中の空欄に入る1語を4つの選択肢の中から選ぶ問題なのですが、「popular ( ) visitors」の [続きを読む]
  • バイリンガルの育て方・その15(語彙を増やすのは「当たり前」に)
  • おうち英語でバイリンガルに育てよう!オンライン「おうち英語勉強会」を開催します。→ くわしくはコチラ☆ ―――――――――――――――― ☆ ―――――――――――――――― ☆前回、語彙はなるべく「自然に」増えていくように、特に子供が幼いうちは「教える」のではなく、自然に覚えるような「環境を整える」のがいい、と書きました。おうち英語でバイリンガルに育つ場合、そんな風にして「生活言語」の語彙は自然に習 [続きを読む]
  • 【お知らせ】オンライン「おうち英語勉強会」を開催します
  • 今回の記事は【お知らせ】です。これまで何度か、小さなお子さんをお持ちのお父さんお母さん達の集まりに呼んでいただき、「おうち英語勉強会」を開いてきたのですが、今回、初の試みとして、オンラインによる「おうち英語勉強会」を開いてみることにしました。内容は「我が家の英語育児とこれからの世界」「どうしてバイリンガルに育つのか?」「おうちで何をすればいい?」「年齢別の取り組み」「気をつけること」「おすすめの教 [続きを読む]
  • バイリンガルの育て方・その14(子供の語彙の増やし方)
  • 「英語回路」ができてバイリンガルに育った子供でも、大人になって「使える英語」を身につけるには、どこかの時点で語彙を増やさないといけません。その語彙増強を「いつやるのか?」というのは、それぞれのご家庭や個々人の事情で変わってくるでしょうし、極端な話、かけ流しだけでぼんやりとした英語回路を作っておいて、あとは中学から(小学校高学年から?)の英語の授業で覚えていっても、外国語としての英語を習得するには十 [続きを読む]
  • Play Along! (DWE) の思い出
  • お友達のお子さんが歌っている英語の歌を聞かせていただく機会がありました。何曲か聞いていると、幼い声で「Hello, hello, ...」と延々と「Hello」が続く歌があり、「あれ、この歌、聞いたことある。何の歌だっけな?」と思ったら、次の瞬間、思い出より先に感情が反応してしまい、涙があふれてきました。「そうだ、Play Along の Hello Song だ!」と思い出したのですが、歌のタイトルはもしかしたら違っているかもしれません。P [続きを読む]
  • バイリンガルの育て方・その13(語彙:生活言語と学習言語)
  • おうち英語で子供をバイリンガルに育て、「英語回路」ができてきたら、「語彙」の増強を考えたくなりますね。赤ちゃんや幼児のうちにかけ流しなどで英語回路ができる過程で、子供はもちろん基本的な語彙を獲得します。いわゆる「生活言語」と言われる言葉の語彙です。英語教育ではよく、外国語の習得のレベルは「生活言語」レベルと「学習言語」レベルに分かれる、と言われています。簡単に言えば、日常生活で使う言葉が「生活言語 [続きを読む]
  • バイリンガルの育て方・その12(英語回路の次は語彙)
  • 「バイリンガル」または「英語をマスターした状態」になるには、「英語回路」だけではなく「語彙」が必要です。前回までは、英語回路を身につけるためのインプットについて長々と書いてきましたが、英語回路があっても語彙(イディオムや慣用表現なども含む)が足りなければ、言いたいことを言うにも不自由しますし、相手の言っていることも分かりません。母国語でもそうですが、英語力も、最後はどれだけの語彙があるかがモノを言 [続きを読む]
  • Harry Potter の思い出
  • 次女が突然「Harry Potter 読む」と言い出し、1巻を読んでいます。我が家にある1巻は、US版のペーパーバック。私が独身の頃に買ったものなので、もう20年近く前のもので、すっかり色あせています。当時の私は、単なる英語学習者でしたが、どこで聞いたのか、アメリカで大ベストセラーになっていると聞いて、「読まねば」ということで、ずいぶん背伸びして読み始めました。知らない単語を調べた形跡があり、何と「owl(フクロウ) [続きを読む]
  • バイリンガルの育て方・その11(青虫と蝶)
  • 前回まで、長々とインプットについて書いてきましたが、このインプットの目的は、英語回路、つまり脳の中に「日本語の部屋」とは別の「英語の部屋」を作ることです。生存のために言葉を習得するのは人間の本能ですが、その本能の力でどんな言語でも無意識に習得できる期間は、永遠には続きません。子供は言葉を本能的に「無意識」で習得する時期にいますが、とは言え、その時期を逃した大人が「自我」を使ってやる勉強と同じやり方 [続きを読む]
  • バイリンガルの育て方・その10(インプット・語りかけ)
  • ずいぶん間があきましたが、完全に私の独断と偏見による「バイリンガルの育て方」を再開したいと思います。今日は、最近多い「語りかけ」について考えてみますが、私自身は、あまり積極的に語りかけをしてこなかったので、今日書くことは私の経験に基づくものではなく、これまでに調べたことや周りのご家庭を拝見して感じた、あくまで私の「感想」ですので、そのつもりでお読みください。****************前回まで [続きを読む]
  • 新語が続々「スピーチチェーン」とは?
  • 一昨日まで、日本の「ものづくり」に関するセミナーや展示会の仕事に入っていました。今回もまた、業界用語をいろいろ勉強しました。「IoT(モノのインターネット)」や「インダストリー4.0」などは、だいぶ一般名詞してきましたが、「サイバーフィジカルシステム(CPS)」とか、「プログラマブルロジックコントローラー(PLC)」とか、もう日本語が追いつかずにカタカナのまま取り入れられていく用語が沢山あって、本来地味な製造 [続きを読む]
  • 英語モードって?
  • 「バイリンガルの育て方」の続きを書く余裕がないので、今しばらく別の話で…。「おうち英語の会」で「英語モードにするには?」という話題が出たので、うちの子ども達のことを思い出してみました。我が家では積極的に英語で語りかけをしていなかったので、英語育児をしていた頃も(もちろん現在も)家の中での会話は基本的には日本語でした。(子どもが英語で話しかけてきた時は、私も英語で返していました)赤ちゃん時代は、家で [続きを読む]
  • 新しいトリリンガル
  • 「おうち英語の会」で、ある会員さんから「我が子はトリリンガルに育てたい」という話が出ました。この「トリリンガル」とは、いわゆる「3ヶ国語」のトリリンガルではなく、「日本語、英語、プログラミング言語」の3言語です。それを聞いて、少し前に読んだ高田ゲンキさんの記事を思い出しました。「すべての日本人が英語とITに強くなるべき7つの理由」私は、Office ソフトぐらいは使いますが、それ以上のITの知識はなく、子ども [続きを読む]
  • アメリカのハロウィーン
  • 今週は仕事が忙しく、なかなか記事が更新できません。「バイリンガルの育て方」も中途半端な所で止まっていますが、気長にお待ちいただけると幸いです。記事を考える余裕もないので、アメリカのハロウィーンの様子などご覧ください。以前も書いた通り、日本では一切やらないハロウィーンですが、アメリカに住んでいた時は、もちろん便乗して騒いでいました(笑)ハロウィーンの日は、小学校も仮装して登校。(魔女の帽子をかぶって [続きを読む]