まるみと さん プロフィール

  •  
まるみとさん: いつかみた、ヅカ
ハンドル名まるみと さん
ブログタイトルいつかみた、ヅカ
ブログURLhttp://marmiteblog.blog.fc2.com/
サイト紹介文一度遠のいていた、趣味の観劇(特に宝塚)が復活。 備忘録としてブログに綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 138日(平均2.0回/週) - 参加 2018/07/03 16:57

まるみと さんのブログ記事

  • 月組 観劇感想(東京)2 エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-
  • 感想を続けます。月組に移動されてからの月城かなとさんは、活躍の場が俄然広がったように思います。1幕も2幕もルキーニの登場から始まるエリザベート。かなりの緊張を強いられるでしょうし、2幕目は何故かアドリブも強いられます。月城さんは言うまでもなくノーマルな雰囲気がよく似合う男役ですが、ルキーニ役者としても色の濃い役も好演されてました。口跡も滑らかで、砕けた格好であっても立ち姿が美しい、狂気の中にも破滅美 [続きを読む]
  • 月組 観劇感想(東京) エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-
  • 10月は観劇する機会が全く無かったので、皆さまのブログでムラ(大劇場やバウ)や台湾、ディナーショーの様子など沢山読ませていただきました。執念で取ったと言っても過言ではないエリザベートのチケット(某カードの一般発売、 する手が震えました)を握り締め、観劇の日を待ちわびていました。そしてようやく、先日観てまいりました。余談ですが、今回はムラでも観劇しました。普段は遠征をしないのですが、愛希れいかさ [続きを読む]
  • 久々のブログ
  • ご無沙汰しております。朝晩の冷え込みで秋が深まっているのを感じるこの頃です。もともと観劇の備忘録として残しておきたい気持ちからブログを書き始めたのですが、観劇しないと書くものがないので、当然更新していなかったら、広告が一番上に来てしまいました・・・。先日、月組エリザベートを観てきました!感想は改めてぼちぼち書きたいと思います。このような不定期更新のブログでも来ていただいている皆さま、ありがとうござ [続きを読む]
  • 仙名彩世さんの退団発表、残念すぎます!!
  • ここ近年の娘役の若年層化に戸惑っていたところに三拍子揃った相手役として抜擢された遅咲きの仙名彩世さん。あまり公式ニュースを受けてブログを書くことはないのですが、退団発表に空虚感を覚えました。思うことは多々ありますが、まず、一番に感じたこと。素晴らしい宝塚歌劇団トップ娘役を、私たちが見る時間は残り僅かだということです。こちらに参加してます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 9月観劇感想 花組 ショー BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−
  • 前回観たのが”SANTE!!”だったので、1年以上ぶりの花組のショーです。まさしく”百花繚乱”、目まぐるしいほど花組生が歌って踊って、華やかなショーでした。ただここ数年でしょうか、若手男役数人の場面が金太郎飴の如く同じ構成(アイドル的?まさかの口○ク?)なため、さすがに食傷気味です。各場面、衣装が素敵でしたが、ショー全体としての纏まりが無いように感じてしまい、野口先生の作風が私にとっては案外好みではない [続きを読む]
  • 9月観劇感想 花組 MESSIAH−異聞・天草四郎−
  • 観劇からずいぶんと時間が経ってしまい、思い出せない箇所が多々あるのですが備忘録として綴ります。明日海りおさん演じる、天草四郎時貞。歴史上の人物ではありますが、謎に包まれた部分が多くあります。今回は、作品自体に対してちょっと辛口になってしまいそうです。「異聞」と謳うだけあり、観劇後は歴史ファンタジーと捉えました。明日海さんの魅力もさることながら、今の花組生の力技で芝居をまとめた感がありました。熱演さ [続きを読む]
  • 雪組 ファントム制作発表会
  • 水曜からスカイステージの無料放送があるおかげで、今朝はタカラヅカニュースでファントム制作発表会の模様を見ることができました。寒さと雨が鬱陶しく感じた朝にもかかわらず、雪組トップ望海さんと真彩さん2人の美しいハーモニーを聴くことができ、心は晴れやかに仕事場に向かうことができました。公式ホームページはこちら。 雪組のファントムは、望海風斗さんが花組時代に2度経験していることもあり、トップとして組全体を纏 [続きを読む]
  • 9月観劇感想 花組 メサイヤ/Beautiful Garden
  • 最近、どの組もチケット取得大困難ですが、花組は顕著かと・・・。どうにも取れなかったので夏休を取って、花組の当日券に並ぶことにしました。9月中旬、ずいぶんと過ごしやすくなった朝方、いざ日比谷へ!前を通る会社員の怪訝な視線を受けながら、じっと発売時刻を待つのみ。何とか最後列の席を確保できましたが、午後6時半の公演だったので一度自宅に戻り、一休みしてからまた日比谷に戻りました。まず、メサイヤの全体的な感想 [続きを読む]
  • 9月観劇 歌舞伎座 秀山祭九月大歌舞伎
  • 久しぶりに歌舞伎座へ向かいました。お目当ては、昼の部の”金閣寺”と”河内山(こうちやま)”。まずは”金閣寺”の感想を。約5年ぶりの舞台復帰となる、中村福助さん。舞台上の福助さんを観る日がくるなんて、考えられませんでした。福助さんは、25年以上前に襲名公演(児太郎→福助)で初役で雪姫を演じました。その時の、初々しさと艶やかさが入り混じった美しい雪姫。当代の児太郎さんに重ね合わせてしまいます。大役の雪姫 [続きを読む]
  • 月組 観劇感想1 エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-
  • エリザベート初観劇。宝塚の殿堂のエリザベート展にも行きました。(朝夏さん他歴代トートとお化粧の違いも面白いです)歴代トートの衣装や鬘、エリザベートの衣装を間近でみることができました。また、名場面を各組で年代順に映像で流していたりと、見ごたえがあってとても楽しかったです。前回公演のカンパニーやBADDYの衣装も沢山ありました。13時、エリザベート開幕。初観劇でしたが、あらすじも曲も何度か聴いているので [続きを読む]
  • 月組 【予習】エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-
  • 月組の初日から1週間。去年の今頃は朝夏さんの宙でロシアの風が吹いてました。1年経つのがなんと早いことか。東京の花組公演は、現段階で観劇の機会がありません・・・、と嘆いていても仕方が無く、月組の予習をすることにしました。元々一本物があまり好きではないのと、人気が高すぎてチケットが取れなかったこともあり、エリザベートを観たことがありません。ですが今回、ダメ元で応募したムラのエリザベートが当選したのです [続きを読む]
  • Gato Bonito!! 観劇後 火照った身体と心を癒すには
  • 美味しいお酒を飲むこと。私には、これが一番効くようです。先日の観劇後、友人と待ち合わせて食事を済ませ、パレスホテル東京のRoyal Barへ。年齢と外見だけは申し分ないのですが、懐具合を相談しながら飲まねばならないので実際は背伸びをしてます。改修前のラウンジも広く贅沢な作りでしたが、改修後はモダンなデザインではありつつも落ち着いた雰囲気でした。ラウンジ席に案内していただきお願いしたのは、ミスターマティーニ [続きを読む]
  • 雪組 Gato Bonito!! 彩凪翔さんの魅力に・・・
  • 先日、雪組公演を観て来ました。この公演だけ2回抽選に当たったのですが、両日共に平日。8月は夏休を理由に平日に休みが取れることもあり、半休して劇場へ。このポスター、古めかしさが案外好きです。お芝居も回を重ねるごとに歌と台詞の素晴らしさ、出演者の丁寧な役作りが見えて満足感がありました。轟悠さんの歌に関しては、なんともいえない箇所はあるのは否めないですが、佳い作品だと思います。暑い夏をさらに暑く、熱くし [続きを読む]
  • いまさらの「ル・ポワゾン〜愛の媚薬〜」病
  • 今朝方は風は強いものの、過ごしやすい気温でした。そろそろ秋の訪れを感じることができそうです。出戻りで宝塚を観るようになって、改めて感じたこと。昔(30年近く前)のショーをもう一度観たい、です。今のショーも素敵ですし、生徒さんも魅力的な方ばかりで、とても楽しくワクワクして観ているのですが、ここ最近、どうも懐古的な自分になっているようです。学生時代も、今と変わらず満遍なく4組を楽しく観ていました。その頃 [続きを読む]
  • 宝塚の最近の作品
  • 酷暑もさることながら、突然の雷雨で一体今年の夏はどうなっているのでしょうか。体調を整えるのも一苦労ですね。お盆中ということもあり、仕事中もずいぶんノンビリした雰囲気になっています。そんな中、宝塚で上演する最近の作品を考えてみると、オリジナル作品が少なめに思います。宝塚には個性的な演出家がいるのに、、、でも今に始まったことじゃないですものね。そういえば、昔は自分も若かったので、好みがはっきりしていま [続きを読む]
  • ”凱旋門”という名のカクテル
  • 以前にも書きましたが、お酒が好きです。どのお酒も美味しく頂ける体質のためか、BARに行くことが多く、その際には2〜3杯ほどカクテルを頼みます。先日、雪組公演を観た後に寄ったお店で観劇した旨を伝え、いつものようにブランデーかカルヴァドスをベースにしたカクテルをお願いしました。お店のマスターも演劇好き。宝塚も好きな方なので、美味しいお酒を楽しみながらリラックスして過ごせます。1杯目に頂いたのは、シャンゼリゼ [続きを読む]
  • 8月観劇感想 雪組 ショー Gato Bonito!!
  • 記憶が無くならないうちに書こうと思いつつ、暑すぎて(内容も熱すぎて)少々時間が経ってしまいました。凱旋門が重いテーマの芝居だったため、明るく華やかなラテンショーとのバランスが良かったです。雪組の皆さんのテンションが常に高く、観客を置き去りにする演出もなかったので1時間があっという間に過ぎました。彩風咲奈さんが銀橋で颯爽と登場する幕開けから気持ちが高揚します。勢いのまま若手男役を引き連れて舞台に戻る [続きを読む]
  • 8月観劇感想 雪組 凱旋門
  • 先月、関西へ用事があったのを口実に当日券で観た、雪組公演。凱旋門/GATO BONITO!! 〜ガート・ボニート、美しい猫のような男〜 1ヶ月近く過ぎ、待ちに待った東京での観劇です。ムラで観た感想は、主演の轟悠さんの声の調子が芳しくなく、台詞は聞き取れたものの、歌については高音が擦れてしまい、所々聴くには辛いものがありました。(ご本人もきっとそう思われているでしょう。)今回、轟さんの声に不安がよぎり [続きを読む]
  • 月組トップ娘役決定
  • さすがにやもめのままでは・・・、だめですよね。ようやく酷暑から開放されたとほっと一息いれていたら、月組の次期トップ娘役は美園さくらさんに決定という発表がありました。珠城りょうさんの相手役、となるとしっくり来ない部分もあるのですが、実力十分の娘役さんなのでお二人を中心とした新たな月組を楽しみにしたいです。ダントツの包容力が魅力の珠城さんのこと、きっと素敵なコンビになると期待しています。次回の公演、愛 [続きを読む]
  • 観劇チケットはどのように入手してますか
  • 毎日茹だるような暑さで、心身の疲れが思うように取れません。昨日は近くに買い物で出た以外、家でじっとしていました。となると、ついついスカステ無料放送の時に録画しておいた番組をずっと観ることになり、これはこれで中毒性があるので時間を忘れて本来やるべきこと(家事)ができないという負のループに陥りがちです。ところで、一公演で何度も観劇される方は、どのようにチケットを手に入れておられるのでしょうか。経済的、 [続きを読む]
  • 出戻りオールドファンが観たいショー
  • 初めて宝塚を観たあの日から、四半世紀を軽く超えました。最近出戻り気味に舞台(宝塚に限らず)を観るようになりましたが、私にとって心ときめく瞬間は、なんといっても歌劇のショーです。もともとダンスが好きだったのもあり、学生の頃はほぼショーのために観劇していました。昔はどの組もD席(3階後方)は空席が目立ち、平日昼の部は当日券でショーだけ観ると半額(多分400〜500円?)だったと思います。(記憶違いでしたら訂正 [続きを読む]
  • 月組の次期トップ娘役について
  • 色々なブログを拝読すると、月組の次期トップ娘役の話題をされている方が思いのほか多く驚いています。やはり、気になるものなのでしょうか。愛希れいかさんの印象が強いので、次にトップ娘役を担うのは正直、かなりのプレッシャーがかかりそうです。全く異なるタイプがいいのでしょうが、月組は3拍子揃った娘役さんが豊富にもかかわらず、真ん中に立つオーラや、珠城さんとの並びの相性などを考えると、この人が適任!とならなそ [続きを読む]
  • 凱旋門で登場する、お酒の話
  • ブログのサブタイトルに”酒ときどき、歌劇”と書いているとおり、お酒も好きです。必ず飲まないと気が済まないわけではないけれど、ほぼ毎日晩酌します。家では強いお酒はほどんど飲みません。最近、外に飲みに行くときは、観劇後にお店に立ち寄ることが多いです。お店(Bar)で飲むとき、最後の一杯は大抵ブランデーかカルヴァドスをベースにしたカクテルをお願いします。有名なカクテルの一つに、ジャックローズという石榴(ざ [続きを読む]
  • 7月観劇感想 OSK夏のおどり 千穐楽
  • 7月9日、OSK夏のおどりの千穐楽。トップ男役の高世麻央さんはこの日をもって退団。OSKを観るようになって日が浅く色々なことは分かりませんが、団員の皆さんの熱気に溢れる舞台を好きになりました。初めて夏のおどりを観てすっかり高世さんのファンになったのに、時すでに遅し。舞台姿、踊りもさることながら、とくにクリアな歌声はずっと聴いていられます。公演後のご挨拶は、とてもチャーミングで可愛らしくてほんわり。 [続きを読む]
  • 6月観劇感想⑥ 星組 ショー KILLER ROUGE 
  • すっかり書いていたと思いこんでました。台湾公演を踏まえたショー、KILLER ROUGE。お芝居とは雰囲気ががらりと変わりますが、主演の紅ゆずるさんの魅力、今の星組の魅力が沢山詰まったショーでした。幕開けに綺咲愛里さんが銀橋の真ん中で歌いはじめる演出が素敵です。全体的に台湾に向けての試演も兼ねているのかな、という印象もあります。沢山の生徒さんにも見せ場があり、首を右に左に動かしっぱなしでした。それでも演出家 [続きを読む]