PG2 さん プロフィール

  •  
PG2さん: 成績あげて偏差値あがる勉強の方法
ハンドル名PG2 さん
ブログタイトル成績あげて偏差値あがる勉強の方法
ブログURLhttps://up.seiseki.tk/
サイト紹介文高校受験対策は夏休み前に今から
自由文高校受験対策問題集や分からない勉強の勉強法など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 18日(平均7.4回/週) - 参加 2018/07/03 20:48

PG2 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 中学の国語を復習
  • 中学の国語を復習するなら以下がおすすめです。システム中学国語 論理入門編新品価格¥1,296から(2018/7/20 07:18時点)地味に気が利く!解答用紙は公式HPよりダウンロード可能、印刷すれば繰り返し何度でもチャレンジOK地味にもの凄くアリガタイ!!!ポイントがまとめられている公式集が付属中学国語出口のシステム読解 [ 出口汪 ]価格:1,058円(2018/7/8 19:49時点)感想(55件)これ全部、できれば偏差値65(中学生)!!(以上 [続きを読む]
  • 勉強ができないのはなぜ?
  • 勉強が「できない」と「できる」で括ったら、必ずしも「できない人」が人間的に劣っていて、「できる人」の方が全ての面で優れているという結果にはなりません。場合によっては「勉強以外」の全ての面で、勉強ができない人の方が優れている場合だってあります。そう考えると「勉強ができないこと」自体は悪い事ではない気がします。勉強についての記事で書いた勉強の意味するところは、努力したり身を削ったり我慢する事で、その対 [続きを読む]
  • 受験生でなく親の方がイライラする
  • その余裕はどこから来るんだ?と聞きたくなる振る舞い。「ちゃんとやる」っていうけど、ずーっっっっっと、ながーい間やってないから言っていんだよ、こっちは。テストで成績が酷い時はそれなりに不味いとは思っているみたいだけど、30分後にはお風呂でシャワー浴びながら熱唱しているしね。受験生がイライラするのは受験一週間前からくらいかな。それに比べて、親は受験生よりもずっと前の中学2年生になった頃から内申や何やらで [続きを読む]
  • 国語が苦手な中学生
  • 国語は苦手な中学生の皆さんは当サイトの国語関連の記事に一通り目を通してくださいね。一貫して書かせて頂いているのが、文章題の読解力をつける事が、全ての教科で点数を増やし、苦手箇所をなくす一番の方法だと言う事です。国語の問題に必ず出てくる常套句、「次の文章を読んで、あとの問いに答えなさい」これが「読解の基本ルール」です。はじめにこの様な指示をしているということは、言いかえれば、「次の文章」に答えはかい [続きを読む]
  • 偏差値をあげる方法
  • 偏差値をあげる方法を知りたいということは、偏差値の意味を知る必要があります。 まず、北辰テストなどの模擬試験でのあなたの各教科の得点は平均点と比べて上ですか下ですか?あなたの得点が平均点より低いのであれば少しの頑張りで偏差値を上げることが可能です。偏差値の正体は平均点からの距離なので平均点に足りない人が平均点を取れる様になる方が結果が出やすいという側面があります。あなたの得点が平均点より軒並み高い [続きを読む]
  • 中学の国語さえ攻略できれば
  • 中学の国語さえ攻略できれば高校の現代国語はさほど苦労しないでしょう。そして、大学受験に関しても同様にゆったりとした気持ちで国語の試験に臨めるとかと思います。中学の国語で攻略すべき読解のキソものすごく大雑把に書くと、  読解のキソは「指示語」を見極めて文脈をつかむ事、  文や文脈をつなぐ「接続語」を覚える事、  その扱い方を覚えて実際に使える様になる事、と言えます。指示語は「それ、あれ、そちら」の様 [続きを読む]
  • 数学の点数だけ上げる方法はない
  • 数学の点数だけ上げる都合の良い方法はありません。数学の点数を確実に上げる方法唯一あるとすれば計算力を鍛えることで数学の点数を限定的に上げることが出来ます。学校の定期テストでも公立高校の試験問題でも計算だけで40点前後取れる場合が多いです。なので、確実に数学の点数だけ上げる方法は「公式を暗記して使いこなし計算問題は一問も落とさない!」と言えます。点数を上げる為の戦術埼玉県の公立高校の入試問題の数学で言 [続きを読む]
  • 男の子が勉強にやる気をみせるのは昔から
  • 学園天国の歌詞じゃないですが、男の子のやる気なんてそんなもんです。気になる子、好きな子、近所のお姉ちゃんの「頑張って」の一言。男子はそのちょとした力で馬車馬の如く頑張れます。そういう純真な頑張りを積み重ねていけば、その内に色恋こと以外でも頑張れる男になれます。色恋、スポーツ(部活)、そして受験と、どれも一生懸命頑張れば良いのです。頑張ることが出来れば、後は頑張る方向を変えるだけで良いのですからね。 [続きを読む]
  • 中学生が国語の苦手を克服出来る!に願いを込めて
  • 国語の公式「システム読解」が手に入る本です。中学国語 出口のシステム読解―基礎から入試まで!新品価格¥1,058から(2018/7/8 19:48時点)小・中学生への丸投げ厳禁!塾の講師(親御さん可)とセットで最強の読解システム高校生以上なら先生要らずで成績UP!「解き方」がわかる国語 文章読解 (高校入試 塾の先生が教えるシリーズ)新品価格¥1,188から(2018/7/20 11:49時点)理系脳のお子さんへ朗報!論理的なアプローチで国語が [続きを読む]
  • 中学生で国語が苦手な理由は
  • 中学生で国語が苦手な理由、、、。殆どの子どもが文章題と答えると思います。読解力がないと、答えを選ぶだけの選択問題でも間違える事もあります。国語力って日本人なら普通にありそうですが、長文読解って大人だって読み解く順番で迷ったりしちゃいます。中学国語 出口のシステム読解―基礎から入試まで!この本には論説文や物語などの問題を解くためのポイントが丁寧に書かれています。中学受験を控えた小学生から、大学受験の準 [続きを読む]
  • 勉強はできない訳じゃないし、やる気が無い訳でもない
  • 勉強はやる気がある時にスタディーサプリで動画を視聴したりして、映像で受講すれば嫌ではない、寧ろ、集中して講座を見ている時は「何か、俺、わかるかも?勉強出来るかもしれない?」って思う。でも、テストが終わるといつも「ああっっ、、、、、」って崩れてしまいます。何でなんだろう?ちゃんと復習やっている?ええっ、まぁ人並みには、ボチボチ、、、。って人が多いのではないでしょうか?勉強法など中学生が入試対策に必要 [続きを読む]
  • 数学の成績を平均点以下から上げるには
  • 数学の成績を平均点以下から、平均点以上に上げるにはどうすれば良いか?これを実現するには2つのアクションが必要です。定期テストの問題で成績を上げる中学生なので定期テストの問題で成績を上げる事を考えますね。でも、実際に気を付けるポイントは意外に少ないんです。1つめは勉強法これはとても単純です、試験範囲のワークや学校指定の問題集など試験範囲の頭から最後まで3回以上は解き直して下さい。ワーク本体を参照しな [続きを読む]
  • テストで点数を上げる最短の方法
  • 学校の定期テストで点数をあげる最短の方法は「勉強のやりかた」のところで暗記と書きました。試験の得点アップに暗記は最強です。今の時代とても便利で良いか悪いかわかりませんがお金さえ出せば大抵の事はやって貰えます。勉強代行システムとかでお子さんの代わりに誰かに勉強してもらい、その勉強した成果をそのままお子さんの記憶として残せるサービスがあれば保護者の方の利用が激増するでしょう。近未来ではそういうビジネス [続きを読む]
  • 中学生の勉強方法は暗記が正解
  • 中学生に効果が高いおすすめスタイルの勉強法で、誰にでも出来る方法の一つに暗記があります。あの有名な「ドラゴン桜」でも数学の先生は「勉強の本質は詰め込みだ!]言っている様に何度も解いて覚える暗記という技術が高校受験に最も大切なスキルとも言えます。中学校の定期テストテスト範囲内のワークの問題と答えと解説を暗記テスト範囲内の教科書の問題、特に単元後半の応用問題の答えと解説を暗記高校受験模試対策その模試の [続きを読む]
  • 中学の数学は暗記だけで60点くらいまでは取れる
  • 極論でのお話ですが、中学の数学は暗記だけでも60点くらいまでは取れるみたいです。公式を丸暗記する、その例題を丸暗記する、そうしている内にその公式の意味が何となく分かる様になる。そうすれば、似た様な問題もその問題に置き換えて解ける様になるという事です。この領域までこれると60点どころか80点以上も十分に狙えます。これを実践している本がAmazonさんで販売されていて、昨年、家の子どもが数学の暗記に使った本 [続きを読む]
  • 受験生の親がイライラするのは普通です
  • 受験勉強で子どもがちゃんと勉強していれば親のストレスはあまりなく寧ろ親は元気になります。ところが、高校受験の対策も考えているのか?いないのか?そういった覚悟も見えないと親はイライラします。試験まで間もないのに担任の先生に奨められた学校にも行く気があるのか?無いのか?何か言えば「自分でちゃんとやる!」そんな言葉がいつも返ってくるけど、親から見ると全然ちゃんとやってない。自分自身ではどう思っているのか [続きを読む]
  • 勉強のやり方がわからない!のではなくて
  • 「勉強のやり方が分からない」これだけだと少し曖昧です。ご訪問された方が中学生の子どもさんでも親御さんでもおそらく少し意味合いが違います。子どもさんであれば、マインドのコントロールの仕方なので「自分に対する”勉強のやらせ方が分からない”」という事になり、親御さんであれば、「子どもさんに対する”勉強のやらせ方が分からない”」というお悩みになるかと思います。すみません、何だか国語とか英語の文法みたいです [続きを読む]
  • 過去の記事 …