甲野太郎 さん プロフィール

  •  
甲野太郎さん: 司法書士2.0
ハンドル名甲野太郎 さん
ブログタイトル司法書士2.0
ブログURLhttps://sihoushosi20.hatenablog.com/
サイト紹介文時事に関するニュースなどを司法書士業務に関連付けながら、一歩先の司法書士を目指すブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 16日(平均15.8回/週) - 参加 2018/07/04 10:41

甲野太郎 さんのブログ記事

  • 司法書士業務の可能性
  • www.nikkei.com国内の弁護士が2018年1月、4万人を超えたそうです。訴訟事件数は減少する中、弁護士数は増加しているため、日弁連が「弁護士の仕事は増えていない。法律事務所に就職できない新人も多い」と訴えてきたとのこと。リンクの記事では、データから弁護士は本当に余っているのかということを検証したもの。結論を言えば、弁護士の仕事は訴訟以外にも企業法務などで拡大しており、企業内弁護士は10年で10倍になってい [続きを読む]
  • 情報銀行ってなんですか?
  • www.nikkei.com三菱UFJ信託銀行が、来年にも、個人から購買履歴などの情報を預かり、民間企業に提供する「情報銀行」を始める方針を固めたそうです。情報を提供する個人は、スマホアプリで情報提供先の企業を選んで、その対価として企業からお金やサービスを受け取る仕組み。要するに個人は情報を提供しておこずかいを稼げて、企業はその情報を商品開発などに生かせるということです。ちなみに「情報銀行」とは、、、例えばイン [続きを読む]
  • 日本版司法取引とは
  • www.nikkei.com三菱日立パワーシステムズ(MHPS)と東京地検特捜部の間で、今年の6月の制度導入後初となる日本版「司法取引」の合意に至ったことが明らかになったとのこと。社員によるタイの現地公務員への贈賄疑惑を巡って、捜査協力の見返りとして、法人の起訴を免れる内容だそうです。ちなみに、「日本版司法取引」とは、他人の犯罪の解明に協力する見返りとして、自分が犯した罪について起訴を見送らせたり、求刑を軽くさ [続きを読む]
  • なぜわざわざ支店を登記するのか
  • www.nikkei.com司法書士事務所をやっていると、たまに支店設置の登記の依頼を受けます。「営業所」ではなく、なぜわざわざ登記が必要な「支店」にする必要があるのか、お客さんに聞いてみるとだいたい以下の2つの理由であることが多いです。<支店を登記する理由>①その地方の地銀や信用金庫と取引(融資を受けるなど)をしたいから②地元の企業しか入札できないような公共事業などに入札したいから特に①の理由によることが多く [続きを読む]
  • 改正相続法まとめ
  • 先日、国会で成立した改正民法(相続法分野)が、本日公布されました。(平成30年法律第72号)法務省のHPでもよくまとまっていましたので、ぜひ見てみてください。http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00222.html司法書士業務に影響を与えそうな内容がたくさんありますね。。。以下に今回の改正の概要を記載しておきます。【配偶者の居住権を保護するための方策】①配偶者短期居住権<ポイント> ア 居住建物について配偶者 [続きを読む]
  • 仮装通貨の差押えはできるの?できないの?
  • www.nikkei.com兵庫県警が、駐車違反金の滞納を繰り返した男性からビットコインなど含む仮装通貨2種を差し押さえたとのこと。仮装通貨を差し押さえることができたのですね。。。といいますのも、つい最近、裁判所が強制執行により仮装通貨を差押えようとしたところ、仮装通貨交換会社が「技術的に困難」という理由で、強制執行できなかった事例がありました。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31708460T10C18A6CC1000/?nf=1 [続きを読む]
  • 司法書士事務所で初めて働く人がとまどうこと
  • 司法書士試験も終わり、「これから司法書士事務所で働いてみようかな。。。」なんて人も多い時期ではないでしょうか。今年の司法書士試験では、登記原因証明情報の一部を書かせる問題がでたそうですね。受験生の方は、「ウッ」っと思った方も、しっかりと対策していた方もいるかもしれません。試験で登記原因証明情報を作成させられるのは珍しいかもしれませんが、実際のところ実務では当然のように司法書士が作成しています。登記 [続きを読む]
  • 司法書士事務所で初めて働く人がとまどうこと
  • 司法書士試験も終わり、「これから司法書士事務所で働いてみようかな。。。」なんて人も多い時期ではないでしょうか。今年の司法書士試験では、登記原因証明情報の一部を書かせる問題がでたそうですね。受験生の方は、「ウッ」っと思った方も、しっかりと対策していた方もいるかもしれません。試験で登記原因証明情報を作成させられるのは珍しいかもしれませんが、実際のところ実務では当然のように司法書士が作成しています。登記 [続きを読む]
  • 司法書士にとって最強のブランディング
  • newspicks.com司法書士は、基本「知識」が商品なので、物販のように目に見えたものを売り込むようなことができない難しさがあります。事務所を開業したら、あとはいかに自分をブランディングして認知してもらうかということに注力していくことになります。同業者のブランディングの仕方を見ていると人それぞれです。例えば、・交流会での自己紹介に異様に凝っている・自分のキャッチフレーズを付けて覚えてもらおうとする・飲み会 [続きを読む]
  • 司法書士にとって最強のブランディング
  • newspicks.com司法書士は、基本「知識」が商品なので、物販のように目に見えたものを売り込むようなことができない難しさがあります。事務所を開業したら、あとはいかに自分をブランディングして認知してもらうかということに注力していくことになります。同業者のブランディングの仕方を見ていると人それぞれです。例えば、・交流会での自己紹介に異様に凝っている・自分のキャッチフレーズを付けて覚えてもらおうとする・飲み会 [続きを読む]
  • NPO法人の「資産の総額の変更登記」が不要に
  • だいぶ前の改正(平成28年6月)で決まっていることですが、時期も時期なので念の為確認しておきましょう。平成30年10月1日から、今までは毎年必要だったNPO法人の「資産の総額の変更登記」が不要になります。(登記事項から「資産の総額」が削除される。)そのかわり、毎年度、貸借対照表を公告する方式となりますのでご注意ください。【内閣府NPOホームページ】特定非営利活動促進法改正のご案内   https://www.np [続きを読む]
  • NPO法人の「資産の総額の変更登記」が不要に
  • だいぶ前の改正(平成28年6月)で決まっていることですが、時期も時期なので念の為確認しておきましょう。平成30年10月1日から、今までは毎年必要だったNPO法人の「資産の総額の変更登記」が不要になります。(登記事項から「資産の総額」が削除される。)そのかわり、毎年度、貸借対照表を公告する方式となりますのでご注意ください。【内閣府NPOホームページ】特定非営利活動促進法改正のご案内   https://www.np [続きを読む]
  • 信託型ストックオプション
  • www.nikkei.com「信託型」と呼ぶ新型のストックオプション(株式購入権=SO)を導入する新興企業が増えているとのこと。従来のストックオプションは、発行時に受け取る対象者を決定するので、創業時などに受け取るか企業価値が大きくなった後に受け取るかで、得ることができる利益に差が出てしまうものでした。一方、「信託型」のストックオプションは、その時点の企業価値を前提にした低い価格で予約権を発行して信託にプールし [続きを読む]
  • 信託型ストックオプション
  • www.nikkei.com「信託型」と呼ぶ新型のストックオプション(株式購入権=SO)を導入する新興企業が増えているとのこと。従来のストックオプションは、発行時に受け取る対象者を決定するので、創業時などに受け取るか企業価値が大きくなった後に受け取るかで、得ることができる利益に差が出てしまうものでした。一方、「信託型」のストックオプションは、その時点の企業価値を前提にした低い価格で予約権を発行して信託にプールし [続きを読む]
  • 音声入力で時間短縮
  • www.nikkei.comTwitterを 音声入力で書いているとのこと。文章を書くのに音声入力を使っている人もちらほらいるかもしれませんが、あまり活用されてない人も多いかと思います。今 、Google の音声入力は精度が非常に上がってきています。私も簡単な文章を書くときなどは 音声でのテキスト入力をしてそれに少し修正を加えて使うようにしています。音声入力をすると頭の中で考えていることをそのまま文章にすることができて、後から [続きを読む]
  • 音声入力で時間短縮
  • www.nikkei.comTwitterを 音声入力で書いているとのこと。文章を書くのに音声入力を使っている人もちらほらいるかもしれませんが、あまり活用されてない人も多いかと思います。今 、Google の音声入力は精度が非常に上がってきています。私も簡単な文章を書くときなどは 音声でのテキスト入力をしてそれに少し修正を加えて使うようにしています。音声入力をすると頭の中で考えていることをそのまま文章にすることができて、後から [続きを読む]
  • 改正民法(相続分野)が成立!
  • www.nikkei.com改正民法(相続分野の規定の改正)が本日成立しました。2020年7月までに施行されるとのこと。配偶者居住権の新設を柱として、婚姻期間20年以上の夫婦で配偶者に贈与・遺贈された住居の遺産分割対象からの除外や、自筆証書遺言の保管制度などが盛り込まれています。配偶者居住権は登記事項になりますし、自筆証書遺言の保管制度などは財産目録をパソコンで作成可能になるなど、司法書士が関与する機会が多くな [続きを読む]
  • 改正民法(相続分野)が成立!
  • www.nikkei.com改正民法(相続分野の規定の改正)が本日成立しました。2020年7月までに施行されるとのこと。配偶者居住権の新設を柱として、婚姻期間20年以上の夫婦で配偶者に贈与・遺贈された住居の遺産分割対象からの除外や、自筆証書遺言の保管制度などが盛り込まれています。配偶者居住権は登記事項になりますし、自筆証書遺言の保管制度などは財産目録をパソコンで作成可能になるなど、司法書士が関与する機会が多くな [続きを読む]
  • 弁護士が「ほれ薬」使用未遂で懲戒
  • www.nikkei.com弁護士が、一緒に食事をしていた知人女性の飲み物にインターネット上で購入した「ほれ薬」とされる液体を入れようとしたとして、業務停止3カ月の懲戒処分になったとのこと。「自分のことを好きになってほしかった。」頭脳と論理の弁護士が、最終的にあやしい「ほれ薬」を信頼してしまったのですね。。。いろいろな意味でせつない事件ですね。 [続きを読む]
  • 弁護士が「ほれ薬」使用未遂で懲戒
  • www.nikkei.com弁護士が、一緒に食事をしていた知人女性の飲み物にインターネット上で購入した「ほれ薬」とされる液体を入れようとしたとして、業務停止3カ月の懲戒処分になったとのこと。「自分のことを好きになってほしかった。」頭脳と論理の弁護士が、最終的にあやしい「ほれ薬」を信頼してしまったのですね。。。いろいろな意味でせつない事件ですね。 [続きを読む]
  • 司法書士&シリアルアントレプレナー2
  • さて、前回お話したとおり、シリアルアントレプレナーの信頼をどうやったら得ることができるのでしょうか?sihoushosi20.hatenablog.comもちろん、登記などの手続きや、法律構成などはしっかりと行わなければならないのはいうまでもありません。でもそれだけでよいのでしょうか?もし自分がそのように連続企業している立場だったらということを考えてみましょう。おそらく、すでに司法書士や税理士といった士業は周りにたくさんい [続きを読む]
  • 司法書士&シリアルアントレプレナー2
  • さて、前回お話したとおり、シリアルアントレプレナーの信頼をどうやったら得ることができるのでしょうか?sihoushosi20.hatenablog.comもちろん、登記などの手続きや、法律構成などはしっかりと行わなければならないのはいうまでもありません。でもそれだけでよいのでしょうか?もし自分がそのように連続企業している立場だったらということを考えてみましょう。おそらく、すでに司法書士や税理士といった士業は周りにたくさんい [続きを読む]
  • 司法書士&シリアルアントレプレナー
  • www.bloomberg.co.jpシリアルアントレプレナーとは連続起業家のことです。会社を立ち上げ、それを発展させ、軌道に乗ったら売却し、また新たな会社を立ち上げるというように、連続して新規事業を行っていく起業家のことを指します。有名なところでは、リンク記事にでてくるメルカリ創業者の山田進太郎氏や、CAMPFIRE創業者の家入一真氏などがいます。大型の買収案件などは世間の注目を浴びて、メディアにも取り上げられる [続きを読む]
  • 司法書士&シリアルアントレプレナー
  • www.bloomberg.co.jpシリアルアントレプレナーとは連続起業家のことです。会社を立ち上げ、それを発展させ、軌道に乗ったら売却し、また新たな会社を立ち上げるというように、連続して新規事業を行っていく起業家のことを指します。有名なところでは、リンク記事にでてくるメルカリ創業者の山田進太郎氏や、CAMPFIRE創業者の家入一真氏などがいます。大型の買収案件などは世間の注目を浴びて、メディアにも取り上げられる [続きを読む]
  • 本人確認もAIで
  • www.itmedia.co.jpAIが顔認識とIDカードで本人確認する仕組みだそうです。「顧客がスマートフォンやPCのカメラで顔とIDカード(パスポートや運転免許証など顔写真付きのもの)を写すことにより、顔を分析し、本人であると認証する仕組み」で、しかも「提示されたIDカードが法的に有効であるか、偽造されたものでないかなど判断することも可能」とのこと。司法書士の本人確認は、原則的に免許証やマイナンバーカードなど顔写真付き [続きを読む]