waenavi さん プロフィール

  •  
waenaviさん: わえなび練習問題集(ワード&エクセル)
ハンドル名waenavi さん
ブログタイトルわえなび練習問題集(ワード&エクセル)
ブログURLhttps://www.waenavi.com/
サイト紹介文Word・Excelの使い方を解説する無料講座(練習問題集)です。
自由文※この動画は、著作者であるわえなび管理人の許可を得ることなく、授業・講義・研修・勉強会等で自由に使用することができます。営利、非営利にかかわらず、どんどん使ってください。

チャンネル登録で最新の動画をチェックできます。
わえなびチャンネル→ http://www.youtube.com/c/waenavijp
わえなび公式→ http://waenavi.jp
わえなびtwitter→ https://twitter.com/waenavi_jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供308回 / 135日(平均16.0回/週) - 参加 2018/07/04 19:40

waenavi さんのブログ記事

  • 【Excel】連番を振るなら数式を使え、いや、使ってみてください。
  • 皆さんは、Excelで連番(連続番号、連続データともいう)を入力したいとき、どのような操作をしますか。例えば、月間予定表(下図)で日付や曜日を入力する場合、Excelの教科書には「オートフィルで連続データを入力できる」と書いてあります。この考え方は間違いではありません。しかし、Excelを使い慣れている人は「翌月以降のことを考えたら数式で連番を振るべきだ」と考えます。このように、Excelの習熟度によって連番の考え [続きを読む]
  • 【Excel】ユーザー定義表示形式のサンプルの意味を全部解説します
  • ユーザー定義の表示形式は書式記号で表しますが、記号のルールについては別の記事で「完全総まとめ」として解説しています。今回は、完全総まとめのルールに従って、セルの書式設定の画面にリストで表示される書式記号のサンプルについて、その読み方と使い方を解説します。上から順にグループに分けて解説します。なお、解説の中で【カッコ書き】で表しているのは上記の記事のことです。例えば、【2章1節例外4】は、完全総まとめ [続きを読む]
  • 【Word】レポート・卒論作成で使う機能の総まとめ(事前準備用テキスト)
  • Wordには長文作成を補助する機能がありますが、論文を執筆する前に習得しなければあとで後悔することになります。「分からないことがあったら聞いてくれ」「ネットで調べればいい」では手遅れになる場合が多いです。また、論文の指導者が必ずしもWordに詳しいとは限りません。長いレポートや卒業論文を作ることが事前に分かっている場合は、取り返しのつかないことになる前に、Wordの勉強会または説明会を開催して基本スキルを確認 [続きを読む]
  • 【Word】脚注の挿入、文末脚注との違い、脚注境界線の設定と削除
  • 長いレポートを入力するとき、その文章の途中に詳細な解説が必要な場合があります。例えば、「9割以上」という数字を出す場合には、どこからその数字が出てきたのかを示す必要があります。また、用語の説明や注意書き、微妙なニュアンスを伝えたい場合など、本文を中断して説明しなければならないこともあります。しかし、その補足説明が多すぎると、文章が分断されて読みにくくなり、結局何が言いたいのか分からなくなります。 [続きを読む]
  • 【Excel】ピボットテーブルは集計より「集約」の仕方を理解せよ
  • 初心者にピボットテーブルの使い方を説明するとしたら、最初に何を語るべきでしょうか?Microsoftの説明(下の図)によると、複雑なデータをピボットテーブルに簡単に配置し、集計することができるのだそうです。しかし、合計や平均を集計するだけであれば関数を使えばよく、複雑な集計は複雑な関数を使えばいいだけです。何も分からない初心者に、いきなり「集計表ができること」を説明するのは論外です。Microsoftはあまり強調し [続きを読む]
  • 【Excel】オートフィルは累積的に同じ計算を繰り返すときにも使う
  • オートフィルはコピーの一種であり、同じデータまたは連続データを入力するときに使うのが一般的です。しかし、1つ前のセル、または2つ前のセルを参照する式をオートフィルすることによって、同じ計算を繰り返すという手法があります。Excelの画面に向かって同じ作業を繰り返して、忙しそうに仕事をしている人をたまに見かけますが、そんな面倒な作業はExcelに任せたほうが、仕事の効率化につながります。そこで、今回は、オー [続きを読む]
  • WordやExcelの初心者は、ネットで調べる前に基本書を買いなさい!
  • 土台にあたる基本がある程度しっかりしていないと、もし分からないことがあっても、まともに質問することすらできませんし、教えてもらえません。WordやExcelのファイルは1人で使う場合もあれば、複数で共有したり、メールで渡したりすることもあります。基本を学習せずに、自己流で非効率な仕事をしていると周りの人に迷惑をかけることもあります。そこで、今回は、「ネットで調べれば何とかなる」と思っている初心者の皆さ [続きを読む]
  • 【Excel】均等割り付けの設定と解除の方法と、種類を見分ける練習
  • 均等割り付けとは、文字の間隔を均等にしたまま広げることです。幅が変われば、文字の間隔も変わります。Wordには均等割り付けのボタンがありますが、Excelには均等割り付けのボタンがありません。Excelは表計算ソフトなので、Wordと比較すると文字間隔や文字の位置をmm単位で調整する必要がありません。しかし、Excelにも均等割り付けの機能はありますので、その設定と解除の方法、種類を見分けて設定する方法を練習しましょう [続きを読む]
  • 【Excel】置換には一括削除や挿入、入れ替えの機能も含まれる
  • 置換は、文字列Aを一括で文字列Bに置き換える機能ですが、一般の人が使う機会はあまり無いです。どちらかといえば、置換を使った一括削除、挿入、入れ替えという応用技のほうが便利なのですが、あまり知られていないかもしれません。特に、「一括削除は置換を使う」という当たり前の知識が初心者用のテキストに載っていないので、BackSpaceを押しまくっている人も多いのではないかと思います。そこで、今回は、置換の正しい使い方 [続きを読む]
  • 【Excel】ピボットテーブルで度数分布表(ヒストグラム)を作成する方法
  • たくさんの物を整理するとき「グループに分ける」という方法があります。数値データの場合、一定の間隔で区切ってグループにしてまとめます。このようなグループを日本語では階級といい、まとめた表のことを度数分布表といいます。度数分布表を作れば、グラフ(ヒストグラム)にするのはボタンを押すだけです。そこで、今回は、ピボットテーブル(Pivot Table)を用いて度数分布表を作る練習をしましょう。目次 1.準備 2 [続きを読む]
  • 【Excel】プレゼンや資料のグラフを作るコツは強調ではなく協調性である
  • Excelで見やすいグラフを作ろうとして下手な装飾をして失敗している例をよく見かけます。また、自分の主張を伝えるために、強調することばかり考えてグラフを作ると、押しつけがましい不快なグラフになってしまいます。プレゼンで使うスライドや資料は全体的な統一感が最も重要です。協調性のある色づかいや配置をしていれば、そのなかでバランスを崩すだけで目立たせることができます。これは、Excelのグラフの場合も同じです。「 [続きを読む]
  • 【Word】マス目のある表は「セルの分割」を利用すれば簡単に作れる
  • 正方形のマス目を作る方法については下の記事で紹介しましたが、要するに、表罫線で正方形(1行1列の表)を作って、行数・列数を同じにしてセルの分割をすれば、正方形のマス目がたくさんできるということです。www.waenavi.comこのように、セルの分割の機能を利用することによって、同じ大きさのマス目を簡単に作ることができます。今回は、その応用編として、セルの分割を利用してマス目のある表を作ります。なお、今回の記事 [続きを読む]
  • 【Word】正方形の表の作り方と、正方形のマス目を含む文書の練習問題
  • Wordで表を挿入すると、デフォルトでは横幅いっぱいの横長の表になります。これを、むりやり正方形や幅の狭い縦長の表にすることは可能ですが、考え方としては間違いです。このような操作に慣れてしまうと、応用力が身につかなくなります。正方形のマス目をつかった様々な文書を作るには正しく正方形の表を作る方法をしっかりと習得すべきです。そこで、今回は、正方形の表と、正方形のマス目を含む文書の作り方について出題します [続きを読む]
  • 【Excel関数】最大なのに下限のMAX、最小なのに上限のMIN
  • 例えば、100点を超えないように加点するとか、マイナスになったら強制的に0にするとか、一律に上限や下限を設定することがあります。また、税金の計算では、上限10万円のことを「〜の金額または10万円のいずれか小さいほう」というまわりくどい言い方をすることがあります。Excelの場合、下限と上限の設定は MAX / MIN 関数を使うのが大原則です。オートSUMボタンを使えばよいです。そこで、今回は、MAX / MIN 関数を下限・上限と [続きを読む]
  • 【Excel】循環参照のエラーは直し方より、探し方を理解したほうがよい
  • 定期的に避難訓練をするのは災害が発生したときに適切な行動がとれるようにするためですが、Excelのエラーのなかにも、事前に訓練しておけば冷静に対処できるものがあります。特に、「循環参照(じゅんかんさんしょう)」のエラーは、普段から注意すれば防げるものであり、発生してもたいていの場合はすぐに直すことができます。しっかりと理論的に原因を知ったうえで、対処できるように日頃から訓練をしておくことが大事です。循 [続きを読む]