さとる さん プロフィール

  •  
さとるさん: 大人の社会科見学
ハンドル名さとる さん
ブログタイトル大人の社会科見学
ブログURLhttp://shakaika201806.seesaa.net/
サイト紹介文人生で初めて、築地市場を社会科見学してきました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 36日(平均4.3回/週) - 参加 2018/07/05 05:24

さとる さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 築地のお土産
  • 築地のお土産に「銀座 田花谷堂」はいかがでしょうこちらはシュークリームが有名で、行列ができるほどの人気店築地駅より2分のところにある地位さなお店です私も今回ツアーの帰りに、自分へのお土産として購入(緑のシャツがわたし)それほど並ぶ人がいなく、ラッキーにもスグ買えましたツイているわぁオンラインでは購入できないようなので、行った人のみ味わえる絶品スイーツはいかが?https://takatanidou.gorp.jp/ [続きを読む]
  • ツアーの最後はお寿司でランチ
  • このツアーにはランチがついていましたそう、あの有名な「すしざんまい」ですわたし、ものを知らなすぎます「すしざんまい」って回転寿司のお店だと思っていました築地場外市場にあるのも回転寿司ところが、場外市場を離れると、別業態の店舗があるんです今回は「すしざんまい 本陣」にてお食事こちらは回転寿司ではなく、普通のお店すしざんまい本陣は、地下1階から5階まで各階赴きの異なるインテリアが特長の、すしざんまいを代 [続きを読む]
  • 築地場外市場 自由見学
  • 波除神社を参拝すると、だいたい12時ちょっと前このツアーにはお昼がついていますが、13時からの予定なので、それまで築地場外市場を自由見学です美味しそうな店舗も立ち並んでいますが、ランチのためにはここはグッと我慢です食べちゃうとランチ入らなくなるからめぼしいものはチェックしつつ、ランチの前に買えるものは購入この日は気温が上がったので、生モノの長時間持ち歩きは危ういですので、ランチ前は乾物系のお買い物煮干 [続きを読む]
  • 発泡スチロールの処分
  • 築地市場、というか市場全般で大量に出る発泡スチロール多少は使い回しもあるでしょうが、毎日大量の廃棄がでるそうですその廃棄を一手に受け付けているのがこの場所水産仲卸売場棟のすぐそばにありますこの発泡処分所では、あるものが入っていた発泡スチロール箱は受け付けていないそうそれは何が入っていた箱でしょう?答えはフグフグが持つ毒が問題らしいのですが、処分時にどう問題になるのでしょうね? [続きを読む]
  • 隅田川
  • 水産仲卸業者売場 を見学したあとは、隅田川に向かいます隅田川に出るとすぐに見えるのが勝鬨橋真ん中が跳ね橋になっていて、昔は開いていました船の航行に必要だったんですしかし現在では開かずの跳ね橋に1970年11月29日が最後の開閉だそうで、、、、生まれる前だなぁこの写真よく見ると、橋右側のビルのてっぺんに三日月のオブジェがあるのがわかるでしょうかこのオブジェ、月のある島=月島、を意味していて、此処から先が月島 [続きを読む]
  • 水産仲卸業者売場
  • ある意味本日のメインイベント水産仲卸業者売場へ向かいます(地図の赤いエリアです)魚がし横丁2からは、黄色いルートで向かいます市場内を横切るので注意が必要です水産仲卸業者売場内も、だいたい黄色ルートのように歩きました向かう先は黄色い枠内こちらが入り口です11時から 見学が可能ですので、それより以前に行かないようにしましょう内部は、本来写真撮影禁止です気が付かず撮影してしまった一枚がコレガードマンさんに注 [続きを読む]
  • 魚がし横丁2つめ
  • 続いて、魚がし横丁の2つめに向かいますこのブログでは、都合上「魚がし横丁2」としますねこちらではいくつかの有名な飲食店が立ち並びます一番の有名店は、こちら吉野家1号店もともとの1号店は別の場所でしたが、いまは築地場内市場にありますそして唯一和牛の肉を使った牛丼らしいです他にもインドカレー中栄さんや、すしの岩佐さんなどが立ち並びます今回の見学では、こちらでの飲食は無し別の機会があれば、ぜひ食べ歩いてみた [続きを読む]
  • 魚がし水神社
  • 魚がし横丁2つめに向かう前、東京いちばステーションとの間に、神社がありますここ築地市場を守る魚がし水神社です神社を正面から撮るのは不敬にあたるので、少し斜めから撮影しました築地市場に勤める方は(場内、場外問わず?)、毎朝必ずこちらでお参りしていくそうです水運の安全、商売などなどのご利益があるのかな?ただし、こちらには神様は祀られておりませんじゃ、なぜお参りするのか正面からお社を見たとき、その先には [続きを読む]
  • 東京いちばステーション
  • うおがし銘茶 の後は、東京いちばステーション に立ち寄りですこちらでは、築地市場から豊洲市場への移転を紹介しています利害関係で紆余曲折があるみたいですが、我々の生活に影響ないように、うまく運ぶといいですねステーションの中では、"市場だいすき、イッチーノ" がお出迎え他にも、東京都内の市場の案内や、豊洲市場の模型が置かれていますか〜るく流して次へ出発です [続きを読む]
  • うおがし銘茶
  • 魚がし横丁1の最後はこちら、「うおがし銘茶」さん先ほどの地図でいうとちょうど赤矢印の先端あたりにありますこちらでは、今回水出しのお茶をいただきましたこれがまた、甘くてさっぱりしていて、それでいて滑らかな舌触り暑い中、こういったお茶を出していただくと、ほっと心が安らぎますこのお茶屋さん、築地で有名なお店の一つですこちらの他にも場外にもう1ヶ所、築地駅近くにも1ヶ所あります築地駅近くのお店では、茶遊会 [続きを読む]
  • 魚がし横丁1つめ
  • 正面入口から魚がし横丁1に向かうには、赤矢印のルートを通りますまぁ、ココ以外は自動車やターレーがバンバン行き交っているので、危険で通れません正面入口近くから、魚がし横丁1を見た光景奥に見える薄緑色の更に奥が、魚がし横丁1ですまず目に飛び込んでくるのが、このような光景まぁ雑然としています基本一般人を相手にしてませんからね内輪で売れればいいんです、な精神がみられます(良い意味です)一本目の通路見えてい [続きを読む]
  • 魚がし横丁は2つ
  • 築地市場 場内には、魚がし横丁が2つあるんですこれの青枠で囲われた部分と、黄枠で囲われた部分店舗数としては青枠側の方が断然多いです青枠側は簡単に構造を書くとこんなふう店舗敷地の間に道路があり、何件もの店舗が立ち並んでいます黄枠側は店舗が一列に並んでいます規模は小規模ですが、人の混雑はこちらが上かなこの先は便宜上、青枠側を魚がし横丁1、黄枠側を魚がし横丁2と呼びます [続きを読む]
  • 築地場内市場の正面入口
  • 築地場内市場の正面入口は、緑の◯の付近朝日新聞社から新大橋通りを渡った正面ですそして、赤く示した場所が、築地場内市場弧を描くように曲がっているのが特徴です正面入口の緑の◯の付近に対し、築地場外市場側にも出入り口があります慣れているひとだと、こちらから入るんですってさてこれから、場内の見学です [続きを読む]
  • 正面入口
  • もんぜき通りを過ぎ、しばらく進むと、築地場内市場 正面入口があります本来観光施設ではない築地場内市場入り口は無骨、何もありませんかろうじて「入口」「出口」の看板があるくらいこちらで構内地図をもらいつつ、入場していきますいまは午前11時以降のみ、見学が可能です以前は10時からだったみたいですが、まだまだ仕事中で見学者はじゃなまのか、一時間遅くなっています場内に入る注意事項として、すべて自己責任だというこ [続きを読む]
  • もんぜき通り
  • 築地本願寺のあとは築地市場の場内を目指します築地本願寺を出て新大橋通り沿いを行くと、築地場外市場のブロックに「もんぜき通り」がありますこの図でいえば青線の部分ですねもんぜき通りでは、食べ歩きができるようなお店が立ち並び、思わずよりたくなってしまいます地図のもんぜき通りの左側には、「絵の待ち合わせ場所」がありますここには昔、交番所があったそうです交番なら待ち合わせ場所にはぴったり今では無くなってしま [続きを読む]
  • 築地本願寺
  • まずは集合場所のすぐそばにある築地本願寺からこの建物は昭和9年に再建されたもの独特な佇まいですよね建立にあたり、建築史家の伊東忠太博士がインドの古代仏教建築を参考にデザインしたものだそうです築地本願寺は、何度も何度も火災と地震により壊れては建立されを繰り返してきたお寺信徒さんたちの力強い支えがあってのものなのでしょう古代インド建築の流れをくんでいるため、至るところにインド風の洋式が見られますこちら [続きを読む]
  • 集合
  • 集合は、東京メトロ日比谷線 築地駅 1番出口これは道路挟んで向かい側から見た出口ですこの右側には築地本願寺がありますこちらでは簡単なご挨拶と、この後の流れを説明いただきました今回お世話になったのは ぽけかる倶楽部 さんです「ぽけかる倶楽部」では都内を中心に多種多様なツアーを行っています今回のような大人の社会科見学ツアーから、花火などなど、必ず好みにあったツアーが見つかるかと思います [続きを読む]
  • 大人の社会科見学
  • 2018年6月某日たまたま見つけた社会科見学ツアーに参加することにしましたその場所は、築地市場の場内「4名様に1名のガイドがご案内!個人では入りづらい築地市場の場内ガイドツアー」に参加です今年2018年の秋には無くなる築地市場場外は行ったことがありますが、場内はなんとなく敷居が高くて行ってませんでした一度は訪れてみたいとおもっていたので、ちょうどよいツアーだと思い申し込み無事開催が決定し、6月某日に参加してき [続きを読む]
  • 過去の記事 …