滝川 淳 さん プロフィール

  •  
滝川 淳さん: ORANGE DAYS
ハンドル名滝川 淳 さん
ブログタイトルORANGE DAYS
ブログURLhttp://takiarch.blog40.fc2.com/
サイト紹介文東京都中野区で建築設計事務所を主宰する建築家のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 113日(平均3.7回/週) - 参加 2018/07/05 05:42

滝川 淳 さんのブログ記事

  • Low-E ガス入り 樹脂サッシ
  • それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家では、サッシ工事が始まりました。今回この住宅では樹脂サッシを全面的に採用しています。サッシにはアルミ、アルミ樹脂複合、樹脂とおおきく3種類のサッシがあります。数年前は樹脂サッシのラインナップが少なかったもののリクシル、YKK共に日本の家の断熱性能を良くしようと樹脂サッシの値段がぐっと下がってきました。樹脂にするとサッシの額縁が大きくなってしまい、不格好という向 [続きを読む]
  • 阿夫利大山トレッキング@伊勢原
  • 少し前の話ですが、家族でトレッキングに出掛けることになりました。たまたま休みが取れそうだった日の前日に台風が通過して夏のような気温になった日です。高尾山に一度、しかも上りもくだりもロープウェイ利用という程度なのでほぼ初トレッキング。選んだ場所は伊勢原にある大(おおやま)。こちらもケーブルカーがあるから、という気弱な選択ですが、まあいいじゃないですか。ケーブルカーを使うのは下山するときだけにして、 [続きを読む]
  • 透湿抵抗の低い外壁合板を使う
  • 少し専門的なお話。外壁に下地用もしくは耐力壁用として合板を貼る場合、透湿抵抗の低いものを選ぶことをおすすめします。木造の場合、躯体内を乾燥した状態にすることが大事だからです。湿度を低くしないと、シロアリの被害が受けやすく、また柱梁の腐りの原因にもなります。冬季の温度差の関係から、室内側からの湿度が躯体内に入ることに関しては、気密シートでシャットアウトすることがやっと一般的になってきました。たまに知 [続きを読む]
  • デザイン あ展 @日本科学未来館
  • 少し前の話ですが、デザインあ展を見に日本科学未来館に行きました。あ展、のひねりのきいた展示はどれもすばらしく、どれもこどもと一緒に楽しみました。紋を自分で描いてみよう、のコーナーでは図学としても遊びとしても完成されていて、江戸の頃からこれがあったのかと思うと、素直に感動。作業には没頭。常設展示にはひさびさに行きましたが、新しい科学の情報を盛り込んだ展示に随時更新されているようで、どれも見応え充分。 [続きを読む]
  • 泳ぐシロクマを水中から見よう@上野動物園
  • 行く度に娘より感動しているかもしれない動物園。先日は上野へ。上野は少しづつリニューアルを続けているのか、新しい展示が増えていました。それが、シロクマ。あの巨体をナマで見るだけでワォ、な訳ですが、遠くの陸地に寝そべるクマさんの前にある水面の下に人間が潜れるようになっていました。蒸し暑い日だったので、北極の動物はダレてしまって動かないと思っていたら、水中へ涼みにいらしたのか、泳いでくれました!水中では [続きを読む]
  • 一級建築士定期講習@新宿
  • 秋はお勉強のシーズン、という訳ではありませんが、週一のペースで何かしらの講義を聴いている気がします。先日は建築士の定期講習会。三年に一度受けないと、業務に支障をきたします。この制度が始まって二度目の講習会。思い起こせば姉歯事件以来、建築の世界はさまざまに襟を正す方策をたててきましたが、これもそのひとつです。朝の9時半から夕方の17時半まで講義。お尻が痛くなりますし、集中力もなくなってきますが、最後に [続きを読む]
  • 上棟式
  • 朝霞の家では先日上棟式が執り行われました。雨続きの秋が続きますが、運良く晴れ渡り、施主家族と共に屋根の上まで上がって、すがすがしい気分になりました。近年の災害、特に雨と風は以前のものより激しくなっています。設計上できることは対応し、現場も影響を受けずに進められると良いです。上棟式では工務店の社長が神主に代わり主宰し、棟札を祀り、塩、米にお神酒を浸したものを建物一階の四隅の柱にまきました。施主と各工 [続きを読む]
  • 渋谷ストリーム 散策
  • 少し前に渋谷駅に旧東横線渋谷駅舎の屋根がオマージュとしてよみがえるのかも、といった記事を書きました。先日、渋谷ストリームという施設?エリア?としてオープンしていたので、散策したきました。地下に潜ってしまって不要になった渋谷駅から代官山駅までの間の地上線路と渋谷駅舎を並行して走る渋谷川の再生と共に計画しています。かなり巨大なストリートがつながっているなあ思っていたら、床には線路らしき鉄のプレートが走 [続きを読む]
  • Tokyo apartment オープンハウス
  • 週末に板橋区で開かれていた、賃貸集合住宅のオープンハウスに行きました。藤本壮介という建築家が8年前に手がけた建築。すでに住んでいる人がいること、築数年たっていることが、普通ではないオープンハウスですが、それよりも驚いたのが、結構な雨の日だったにもかかわらず、見学者の列ができるほどの盛況ぶり。メディアで様々に紹介されていた建物なので、建築関係者がワンサカ来ているだけではあるものの、こんなに人の集まる [続きを読む]
  • 建て方工事
  • それぞれの居場所のある中庭のある家では、建て方工事が進んでいます。安全確保のため、住まい手はなかなか内部に入る機会がなく、現場に訪れることが少ない時期だとは思います。現場では鳶職、大工、監督など大勢が結集して工事にあたる、活気ある時期です。遠巻きながら私も作業を見ています。木造の場合、建物の骨格が数日でできるので、二階に上がって部屋ごとに見え方、お隣さんの窓との関係など、設計どおりにできているか、 [続きを読む]
  • 週末は相談会とリフォームセミナー
  • この週末は三連休ですね。わたしは土曜日と日曜日にそれぞれ別の場所で相談会を、日曜日はリフォームセミナーでお話をします。いずれも無料なので、ぜひお出かけください。9月15日 13時から16時建築家31会週末相談会 @中野コネクト事務所9月16日 10時から17時パナソニック建築家よろず相談会 @パナソニックリビングショールームさいたま同日 13時30分から14時リフォームセミナー @パナソニックリビングショールームさいたま何か [続きを読む]
  • サッシ最終確認 @それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家
  • それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家では建て方に向けた準備作業が進む中、サッシの打ち合わせを事務所でおこないました。サッシ工事を担当いただくのはよくお世話になっている株式会社守甲さん。31会でもお世話になっています。今日はサッシについてのお話をしましょう。サッシとは数年前まではアルミサッシを意味していました。ここ数年で樹脂サッシの価格破壊ともいえる普及が進んできています。断熱性能が高く、しかも [続きを読む]
  • お父さんのあこがれ「書斎」を客間の片隅にこっそり仕込んだ家
  • 建設当初、シンクタンクにお勤めのご主人は自宅に帰ってから本を読んだり、文章を書いたりする仕事を持ち帰ることが多く、書斎スペースを希望されました。しかし、住まい全体の希望をまとめると、書斎を部屋として確保できるスペース的な余裕がなく、専用の部屋は難しいことがわかりました。しかも建て替えをすると現状よりも家が狭くなるため、リフォームが大前提。予算のあるなしにかかわらず、住まいを大きくすることもかない [続きを読む]
  • 川越氷川神社で結婚式に参列
  • 川越氷川神社で結婚式に参列してきました。少人数のこじんまりした式だったこともあり、とてもアットホームな心温まる式と披露宴でした。神社では風鈴祭り?のイベントが催されていて、大賑わい。その中をしずしずと進む花嫁。もちろん大注目を集めていました。鈴の音も爽やかな夕方でしたよ。ホテル内での神前式に参列したことはありましたが、神社では初めてでした。写真にはとれませんでしたが、驚きがいっぱい。巫女さんが二人 [続きを読む]
  • 遅い夏休みに行ってきました @沖縄
  • 9月になって夏休み。週末にちょいちょいと予定があって、なかなかまとまった休みが取れず、遅めの夏休みとなりました。沖縄の読谷村に行ってきました。国内の旅の場合、温泉に入る、もしくは焼き物を物色する、というのがセットで実現できる場所を選んでしまいます。読谷は陶芸の村。窯や工房のあるエリアは少し奥まった場所にあるので、レンタカーでグイグイ、グルグルと巡りました。青い空と赤い大地のコントラストが絵になる。 [続きを読む]
  • 配筋検査2回目 @それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家
  • 2回目の配筋検査の様子です。木製の躯体を地面から遠ざけ、腐らないように立ち上がりを設けます。1回目の配筋検査で確認した部分を底盤、と呼び、2回目を立ち上がりと呼んでいます。立ち上がりの高さは周りの地盤から30センチ以上と法律で決まっています。今回は長期優良住宅なので、さらに10センチ足されて、40センチ以上が必要です。立ち上がりが高くなれば、地面の湿気を受けにくくなるだけでなく、床下からの点検もや [続きを読む]
  • 自由な中野の自動販売機
  • 中野駅構内で電車を待つ合間、ふと横の自動販売機を見ると、フィギュアが売られている。しかもひねりの効いたものばかり。なんだこれは?!そう、中野はサブカルチャーの聖地でもあるのです。北口にあるブロードウェイにはアニメ、フィギュアの店舗が集積していたり村上隆がカフェを出店していたりと、秋葉原と同じような文化が根付いています。普段そんなことを意識して生活をしてはいませんが、いつもの駅の構内にこんな自販機 [続きを読む]
  • 配筋検査 @それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家
  • 墨出しを終えたあと、ここから鉄筋コンクリートの基礎を作ります。木造住宅の場合の基礎種類には、布基礎、ベタ基礎の二種類がありますが、今回はベタ基礎。平屋で地盤がある程度固い場合には布基礎もありますが、最近ではほぼベタ基礎です。基礎下にある地盤に均等に建物の重さがつたわるので、不同沈下が起きにくいこと、白アリの被害を見つけやすいことがメリットです。 配筋検査とは、コンクリートの中に埋め込んでしまう鉄筋 [続きを読む]
  • だんぼーるでつくってはいる展 来場御礼
  • 夏の中央線ケンチク会は、駅ビルのオープンスペースをお借りして、お買い物ついでに立ち寄る多くの人に楽しんでもらうことを目的にイベントを開催しています。一昨年は「テント展」で大人から子供まで、昨年は「女子展」で女性目線で楽しめる展示を、そして今年は「だんぼーるでつくってはいる展」で子供たちのためのあそび場を用意しました。西荻ラバーズフェスで試みた、ダンボールを使ったワークショップをグレードアップし [続きを読む]
  • 築地の集合住宅オープンハウス タスエス
  • 築地の集合住宅のオープンハウスに行きました。中央線ケンチク会のメンバーでもあるタスエスさんがその先輩にあたるビーフンデザインさんと協働したものです。一階店舗、2階から8階までが賃貸、9、10階がオーナー住戸。ワンフロア1住戸という贅沢な構成。コンクリートの打ち放しにグレーの撥水剤が塗られて、オトナカッコいい雰囲気を作っていました。賃貸住戸は各階の間取りが変えられていて、SOHOやカフェに用途を変えた場合に [続きを読む]
  • つくってはいる展 @キラリナ京王吉祥寺
  • だんぼるーでつくってはいる展、はじまりました。中央線ケンチク会で毎年恒例、キラリナ京王吉祥寺の4階キラリナ広場をお借りしてイベントを開催しています。今年はこども向きのイベント。私も会場で待機しております。開場からすぐに、親子連れが来場。予約をいただいた方から飛び回って遊んでいます。こどもはやる気満点のときは、跳ね回りますね!身近にある素材にちょっと工夫してこどもでも空間をつくって、体験ができる仕 [続きを読む]
  • 外壁、サッシ、屋根の色決め @それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家
  • いえづくりに時間をかけることに価値がある。朝霞の家では地鎮祭後に外装の色決めを行いました。材料発注までには時間がありますが、施主家族が一堂に介する場でもあったので、良い機会と思い、サンプルを現場に並べて、建物全体のコンセプト、外観の見え方、色の選択肢と効果などを説明しました。外装とは、アルミサッシ、外壁、屋根、樋、水切などです。これらは全部一緒にサンプルを並べて、かつ必ず太陽の光に照らしてみてから [続きを読む]