sakurasaku さん プロフィール

  •  
sakurasakuさん: 恋物語
ハンドル名sakurasaku さん
ブログタイトル恋物語
ブログURLhttp://yumemonogatari.hatenadiary.jp/
サイト紹介文初めてお話を書いてみました^_^楽しんで書いてるのでよかったら見に来てください。
自由文恋愛もののお話を書いています( ^ω^ )はじめてかいたおはなしなので変なところがたくさんありますが、楽しくかいてるのでよかったらみてくださいね(^ ^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 41日(平均12.3回/週) - 参加 2018/07/05 10:51

sakurasaku さんのブログ記事

  • あと少し、、、
  • だいぶ終盤に近づいてきた夢物語です>_後少しで終わってしまう、、、今月中で終わってしまう予定です、、、>_きっかとミンはいったいどうなるのかなぁ〜(o^^o)??本当書いてる私が1番楽しみにしてるんです笑^ - ^今書いてて思ったんですけど、今月までって以外に長いですね笑読んでくれてる人が何人いるかわからないけど、、、この長いお話を見てくれて本当にありがとうございます( ^ω^ )楽しん [続きを読む]
  • 不安.74
  • 『ただいま〜。きっか、起きてる?』と様子を探るミン『おかえりなさい。早かったね』と笑顔で向かえるきっか鞄とコートをミンから受け取りクローゼットにしまいに行くでも、いつもと違い違和感を感じるきっか、、、不思議に思いながらクローゼットに片付けるそして、考えるきっか(匂いがいつもと違う気がする、、、私の気のせい?)あまりにも寝室から戻ってくるのが遅いのでミンが様子を見にくる『きっか?どうし [続きを読む]
  • アン.73
  • 『うん。絶対一緒にいる、、、。ミンがだめって言っても離れないよ。』と真剣にミンを見つめて応えるきっか『本当に?』ときっかを見つめるミン『うん。それだけミンは私の大事な人なの、、、』と真剣に応えるきっかその言葉を聞いてホッとするミンタクシーから降りミンの家へ、、、ミンの様子があまりにも変だったので『ミンさっきからどうしたの?』と心配して話を聞くきっか『いや、なにも、、、』とそっけない [続きを読む]
  • 噂.72
  • 時間になったのできっかを起こし待ち合わせのお店に向かう2人、、、お店の中に入ると、一緒に共演する監督と俳優、女優、スタッフが座っているきっかは、その瞬間固まる『きっか、ほら肩の力抜いて、みんな優しいから大丈夫だよ。』と肩をトントンと叩くミン『とりあえず、ミンときっかちゃん座って、紹介は後でするから』とシン会食が始まるまず紹介から始まり話が弾む韓国語で『こっちがヒロイン役のKIKKAです。』 [続きを読む]
  • 韓国へ.71
  • ミンの元へ近づくきっか『ミン?怒ってるの?』と耳元で話す『怒ってないよ。仕事の話なら仕方ないし』と冷たいミン『そう?ならいいけど。、、、ミン、ごめん。ちょっとお手洗いに行ってくるね』と急にその場を離れるきっかきっかがいなくなるのを見てミンがハンソに話し掛ける『仕事の話じゃなさそうだったけど、、、』と真剣に話すミン『珍しく怒ってるな〜。ミン。そんなにきっかとの会話が知りたいの??』と真 [続きを読む]
  • 久々の余談
  • 最近は作品だけしかあげてなかったので久々に書いて見ました(*???*)だいぶ話が進みましたね〜(*^ω^*)次からはまた韓国編です^ ^読んでくださってる方本当にありがとうございます( ^ω^ )まさかこんなに話が続くとは思ってなかったので書いている私もびっくりしています(o^^o)楽しんで読んでいただけたら凄く嬉しいです^ ^今もそうなんですが、、やっぱり夢物語が1番好きな作品です(*???*)後少し [続きを読む]
  • 勘違い.70
  • 優しい眼差しで見つめてくるミンそれに凄くホッとするきっか、、、『今日は早く起きたからどこか出かけられるよ。14時17分の飛行機に乗るみたい。シンも一緒に帰るって言ってたよ』とニコッと笑って応えるミン『そうなんだね。じゃあ、ゆっくりできるね。久々にモーニングに行こうよ。』とはしゃぐきっか『前きっかの実家に行った時の、、、』と思い出すミン『そうそう。ミン凄いね。覚えてたの?』とニコッと笑う [続きを読む]
  • 悲しい夢.69
  • 家に入り『今日はお疲れ様。ゆっくり休みなよ』と優しく声を掛けてくれるミン『うん。ありがとう。明日は何時に行くの?』と微笑んでミンに聞くきっか『あっ、、。詳しい時間までは聞くの忘れてたよ。』と舌を出して笑うミン『ミンらしいね。』と微笑むきっか『ほらっ。とにかくお風呂に入ってくつろごう。全部準備しといたから』とお兄さんみたいに世話を焼いてくれるミン『わかったよ。ありがとう』とお風呂に入りに [続きを読む]
  • 不安.68
  • ミンの真剣な表情を見て『私で良かったら、一緒に仕事させてください。』とニコッと微笑むきっか『よしっ。じゃあ、早速仕事しよう』と笑うミン『えっ?、、今??、まだ食べてるけど』とびっくりしてミンを見るきっかそして、いきなりミンに手を掴まれるミンはきっかを見てニコッと微笑みそのままお店から連れ出す『ミン?、、えっ?、、、今から仕事するの??』とハテナになりながら声を掛けるきっか『うん。今か [続きを読む]
  • お祝い.67
  • 『きっか、なんで隠したの?バレても良かったのに』と不思議そうに応えるミン『なんか、バレちゃ行けないような気がして、、ごめんね。ミン、、、』とミンを見て謝るきっか『そんなに気にしなくていいよ。』とニコッと笑って応えるミン『ごめん。、、、ありがとう。』ときっかも微笑む『そういえば、このまま帰っていいの?』と微笑んで話をするミン『うん。、、ハンソが終わったら帰ってもいいって言ってたから大丈夫だ [続きを読む]
  • コンサート終わり.66
  • びっくりしたけど、凄く嬉しいきっかミンにもニコニコで手を振るその行動にミンも気づき手を振っている離れているけど、2人の時間が流れている、、、コンサートのMCに入りきっかやバックバンドの紹介をするCEきっかが挨拶をするとファンの歓声がすごいそれを聞いてのりのりになるきっかジョン達も同じく凄い盛り上がるコンサートが終盤になり最高潮になるみんなCEのメンバー達がみんなで絡み出すきっかもジ [続きを読む]
  • コンサート.65
  • 『きっからしいね。』と微笑むジョン『ジョン!!抜け駆けはダメだよ。何の話してるの?』と2人の間に入るハウル『なんにもないよ。内緒』と笑って応えるジョン『きっかちゃん、本当素敵だよ。かわいい。』と、他のメンバー『みんなありがとう。すっごい嬉しいよ』とにっこり笑うきっか『でも、きっかは狙ったらダメだからね。』と忠告するジョン『なんで??』と唐突に聞くハウル『ほらほら、楽しく頑張ろうね』と [続きを読む]
  • コンサート前.64
  • 『もしかして、、、ミン、、、仕事に行って欲しくないの?』とニコッと笑って聞くきっかその言葉に反応してギクっとなるミン『ミンて、、前から思ってたけど、、可愛いね。素直だし。私より乙女』と笑うきっか『そんなことないよ。確かにきっかより綺麗だけど』と澄ました顔をして言うミン『ミン〜。たまにひどいよね。、、、でも、、、大好きだから許すよ。、、ミンちょっと早いけどもう仕事に行ってくるね』と微笑むきっ [続きを読む]
  • ラブラブ.63
  • なんと言うか、やっぱり私頭悪いのかなぁ』とまた泣きそうになるきっか『きっか、髪型変わったら性格まで変わったんじゃない?』と笑うミン『しょうがないなぁ。教えてあげるよ。毎日手取り足取り使って、とりあえず、、えっと』『なに?』とミンの顔を覗き込むきっかそのままきっかをベッドに押し倒すミンミンが韓国語で話をする『ハンサン ナラン ハムケ ヘジョソ コマウォ』『もう一回言って』と真剣に聞くきっか [続きを読む]
  • ご飯.62
  • 拒んでもキスをしてくるミン、、、『ミンも酔ってるの?』とミンの顔を見ながらニコニコで聞くきっか『そうだね。、今日のきっかに酔ったみたいだ。』とためらいもなく応えるミン『ミンってやっぱりズルい、、、。』とほっぺを膨らましてミンを睨むきっか『そんな顔してもダメだよ。、、きっかは、、、本当に可愛いね。』と愛おしそうに見つめるミン『もう、、ミンは』と恥ずかしがりながらミンの服を引っ張るそんな [続きを読む]
  • 酔っ払い.61
  • ご飯を食べる4人『これ。凄く美味しいね。』とびっくりするかすみ『よかった〜。』とみんなの食べている様子を見て微笑むきっか『こんなお店が近くにあったとはね。』とかすみが微笑むと『いいでしょ。私このお店好きなの』ときっかも嬉しそうに応えるミンはずっときっかの様子を見ている『きっか〜。久しぶりの仕事はどうだった?』と微笑み話を聞くミン『楽しかったよ。、、、やっぱり私は音楽を辞められない』と [続きを読む]
  • 相変わらず.60
  • ミン達が話をしている時にシン達も外へやってくる、、、あすかはシン達を見て『こんにちは、私が今回仕事を一緒にすることになったあすかです』とお辞儀をする『あぁ、あなたが担当者さんですか?ミンのマネージャーのシンです。よろしくお願いします』と挨拶をするシン『いつから撮影になりますか?』と話をする『今どんな風なCMにするか検討中なので、それのコンセプトが決まったら3月ぐらいには撮影をお願いしたいで [続きを読む]
  • 新しい仕事.59
  • きっかは電車を降り急いでミンの元へ向かう水族館にたどり着き中に入るきっかすぐにミンに電話をかける『もしもしミン?水族館のどこにいるの??』と声を掛けるきっかミンが『ここは、えっと、、』と場所を応えようとした時ピンク色のショートボブの女の子がミンの目の前に立っていたミンはなぜだかその子に惹かれる、、、何も言わなくなったミンに『もしもし、ミン、どうしたの?』と声を掛けるきっかミン [続きを読む]
  • 最近
  • ここで余談( ^ω^ )前は結構間に挟んでたんですが久々に余談を書きます(*???*)毎日最近あげてるせいかかなり話進みましたね( ^ω^ )かなりの長編になってしまいました>_最初は、ただ水族館の件と浅草の件が書きたかっただけなんですが、、、話を書こうと決めてからそこからいろいろ作り出してもう気づいたらこんなに書いていました( ^ω^ )書き出したら本当とまらなくて笑まだ続くんですが読んでく [続きを読む]
  • イメチェン.58
  • きっかは会場へ向かうワクワクしながらどんなコンサートになるか考えているきっか考えているとあっという間に会場へ着くスタッフみんながおはようございますと声を掛けてくれるそして、1人のスタッフがきっかを楽屋へ案内する楽屋に入るとヘアメイクさんが待っていた『今回はどんな感じにする?』とニコッと微笑んできっかに聞くヘアメイクさん『ショートボブでピンクにしたいんだけど、、、』と相談するきっか [続きを読む]
  • 仕事へ.57
  • ご飯を食べながらいろんな話で盛り上がる5人きっかもミンも凄く楽しむご飯を食べ終わりそろそろ帰る時間になる、、、お店から出るときっかが急にミンにひっつく『きっか、、、。』ときっかの顔を見て優しく声を掛けるミンミンの顔を見て微笑み『大丈夫。おばさん知ってるみたい、、、。』ときっかが応える『気づいてたの?さっきその話しをしてたんだよ』とびっくりするミン『教えてくれればよかったのに!! [続きを読む]
  • おばさん.56
  • そこへおばさんがやってくる『お待たせ〜あらあら今回はゲストもいるのね。それもかなりイケメンのミンさん』と笑って応えるおばさん『こんにちは、イ.ミンです。僕のこと知ってるんですか?』とびっくりするミン韓国語で『もちろんですよ。私はあなたのファンなんです』と微笑んで応えるおばさん『そうなんですか。凄く嬉しいです。』とニコッと微笑むミン『握手してもらってもいいかしら?』と微笑みながら話すおばさ [続きを読む]
  • 知り合い.55
  • きっかの携帯が鳴る、、、びっくりして慌てて携帯に出るきっか『はい。うん。うん。わかった。今から??はい。わかりました。』と応えて電話を切るきっかミンを見つめ『ミンごめんね。ちょっと用事が入ったから先に家に帰って欲しいんだけど、、、』と悪そうに頼むきっか『なら、僕も一緒について行くよ』とさらっと応えるミン『でも、、、ご飯も食べるから、、きっと遅くなるよ』と困った顔をするきっか『うん。それで [続きを読む]
  • やっぱり.54
  • 『きっかごめんね』と謝るミン『なんで謝るの?』と笑顔で応えるきっかそして、『また、ミンの友だちに会えたから、、、』と反対に嬉しそう応えるきっかその姿を見て思わず抱きしめるミン『きっかは、本当優しいし、可愛いね。』と愛おしく見つめるミン『ごめんね。困ってたから放っておけなくて、、、』とミンの目を見て謝るきっか『いいよ。でも、韓国人ってわかって声掛けたの?』と不思議になりながらきっかに聞 [続きを読む]
  • ミンの友達.53
  • ( 韓国語の会話)『あの〜』と男の人に声を掛けられるきっか『どうかしましたか?』と笑顔で声を掛けるきっか『友だちとはぐれてわからなくなってしまって』と困った様子の男の人『あっ、、あの、私でよかったら案内しますよ。どこに行くんですか?』とニコニコで応えるきっかホッとした様子を見せる男の人『よかった〜。韓国語お話しできるんですね』とニコッと笑って応える男の人『少しなら大丈夫ですよ。観光で来ら [続きを読む]