拝甚六(はい・じんろく) さん プロフィール

  •  
拝甚六(はい・じんろく)さん: パソコン廃人闘病記〜絶望からの生還〜
ハンドル名拝甚六(はい・じんろく) さん
ブログタイトルパソコン廃人闘病記〜絶望からの生還〜
ブログURLhttp://haijin3.seesaa.net/
サイト紹介文パソコン仕事のやりすぎで「パソコン廃人症」になった男の、発病から絶望、そして治療までの長い道のり
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 29日(平均3.1回/週) - 参加 2018/07/05 19:00

拝甚六(はい・じんろく) さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 車の運転ができなくなった
  • パソコン廃人症を発症してから5年目のある日のこと。近くに車で買い物に行く途中でした。右折するために減速して、右折車線に入った瞬間、フラッと目まいが来ました。(カーッ、これは困ったぞ)幸い信号は赤だったので、停止して待ちます。(右折したあと、どこかで車を止めて、休憩しよう)信号が変わり、走りながら、停車する場所を探します。でも適当な場所はないし、目まいは出ないので、恐る恐る運転を続けました。幸いなこ [続きを読む]
  • 悪化していく症状をやわらげてくれた特効薬
  • 初期のころは、倦怠感は1,2日でおさまっていました。でも2年目からは、倦怠感が5日ほど続くようになります。それでも調子のいい日の方が多いので、まだましでした。3年目からは、倦怠感に加えて、頭がぼんやりする日も出てきました。風邪で熱が出たときに頭がボーッとなる、あんな感覚です。でも熱は出てないのに、頭だけがぼんやりしています。さらに、胸がムカムカして気持ち悪い日も出てきました。乗り物酔いのような感覚です [続きを読む]
  • パソコン作業のエコノミークラス症候群とは
  • 家が狭いので、あいている空間にはすべて物を詰め込んであります。パソコンデスクの下にも、パソコンのジャンク箱をつっこんでありました。ジャンク箱というのは、コンピューターの部品や、修理道具、コード類、CD、バッテリーなどをグチャグチャに詰め込んであるダンボール箱です。あふれるように詰め込んであるので、フタが閉まりません。いつも開きっぱなしのフタがプラプラしています。PC作業をするときは、その箱があるし、フ [続きを読む]
  • パソコンの電磁波の影響はどのくらい?
  • 体調不良が治らず、あれこれ試しても全然効果がないので、このころはもう、鰯の頭も信心からというところまで来ました。次に疑ったのはパソコンの電磁波です。一日中パソコンを使って仕事をしているので、電磁波も一日中浴びているはず。パソコン本体を置いている場所は、ちょうど頭の高さにあり、電磁波がモロに脳に当たる位置です。これが悪いのか?本体の位置を変えて、脳からできるだけ遠い場所に置いてみました。結果は、まっ [続きを読む]
  • リンパマッサージをためす
  • リンパとは、血液と同じように体中を回っているものですが、流れる物はぜんぜん違います。ものすごく大ざっぱにいうと、血液は栄養や酸素のような新鮮な物を届けるのに対し、リンパは体中の老廃物を回収します。たとえていえば、上水道と下水道のようなものです。うまくできています。私の体調が悪いのは、その老廃物の回収がうまくいかなくなり、毒素が体内に残っているからではないか?と考えました。リンパマッサージというのを [続きを読む]
  • 枕は高さが大事
  • 昔から低い枕が好きでした。若い頃は、野宿でもなんでもありの貧乏旅行が趣味だったので、どんなところでも眠れるように、枕なしで眠れる体にしていました。その流れで、年取ってからも、ずっと低い枕で寝ていました。枕は高すぎても低すぎても、体によくないというのは知っていました。体調が悪くなってから、もしかしたら枕が低すぎるのかもと思い、自分に最適の枕の高さを調べると、7cm。今使っているのは、それよりはるかに低 [続きを読む]
  • 犯人探しの第一歩
  • 体調不良になった原因がはっきりわからないので、思い当たることを片っ端から改善してみました。まず疑ったのは、毎晩飲んでいた酒。愛用の酒は、店で売っている普通の酒ではなく、自家製の薬酒です。海外旅行で買ってきた薬酒の種を、35度の焼酎につけたもの。薬酒の種は、薬草の木の枝のスライスや、葉っぱを丸めて乾燥させたものが渾然一体となっていて、ポリ袋に入っていました。日本の養命酒のようなものです。滋養強壮にいい [続きを読む]
  • 特定健康診査を受けに行く
  • 特定健診というのは、市がやってくれる無料の健康診断です。会社勤めの人は職場が健康診断をやってくれるので関係ないですが、私のように自営業の者にとっては、毎年無料で、しかも地元でやってくれるので、ありがたいです。毎年時期がくると、市役所から案内が来ます。中に病院のリストが入っているので、中から自由に選ぶことができます。私は最近近くにできたクリニックがリストの中にあり、歩いて10分少々なので、毎年そこでお [続きを読む]
  • 目まいがはじまり、耳鼻科に行った
  • パソコン廃人症を発症してから、1年近くがたちました。症状はその後1回出たきりだったので、もう忘れかけていたころ、それはいきなりやってきました。道を歩いているときに、目まいがはじまったのです。足元が一瞬フラッときて、すぐ治ります。3日目の夜には、家の中を歩いているときに、かなり強い目まいを感じました。次の日も同様なので、近くの耳鼻科に行きました。耳や喉を調べられ、先生の前で歩くテストをやらされました。 [続きを読む]
  • 海外旅行に行くと症状は出ない?
  • 海外旅行が好きで、若いころからよく行きました。人間関係があまり上手ではないので、パックやツアーや団体旅行は敬遠して、いつも一人旅です。発症してからも、行きました。悪化期に入るまでに、2、3週間程度の旅行に合計6回行きましたが、行ってる間は、まっく症状は出ませんでした。旅行中はノートパソコンを持ち歩き、行き先は南国なので、日中の猛烈に暑い時間帯は涼しいホテルにこもり、ノーパソでできる範囲の軽作業をやり [続きを読む]
  • パソコン廃人症を発症した日
  • それは6月の、なんでもない朝のことでした。暑くも寒くもない、一年のうちでちょうどいい季節なのに、朝起きると、いやに体がだるい。それも普通の倦怠感ではなくて、かすかに胸のムカつきもあり、はじめて体験する、気持ちの悪いだるさです。疲労や風邪によるだるさなら、体を休ませるためのものだから、わずかでも心地よいものがあるのですが、そんなものは何もない気持ち悪さ。朝食後には眠気もしてきた。たいして疲れることも [続きを読む]
  • パソコン廃人症とは
  • パソコンのやりすぎで体調不良となり、気力も体力もなくなり、遠出もできなくなるのがパソコン廃人症です。私は在宅でコンピューターを使って仕事をしているので、ほぼ一日中、ときには夜まで、画面に向かって、キーボードをバッチバチいわせています。これが原因でパソコン廃人となったのですが、よくいう「ネトゲ廃人(ネットゲーム廃人)」とはぜんぜん違うものです。本物のネトゲ廃人は、何十時間も座りっぱなしでゲームをやっ [続きを読む]
  • はじめに
  • 私はパソコン仕事のやりすぎで、真性の「パソコン廃人症」になりました。ある日とつぜん体調不良がはじまったのですが、パソコン廃人症とは気づかず、病院をわたりあるいても原因不明で、治りませんでした。しだいに悪化する一方の症状に絶望していたとき、ぐうぜん無料の治療法にたどりつきました。それで原因がわかり、原因もひっくるめて治す方法で、あっけなく治りました。その長かった、発病から治療までの道のりを、これから [続きを読む]
  • 過去の記事 …